401

転職市場において、半ば常識のように言われていることに「40代以上になると転職は難しくなる」という噂があります。

特に40代以上の女性が正社員として転職するのは難しいとよく言われますが、果たしてそれは本当でしょうか。

また、広い意味で転職をとらえた場合、「正社員」という選択がどのような場合でも常に正しい選択と言えるものなのでしょうか。

今回は従来の常識だけに囚われることなく、40代女性が正社員で転職することの是非や損得について切り込んで参りたいと思います。

40代女性の(正社員)転職は可能?!

402

冒頭でもお伝えしたとおり転職にまつわる「噂」には様々なものがありますが、その一つに「○○歳限界説」というものがあります。

○○歳を過ぎると途端に転職が出来なくなるといった噂であり、○○に当てはまる数字は噂ゆえにそれほど明確ではありませんが例えば30歳であったり、32歳であったり、35歳であったりします。

結論から言えば、「○○歳限界説」は嘗てそのようなことがあったかも知れませんが、少なくとも現在においては当てはまりません。

事実、転職サイト大手のDODA社の調査では転職の成功年齢平均は32.3歳(2016年上半期)であり、実はこの年齢は毎年右肩上がり上昇を続けており、2016年の上半期も前年よりアップしたという結果になっています。

また男女の違いをとりあえず考慮せず年代別での転職者割合をみた場合、40歳以上は「15.1%」となっています。

ちなみに他の年代は次のとおりの占有率です。

check-c081 24歳以下:7.5%

check-c081 25歳~29歳以下:37.2%

check-c081 30歳~34歳以下:25.7%

check-c081 35歳~39歳以下:14.6%

40歳以上は25歳~34歳のゾーンよりは確かに低いですが、「24歳以下」や「35歳~39歳以下」のゾーンを上回っています。

従って「年齢的に有利」とまでは言えないものの、転職者の内15%以上が40歳以上が占めているという客観的なデータがある以上、40代からの転職も十分可能と考えることがむしろ妥当と言えます。

転職を考える40代女性はどんな悩みを抱えているのか、その解決方法は?

離職を考える40代女性の主な悩みとは

403

ではここで40代女性で転職を考える女性は、転職を検討する理由としてどのような悩みあるいは不安、不満などを抱えているものなのでしょうか。

厚生労働省の「雇用動向調査結果」(2015年)に基づいた場合では

number3_21 労働条件がよくない(残業や休日出勤などが多く、プライベートな時間を確保できない)

number3_22 収入面に対する不満がある

number3_23 職場の人間関係や重圧感

といった3つの理由が会社を離職する主な理由として指摘されており、特に①については「女性・40代前半」において最も多い理由となっています。

では①が最も多くなる理由を分析してみることにしましょう。

40代と言えば仕事で一定のキャリアや経験を積んだ年代であり、管理職になったり、具体的な役職に就かずともリーダー的な存在となったりする年代です。

職責が高まればそれだけ忙しくなりますし、プライベートの時間をかなり犠牲にしなければならなくなったりもします。

その一方で家庭を築いている40代の女性は、晩婚化の影響等により年代的には子供が思春期真っ只中の一番難しい年頃を迎えた頃にあたります。

加えて、自分の両親が後期高齢者の仲間入りを果たし、介護などの必要性が高まってくる年代でもあります。

そのため、仕事とプライベートのワークライフバランスが、仕事に専心しやすい男性と比べると大変難しくなるのが40代女性であり、それが離職や転職を考える大きなきっかけになってくると考えられます。

解決方法は?

では仮に①から③の理由を踏まえた場合、それぞれどのような解決策があるのでしょうか。

①から③のそれぞれの解決策としては、次のような方法が考えられます。

number3_21 「労働条件がよくない」場合:
正社員を辞めてパートタイマーとして働き、プライベートの時間を確保する、もしくは労働条件がとても良好な会社へ転職を果たす
number3_22 「収入面に対する不満がある」場合:
管理職候補等のエグゼクティブを中心とした転職活動に取り組み、キャリアアップと年収アップを実現するnumber3_23 「職場の人間関係や重圧感」の場合:
人間関係で悩まずに済む職種や職場、あるいは派遣等、濃密な人間関係が要求されない勤務方式へ仕事を変える

上述のとおり、①から③のどの理由であっても、現職に無理して留まっていても解決は図れませんので転職が必要になってくることだけは間違いありません。

しかしながら特にパートナーがいて、生活基盤がある程度安定しているという40代女性の方なら、①や③の解決策で提示したとおり、「正社員としての転職」にだけこだわらず、パートや派遣社員といった選択肢も視野に入れて柔軟に考えた方が望ましいと言えます。

40代女性の場合、派遣やパートと正社員どっちが経済的に得なのか

転職しなければ年収では正社員が有利だが・・・

正社員と派遣やパートの仕事を比較した場合、最も顕著な差として表れるのが「年収」です。

特に大きな違いは派遣やパート職には通常賞与を受け取ることができませんが、正社員は賞与を受け取ることができます。

そのため、残業等で一時的に月収では派遣社員やパートが正社員の月収を上回るような場合が仮に生じても、年収ベースでは正社員が確実に上回ることになります。

また、福利厚生という面でも正社員は何かと優遇されていますので、それらを踏まえた経済的な差異だけを考えれば「正社員>派遣やパート」という図式は揺るがないと考えて良いでしょう。

ところが、この図式は40代女性が「転職」する場合には事情が異なってきます。

「転職市場」において40代に求められる資質とは

40代の求人は一般的に「管理職候補」が多く、20代、30代より間違いなく「マネジメント能力」が資質として問われることになります。

そのため、そうした企業の要望に応えるにはそれに見合った資質や能力、経験が問われることは言うまでもありませんが、同時に多少プライベートは犠牲にしても会社のためにバリバリ働く「覚悟」も問われることになります。

つまり40代で正社員として転職を果たすなら、男性管理職と遜色ない働き方を求められるということです。

それを拒否し、労働条件を重視した転職を志向した場合、企業ニーズと異なってくるため、求人案件数が自ずと限られてくることになります。

そのため、管理職候補として男性同様バリバリ働くことを拒否した場合には転職が難しくなり、仮に転職できたとしても若い女性事務員と同水準に年収を据え置かれる等、大幅な年収ダウンを強いられるケースは珍しくありません。

その結果、時給1500円で派遣社員としてフルタイムで働いた方がかえって年収では上回るといった場合も生じるのです。

まとめますと、40代女性が正社員として転職することを望むなら管理職候補として転職を果たす必要があり、それを拒否した場合には正社員としての転職が難しくなり、それでも正社員に拘って転職すれば、派遣社員の年収を下回る場合もあるということです。
つまり、40代女性が転職する場合には、正社員と派遣やパートのどちらが経済的に損か得かは一概に断定できるものではなく、転職で優先したい事項によって経済的な損得が変わってくると言えるのです。

40代女性にオススメしたい転職サイト・転職エージェント

このように40代女性はただ転職を考えれば良いという訳ではなく、たとえば年収なのか、それともプライベートなのか等々転職における優先事項によって転職の取り組み方が異なってきます。

そこで、転職において優先したい希望事項ごとにオススメしたい転職サイトをご紹介します。

管理職候補・高年収を狙いたいなら:ビズリーチ[BIZREACH]

404

管理職候補の転職は経営幹部や役員クラスに特化した転職サイトと、課長や係長、プロジェクトリーダー、店長やその候補といった中管理職層に強い転職サイトに分けることができます。

その点でビズリーチ社は役員クラスと中間管理職両方に強みを有していますが特に中管理職層の求人に大変な強みを有する転職サイトであり、求人案件数も豊富です。

公開求人案件数5万7千件以上も有しており、管理職候補としてバリバリ働きたいという強いニーズをお持ちの方に特にオススメしたい転職サイトです。

⇒管理職転職に強いビズリーチにまずは無料登録

⇒ビズリーチの詳細はこちら

できるだけ幅広い求人の中から転職を果たしたいなら:「リクルートエージェント」

405

求人案件数が2016年現在で約15万3,000件以上、約30万人の転職志望者が利用してきた転職エージェントが就職でお馴染みのリクルートグループの転職サイトが「リクルートエージェント」です。

管理職候補にこだわりたくない、年収以上に労働条件を重視して転職を果たしたいという場合には、求人件数のボリュームがものを言うことは間違いありません。

その点でリクルートエージェントは15万件以上という日本最大級の求人案件数を誇っており、多様な求人条件を幅広い選択肢から選びたいという場合に頼れる転職サイトです。

⇒リクルートエージェントで非公開求人を探す

⇒リクルートエージェントの詳細はこちら

派遣社員を軸に自分のライフスタイルを優先して働くなら:「テンプスタッフ」

406

自分のライフスタイルを最優先し、派遣社員や契約社員として働くことを一番に検討したいという場合には派遣会社で業界ナンバーワンであり、日本最大級の派遣求人件数を誇るテンプスタッフがオススメです。

テンプスタッフは日本全国ネットワークを有しており、4万件を越える派遣関連の求人案件数を誇っています。

また、派遣社員として転職した場合に一番懸念される福利厚生面もテンプスタッフは大変充実しており、むしろ中小企業の正社員より福利厚生面では充実すると言っても過言ではありません。

★こちらのページもよく読まれています!