常夏の島ハワイは年間150万人もの日本人が訪れる大人気の観光地です。

そんな憧れの地ハワイへ移住し、日本人が働くことは可能なのでしょうか。

可能だとすればどんな仕事があるのか、英語力は必要なのか、どう仕事を探せば良いのでしょうか。

今回はハワイで働くことを希望されている方々の疑問について、ズバリお答えして参ります。

Q..ハワイ経済を支える主要な産業は何?

まずはハワイ全般の産業事情や就職事情についてご紹介します。

GDP約615億ドルのハワイ経済を支えている主要産業には、次の4つがあります。

観光業

これは説明するまでもないでしょう。

全人口が約150万人のハワイ州へ訪れる観光客数は日本人を含めて年間約800万人。

ハワイ州GDPの約25%を観光業が占めており、観光業はハワイ経済の大黒柱と言って間違いありません。

サービス業

人口の5倍以上に及ぶ観光客を相手にハワイではサービス業も盛んです。

主なサービス業としては飲食店やレストラン、エステやマッサージ、ネイルサロン、ウエディングなどがあげられます。

農業

温暖な気候に適した農産物の生産もハワイ経済の一翼を担っています。

ハワイの農産物と聞けばパイナップルやマカデミアンナッツを思い浮かべる方も多いと思いますが、それらに加えコーヒー、サトウキビ、ココナッツ、バナナなども盛んに生産が行われています。

軍需産業

ハワイは米国にとって太平洋域を防衛するための重要軍事拠点となっており、陸、海、空全軍の基地がハワイ州に集結しています。

基地には軍関係者専用のショッピングモールやレストラン、ゴルフコース、ビーチ、小売店なども併設されており、それら軍関係施設で働いている労働者の人口は4万7千人にものぼります。

つまり軍需もハワイ経済を支える大きな要となっているのです。

ハワイではどのような求人が多いの?

次にハワイ州の求人事情についてです。

求人は産業と密接に関わりますので、ハワイの主要産業と言える観光業やサービス業での求人が大変多く見られます。

具体的には

  • ホテル従業員
  • ツアーコンダクター
  • ガイド
  • レジャー施設スタッフ
  • 飲食店のホールスタッフやシェフ
  • セラピスト
  • 小売店の販売員
  • 農作業員

などの求人が通年で数多く見られます。

但し求人数が多い仕事は特別な経験や技術がなくともできる仕事が多く、それらの賃金は大変低いのが特徴です。

ハワイは物資の運搬を空路か海路に頼らざるを得ず、その分がコストとして反映されてしまうため米国本土と比較すると物価が高いこともあり、低賃金の仕事へ就労した場合には生活が困難です。

そのため、エグゼクティブ階級を除けばハワイでは夫婦の共働きが当たり前の状況になっています。

また、専門職や技術職としては

  • 医療関係スタッフ(医師、薬剤師、看護師、歯科技工士など)
  • 弁護士
  • 会計士

なども一定の求人があり、これら専門職は高い年収を狙えます。

が、ライセンスが必要であったり、ハワイ州の大学専門課程を卒業していることなどの条件が課せられたりしますので、日本人が転職する職種としては高いハードルがあると言えます。

ハワイの失業率はどのくらい?

ハワイ州は実は全米でトップクラスの失業率の低さを誇ります。

失業率はハワイ全州でも3%~4%前後、オアフ島のホノルルにいたっては2%台と抜群の低さとなっています。

この点だけをとらえた場合、ハワイは景気が好調で日本人の就業チャンスも豊富にあるように思えます。

ところが「個人所得」に目を向けた場合には、低い失業率を手放しでは喜んでいられないことがわかります。

ハワイ州州民の個人所得平均は全米50州で40位台です。

先程お伝えしたとおりハワイの求人は低賃金の仕事が多いため、州民は職を得られても高所得は得られていないのが現状なのです。

ハワイに住み、ハワイで働く場合には、ハワイの経済や労働事情がこうした状況にあることはぜひ理解しておいてください。

Q..ハワイで日本人が就業できそうな仕事にはどのようなものがあるの?

では日本人がハワイで働くとすれば、どのような仕事があるのでしょうか。

就労ビザの有無や英語を話せるかといった諸条件はとりあえず脇において、日本人でも就労できる可能性があると思われる職種には次のようなものがあります。

日本人観光客やハワイ州在住の日本人を主要な対象とした職種

  • 日本人観光客専用ヘルプデスクスタッフ
  • 日本食レストランや居酒屋のホール係やシェフ
  • 日本人専門の洋食レストランや飲食店のホール係やシェフ
  • 日本人観光客を対象としたウエディングプランナー
  • 日本人観光客を対象としたツアーガイド
  • 日本人向け小売店、土産店の販売スタッフ
  • 日本人投資家や移住者向けの不動産営業スタッフ
  • ハワイ州に住んでいる日系人などを対象とした職種
  • 日本人向けフリーペーパー情報誌やHP運営会社の広告営業や編集者、デザイナー
  • 日本人専門の派遣会社スタッフ  など

一定の技術等が問われる職種

  • 寿司職人
  • 日本人向け美容院やネイルサロンの美容員やネイリスト
  • 日本語教師 など

ハワイには毎年150万人もの観光客が訪問しますし、日系人も約20万人いますので、日本人や日系人のみを対象としたビジネスや店舗も多数あります。

そうした日本人を対象客としている事業所の従業員には日本語が話せることや日本人の文化、慣習、嗜好などに関する知識や理解が問われます。

そのため日本人であることが有利に働き、仕事を得られるチャンスも生まれる訳です。

但し、基本的なことですが、就労ビザもしくは市民権永住権などを一切取得せずに働くことは不可能ですのでこの点については後ほど改めて解説します。

ハワイなら英語を話せなくても仕事に就けるの?

この質問はハワイでの就労に関する質問の中で、当サイトへ最も多く寄せられていた質問事項です。

ご紹介したとおり、日本人専門の各種サービスは日本人を理解していることや日本語が流暢に話せることが重視されますので、仕事そのものにおいては英語力をあまり必要としない職種があるのは事実です。

また、日本人専門のサービスを提供している会社は日本人がオーナー経営者という場合も多いため、面接が全て日本語で行われることも珍しくありません。

従って、あくまで就労ビザの問題がないと仮定すればですが、英語が話せない場合でも就労できる可能性はあります

就職しやすさと日常生活において英語力はあった方が望ましい

ただし、採用する側の立場で考えて頂ければわかりますが、二人の日本人が応募してきて、一人は英語がペラペラ、もう一人は英語が全く話せないという場合、人間的な資質面で大差がなければどちらを採用したいと考えるでしょうか。

ハワイで事業活動を行っている以上英語オンリーの企業とも商談したり、取引したりする機会は避けられません。

そのため、接客の場面では日本人だけが対象だったとしても、事業活動全体としては、英語ができない職員より英語ができる職員の方が重宝するものです。

また、観光目的の短期滞在ならハワイでは英語はほぼ不要と言っても良いぐらいですが、ハワイに移住し、生活するとなると日本語だけでは不自由する場面が生じます。

従ってできるだけ良い条件で就職を果たすこと、ハワイへ移住して生活することを踏まえた場合には英語力があった方が望ましいのです。

ハワイで働く場合の日本人にとって最大の障害は何?

これはハワイに限りませんが、ワーキングホリデーなどを除き、日本人が外国で働く上での最大の障害となるのは就労ビザの取得です。

就労ビザの取得方法と費用

一般的な方法としてはハワイの企業へ応募し、採用された場合にはハワイの企業に協力してもらって就労ビザを取得することになります。

この就労ビザ取得には日本円換算で数十万円といった費用がかかるため、「ビザ取得の費用負担は自分で行うこと」が採用条件となっているケースも多く見られます。

お金をかけても必ず取得できるとは限らない

では費用負担さえ覚悟すれば就労ビザは必ず手に入るかというと、残念ながら「NO」です。

米国ではかなり前から就労ビザの発行要件、発行数共に明らかに厳しくなっています。

海外への転職を煽っている一部の海外就職情報サイトでは「こうすれば確実に就労ビザは取得できる」といった類の情報を紹介している場合がかなり見られますが、少なくとも米国については事実に反します。

米国経済に大きく貢献しており、既に多数の駐在員を米国に送り込んでいる大手総合商社ですら、ビザの発行を断られるケースが現実に起きています。

就労ビザの発行は国情や国政と大きく関わり、人為的な判断によって行われているものであり、機械的なシステムで判断されている訳ではないのです。

しかも、ご承知の通り現在の米国大統領は米国第一主義を掲げているトランプ氏です。

トランプ政権下においてビザ発行要件は更に厳しくなることが予測されても、緩和されることは極めて考えにくい状況です。

現状、就労ビザが認められるケースを大雑把に言えば日本人ならではの専門職(寿司職人や日本語教師など)、もしくは日本企業の海外法人を日本人が管理する場合などに限られます。

いくら日本人相手の仕事であったとしても、誰でもできる仕事ならビザを得ることはほぼ無理と考えておいた方が良いでしょう。

従って、ハワイで就職活動を行い仮に内定をもらえたとしても、就労ビザを取得できずに断念しなければならない場合があること、並びに就労ビザを取得できる可能性は今後ますます厳しくなることは予め覚悟しておいた方が良い言えます。

どうすればハワイで楽々就労できる?

ではどうすればハワイで就労できるかですが、最も確実な方法が永住権の獲得です。

永住権を獲得する方法ですが代表的な方法はグリーンカードの抽選に当選するか、(一定の所得を得ている)米国人と結婚することです。

永住権さえ獲得できればハワイに限らず米国ならどこに住むことも許されますし、就業も自由に行なえます。

日本企業や外資系企業の駐在員としてハワイへわたる方法もオススメ

もう一つの方法は「駐在員」としてハワイへ赴任する方法です。

絶対とは言えませんが、海外での事業実績をもつ日本企業や外資系企業を通じ、駐在員ビザ(L-1ビザ)を取得することがビザ取得の中では最も確実性が高い方法です。

また、駐在員なら日本での給与に加えて駐在員としての手当を受け取れるため、かなりリッチな暮らしができるからです。

では駐在員としてハワイへ赴任できる企業を探すにはどうすれば良いか、最もオススメの方法をお伝えします。

ハワイなどの海外勤務求人を探すなら「ビズリーチ」がオススメ

ハワイをはじめ、海外へ駐在員として赴任することを目指す場合には、海外事業を積極的に手掛けている日本企業や外資系企業に強い転職サイトを利用することです。

中でもオススメなのが「ビズリーチ」です。

ビズリーチは管理職やグローバル人材に特化した会員制の転職サイトです。

海外駐在を前提としたエグゼクティブクラスの求人情報が豊富に揃っており、公開求人数だけでも6万4千件超、これに未公開求人を加えれば優に10万件の求人数を超える、この分野では日本最大級の転職サイトなのです。

好条件の求人はそれだけ求人側にも高い資質や経験、能力が問われる場合がどうしても多くなりますが、豊富な求人数が揃っているため、中には「未経験可」や英語力よりもやる気を重視している求人なども見つけることができます。

ハワイに限らず、海外駐在員として世界各地で活躍することを希望されている方はビズリーチの利用は避けて通れないと言っても過言ではありません。

ハワイ駐在のキップを手に入れたい方は、ビズリーチへ今すぐ登録されることをオススメ致します。

ビズリーチの評判を見る!