歯科衛生士はやめとけ!おすすめしない!休めない・病む理由を解説

歯科衛生士_やめとけ_アイキャッチ

世の中には様々な仕事がありますが、その中でも医療関係と言えば大変な一方でやりがいを感じられる仕事の代表と言えるでしょう。

しかし一口に医療関係と言っても職種は様々で、その中でも歯科衛生士は国家資格保有者という華やかなイメージの反面、苦労の多い職種の代表とも言えます。

歯科衛生士はそのイメージとは裏腹に仕事は楽ではなく、あまりおすすめは出来ません。今回の記事では歯科衛生士をおすすめ出来ない理由や、転職先などについて詳しく解説をしていきます。

歯科衛生士をおすすめできない理由

歯科衛生士 やめとけ理由

なかなか休めない職場がある

歯科衛生士の勤務先は歯科医院ですが、歯科医院の殆どが小規模な医院です。そのため医院の運営はギリギリの人数で行っている場合が多く、思うように休暇が取れない職場も少なくはありません。

また歯科医の数は多く、近隣の歯科医との競争が激しいので、土日しっかりと休めるという環境の医院は少ないでしょう。

そのためどうしてもストレスが溜まりやすくなってしまう一方で、中々息抜きも出来ません。

事務職で一般企業に勤務している学生時代の友人が、年に1回長期休暇を取って海外旅行に行っている事と比べると、歯科衛生士はどうしても職場環境に不満を感じてしまいがちです。

人間関係で病む人が多い

歯科医院は職場として考えた場合、そこまで社員数は多くない一方で女性の占める割合が高いのが特徴の職場です。

またオーナーである院長に権限が集中してしまうので、どうしても職場の人間関係が悪化しやすいと言えるでしょう。

勤務歴の長いお局様が幅を効かせていたり、院長が特定の社員をひいきしていたり、女性同士の派閥争いがあったりと人間関係が複雑になりやすいのが歯科医の特徴とも言えます。

そのため素直で真面目に仕事に取り組んでいる人ほどうまく馴染めず、人間関係で病んでしまう歯科衛生士の方が多いのも事実です。

歯科医院の数が多すぎて過当競争になっている

歯科医はコンビニよりも数が多く供給過剰になっている、という話を耳にしたことのある方も多いでしょう。

実際にその数を比べて見るとコンビニが5万8,000店舗なのに対し、歯科医は6万9,000店舗と1万店舗以上も歯科医の方が多くなっています。

コンビニに行く回数と歯科医に行く回数を考えると、確かに歯科医の数は多く供給過多になっているのは間違いありません。

そのためどの歯科医も、近隣の歯科医との競争になっている事が容易に想像出来ます。そして経営が苦しくなった歯科医が目指すところは、保険適用外のインプラントなどを多く施術する事になってしまいます。

この影響はとても顕著で賃料の高い都心の一等地にある歯科医は、どうしても保険適用外の治療を進めて来る傾向が強いです。

歯科医院の経営方針としては決して間違った判断と言えないですが、そうなると歯科衛生士としては難しい立ち位置が求められます。

本来歯科衛生士の目的は患者さんの今の歯を残すためのアドバイザーであるべきですが、インプラント獲得を目指すのであれば抜歯を推奨しなくてはなりません。

歯科衛生士としての本来の使命と、歯科医院の利益確保という狭間で板挟みにないりやすいのが歯科衛生士の立ち位置です。

今後歯科医の競争が激化するにつれて、このような状況はますます顕著になってくるでしょう。

残業が多い

歯のトラブルは急に訪れる事が多いです。固いものを噛んでしまって歯が痛くなったりと、経験のある読者の方も多いのではないでしょうか。

そのため歯科医に来院する方も、自然と急患が増えてしまいます。そのため歯科衛生士としても急な患者の来院で、残業が増えてしまいがちです。

先程説明をした休みの取りにくさに加えて、残業が多いことが歯科衛生士の職場の環境です。世の中が「働き方改革」という名目で残業削減へと動いている昨今で、歯科衛生士は従来型の勤務体系が続いている場合も多いです。

サービス残業が当たり前となっている職場環境も多く、どうしても不満が貯まりやすくなっているのが歯科衛生士の現状と言えるでしょう。

すぐ辞める人も多い

歯科衛生士には若い方が多いので、みんなが高い職業倫理と責任感を持った方とは限りません。

そのためせっかく新人で入社してもすぐ辞めてしまったり、突然出社しなくなったりと離職率が高いのも事実です。

これまで一生懸命仕事を教えてきた後輩が辞めてしまうだけでも悲しいですが、職場環境によっては自分の指導不足というレッテルを貼られてしまう場合もあるでしょう。

それだけではなく辞めてしまった後輩がいるのであれば、ますます自分は休みが取りにくく更にストレスが溜まってしまう事になります。

このように周囲にすぐ辞めてしまう方も多いので、責任感のある方ほど業務と責任が集中してしまいがちな事も事実です。

歯科衛生士を辞めた後におすすめの転職先

歯科衛生士 やめとけ 転職先

歯科衛生士は国家資格保持者という安定的に見える職業でありながら、職場環境が追い付かず辛い思いをしている方が多いのも事実です。そのため他業種への転職を検討している方も少なくはありませんが、特殊な仕事をしてきただけに中々他の仕事へは目を向けずらいのが現状です。

しかし院長主導の個人医院という極めて狭い世界で頑張ってきた歯科衛生士の方は、一般的に見れば魅力的な人材に写る事が多いです。

そのため歯科衛生士以外の転職先も視野に入れてみるのも、一つの選択肢と言えるでしょう。ここでは歯科衛生士の方におすすめな転職先を紹介していきます。

歯科関係の企業

歯科に関する設備を開発している企業だったり、歯に関する機材を制作している企業など裾野は広いです。

歯科衛生士として患者さんの歯を実際に見てきた経験は何ものにも代えがたいので、上手くアピールすることで歯科関係の企業とは相性が良くなるでしょう。

歯科衛生士として勤務した経験があるのであれば、歯に関してはエキスパートと言えるでしょう。世の中には様々な分野でエキスパートと呼ばれる職種がありますが、実はそんなに詳しくない方が多いのも事実です。

そんな中で歯科衛生士として患者の歯を見てきた歯科衛生士の方は、歯に関する事であれば知識も実績も十分豊富と言えるでしょう。

その特殊スキルを活かせば、歯科医だけでなく歯科関係の企業への相性は良いと言えます。

歯科ではないが医療関係の企業

歯科医以外の医療関係の勤務先も、一つの選択肢となりうるでしょう。

特にコロナ禍ではワクチン接種の注射を専門外の歯科医が行うといったケースもあったので、医療器具などの医療関係の企業への転職はとても相性が良いと言えます。

特に近年では医療関連のベンチャー企業なども増えているので、そのような会社をターゲットにしてみるのも良いでしょう。

歯科衛生士として一度仕事をしてしまうとどうしても固定観念に縛られがちですが、歯科衛生士で得たスキルを活かして一般企業で活躍する事も十分に可能なので、新しい仕事へとチャレンジしてみるのも良いでしょう。

営業職

営業職も歯科衛生士からの転職先としてはおすすめです。ドクターと違って患者さんと歯科衛生士の関係はある意味対等で、サービス業のような立場で接する場合が多いでしょう。

歯科衛生士として患者さん目線で対応してきた経験とスキルは、人と接する事の多い営業職にも十分役に立ちます。

営業と言うと、ノルマが厳しかったりお客様に気を使ったりとあまり良いイメージのない方も多いかもしれません。

確かに営業職の場合は目標やノルマなどがある場合が多いですが、その分やりがいもありまた他の職種に比べると給料も上がりやすいです。

会社にもよりますが、やればやるだけ評価されるのが営業の醍醐味でもあるので仕事にやりがいを求める方には向いているでしょう。

介護職

歯科衛生士を経験された方であれば、介護職も相性が良くおすすめの転職先と言えます。先程も説明したようにドクターと違って歯科衛生士は患者さんと対等な立場で、ホスピタリティ精神を持って対応してきた経験が豊富です。

更に患者さんの歯のケアを行うのが業務の中心ですから、高齢者や障害者のケアを行う介護職とは業務内容も通じるものがあると言えるでしょう。

また高齢化が進む日本では介護職のニーズは年々高まっており、常に人手不足の状態です。そのため比較的求人情報が多い事もおすすめの理由で、普段忙しい歯科衛生士が転職活動を行うには適している職種とも言えます。

しかし歯科衛生士と違って介護の場合は、相手が高齢者や障害のある方が中心となるだけにコミュニーションの取り方が違ってくる点には注意しましょう。

診療所以外の歯科衛生士

今勤務しているのが診療所のような小規模な歯科医なのであれば、診療所以外の職場で歯科衛生士を続けるという選択肢もあります。

中々休みが取れなかったり残業が多いのは、規模の小さい歯科医だからこそ起きやすいトラブルと言えます。

例えば大学病院や大きな総合病院の歯科衛生士であれば、人員がいるので休みはしっかりと取れるでしょう。

人間関係のトラブルがあるのはどこの職場でも同じですが、大学病院のような大きな組織であれば例え合わない人がいた場合でも、数年毎に異動などでメンバーが変わっていきます。

そのため人の入れ替えが少ない小規模な歯科医に比べると、人間関係トラブルも比較的軽めに終わるケース多いでしょう。

歯科衛生士を辞めて転職に成功した人は多い

歯科衛生士 やめとけ 成功

歯科衛生士の仕事をしていると普段の業務が忙しく、また歯科医以外の世界を知らない方も多いので、中々転職へと踏み切れるない方も多いです。

しかし歯科衛生士として勤務した経験のある方であれば、一定のコミュニケーション能力やビジネスマナー、また歯科衛生士の資格を取るために勉強した経験などもあるので、転職先で活躍されている方も多いです。

そのため今の職場や労働環境に不満のある方は、一度転職を検討してみても良いでしょう。歯科衛生士しか仕事の経験のない方が転職活動をするには不安も大きいと思いますが、そんな時には転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントであれば転職のプロである専任のアドバイザーが担当となってくれて、面接対策から企業の詳しい情報など手厚くサポートをしてくれます。

転職の始めから終わりまで伴奏者として手厚くフォローしてくれるので、歯科衛生士の方が転職する際には転職エージェントを利用すると良いでしょう。

それでも歯科衛生士を続ける人が使うべき転職サイト

歯科衛生士 やめとけ 転職

今の職場に不満はあるものの、それでも歯科衛生士を続けたいという方も多いでしょう。しかし初めての転職となると不安も多く、何をすれば良いかも分からないと言う方もいます。

その際にはここで紹介するような転職エージェントを利用する事で様々なサポートを受けながら転職活動が行えるので、ぜひ利用を検討して下さい。

1位:doda

doda(デューダ)

年代20代~30代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務公務員/教員その他
おすすめ度
ポイント
  • 土日祝休みの求人は業界トップレベル
  • 大手企業や年収500万以上の求人も多数
  • 研修制度で未経験でも安心

まず最初に紹介する転職サイトは、多数ある転職エージェントの中でもトップクラスの求人数と実績を誇るdodaです。このサイトは様々な業界の求人を取り扱う総合型の転職サイトで、求人数がとても多いのが特徴で医療系の求人だけでも2,900件もあります。

またdodaのもう一つの特徴として、転職サイトと転職エージェントの両方の機能を兼ね備えている点です。

そのため自分のペースで仕事を探したい方や、しっかりとサポートを受けたい方などそれぞれのニーズに合った使い方が出来るでしょう。

利用する転職サイトに迷った場合は、とりあえずdodaを登録しておけば間違いないと言えるサイトです。

2位:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント
年代20代~30代(特に20代)雇用形態正社員
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタントその他
おすすめ度
ポイント
  • 様々な業種の土日祝休みの優良求人あり
  • エージェントのサポート体制が圧倒的
  • 給与交渉から退職報告、引き継ぎまで代行

次に紹介するのがdodaと同じく総合型の大手転職エージェントのマイナビエージェントです。マイナビと言えば新卒採用の就職支援でも有名なので、名前を聞いた事のある方も多いでしょう。

マイナビエージェントは大手を始めとした企業とのパイプが深く、他社には無い独自の非公開情報が多いのが特徴です。

また担当してくれるキャリアアドバイザーは各業界に詳しい方が多く、企業毎の傾向を踏まえた面接対策や応募書類の添削を行なってくれるので、初めての転職でも安心して活動出来るでしょう。

そのため初めて転職活動をする方や20代などの若い方からの指示が高く、20代の転職支援の実績はナンバー1となっています。

3位:ファーストナビ歯科衛生士

最後に紹介する転職エージェントは歯科衛生士の転職に特化したサイトの、ファーストナビ歯科衛生士です。

これまで紹介したdodaやマイナビエージェントと違って歯科衛生士の求人しかありませんので、他業種に転職したい方には向いていません。

しかし歯科衛生士の求人数は多く、都市部だけでなく全国エリアの求人を取り扱っており、街の小さな歯科医院から大病院まで様々な情報を持っています。

大手の総合型エージェントはどうしても都市部の求人が中心になってしまう傾向がありますが、このサイトは地方部の求人情報も多いのが特徴です。

例えば北海道だけでも約550件もの求人情報を公開しているので、その数の多さが分かるでしょう。

そのため地方での歯科衛生士の仕事を探している方にもおすすめのサイトと言えるでしょう。

歯科衛生士はやめとけまとめ

歯科衛生士 やめとけ まとめ

歯科衛生士と聞くと国家資格を保有して、勤め先は病院で安定しており快適な職業に見えるかもしれませんが実態はそうではありません。

歯科医の多くは小規模な医院であり、そのため休みも取りにくく急な残業も多いです。また院長の権力が強かったりと人間関係も良好でない場合も多いでしょう。

そのため歯科衛生士の職場はあまりおすすめと言える職場ではなく、実際に転職活動を考えている方も多いです。歯科衛生士の方であればビジネスマナーや対人スキルは既に身に付けている方も多いので、他の業種への転職も十分に可能でしょう。

しかしこれまで医院でしか働いた経験のない方にとっては、他の職種への転職は不安も大きいはずです。

そのような場合には記事で紹介しているような転職エージェントを利用する事で、安心して転職サポートを受けることができます。歯科衛生士で転職を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

当サイト人気の転職エージェント
doda[デューダ]おすすめ度 ★★★★★
転職者満足度No.1!登録完全無料で充実の転職サポートが受けられます!
公式HP
マイナビエージェントおすすめ度 ★★★★☆
業界マイナビの徹底サポートで転職活動を!
公式HP
ビズリーチおすすめ度 ★★★☆☆
ハイクラス・高年収に特化!確実に年収アップしたい方に最適
公式HP