日本の就職・転職市場において「学歴」は依然として重視されており、特に新卒市場では「学歴フィルタ」という選別が密かに行われている現状などもあります。

しかしその一方で「学歴不問」を謳い文句に採用を行っている企業も少数ながら存在しており、そうした企業は増加しつつあります。

ではそうした学歴不問の求人企業は学歴以外のどのような点で人材を評価し、採用しようとしているのでしょうか。

また、学歴不問の求人を探すにはどのような方法が望ましいのでしょうか。

今回は「学歴不問の求人」をテーマとして、その意味や学歴不問企業へ就職するコツなどを詳しくお伝えして参ります。

求人情報に見られる「学歴不問の意味」とは?

求人情報を検索していると、応募条件の学歴欄などに「学歴不問」と書かれている求人を少数ながら発見することができます。

こうした求人情報上で見かけられる「学歴不問」の意味は、具体的にどのように受け止めれば良いのでしょうか。

言葉の意味をそのまま解釈すれば「応募も採用も学歴は問わない」という意味

求人情報での「学歴不問」について言葉の意味をそのまま解釈した場合は

・応募や採用にあたって学歴は一切問わない

という意味になります。

学歴が問われない以上例えば

  • 中卒の方
  • 高校を中退した方
  • 高卒の方
  • 大学を中退した方

といった方々であっても求人に応募できる資格はありますし、採用される可能性もあるとなります。

「学歴不問」の真意は「応募のみ」に限られる場合もある

先程紹介した「学歴不問」の意味は言葉の定義を素直に解釈した場合です。

残念ながら求人企業によっては、「学歴不問」の意味を言葉どおり解釈できない場合もあります。

その中で特に多いのが「学歴不問」は「あくまで応募段階に限られる」というケースです。

応募段階では学歴上の制限はありませんが、実際の採用では学歴も評価した上で決定するというケースのこと、こうしたケースは珍しくありません。

ただし、どの程度重視するかは求人企業によって異なります。

最終的な決め手に欠いた場合のみ学歴で比較するという場合もありますし、書類選考の段階から高学歴者には加点評価を行う場合もあるなど様々ですが、程度の違いこそあれ、学歴不問としながらも採用において学歴を問うという点では同じと言って良いでしょう。

求人情報に「学歴不問」と書いてあれば、本来応募も採用も学歴を問われないものとして理解したいところですが、そうした文字通りの解釈ができない場合もあることを留意しておく必要があります。

学歴不問求人で採用されるコツ

「学歴不問」の意味が応募段階に限らず、採用においても一切問わないという企業の場合、学歴以外のどのような点が評価されることになるのか、学歴不問求人で採用されるコツをご紹介して参ります。

学歴不問は学歴が問われる求人より採用審査が厳しくなると考えておくべき

学歴不問の求人は学歴を問わない分、学歴以外の評価項目については学歴を問う他の企業以上にシビアに評価されることになります。

年中求人を募集しているような悪質なブラック企業を除けば、「学歴が問われない企業=簡単、採用されやすい企業」ではないと心得ておくことが大切です。

従って、学歴不問の求人に応募する場合には、履歴書の書き方も面接対応も、学歴が問われる企業以上に気を遣って慎重な対策を練っておく必要があります。

履歴書を書く場合のポイント:学歴不問だからこそ学歴については正確に書く

履歴書を書く上でのポイントですが、「学歴不問」となっていれば学歴については適当で良い、あるいは書かなくとも良いと思われる方もいるかも知れません。

しかしそうした発想は大きな間違いです。

求人企業側は「「学歴不問」となっているから応募者の中には「学歴情報は適当で良いだろう」と考えたり、誤魔化したりする者もいるだろう」と厳しい目で見ています。

そうしたいい加減な姿勢の人物は仕事も誠実に行わない可能性が高いからです。

学歴不問となっているからこそ、より慎重に詳しく、正確な学歴情報を伝えることが大切なのです。

例えば学校を中退したり、転校を繰り返したりといった変則的な面があるなら、勝手に省略したりせず、年度や学校名を全て正確に記すようにしましょう。

また履歴書のスペース上可能あれば、転校や中退した理由をワンフレーズで簡潔にカッコ書きで加えておくと情報を正確に伝えようとしている姿勢をアピールできます。

面接も同様!学歴に関する質問では堂々と正確に答えるべし

「学歴不問」だからこそ学歴情報を正しく伝えることが大切なのは、面接も同じです。

面接で学歴について問われたなら、やはり適当に答えれば良い、嘘を回答しても良いとはなりません。

例えば中退した方なら中退した事情や理由をわかりやすく、簡潔な表現を心掛けつつ正確な情報を伝えるようにしましょう。

また、求人企業によっては学歴がないことをわざと批判したり、馬鹿にしたようなと口ぶりをしたりする場合もあります

そのような場合に動じたり、感情を高ぶらせたりしてはいけません。

企業側がそうした意地悪と思える質問や表現をするのには理由があります。

学歴不問で求人を行えば学歴が低い方が応募する傾向が高まりますが、そうした方々の中には過度な学歴コンプレックスを抱いている方もいます。

少々ならともかく、学歴コンプレックスがとても強い方を採用した場合、様々な学歴の方々が集まる職場ではそうしたコンプレックスが職場の雰囲気を悪くしたり、職員同士の良好なコミュニケーションを妨げたりする原因となってしまう場合があるからです。

それだけに、学歴に関してもし意地悪な質問をされたり、馬鹿にしたような表現があったりしても冷静に受け答えすることが特に大切になってくるのです。

学歴コンプレックスに不安があるという方へオススメの対策

自分は学歴コンプレックスが強い方かも知れない・・・という不安がある方もあきらめる必要はありません。

そのような方に改善策としてオススメしたいのが、学歴がなくとも成功した方の偉人伝を多数読むことです。

世界には高学歴でないどころか、満足に学校教育を受けられなかったにもかかわらず大成した方々はたくさんいます。

そうした方々のサクセスストーリーを数多く読めば読むほど、学歴で悩むことがちっぽけなことであることに気づけるようになってきます。

学歴がない場合の求人企業の探し方=エージェント利用がオススメ!

学歴がないという方が「学歴不問」を条件とした求人企業を探す場合、どのような方法が最も良いかと言えばズバリ「エージェントを利用すること」です。

なぜエージェントの利用をオススメするのか。次のような理由があるからです。

学歴がなくともエージェントの利用は可能

多くのエージェントは、学歴がなくとも利用できます。

中には高学歴・高キャリアの方々だけを対象としているエージェントも存在しますので、全てのエージェントがそうだという訳ではありませんが一部に限られます。

逆に学歴が問われないどころか、学歴がない方の就職や転職支援を得意としているエージェントも数多く存在していますので、エージェントを選んで利用すればエージェント利用時に学歴を心配する必要などないのです。

エージェントの利用は無料・いくらでも相談にのってもらえる

エージェントを利用した場合、コンサルタントやアドバイザーと言った肩書を有する就職や転職支援のプロが専任の担当者となって就職支援を行ったり、時間をとって就職相談に応じてくれたりします。

ところがコンサルタントに何度就職や転職に関する悩みや不安ごとを相談しても、費用をとられる心配は一切ありません。

すべて「完全無料」でサービスを受けることができます。

学歴に関する不安や悩みが大きい場合、そうした悩みや不安を一人で抱えても解決できるものではありません。

経験豊富なプロに相談することが、悩みや不安を解消する上での近道となります。

そうした相談が何度でも完全無料で行える訳ですから、むしろ利用しなければ損だと言っても良いでしょう。

本当の意味での学歴不問の求人企業を発見できる

エージェント利用をオススメする最大の理由であり、エージェントを利用する最大のメリットと言っても良いのが、この記事でお伝えした「学歴不問の意味」に悩まされることなく求人へ応募できることです。

エージェントは求職者と求人企業の間に入って、「採用」が実現するよう両者に働きかけることが主な役割です。

採用が少しでも実現するよう、エージェントは予め求人企業側の「求人に対する本音」を聞き出しているものです。

例えば募集要項では「学歴不問」となっていても、求人企業の本音としては高学歴の人物を望んでいるのであれば、学歴がない方を紹介しても採用が実現しないからです。

従って、「学歴不問」に対する求人企業側の考えが文字通り学歴を本当に問わないのか、それとも採用では学歴も重視するのかといった、求人情報だけではわからない情報もエージェントを利用すれば事前に把握することができます。

また、募集要項では一応「◯◯卒以上」と学歴条件を付けているが、学歴以外の面で優秀な人物であれば学歴無関係に採用したいと考えている求人企業もいます。

やはりそうした求人企業の本音も、仲介役であるエージェントなら聞き出すことができます。

求人情報上では一定の学歴が必要となっているが、企業の本音では学歴不問という求人の紹介を受けられるチャンスが得られるのは「エージェントを利用した場合だけ」です。

学歴不問の求人を探したいならリクルートエージェントがオススメ

学歴不問の求人を探す上で特にオススメのエージェントは「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは、就職情報のリクナビでお馴染みの日本最大級の就職情報サービスグループ企業であるリクルートグループが運営している転職エージェントです。

リクルートエージェントが有する求人件数は非公開求人を含めると12万件以上。

これだけ膨大な求人件数を抱えることができるのも、リクルートグループが長年にわたって築いてきた多数の取引企業との厚い信頼関係があるからです。

リクルートエージェントを利用する場合、特に学歴が問われる心配はありません。

事実、リクルートエージェントに登録する場合「学歴」の選択肢では「中学校卒業」という項目がしっかりと含まれていますので、どのような学歴の方であっても登録利用可能です。

求人企業の豊富さと本音情報で他の転職エージェントを圧倒

リクルートエージェントを特にオススメする理由は、何と言っても求人数の豊富さと求人企業側の本音情報をスピーディーに教えてくれる体制が整っていることです。

未公開を含めて12万件以上の求人があれば、仮に「学歴不問」の求人件数がわずか1%しかなかったとしてもそれだけで1,200件に達します。

加えて、募集要項上では学歴を求めていても、優秀な方なら学歴不問とする求人企業が仮に全体の5%程度としたら6,000件の求人があることになります。

しかもリクルートエージェントは転職エージェントのサービス中で、求人サイトだけでは得られない情報を利用者の方々へ提供することを特に重視しています。

その結果、リクルートエージェントを利用すれば募集要項上学歴不問ではないが、実際には学歴を問わないという求人企業の紹介も数多く得られることが期待できます。

エージェントはそれぞれ強みや弱み、あるいは特徴があります。

従ってエージェントはどこを選んでも同じということはありません。

学歴不問という条件に限らず、自分の条件にあった求人の紹介を得るには、前提としてエージェントが豊富な求人数を有していることが不可欠です。

また、求人企業が本音をエージェントに伝えるにはエージェントとの厚い信頼関係があることも大切な前提条件となってきます。

それらの点において、リクルートエージェントはエージェントの中で最も頼れるエージェントと言って良いでしょう。

\ 無料登録で求人を確認する /

リクルートエージェントの公式サイトを見る!

リクルートエージェントの詳細を確認する