薬剤師の転職は年齢も影響する?何歳までなら転職できる?

薬剤師の転職、するなら何歳まで!?年代別おすすめ転職先も解説!

国家資格である薬剤師は、就職や転職をしやすい職業です。

薬剤師の方のなかには、転職の際に年齢制限や条件はあるのか知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、薬剤師の転職時に年齢がどのように影響するかについて詳しく解説していきます。

薬剤師の転職に年齢がどう影響するか

前述の通り、薬剤師の資格は国家資格であるため、他の職業に比べて就職や転職が有利になります。しかし、どの年代も同じように転職が簡単にできるわけではありません。次に、年齢制限のある薬剤師の転職先について紹介していきます。

年齢制限のある薬剤師の転職先

基本的にはどの年代であっても転職は可能ですが、年齢制限のある転職先もあります。特に、急性期の総合病院や企業の場合は20代~30代の年齢制限があることが多いです。

急性期の総合病院

基本的に、急性期の総合病院への転職で年齢不問であることは稀です。なぜならば、急性期病院の薬剤師は夜勤もあり、業務が忙しいためです。そのため、急性期の総合病院は体力のある若い薬剤師を求めています。

また、大病院の場合は新卒薬剤師が求人に多く応募してきます。そのため、特に秀でたスキルがない限りは年齢の高い薬剤師を中途募集で採用するメリットはあまりないとでしょう。例えば、病院経験ありであれば40歳まで、薬局での調剤経験ありで35歳まで、調剤未経験で30歳までなどの年齢制限があることが多いです。

企業薬剤師

企業薬剤師への転職は、20代~30代の求人がほとんどです。そして、企業からの求人も調剤薬局や病院に比べて多くはありません。そのため、特に年齢が高くなるごとに転職の難易度も上がってしまいます。

過去に研究分野などで実績がある場合は年齢が高くてもヘッドハンティングで転職が可能なケースもあります。

薬剤師の転職の適齢期

前述の通り、転職先によっては年齢制限があり、若い薬剤師と比べて年齢が高い薬剤師は転職が不利になってしまうことがあります。そのため、転職を考えている場合は早めに転職することがおすすめです。次に、何歳までだと転職しやすいのでしょうか。

新卒3年目が転職の適齢期

新卒3年目が薬剤師転職の適齢期である理由

個々のケースによって異なりますが、新卒3年目の20代が薬剤師の転職の適齢期になります。「新卒3年目での転職は時期早々ではないか。」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。次に、新卒3年目が適齢期である理由を説明します。

薬剤師の仕事に慣れてくる時期である

3年間、薬剤師として同じ職場で仕事をしていると、業務に慣れてきます。そして、ある程度一人で業務を行ったり、後輩指導をしたりするようになる時期です。

そのため、新卒3年目の頃は心に余裕を持って仕事に取り組むことができます。日常の業務もままならないままでの転職は、転職先でも困ってしまいます。しかし、ある程度業務をこなせるようになる3年目は転職に適しているといえます。

現在新卒から3年目前後で薬剤師をやっている方は、この機会に転職を検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

様々な仕事にチャレンジできる可能性がある

新卒3年目の20代のうちであれば、調剤薬局だけではなく大規模な病院や企業薬剤師などほとんどの職種の求人が出ています。年齢制限により、エントリーができない職種はほぼないでしょう。

もし、薬剤師として働いているうちに自分の進みたい分野が変化しても、新卒3年目であれば他の仕事にチャレンジできる可能性があるのです。

20代薬剤師におすすめの転職エージェント

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣,紹介予定派遣
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 転職大手リクルートグループの強みを生かした対応力が強み!
  • 高収入の求人も多数
  • 病院から調剤薬剤師まで幅広い求人あり
  • 事前に職場の内部事情が分かる薬剤師カルテが便利
こちらの記事も読まれています

薬剤師の転職 年代別おすすめ転職先

20代の若いうちは求人数も多く、転職に適していることがわかりました。では次に、年代ごとのおすすめの転職先について紹介していきます。

30代の薬剤師におすすめの転職先

30代の薬剤師におすすめの転職先

30代前半の薬剤師の場合は、20代に比べて転職の求人はやや少ないかもしれませんが、基本的にどこへでも転職が可能です。次に、30才代のおすすめの転職先について解説していきます。

急性期の総合病院

仮に、30才前半で病院勤務の経験がなくても研修制度が整っている総合病院であれば大きな問題にはなりません。総合病院の場合は、産休・育休や院内保育などの制度が整っていることが多く、30代で出産や育児を予定している方には特におすすめです。

大規模な調剤薬局

全国的にチェーン展開している大手の調剤薬局の場合、30代の薬剤師の転職が多くあります。年収やキャリアアップを目指す30代の薬剤師におすすめの転職先です。

製薬会社

製薬会社での薬剤師の仕事は大きく分けて、研究職・営業職(MR)・コールセンターなどがあります。30代で研究職へ転職するためには、過去に研究分野で実績があることが求められます。基本的に、未経験で研究職への転職は30代であっても難しいでしょう。製薬会社の営業職の場合は、30代であれば未経験でも求人が多くあります。

治験受託会社

治験受託会社とは、製薬会社から委託を受けて治験を行う会社です。治験受託の分野は最近急成長している分野です。そのため、治験受託会社の薬剤師の求人は増加しています。30代半ばまでであれば、未経験であっても転職が可能なことが多いです。

30代薬剤師におすすめの転職エージェント

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣社員
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 利用者満足度5年連続No.1 の薬剤師向け転職支援サービス!
こちらの記事も読まれています

40代の薬剤師におすすめの転職先

40代の薬剤師におすすめの転職先

30代の場合は、年齢制限の影響はほとんどなく転職活動ができることがわかりました。
では次に、40才代のおすすめの転職先について解説していきます。

療養型・リハビリテーション病院

比較的大きな病院へ転職は、40代前半までが目安となります。しかし、40才代の病院への転職は経験や実績が評価されるケースが多くあります。そして、転職後もその病院の環境や風習に馴染む努力が必要となります。40代以降の薬剤師の方なら、療養型の病院やリハビリテーション病院への転職が狙い目となります。療養型やリハビリテーション病院では、病院のなかでも比較的落ち着いて業務に取り組むことができます。

ドラックストア

ドラックストアの場合は、40代の求人が多くあります。企業薬剤師や調剤薬局のみでしか働いたことのない薬剤師の方は、ドラックストアでの接客に最初は戸惑うかもしれません。しかし、転職者に対する研修が充実しているドラックストアもあるので未経験の方も心配は少ないでしょう。

40代薬剤師におすすめの転職エージェント

薬キャリ

薬キャリ
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣,紹介予定派遣
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 薬剤師登録数No.1!全国4万件以上の求人から最短3日で転職可能
こちらの記事も読まれています

50代の薬剤師におすすめの転職先

50代の薬剤師におすすめの転職先

40代の場合、研修が充実している転職先であれば病院やドラックストアへの転職も戸惑うことなく可能であることがわかりました。では次に、50代のおすすめの転職先について解説していきます。

個人経営の調剤薬局

中規模の薬局は、経営者の方針や人手不足などの要素があれば50代でも中途採用の求人が出ていることがあります。経験や実力がないと、転職後にかなりの勉強が必要になりますが、50才代までに培った調剤業務のスキルを活かすことができます。

個人経営のクリニック

個人経営のクリニックの場合は、常駐の薬剤師の数は少ないですが50代であっても転職のチャンスがあります。個人経営の場合は、院長の意向により業務内容や方針が決まります。そのため、転職状況は個々クリニックのケースによって異なります。

50代薬剤師におすすめの転職エージェント

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣社員
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 業界最大級公開求人55,000件以上!全国15拠点で個別相談にも対応
こちらの記事も読まれています

60代の薬剤師におすすめの転職先

60代の薬剤師におすすめの転職先

50代であっても、過去のスキルを活かして調剤薬局やクリニックで働くこともできることがわかりました。では次に、60代以上のおすすめの転職先について解説していきます。

小規模の調剤薬局

特に地方の小規模の調剤薬局は、人手不足であることが多いです。そのため60代であっても薬剤師の資格があれば中途採用の求人が出ていることがあります。特に、夜間の求人は人手不足なことが多いため狙い目です。

派遣薬剤師

派遣薬剤師の場合は、60代までであれば問題なく働けるでしょう。調剤経験のある人が薬剤師専門の派遣会社に登録し、派遣薬剤師として病院や施設などで勤務します。それまでに薬局での服薬指導の経験がある場合は、監査や服薬指導などをメインで行うことになるためスキルを活かして働くことができます。

派遣・パート・アルバイトの薬剤師

60代の方の場合は、もしかすると転職先がなかなか見つからないことがあるかもしれません。そのような場合は、派遣やパート、アルバイトとしての雇用も検討しましょう。

正社員と比べて自分のペースに合わせた柔軟な働き方が選べます。転職先によって異なりますが、パート・アルバイトの場合は、未経験なら時給2,000円から、調剤経験者なら時給2,500円と高単価で働くことができます。

60代薬剤師におすすめの転職エージェント

ファーマキャリア

ファーマキャリア
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 薬剤師のオーダーメイド求人!コンサルタントが好条件求人をお作りし転職をサポート!
こちらの記事も読まれています

薬剤師の転職には転職サイトやエージェントの活用を

特に60才以上の場合は、転職が可能かどうか不安に思う薬剤師の方もいらっしゃるのではないでしょうか。基本的には、薬剤師の資格を持っていれば、どの年齢であっても転職に困ることはありません。しかし前述の通り、大規模な病院や企業薬剤師などは年齢制限があることが多いです。

年齢・年代を問わない薬剤師の仕事探しをサポート

なかでも、50~60代の転職は選択肢が狭くなりがちなので、事前に自分の仕事への条件や優先順位を決めておくと良いでしょう。

自分の望む勤務時間や収入などの条件を叶えるためには、転職サイトやエージェントの活用や有効です。転職サイトから一括で自分の条件に合った転職先を探したり、エージェントがあなたの代わりに転職先との条件交渉を行ったりしてくれることがあります。

まずは、気軽に転職サイトや転職エージェントへ登録から始めましょう。

ya4