11
労働市場は現在空前の転職ブームに沸いており、中途採用の求人件数は右肩上がりで勢いが衰える気配がみられません。

しかしながら、40代女性の方々が転職を志望した場合、昨今のブームとは裏腹に多くの方々苦戦されている状況にあります。

なぜ40代女性の転職は厳しくなってしまうのでしょうか。

また、厳しい状況を打破する方法はないものでしょうか。

転職ナビ

今回は40代女性で転職を考えている皆様方へ対し、転職が厳しくなる理由「資格取得」を中心とした打開策をお伝えして参ります。

40代女性の転職はなぜ厳しいのか

12
40代女性の転職はなぜ厳しくなるのでしょうか。その理由として次のようなものがあげられます。

40代は一般的に年収が高いため求人企業側の負担感が増大する

13
中途採用において求人企業側が気を揉むのは「年収ダウン」です。

前職より高い年収を提示出来る場合なら、求人企業側も胸をはって自社で活躍することを要望できます。

point imgところが40代の方は年功賃金制度の企業にずっと勤務していたなら高い水準の年収に到達している場合が多く、例外的なケースを除けば、採用する場合に年収ダウンの条件提示となってしまう場合が多くなります。その点で求人企業側には前職より年収ダウンとなる方を無理して採用した場合、本人のモチベーションが低下するのではないかという懸念や不安が生じます。

いくら本人が「年収が下がっても頑張る」と主張しても、そうした懸念や不安感からなかなかその意欲を言葉通り受けとめてもらうことが難しくなるためです。

若年者より仕事の習得に時間がかかるとみられるため

14
あくまで一般論ですが、40代の方は20代の方より体力や気力、記憶力などが低下しています。

そのため、20代であれば短期間で覚えられる仕事も40代の方は時間がかかってしまうだろうとの先入観的評価が求人企業側にあります。

勿論個人差はあり、40代の方でもすばやく仕事を習得できる方もいるはずですが、年収同様そうした企業側の先入観を打破することは容易ではありません。

若年者よりプライドが高く摩擦を起こすのではとみられため

15
仕事の習得同様、20代や30代の方と比較すると柔軟性や組織適応力という点でも40代の方々は残念ながら劣っていると評価されています。

40代の方々は豊富な仕事の経験がある訳ですが、そうした豊富な経験に対するプライドや誇りがあるはずです。

point imgところが中途採用は仮に即戦力を期待されたとしても、転職先では「新人」となります。20代の方なら年齢上周囲より若い状況になることが多く、そうした扱いを受けても特に気にすることなく、組織の中に溶け込んでゆけると考えられています。

その点で40代の方を採用した場合、年下の社員から指導を受ける可能性が高まりますが、プライドや経験が邪魔して摩擦が生じてしまうのではないかといったことを求人企業側は懸念するためです。

40代の方々に要求される人材ニーズとギャップがあるため

16
40代の方々に対する中途採用ニーズは全くないのかと言えば、決してそのようなことはありません。

堅実な人材ニーズがあります。

但し求人企業側が40代に期待する資質とは、管理職や経営幹部といった立場で若年者を引っ張ってゆくマネジメント力やリーダーシップです。

そうした立場になる方々は多少の自己犠牲を払って部下を支援したり、成果を達成することも要求されます。

ところが40代女性の転職ニーズは、そうしたバリバリ型のキャリア志向より「働きやすさ」などを志向する傾向が強いため、求人企業側とのニーズギャップが生じていることも一つの理由として指摘できます。

40代女性が転職を成功させるための4つの方策

あくまで一般的な傾向ながら、40代女性の方々の転職市場は決して良好とは言えません。

転職ナビ

そうした状況の中、40代女性が転職を成功させるためにはどうすれば良いか、その方策やポイントを4つお伝えします。

企業ニーズに応えた転職を志向する

17
一つ目に挙げられることは、40代に要望されている求人企業側のニーズに応えた転職活動に取り組むということです。

つまりワークライフバランスを重視した転職ではなく、自身が培ってきたスキルやキャリア、あるいは経験を最大限に活かして企業へ貢献することを最優先した転職に取り組むということです。

この場合、管理職経験が問われることも多く、資質としてリーダーシップがあること等も求められます。

転職ナビ

そのため、40代女性の転職志望者の方々全員に有効な方策とは言えませんが、もし管理職経験があり、男性管理職のような働き方をしても構わないという方はそのようなハイキャリア型転職を志向した転職活動に絞る、または転換すれば40代でも転職を成功させる可能性が高まります。

年収等妥協できる水準を明確にしておく

18
40代の女性の方々が転職に苦戦する理由としてあげたとおり、現職での年収水準が求人企業側の懸念材料となって転職に苦戦してしまう場合があります。

この点を打破するにはどこまで年収ダウンを許容できるか、生活費の支出を細かく確認するなどして徹底検証し、最大譲歩できる額を明確にしておくことです。

この点が明確になっている方は仮に求人企業側から年収ダウンの提示を受けた際でも、迷うことなく自信をもって速やかに○か×かの意思決定を行なえるはずです。

転職ナビ

そうした迅速で明確な回答や自信ある態度が求人企業側の安心感を生み、採用へと舵を切る大きなきっかけになってきます。

派遣社員や契約社員から正社員への登用をめざす

19
現状をお伝えしたとおり、40代女性の方々は残念ながら求人企業側のある意味勝手な先入観や思い込みもあって、募集を検討する段階から「40代は見送っておこう」と判断してしまっている企業が多いのも残念ながら事実です。

そのため、正社員にこだわってしまえば求人件数のパイ自体が少ないため、苦戦が避けられなくなります。

そこで40代女性の方々におススメしたいのが、派遣社員や契約社員から正社員登用を目指すという方法です。

正社員を目指した場合には求人企業の間口が狭くなってしまいますが、派遣社員や契約社員ならば40代の方でもあってもそれほどハードルは高くありません。

また、派遣社員や契約社員という立場であっても勤務先での仕事ぶりが認められれば正社員に登用してもらえるチャンスは十分あります。

転職ナビ

実際この方法で大手企業の正社員に復帰できたという40代女性の方も少なくありませんので、正社員の中途採用に応募しても落とされるばかりとお嘆きの方々は派遣社員や契約社員も転職の選択肢として検討されることをおススメします。

資格を取得する

20
転職において「資格」の存在ほど誤解されているものはありません。

ネット上には、資格さえ取得すれば必ず転職できるように伝える記事もあれば、資格は転職において全く役に立たない、有利にならないと断言している記事もあります。

これは「どちらも誤り」です。

imgそもそも採用するという行為は「人」を採用するのであって、資格を採用するものではありません。例えどんなに有利と言われる資格であっても人物に問題があればよほどの事情がない限り採用には至りません。

つまり転職において「人(人間性)」を上回る評価をされる資格など存在しないのです。

しかしながら人間性という点では全く問題がなく、同じぐらい優れていると評価されている人物が二人いて、そのうちどちらか一方を採用しなければならなかったとします。

ちなみにその職種が経理事務で片方は簿記1級の資格を持っており、片方は無資格であれば、読者の皆様が人事担当者ならどちらを採用するかということです。

求人している職種との関連性や業務に役立つことが見込まれる資格を保有していれば、それが著しく評価を高めることはなくとも上記のような場面で資格が有効に働く場合は必ずあります。

つまり、資格を人生のパスポートのように考えてはいけませんが、転職を成功させる上で「プラスアルファ」として機能させることは十分可能だということです。

では、どのような資格ならプラスアルファとして機能する可能性が高いか、次のコーナーでご紹介致します。

転職において機能する資格とその取得方法

宅地建物取引士(宅建)

21
宅建はいまや難関資格としてすっかり有名となってしまいましたが、難関に相応しい大きな価値が宅建にはあります。

宅建は専権業務を与えられた業務独占資格というだけでなく、不動産取引を行う事業所は人員数5人につき1人以上必ず置かなければならい必置資格という二つの性格を兼ねた非常に強力な資格です。

そのため、宅建資格を保有している方なら40代女性の方でも積極的に採用したいと考える企業は少なくないのです。

取得方法

宅建は受験資格に制限はありません。つまり業務経験の有無や学歴等の制限はないので誰でも試験に合格すれば取得できるチャンスがあります。

しかしながら、合格率10%強前後で推移している難関資格ですので独学だけで合格することは決して容易なことではありません。

転職ナビ

そこで、宅建の受験対策講座を行なっている大手の教育機関、例えば日建学院やTAC、RECなどに通学して指導を受けることをおススメします。

医療事務

22
医療事務は病院や医療機関などでレセプト作成事務を主に行なう、専門性が問われる職種です。

そのため、事務職でありながら専門的な知識が必要となるため、医療事務に関する資格を持っている方が採用面では優位に評価されたり、医療機関によっては資格保有を条件としている場合もあったりします。

医療事務の資格としてオススメの資格

医療事務の資格には公的資格はありますが、国家資格はありません。そのため、民間資格も含めますと10種類以上の資格制度が存在しています。

その中で代表的な資格と言えるのが「診療報酬請求事務能力認定試験」で公益財団法人日本医療保険事務協会が実施している公的資格の代表格です。

取得方法

診療報酬請求事務能力認定試験も特に受験資格はありませんので、経歴や学歴等で心配することなく誰でも取得できます。

しかしながら合格率は3割前後であり、決して簡単な資格とは言えませんのでこちらも対策学習が必要です。

転職ナビ

対策学習としてポピュラーな方法は通信講座で学習を行なう方法ですが、診療報酬請求事務能力認定試験の通信講座ではヒューマンアカデミーやユーキャンが有名です。

なお人にもよりますが、通信で学んだ場合の学習期間の目安は半年から1年程度です。

↓医療事務資格について↓

介護職員初任者研修

23
介護業界は御承知の通り深刻な人手不足に悩んでいる業界でもあり、場合によっては資格がない40代の方でも転職できる場合もありますが、やはり資格があった方が転職成功率が高まることは間違いありません。

その介護業界の登竜門的資格として位置付けられているのが「介護職員初任者研修」という資格で以前は「ホームヘルパー2級」と呼ばれていた資格です。

こちらの資格を取得すれば介護業界への転職成功率が高まるだけでなく、介護業界で実績や経験を積んでゆけばケアマネージャーや介護福祉士として更にキャリアアップを図ることもできます。

取得方法

介護職員初任者研修は各地方自治体が指定している教育機関が行なっている講座を受講する必要があります。

カリキュラムとしても130時間分のカリキュラムが予め指定してあり、これらを全て履修した上で筆記試験に合格すれば取得できます。

期間としては教育機関によっても異なりますが、通学なら1ヶ月程度、通学と通信教育の併用スタイルで2ヶ月から3ヶ月程度です。

転職ナビ

尚、合格率は高く、まじめに講座を受講してポイントとなる事項をしっかりと覚えてゆけば確実に合格でき、取得できる資格と言えます。

↓介護業界の興味のある方はこちら↓

★こちらのページもよく読まれています!