派遣切りとは?違法行為の場合の相談先や雇用後の対処法と保証を徹底解説

派遣切りとは

「悪いけど、もう来なくていいから…」
派遣社員で働いている限り、「派遣切り」の不安が付きまといますよね。
もし、派遣切りに遭ってしまったら?

労働法に沿ったやり方と、納得できる理由であれば、仕方がないと納得できます。
ですが、そうでなかった場合はどうしたらいいのでしょうか?

突然、契約を切られてしまった。
契約を打ち切る理由が、身に覚えもなく納得できない。
生活が懸かっているわけですから、泣き寝入りするわけにはいきません。

今回は、「派遣切りとはどういうものなのか?」から不当な派遣切りにあった際の、「対応や保証制度」まで、徹底的に解説します!

派遣切りってどういうこと?

派遣切りとは

まずは、派遣切りがどういったことを指すのか、確認していきましょう。

派遣期間が切れる前に契約が切られてしまうこと

派遣切りとは「派遣の契約期間は終わる前に、派遣契約が打ち切られること」を指します。

そもそも派遣社員となっている場合、「どこと」「労働契約を結んでいるのか」ご存知でしょうか?

勘違いされやすいのですが、あなたを含む派遣社員は勤め先ではなく、派遣会社(派遣元)と雇用契約を結んでいます。

つまり、派遣切りには「あなた」「派遣会社」「派遣先」の3者が、絡んでいるということになりますね。

そして、派遣切りを法的に見ると、2つのケースがあります。

  • 「派遣会社」と「派遣先」の間で派遣契約が打ち切られる場合
  • 「派遣会社」と「派遣社員」の間で派遣社員が解雇される場合

以上の2つが、世の中では「派遣切り」と呼ばれています。

派遣切りをされる理由は4つ

派遣切りの理由

では、なぜ派遣切りが起こるのでしょうか。
派遣切りの理由として、代表的な理由は以下の4つです。

  1. 派遣先の業績が悪化してしまった
  2. 派遣契約期間が上限に達した
  3. 勤務態度が悪かった
  4. 業務に必要なスキルが乏しく、支障がでていた

それぞれの理由を、派遣先の本音で紐解いてみると…

1.派遣先の業績が悪化してしまった

→業績が下がり、あなたを雇えるだけの余裕がなくなった

2.派遣契約期間が上限に達した

→派遣社員には、3年という契約上限がありますよね?そのためそれ以上の契約ができ
ません。

3.勤務態度が悪かった

→著しく悪ければ、解雇できます。
おそらく、雇用契約書にも、ほとんどの企業は、記載しているはずです。

4.業務に必要なスキルが乏しく、支障がでていた

→派遣先が求める業務を行うことができず、スキル不足と判断されれば、契約を切られる場合があります。

ラック企業の派遣切りのパターンは3つ

正当な理由で派遣切りをされてしまったら、正直仕方がありませんね。

ですが、そうではない悪質な派遣切りがあることも事実です。

ここでは、泣き寝入りすることのないように、悪質な派遣切りのケースを3つご紹介します。

  1. 3年という契約満了直前での派遣切りをする
  2. 理不尽な難癖をつけて、辞めさせる
  3. 職場環境を悪くして、居づらくさせようとする

こちらもそれぞれ、紐解いてみていきましょう。

1.3年という契約満了直前での派遣切りをする

契約書
→派遣社員の場合は、3年働くと社員になれるという決まりが、法律上あります。

そのため悪質なケースでは、社員にはせずギリギリまで働かせて、契約を切るという会社もあります。

2.理不尽とも思えるいちゃもんをつけて、辞めさせる

文句
→どうにかして、派遣切りをしたい会社では、何かと理由をつけて契約を切ろうとしてくることがあります。

些細なことから、退職に追い込む理由を探っているのです。

3.職場環境を悪くして、居づらくさせようとする

パワハラ
→パワハラやセクハラなど、職場に居づらい環境を作り、自ら退職させようとしてくることがあります。

「退職しろ」とは言えないため、圧力をかけて退職させようとするんですね。

では、実際に派遣切りにあってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。
次は、「派遣切りにあった際にすべきこと」について、具体的にお話していきます。

どうしよう…派遣切りにあった時にすべきこと

派遣切りにあってしまった場合、具体的にはどのような行動をすべきなのでしょうか?
「派遣期間中の場合」「満了後の場合」など、ケース別でお話します。

1.契約期間中の場合

不当解雇

まずは、派遣契約が期間内なのに、派遣切りされてしまった場合です。
そもそもですが、契約期間内で契約を切られる場合は、就業規則に沿った適切な理由が必要です。

不適切な、会社都合での解雇の場合は、不当解雇に当たります。
その場合は、派遣会社に慰謝料や賃金を請求できるのでご安心を。

また、派遣切りで失業した場合は、失業保険ももらえますよ。

万が一、「不当解雇だ」という場合は、弁護士に相談をしましょう。
けれど、「弁護士への相談なんて初めてで不安」という方のために、このすぐ後に弁護士へ相談するための流れも解説しますね。

2.契約期間満了後に更新がなかった場合

契約期間を満了後、更新がなかった場合は、条件によってはこれまでの派遣先で社員になれる場合があります。

3年間、派遣社員として働けば、社員になれるという決まりがあるお話はしましたよね。
その他にも実は、同じ会社で1年以上働くと、社員になれる場合があります。

ですが、あくまで可能性です。
派遣先が、1年以上働いたあなたを社員にする義務は、法律上はありません。

そのため、派遣先に社員になれないか、直接聞いてみましょう。

派遣切りで困ったら!すぐに相談してみよう

派遣切りは唐突にやってきます。
ましてや、過去に経験をしたことがあるわけでもなく、適切な対応が分からないこともあると思います。
そんな時は、労働問題の専門家である弁護士に、相談をしてみましょう。

悪質な派遣切りの相談はすぐに「弁護士」へ

職場での問題は、「労働基準監督署」などへの相談が一般的です。

ですが、労働基準監督署は多くの仕事を抱えているため、対応が遅れてしまうこともあります。

不当解雇などに伴う、慰謝料や賃金の請求など「お金に関すること」であれば、弁護士に依頼する方がメリットが多いです。
例えば、

  • こうした事案に慣れているので、スムーズに事が早く進む。
  • 初期費用が無料で、成果報酬型のことも多く、気軽に相談できる
  • 労働問題や法律の専門家であり、最終的に手元に来る金額も高くなる

などのメリットがあります。

では、実際に弁護士を利用する際の具体的な流れを、ご説明します。

弁護士なんて不安…そんなあなたに一連の流れをご紹介

あなたが「弁護士の利用をしよう」とした時の流れは、以下になります。

STEP1:弁護士に連絡をして、請求内容を決める
相談する際は、初期費用の掛からない弁護士を探しましょう。
「成果報酬型」であれば、会社からお金を請求した中から、支払うことができます。
この段階では、弁護士と会社に対して「何を請求するのか」を話しあって決めます。
STEP2:「STEP1」で決めた請求内容を、弁護士が会社と交渉する段階
多くの場合、この段階で会社側との交渉が済み、結果が出ます。
STEP3:「労働審判」という法的手続きをする
「労働審判」とは、裁判よりも簡単な法的手続きです。
主に、労働者と事業者間で起こった問題に対する、裁判所の手続きです。
STEP4:それでも決着はつかなければ、裁判をする
「STEP3」の労働審判の段階で、決着がつかない場合は、裁判をすることになります。
ですが、今回のようなケースでは、裁判まで行くことはめったにありません。

2018年は派遣切りが急増するって本当!?その理由とは

ご存知でしょうか?
今年に当たる2018年は、派遣切りが急増するのではないかと言われています。

派遣労働者からすると、死活問題ですよね。
なぜ、そのように言われているのか、具体的な対策も合わせてお話します。

「3年の雇止め」の法改正後の3年後が、2018年の今年だから

2018年に派遣切りが急増する可能性がある理由は、3年前の「労働者派遣法改正」にさかのぼります。

2015年、派遣社員が正社員になる流れを作ろうと、派遣期間を3年に限るという法改正をしました。
その3年が、2018年の秋頃というわけです。

現在は、弁護士や研究者などは影響を懸念し、無料相談を実施するなど社会問題にもなっています。
3年が経てば、そのまま雇用という選択肢ができますが、そうでない場合は別の働き口を探す必要がありますね。

だからこそ対策と人生計画を考えておこう

事前の通告があるとはいえ、派遣切りにあうことは大きな問題です。
企業からの通告は1カ月前です。
1カ月間で、安定した仕事を探して、就職してというのは少しばかり無理がありますね…。
冷静にものごとを、判断できなくなる可能性もあります。

そのため、「もしも」のケースを考えておきましょう。
  • 派遣先に、事前に今後の考えを聞いておく
  • 念のため、派遣会社に現在の会社以外にも就業可能な、派遣先がないか確認してみる

何かあった時に、冷静に行動できるよう、情報収集しておくことをおすすめします。

これからは個の時代。手に職を着ける努力も必要かも

会社にとって必要な人材

派遣社員は、どうしても立場が弱く、就業状況的には安定しているとは言えません。
では、どうすれば社員登用や、立場を強くできるのでしょうか?

答えはシンプルで、「会社にとって必要な人材になること」です。

仕事をする上で十分なスキルがある、職場に活気をもたらしているなど、職場で大事な人になればいいのです。

そのためには、業務に必要な勉強やスキルアップなど、努力が必要になることもあるでしょう。
これからは、簡単な仕事はAIなどのロボットに、代替される時代と言われています。
個人のスキルを身に着けて、職場での自分の立ち位置を守るという行動も、必要かもしれません。

さいごに

「備えあれば憂いなし」と言いますが、派遣切りの問題に関しても、同じことが言えると思います。

  • もしも派遣切りにあったらどうするか?
  • 不当に解雇されたらどうすればいいのか?

これらを事前に考えることができていれば、次の行動や対策を、素早く行うことができます。。

2018年は派遣切りが急増する可能性もあります。
泣き寝入りをするのではなく、適切な対応が取れるように、準備をしておきましょう。

★この記事を書いた人
しらぼー
 
高知県在住のフリーランス。
過去には辻の料理学校を首席で卒業し、恵比寿の三ツ星レストランへ就職。
様々な経験を経て現在はライターや料理人もやっています。
ブログ ⇒ ささくれ~あなたの暮らしに小さなきっかけ~