常用型派遣とは?登録型派遣との違いとそのメリットに迫る!

一般的に派遣社員というと派遣会社にエントリーしてから紹介してくれた派遣先に赴き、契約期間の間働く「登録型派遣」を思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか。しかし派遣社員の中には派遣会社の正社員または契約社員として派遣先で働く常用型派遣社員も存在するのです。ここでは常用型派遣の特徴とともにメリット、デメリットを説明します。

常用型派遣と登録型派遣の違いとは

派遣社員は就業期間の違いで短期や長期という区分されていますが、さらに派遣会社との契約形態でも大きく二つに分類できます。
それが「登録型派遣」と「常用型派遣」です。

登録型派遣とは


登録型派遣とは文字通り派遣会社に「登録」を行い、短期であれ、長期であれ、派遣先が決まったら派遣会社とその都度雇用契約を結ぶタイプの派遣のことです。

派遣会社との雇用契約は派遣先への派遣期間が終了し、更新や延長がされなければ同時に雇用契約も解消されるのが特徴です。

派遣社員の大半、つまり一般的な派遣社員の雇用契約形態はこの登録型派遣に該当します。

派遣の雇用契約としてポピュラーな形態が登録型派遣となりますが、では登録型派遣にはどのようなメリット・デメリットがあるのか整理してみましょう。

登録型派遣のメリット

  • 派遣社員になるためのハードルが低い。
  • 求人先を選びやすい。(常用型派遣は派遣会社より派遣先を指定される場合が多い)
  • 自分の都合やペースで仕事を入れやすい。
  • 様々な職場を経験しやすい。
  • 一般的にアルバイトより高い時給で働ける。
  • 法律的な基準を満たせば有給休暇も取得できる。
  • 厚生年金に加入せず扶養範囲で働くことも可能な形態である。

登録型派遣のデメリット

  • 収入を安定させるのが難しい。
  • 高時給を狙うには一定のスキルや職務経験、資格などが必要になる。
  • 長期契約となった場合には、正社員とあまり変わらない働き方になることが多い。
  • 派遣社員としての就業実績が乏しいと社会保険に加入できなかったり、有給休暇の取得ができなかったりする。

現在派遣の中でも最も多い登録型派遣は、派遣会社のエントリーに始まりカウンセリング、そして採用試験を経て、定められた契約期間の間で仕事をする流れが一般的です。

自分のライフスタイルに合わせて勤務先を自由に決められるメリットがある一方で、契約終了や派遣切りに合い、収入源をなくしてしまう不安定さがデメリットとしてあげられます。

常用型派遣とは

登録型派遣に対し、普段は派遣会社の正社員や契約社員として所属し、依頼を受けた企業や組織に出向いて働く派遣社員を常用型派遣と呼びます。

派遣会社の正社員となる訳ですから、原則的に雇用契約期間に定めはありません。
そのことから常用型派遣は別称「無期雇用型派遣」とも言われます。

常用型派遣とは「常用」とあるとおり、派遣会社側と正社員としての雇用契約を締結し、常用雇用された上で派遣先に派遣される契約形態のことを言います。
つまり仮に派遣されていない月でも、正社員として派遣会社から給料が支払われるから収入が安定するってこと?

その通りです!

つまり常用型派遣は派遣会社にとってリスクの高い契約とも言えます。
そのため、常用型派遣の対象となる人は卓越したスキルや知識を持っており、派遣先からの求人需要が確実に見込まれる一部の方に限られるという特徴もあります。
更に、常用型派遣制度を採用している派遣会社自体も少数です。

常用型派遣のメリット

  • 派遣先と契約終了後も給料や健康保険、雇用保険などの福利厚生が保証されている
  • 正社員とほとんど変わらない給料をもらえる
  • ボーナス、交通費が支給されることも
  • 派遣会社の社員として社内イベントに参加できる
  • 専門的な知識や技量が問われる企業や組織からの誘いが多い
  • 何かしらのスキルを持っていると圧倒的に有利
  • 1年契約の登録型派遣に対して、常用型派遣は3年契約であることが多い
  • 派遣先契約時には専任のカウンセラーに相談できる
  • 時給制ではなく月給制であり勤務時間によって給料の変動がない

雇用形態や所属する派遣会社によっても異なりますが、登録型派遣の多くが時給制であるのに対し、月給制であり勤務時間によって給料の変動がないことも常用型派遣の魅力です。
派遣会社の社員なので、契約終了後に次の派遣先が決まっていなくても、給料は保証されているので安心ですね。
派遣社員だからと言って疎外感を感じることなく、組織の一員であることを実感できるかもしれないね!

雇用形態こそ異なるものの、派遣先において期間限定で働くという点では常用型派遣も登録型派遣も共通しています。

しかし簡単な事務や販売を任せられることが多い登録型派遣と比較して、常用型派遣は専門的な知識や技量が問われる企業や組織からの誘いが多い様子です。

IT企業のエンジニアや研究職、看護師や介護士などの医療関係などがそれに当たります。
また事務職や販売職でも資格を持っていたり、豊富な経験を持っていたりする人材の需要も高いです。
常用型派遣として働き続けるためには何かしらのスキルを持っていると圧倒的に有利なんだね!

常用型派遣のデメリット

  • 正社員や契約社員として働いている以上紹介された派遣先を自由に断れない
  • 給料はどの派遣先でも同じなので派遣先によっては割に合わないことも
  • 派遣会社と派遣先に所属するため、それぞれの人間関係が面倒

派遣会社によっては給料や福利厚生がまちまちです。特にボーナスは会社によって差が激しいので、常用型派遣に応募する際には、複数の派遣会社をよく比較して待遇の差を確認するようにしましょう。

知っておきたい平成27年の派遣改定法

これまで派遣社員は常用型派遣であっても登録型派遣であっても、ひとつの派遣先で働ける期間は最長3年と決められていました。しかし例外として政府が認めた26の業務に携わる派遣社員は、無期限に仕事を継続できるように認められていたものです。

専門26種と呼ばれる業務には秘書やソフトウェア開発、旅行の添乗、テレビの制作会社、編集業務などがありました。しかし区別がしにくいとの指摘が多かったことから、

平成27年の改定派遣法ではこれらの種別のくくりは撤廃され、どんな職種であっても契約期間は最長3年となることが決められました。専門職に携わることの多い常用型派遣として働くために覚えておきたいルールです。

改定派遣法についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています
無期雇用派遣とはどんなもの?正社員とのメリット&デメリット比較!

常用型派遣を行っている企業

現在派遣業はすべて登録型となっています。登録型派遣しか斡旋していない派遣会社が多いものですが、常用型派遣を採用している派遣会社も増加しています。知名度や評判の高い会社を紹介します。

スタッフサービスグループ「ミラエール」

スタッフサービスグループが行う常用型派遣サービスの「ミラエール」は派遣社員からの希望が多い事務職を専門に扱っています。2014年からスタートしたサービスですが、すでに500人以上の人材が派遣先企業で活躍しています。キャリアアッププログラムをしっかりと組んだ上で、自分に合った企業を紹介してくれます。

スタッフサービス「スタッフサービス・メディカル」

介護や看護、医療事務など医療関係で働きたいと考えている人にぴったりの「スタッフサービス・メディカル」。月額固定給で賞与もあるため、医療関係業務志望者からの人気が高いです。医療関係の資格を持っていない人にもサポート体制が整っており、取得費用を全額補助してくれるところが魅力です。

リクルートスタッフサービス「キャリアウィンク」

リクルート社が提案する「キャリアウィンク」では社員として籍を置きながら、派遣先を決められます。1,000社を超える充実した派遣先企業が魅力で、ボーナスや交通費も保証されています。キャリアカウンセラーが就いてくれるため、企業とのミスマッチがなく派遣先を選ぶことができるでしょう。

まとめ

常用型派遣は社員として一定の給料が保証されていることが魅力です。正社員としてはなかなか入社できない大企業で働けることも多く、さまざまな職場で働くことで視野を広げることもできるでしょう。

また、正社員として働くことに魅力を感じている方なら、常用型派遣にこだわらなくても「紹介予定派遣」という働き方もあります。
紹介予定派遣とは「派遣期間終了後に(双方合意の上)社員として雇用すること」を前提とした派遣の働き方です。

常用型派遣を扱う派遣会社はまだまだ少数派ですが、「紹介予定派遣」については各社が積極的な取り組みを見せています。

紹介予定派遣についてもっと詳しく知りたい方はこちら
⇒紹介予定派遣って何!?知らなかったメリット・デメリットを徹底解説