正社員になりたい40代女性は必見!転職する前に知るべき7つの真実

女性が40歳を過ぎてから正社員で転職するのって、正直難しそうだよね…
男性の場合でも、一般的に35歳を過ぎると急に転職が難しくなり始めるといわれているし。
家庭の事情など、時間的に制限も多い女性なら尚更ですね。
でも、40代以上の女性を正社員として迎え入れようと考えている企業は実は少なくはないんですよ。
そうか!女性に特化した転職エージェントや転職サイトで女性に理解のある企業の求人を探せば、決して40代の女性が正社員になるのも不可能じゃないんだね!
この記事では、40代女性に行なったアンケート結果を織り交ぜながら、40代女性は正社員なれるのか、そもそも正社員になったほうが幸せなのか?ということに焦点を当てて解説していきます。
40代女性にオススメの転職エージェントや、転職サイトそして派遣会社もご紹介いたしますので参考にして下さい。
たった5分で読めるから最後まで見てね!
★40代男性にはこちら↓

結論:40代女性でも正社員への転職は可能!

転職にまつわる「噂」には様々なものがありますが、その一つに「○○歳限界説」というものがあります。

○○歳を過ぎると途端に転職が出来なくなるといった噂であり、○○に当てはまる数字は噂ゆえにそれほど明確ではありません。

例えば、30歳であったり、32歳であったり、35歳であったり・・・

結論から言えば、「○○歳限界説」はかつてそのようなことがあったかも知れませんが、少なくとも現在においては当てはまりません。

つまり、昔は不可能と言われていた40代の女性就職・転職は今や十分に可能という事です。

事実、転職サイト大手のdoda社の調査では転職の成功年齢平均は32.3歳(2016年上半期)であり、実はこの年齢は毎年右肩上がりに上昇を続けており、2016年の上半期も前年よりアップしたという結果になっています。

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度

また男女の違いを考慮せずに年代別で転職者割合をみた場合、40歳以上は「15.1%」となっています。

ちなみに他の年代は次のとおりの占有率です。

check-c081 24歳以下:7.5%

check-c081 25歳~29歳以下:37.2%

check-c081 30歳~34歳以下:25.7%

check-c081 35歳~39歳以下:14.6%

40歳以上は25歳~34歳のゾーンよりは確かに低いですが、「24歳以下」や「35歳~39歳以下」のゾーンを上回っています。

従って「年齢的に有利」とまでは言えないものの、転職者の内15%以上が40歳以上が占めているという客観的なデータがある以上、40代からの転職も十分可能と考えることがむしろ妥当と言えます。

正社員になりたい40代女性は知っておきたい転職のコツ

今ある能力や経験を活かす職場を探す

40代で正社員を目指す際に最も武器となるのは、20代の人間にはないこれまでの職場で培ってきた豊富な経験とスキルです。

どこかで長年働いてきた経験や収穫した資格は40代において正社員雇用を目指すなら最大の武器となります。

自分のスキルをしっかりと分析し、それが評価される職場を探してみましょう。

すぐに諦めず長期戦で転職先を探す

既にご存知の通り20代や30代と比べると40代の女性を対象とした正社員求人の数は少ないです。

そのためすぐには希望の転職先が見つからないケースも珍しくないので、正社員への転職を目指すなら今の職場で働きつつ3ヶ月~半年は転職活動をする気持ちで挑戦しましょう。

自分が望まれる業界や業種を選ぶ

前述した通り40代の女性で正社員への転職を目指すならこれまで培った経験や資格を活かすのが最適ですが、もしこれまでの職業と違う業種での転職を目指すなら、40代の能力を求めている職種や業界を選びましょう。

40代の女性というのは人生経験によりコミュニケーションスキルが高いため、サービス業や一部の接客のある事務では非常に求められている人材となります。

重要;転職サイトを利用する時に40代という条件を入れる

ある意味ではこれが一番重要なのですが、40代での転職を目指すなら検索をする時に40代という文字を打ち込んで、40代を募集している職場に応募しましょう。

40代で正社員への転職が上手くいかない人に多いのが、求人の募集要項の確認が甘かったり、そもそも20代を募集している求人に応募してしまうというケースです。

これでは内定なんてもらえるはずもありませんので、心当たりのある方は検索する時にしっかり40代を募集している職場を選ぶようにして下さい。

doda(デューダ)

年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・その他
対象エリア全国(海外を含む)
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職金融専門職不動産専門職コンサルタント/士業経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他
おすすめ度

【40代女性必見!】未経験でも正社員への転職が可能な職種

介護職員


介護業界は人で不足で常に求人を募集していることもあり、40代以上の女性でも転職しやすい人気の仕事です。当サイトアンケートでも13%以上の方が介護業界に転職されています。多種多様の職種の中で複数回答あったのは介護業界だけです。

介護業界なら、何歳からでも資格を取得して仕事に就くことが可能です。転職サービスによっては資格を無料で取得できるところもありますので、介護に興味のある方はそれらのサービスを上手に利用しましょう。

⇒【保存版】介護士になりたい!資格取得から就職までのステップ

介護の求人なら かいご畑

年代全年代雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)
業界医療専門職その他
おすすめ度

営業


営業でも幅広いですが、保険営業や不動産営業など40代ともなると就職や結婚、出産などさまざまな立場や場面を経験しているので、お客様の立場に立ったプランが提案できると評価されることがあります。

⇒営業の歩合・インセンティブの相場や平均を稼げる仕事でランキング

医療事務


医療事務での採用条件は、年齢よりもスキルを求められることが多いようです。
退職前に資格を取得することで採用されやすくなります。

⇒医療事務の現状を徹底調査!医療事務の資格って本当に必要なの?

番外編

ネイリスト

意外に40代女性が未経験から始めることが多いのが「ネイリスト」です。
ネイリストは、企業に雇用されるというより自宅開業などを目的として将来性を見据えてまずは資格を取得する方が多いようです。

資格取得後、スキルアップの為に短期間サロンで経験を積み、自宅開業されています。
現代では、40代50代の方も低価格でネイルを楽しめるので、40代女性の方でも正社員として採用されることももちろんあります。

⇒【女性に人気!】正社員でネイリストに転職する為の効率の良い方法

フリーランス

ライティングやデザイン、プログラミングなどのスキルがあれば在宅のフリーランスも可能。これなら年齢制限もありませんし、自分の好きな時間にお仕事できます。
ランサーズなどのクラウドソーシングサイトに登録しておけば、自宅であなたのスキルに合ったお仕事をすることができます。

今からご紹介する方は、ランサーズに登録しているけどライターでもデザイナーでもないんだよ。いろんな需要があるから、意外な特技が役に立つこともあるんだ!

フリーランスで働いていますNさん(年齢:40代後半 性別:女性 職種:年配者向けPC教室の臨時講師)

現在、フリーランス(Lancers登録)でも仕事を受けており、できることならフリーランスの仕事中心で仕事をしていきたいと考えています。

⇒ランサーズの詳細はこちら

⇒ランサーズの公式サイト

以上が40代女性でも正社員への雇用が可能と言われている職業でした。

ただそもそものポイントとして、正社員になりたいという希望を叶えたとしても、ライフスタイルやキャリアデザインによってはかえって以前より不幸な人生に可能性がある事も考えておきましょう。

実際口コミを見ていると人によっては40代で無理に正社員になった結果、労働時間が長くなり夫婦関係や家庭環境が悪化したという方もいますし、やりたかった夢を追えなくなったという人もいます。

そこで以下に40代の女性は本当に正社員になるのが得なのか、キャリアコンサルタントの国家資格を持っている三上さんに聞いてみました。

そもそも40代女性は本当に正社員が得?キャリアコンサルタントにきいてみた

国家資格キャリアコンサルタント三上

国家資格キャリアコンサルタントの三上 雄也です。国家公務員として勤務後、大手人材サービス企業にて、営業(商社、不動産、金融・通信・メーカー等)、人事(新卒採用)を担当。

その後、有名私立大学のキャリアセンター個別相談担当として、のべ1万人以上の就職支援に携わってきました。

https://www.liberal-code.net/

Q.40代女性の転職先は、正社員、派遣、契約社員どれがいいの?

現在正社員で働いています。転職しようと思っているのですが、応募しようとしている求人の雇用形態がたくさんあります。

特にこだわりはないのですが、自分に合ったベストな働き方がわかりません。どれがいいのか迷っています。

A.あなたがどのようなキャリアプランを描いているかによります

雇用や収入の安定性という観点でいえば、やはり正社員が最も強いと思います。

とはいえ、昨今では働き方も考え方も多様化しており、本人がどのようにキャリアを描き、職業人生を重ねていきたいのかというデザインによって雇用形態を選択すべきです。

正社員で好きでも楽しくもない仕事を続けているよりは、1つの仕事に特化して専門性高く働きたい方は派遣社員という考えだってありますし、副業やパラレルキャリアを描いていくなら契約期間が1年単位で決まっている契約社員の方がその本人にとっては都合がよいです。

ただデータを見ると近年は女性の正社員の比率が上がっており、最新のデータだと働く女性のうち1078万人が正規職員となっていました。

一方で非正規職員も1367万人と正規職員よりも多いです。ただ女性の正社員雇用を行っている企業が増えているのも事実です。

外部サイト:総務省:労働力調査(詳細集計)平成30年(2018年)平均(速報)

つまり、正社員になりたいと考えている女性は、あなたが正社員になった際に働く上で何を優先し、あるいは何をあきらめてプランを描いていくことが重要です。

雇用形態に優劣は無いので、副業を行おうと思っていたり結婚や子育てなども視野に入れているなら派遣社員というのも手です。

アドバイス

社会的保障や給与の安定性を求めるならば、やはり正社員がいいでしょう。

ただし近年では、雇用形態に限らず、一定の条件をクリアしていれば、派遣社員やアルバイトでも雇用保険や社会保険をかけてもらえます。正社員がすべていいという時代は終わりを迎えつつあります。

POINT正社員:リストラされない限り、企業が制定する定年までの雇用契約が結べる。社会保障はもちろん給与面での安定度が高く、ボーナス支給がある

派遣社員:社会保障制度は派遣会社による。数ヶ月ごとの契約更新で時給制であることが多く、給与が変動しやすいが勤務条件の自由度が高い。企業に所属するわけではなく、派遣会社の所属になる。

契約社員:契約更新制度や基本給以外、正社員と労働条件がほぼ変わらない。社内試験にパスできれば正社員にステップアップできることが多い。ボーナス支給もある会社がほとんど。

毎月安定した給与がもらえるのは「派遣社員<契約社員<正社員」ですが、労働条件の交渉がしやすく融通が効きやすいのは「契約社員=正社員<派遣社員」です。
契約社員と正社員の仕事内容はほぼ変わりません。大きな違いは採用条件です。

大学卒業以上の学歴や、〇〇経験3年以上と条件が高い正社員に対して、契約社員は高卒以上でOK・転勤なしなど条件ハードルが低いです。
そのかわり基本給も低くなります。「働きたい会社があるけど、採用条件が一致しない」という場合、契約社員で募集がないか?を探してみましょう。

CHECK・子育て中だけど、ある程度稼ぎたい
・パートではなく扶養を外れて働きたい
・いろいろな職場を経験してスキルを積みたい
・前職で人間関係トラブルがあって辞めてしまった

という人は、実は正社員よりも派遣社員がいいかもしれません。派遣社員の場合、派遣先企業と求職者を繋ぐパイプ役として、派遣会社の担当スタッフが間に入ってくれます。

相談がしやすく、万が一「働きづらいな」と思ったら違う派遣先を紹介してもらえます。子供の学校行事予定の融通がきく企業を紹介してくれることもポイントです。

長く働くためにも、ライフスタイルにあった雇用条件を選びましょう。

アンケート結果を発表!40代女性の何割が正社員になりたいと考えている?

ジョブシフトの読者を対象に、40代女性の一体何割が正社員になりたいと考えているかアンケートを取りました。

その結果、40代以上の女性は「絶対に正社員でないと嫌だ!」とみんながみんな思っているわけではない事が判明しました。

ジョブシフトが40代以上の女性に対して独自に行なったアンケートでは、正社員になりたいと考えている方と正社員にはなりたくないと考えている方はちょうど半々という結果になったのです。

え?そうなんだ!意外だなぁ。
「どうせなら正社員として働きたい」
と考えている人はもっと多いと思ってたよ!
40代の女性はみなさん、家事に育児に、場合によっては介護にと大忙し。正社員としてがっつり働くよりは、時間に融通の効くパートや派遣の方が都合が良いと考えている方が多いのです。
みんなは正社員で働くということに対して、それぞれどんな考えを持っているんだろう?

40代女性の本音「正社員にはなりたくない」

正社員になりたくないCさん(年齢:40代後半 性別:女性 職種:IT経理パート)

家事・育児と両立させるのはフルタイムでは難しい。時間の融通をきかせたい。

正社員になりたくないAさん(年齢:40代後半 性別:女性 職種:市役所パート)

旦那の協力が見込めない現状で、正社員での仕事、家事育児を一人でこなす自信が無いため正社員には希望しておりません。

正社員になりたくないKさん(年齢:40代前半 性別:女性 職種:文房具会社 パート)

なるべく扶養内で働きたいので正社員は望んでいません。
「正社員になりたくない」と一口に言っても、
扶養内で働きたいからという意見もあれば
家事・育児の時間を確保したいからという意見もある。みんな考え方はそれぞれなんだね。
その家事・育児についても「旦那の協力が期待できないから」という意見もあります。
これは、逆に言えば「ご主人の協力さえあれば、正社員になりたい」という本音の裏返しでもありますね。

40代女性の本音「正社員になりたい」

正社員になりたいsさん(年齢:40代前半 性別:女性 職種:介護職員 パート)

ボーナスが支給されるので本当は正社員が良いです。またパートと言えど、仕事内容は正社員と同じであるところも理由の一つです。
ただ小さい子供がいて、出退勤の時間が正社員の時間に合わないのと、急な病気や気象の警報などで急な休みをもらう可能性があって休み辛いので、パートで探しました。

正社員になりたいMさん(年齢:40代前半 性別:女性 職種:介護職員 パート)

正社員の方が金銭面と社会保障が充実しているからです。

正社員になりたいyさん(年齢:40代前半 性別:女性 職種:派遣社員)

正社員の方が雇用形態も周りからの見られ方も良いためです。

どちらの意見もあるようですが、正社員になりたいという女性も多いようです。

そこで以下では40代女性で正社員になりたい方が抱えている悩みを紹介していきます。

正社員への転職を考える40代女性が抱えている悩みの真実

ではここで40代で転職を考える女性は、転職を検討する理由としてどのような悩みや不安、不満などを抱えているのでしょうか。

厚生労働省の「雇用動向調査結果」(2015年)に基づいた場合では

number3_21 労働条件がよくない(残業や休日出勤などが多く、プライベートな時間を確保できない)

number3_22 収入面に対する不満がある

number3_23 職場の人間関係や重圧感

といった3つの理由が会社を離職する主な理由として指摘されており、特に①については「女性・40代前半」において最も多い理由となっています。

では①が最も多くなる理由を分析してみることにしましょう。

40代と言えば仕事で一定のキャリアや経験を積んだ年代であり、管理職になったり、具体的な役職に就かずともリーダー的な存在となったりする年代です。

職責が高まればそれだけ忙しくなりますし、プライベートの時間をかなり犠牲にしなければならなくなったりもします。

その一方で家庭を築いている40代の女性は、晩婚化の影響等により年代的には子供が思春期真っ只中の一番難しい年頃を迎えた頃にあたります。

加えて、自分の両親が後期高齢者の仲間入りを果たし、介護などの必要性が高まってくる年代でもあります。

そのため、仕事とプライベートのワークライフバランスが、仕事に専心しやすい男性と比べると大変難しくなるのが40代女性であり、それが離職や転職を考える大きなきっかけになってくると考えられます。

40代女性の転職|労働条件・収入・人間関係を踏まえた解決法

では仮に①から③の理由を踏まえた場合、それぞれどのような解決策があるのでしょうか。

①から③のそれぞれの解決策としては、次のような方法が考えられます。

number3_21 「労働条件がよくない」場合:
正社員を辞めてパートタイマーとして働き、プライベートの時間を確保する、もしくは労働条件がとても良好な会社へ転職を果たす
number3_22 「収入面に対する不満がある」場合:
管理職候補等のエグゼクティブを中心とした転職活動に取り組み、キャリアアップと年収アップを実現する
number3_23 「職場の人間関係や重圧感」の場合:
人間関係で悩まずに済む職種や職場、あるいは派遣等、濃密な人間関係が要求されない勤務方式へ仕事を変える

上述のとおり、①から③のどの理由であっても、現職に無理して留まっていても解決は図れませんので転職が必要になってくることだけは間違いありません。

しかしながら特にパートナーがいて、生活基盤がある程度安定しているという40代女性の方なら、①や③の解決策で提示したとおり、「正社員としての転職」にだけこだわらず、パートや派遣社員といった選択肢も視野に入れて柔軟に考えた方が望ましいと言えます。

40代女性の場合、派遣やパートと正社員どっちが経済的に得?

転職しなければ年収では正社員が有利だが・・・

正社員と派遣やパートの仕事を比較した場合、最も顕著な差として表れるのが「年収」です。

特に大きな違いは派遣やパート職には通常賞与を受け取ることができませんが、正社員は賞与を受け取ることができます。

そのため、残業等で一時的に月収では派遣社員やパートが正社員の月収を上回るような場合が仮に生じても、年収ベースでは正社員が確実に上回ることになります。

また、福利厚生という面でも正社員は何かと優遇されていますので、それらを踏まえた経済的な差異だけを考えれば「正社員>派遣やパート」という図式は揺るがないと考えて良いでしょう。

ところが、この図式は40代女性が「転職」する場合には事情が異なってきます。

「転職市場」において40代に求められる資質とは

40代の求人は一般的に「管理職候補」が多く、20代、30代より間違いなく「マネジメント能力」が資質として問われることになります。

そのため、そうした企業の要望に応えるにはそれに見合った資質や能力、経験が問われることは言うまでもありませんが、同時に多少プライベートは犠牲にしても会社のためにバリバリ働く「覚悟」も問われることになります。

つまり40代で正社員として転職を果たすなら、男性管理職と遜色ない働き方を求められるということです。

それを拒否し、労働条件を重視した転職を志向した場合、企業ニーズと異なってくるため、求人案件数が自ずと限られてくることになります。

そのため、管理職候補として男性同様バリバリ働くことを拒否した場合には転職が難しくなり、仮に転職できたとしても若い女性事務員と同水準に年収を据え置かれる等、大幅な年収ダウンを強いられるケースは珍しくありません。

その結果、時給1500円で派遣社員としてフルタイムで働いた方がかえって年収では上回るといった場合も生じるのです。

まとめますと、40代女性が正社員として転職することを望むなら管理職候補として転職を果たす必要があり、それを拒否した場合には正社員としての転職が難しくなり、それでも正社員に拘って転職すれば、派遣社員の年収を下回る場合もあるということです。
つまり、40代女性が転職する場合には、正社員と派遣やパートのどちらが経済的に損か得かは一概に断定できるものではなく、転職で優先したい事項によって経済的な損得が変わってくると言えるのです。

正社員になりたい40代女性にオススメしたい転職エージェント

このように40代女性はただ転職を考えれば良いという訳ではなく、たとえば年収なのか、それともプライベートなのか等々転職における優先事項によって転職の取り組み方が異なってきます。

そこで、転職において優先したい希望事項ごとにオススメしたい転職エージェント・転職サイトをご紹介します。

やっぱり正社員!営業や管理職でバリバリ働きたい!そんなあなたには女性の正社員求人に特化した転職エージェントがおすすめ。

マイナビエージェント「女性の転職」

マイナビエージェント「女性の転職」

マイナビ女性の転職
年代20代~40代雇用形態正社員
対象エリア全国
職種営業職(営業・マーケティング)バックオフィス系(広報・人事・経理)SEクリエイティブ系(Web・編集・制作)IT/通信系(ITコンサルタント・SE)ハードウェア/素材系(電子電機・機械)金融専門職(アナリスト・調査・分析)医療系専門職(医薬・バイオ、看護師・薬剤師・保育士)不動産専門職建築 設計・デザイン・設備
おすすめ度

ポイント

  • 約8割の求人が非公開求人
  • 営業やエンジニア、経理の転職に強み
  • キャリア志向の女性やスキルを磨きたい女性に

マイナビを母体とした女性向け転職エージェントが「女性の転職」※旧名称:マイナビウーマンウィル[WomanWill]。人材サービスの老舗マイナビグループが運営するとあって、安定性や案件の質は問題ないとの評価があります。

看護師保健師といった専門職から、ネイリストやエステティシャンのように女性が活躍する美容業界の求人などを取り扱い、女性スタッフも常駐していて相談しやすいとのこと。

【こんな方にオススメ】
バリバリと働きたいアグレッシブな女性向け。

40代女性にオススメしたい転職サイト

バイトルNEXT

バイトルNEXT

バイトルNEXT
年代20代~50代雇用形態正社員・契約社員・派遣・パート、アルバイト・業務委託
対象エリア全国
業界営業オフィスイベントIT・クリエイティブ販売フード・飲食サービス軽作業・物流建築・土木医療・介護・福祉教育美容・利用・サロン調査・モニター工場・製造専門職その他
おすすめ度

ポイント

  • 未経験職種を多数取り扱っている
  • ミドルも活躍中の求人が多い
  • 案件数は4万件以上!

バイトや未経験から正社員を狙えるのが「バイトルNEXT」です。
今まで契約社員やパートだった人、未経験者でも就職しやすい求人情報が多く、ブランクがある人にとってもステップアップしやすいでしょう。サイト自体も使いやすく、興味のある業界の情報をお知らせしてくれる機能などもあります。最初はパートや派遣からでもゆくゆくは正社員を目指している、という40代女性にとっては強い味方になるおすすめの転職サイトです。

バイトルNEXTは40代以上の求人が探しやすいんですよ!取扱業種もミドル層向けのものが多いんです。

ここから、「こだわり条件を検索」をクリックするんだね!

すごい!女性向けの条件もいろいろあるし、なんといっても「ミドル活躍中」どころか「シニア歓迎」の求人まであるよ!
これなら40代以上の女性向け求人を探すのは楽勝だね!

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆ
年代20~40代雇用形態正社員、契約社員、アルバイト・パート、派遣社員、業務委託、代理店・FC有料職業紹介
対象エリア全国
業種オフィスワーク(事務・経理)ファッション・アパレル販売・サービス営業美容師エステ・ネイル看護師医療事務介護歯科薬剤師クリエイターその他
おすすめ度

ポイント

  • 女性に人気のお仕事が盛りだくさん
  • 日本最大級の求人数
  • 産休・育休など女性に嬉しい条件の検索機能

就職、転職といえばリクルートですが、そのリクルートが運営する女性向け転職サイトです。「とらばーゆ」は、男女雇用機会均等法施行前からキャリア向け女性の求人を紹介していた老舗のサイト。リクルートが運営するだけあって、現在の転職トレンド分析、ファッションブランド、占いコーナーなど、女性が好きなコンテンツが充実しています。地域別に豊富な求人と詳しい情報が載っています。
【こんな方にオススメ】
未婚・既婚・子育て世代などあらゆる女性に。

とらばーゆも40代女性に嬉しい検索条件がたくさん。たとえば、下の図をご覧ください。こだわり機能がありますね。
ここをクリックすると…

あ、こだわり機能をクリックしたら「40代以上活躍中」の文字があるぞ!

このように、40代以上の女性にとって魅力的な検索条件がずらりと並びます。

女の転職@type

女の転職@type

女の転職@type
年代20~40代雇用形態正社員・契約社員・派遣・パート、アルバイト・業務委託
対象エリア全国(海外も含む)
業種総合・流通サービス・飲食ファッション・ジュエリー化粧品・ヘアケア消費財美容・エステ教育医療・福祉マスコミ・印刷企業サービス情報サービス人材サービス金融住宅・不動産、建築・土木コンサルティング・シンクタンクIT・通信・インターネット電気、電子・機械化学・素材医薬品、バイオ、食品官公庁、公共サービス/span>
おすすめ度

ポイント

  • 正社員にこだわった求人のの質
  • 女性向けの転職イベントも豊富
  • 「女性管理職有り」「育児と両立OK」など40代女性に嬉しいこだわり検索

転職サイトでおなじみの「typeの人材紹介」と同じキャリアデザインセンターが運営しています。HPトップ画面に「正社員で長く働きたい女性のための転職サイト」とあるように、パートやアルバイトではなく正社員の求人にこだわっています。女性として働きやすい、しっかりと評価される、女性だからこそうちの会社で働いてほしい、そして正社員である、このこだわりがこのサイトの売りになっています。
【こんな方にオススメ】
結婚、出産、子育てをしながら正社員としてしっかりとキャリア形成を図りたい人に。

女の転職@typeも40代女性のライフスタイルや希望の働き方に沿った条件で検索しやすいのが特徴。
求人画面トップにある「こだわり条件」か

もしくは、「複数条件から探す」をクリックしてね!

「複数条件から探す」から入ると、次はこの画面が出てきます。
ここで、40代女性でキャリア志向の方なら「女性管理職有り」にチェック。子育て中の方なら「育児と両立OK」にチェックマークを入れます。

これは女性向け転職サイトならではの心遣いだね!

正社員以外の働き方をしたい40代女性にオススメの派遣会社

テンプスタッフ

テンプスタッフ

マイナビスタッフ
年代20代~40代雇用形態正社員・契約社員・派遣・業務委託
対象エリア全国
職種オフィスワーク翻訳・通訳金融・証券テレマーケティング営業販売・接客IT・デザイン音楽・映像制作研究開発・メディカル・医事作業・物流・整備保育・介護栄養士・調理師
おすすめ度

ポイント

  • 求人数は派遣業界トップクラス
  • 福利厚生とスキルアップ制度が充実
  • 売上高5千億円以上、東証一部上場の安定感

テンプスタッフは長年の実績と利用者数を誇る、派遣会社の代名詞的存在です。
全国をネットワークした大企業ならでは組織体制があることが強み。勤務地については全国レベルで柔軟に選択できる点がメリットです。
優良企業からの派遣依頼が豊富なので大手優良企業の派遣社員として働くチャンスに恵まれます。
【こんな方にオススメ】
・就業後もしっかりサポートしてほしい方
・充実した福利厚生をご希望の方

40代女性求人を探すコツは、フリーワードに「40代」と直接打ち込むこと。

なるほど!それが一番手っ取り早いね。
こちらはテンプスタッフを利用したことのある40代女性からの口コミです。
この方は最終的に正社員になられました。

派遣担当者の対応に満足cさん(年齢:40代前半 性別:女性)

満足度:★★★★★
単純にサイト上で比較した結果、求人数が多かったのでテンプスタッフを選びました。派遣担当者が私の業務歴などを相手企業に印象良く伝えてくれて、就業につながったのが良かったです。

40代女性の中には、正社員よりも時間に融通がきく派遣社員の働き方をあえて選んでいる方も多くおられます。
時間の自由を取るか、安定性を取るかはその人それぞれのライフスタイルや考え方次第。あなたに本当に合った働き方を選びましょう。

派遣で働くことをお考えの方にはこちらの記事がおすすめです。
⇒【おすすめ】派遣会社はメリットがたくさん!派遣会社ランキング

40代女性にオススメの派遣は他にもあります

40代女性にオススメの派遣会社
マイナビスタッフ大手マイナビの安心感公式HP
はたらこねっと正社員も派遣もおまかせ公式HP
アデコ外資系に強い派遣公式HP

 

こちらの記事も読まれています