転職サイトの祝い金・支援金の貰い方!仕組みと企業のメリットとは

転職祝い金の仕組み解説
この記事では漫画で祝い金の仕組みや条件、貰い方を解説しています。
転職エージェントが運営している転職サイトを覗いた場合、近頃「転職祝い金進呈!」、「○○の方には転職祝い金を差し上げます!」といった特典やキャンペーンを頻繁に見かける機会が増えてきました。

転職活動や転職時には何かと支出も伴うため、転職できた際に祝い金まで貰えるとは何ともありがたい制度ですが、注意点もあります。

この記事では様々な職業別、アルバイト別の高いお祝い金がもらえる転職エージェントや転職を一覧で紹介します。

仕組みを理解してもらえるように漫画で、お祝い金を確実に受取る為のハウツーを描きました。

すぐにお祝い金が貰える転職サイト・エージェントランキングを見たい方はコチラ

転職サイトの祝い金・支援金の仕組みとは

次に転職エージェントと転職サイトのお祝い金の仕組みを紹介します。

転職エージェントでのお祝い金制度の仕組み

転職サイトから祝い金がもらえる仕組みを図解

図のようにエージェントや転職サイトのお祝い金の仕組みは企業側から利益を得て、その一部をお祝い金としています。
転職エージェントを利用して就職先がきまればユーザーに祝い金が貰えるという事です。

なので売り手市場の職業エージェントなどでは祝い金が高くなる事もあります。また、職業によってもお祝い金は大きく変わります。

転職サイトから祝い金を貰える仕組みを図解2

転職サイトへの登録はお店がどういった条件ならお祝い金がでるのか確認するだけでも登録するメリットはあります。

転職サイトの場合は企業が直接お祝い金を出すケースがメインです。企業からお祝い金を出す場合は人手不足で早く人材が欲しい、多くの人に就職の検討をしてほしいという想いがあります。

これとは別に転職サイトからお祝い金を出しているケースもあります。こちらは転職サイトへの登録ユーザー数を増やしたいという思惑があります。
登録者が増えると求人を出す企業が増え、転職サイトは売上が伸びます。他の転職サイトよりも良い条件で転職できるなら、多くの人がその転職サイトを利用しますよね。

アルバイトでも祝い金がでるのは、これも企業間の競争でアルバイトさんを探すのも現在はかなり大変です。少しでもアルバイトさんに有利な職場、得する職場と事をアピールしています。

【職業別・資格別】お祝い金があるサイト

職業・資格別でお祝い金があるサイトを一覧にしました。
各転職サイトをタップすると記事下へ移動します。

総合転職サイト薬剤師転職サイトタクシー転職サイト
看護師転職サイト保育士転職サイト製造業転職サイト
医師転職サイトアルバイト転職サイトアパレル転職サイト

転職サイトの祝い金・支援金を確実にもらう方法

祝い金を受け取るためのポイント
転職サイト・エージェントが転職祝い金を積極的に支給することがわかったとして、では転職祝い金を転職サイト側から受け取るためはどうすれば良いのか、そのポイントについて説明致します。

まずは4コマ漫画で分かりやすく解説。

ポイントを押さえて高額お祝い金を確実にGET!

転職祝い金のメリットを漫画で解説

※4コマ漫画製作:塩ママ様

まずは転職祝い金を支給している転職サイトに登録すること

4
お伝えしたとおり、転職祝い金の支給は転職エージェントにとって大きなメリットがありますが、どこの転職サイトでも転職祝い金制度を実施している訳ではありません。単に転職サイトに登録すれば良いのではないのです。

転職祝い金を受け取るための第一歩はサイトで検索を行い、祝い金を支給している転職エージェントや転職サイトへ登録を行うことです。

転職を実現させること(雇用契約を締結すること)が最低条件

5
転職祝い金を受け取ることができる最低限度の条件は転職を実現させること、即ち転職先企業と雇用契約を結ぶことが最低条件となります。

なぜなら祝い金の原資は転職エージェント側が求人企業から受け取る報酬であり、その報酬は求人企業側が人材を正式に採用できた時点で初めて発生する仕組みとなっているからです。

 

お祝い金の条件は転職サイトや求人ごとに異なるので確認は必須

7
転職先企業と雇用契約を締結した後、転職祝い金を受け取るための詳細条件や仕組みについては転職エージェントや転職サイトによって異なります。

具体的な手順については、

  • 転職エージェントなら担当コンサルタントに手続きや手順、条件を確認をする。
  • 転職サイトなら転職祝い金支給制度のページをよく読んで確認。わからなければサポートに連絡をする。

など行い、疑問点を解消しておくことが何より大切です。

各サービスにより手続き・手順は変わりますが、一般的な事例を元にポイントとなる点をあげれば次のようなことが言えます。

お祝い金の申請は自己申告制が基本!「自分から」の手続きを忘れないようにする!

転職祝い金は一般的なケースとしては「自己申告制」が基本になっています。
即ち転職が確定したとしても、自分から転職サイト・エージェント側へ申告しない限り、転職祝い金を支給してくれることは通常ありません。

そのため、無事転職が決まったなら、所定の期間内に転職祝い金の申請を忘れず行うことが重要なポイントです。

入社後一定期間後に支給される場合が多い!

転職エージェントがなぜ転職祝い金を支給するかの理由でお伝えしたとおり、突然の転職辞退の少しでも予防となるよう、入社後一定期間経過したら貰える仕組みがとても多いのです。
・入社後、半年後に支給

・働くにあたり必要な資格を取得後に支給
など様々です。

看護師転職サイトのジョブデポでは以下のような規定があります。

Q.お祝い金はいつもらえますか?
A.入職されて90日後の翌月10日の時点で在籍が確認ができましたらお振込みいたします。月の途中入社の場合は入職月を含まず、翌月からのカウントになります。

Q.お祝い金がもらえないことはありますか?
A.下記の項目に当てはまる場合は、残念ながらお祝い金をお送りできませんので、予めご了承ください。
・ 弊社のコンサルタントを介さず、直接の応募された場合
・ 勤務実態がない場合
・入職されて90日後の翌月10日の時点ですでに退職された場合

転職直後しばらくは仕事もプライベートも大変慌しくなる時期です。そのため、つい申告手続きを忘れてしまいがちです。

入社後どのくらい経過したら転職祝い金を申請できるのかを確認して、スケジュール帳やスマホアプリで通知が来るようにする事をおすすめします。
手続き日可能日を忘れないで済むような自主的な対策を施しておくことが重要です。

高額の祝い金がもらえるおすすめ転職サイト・転職エージェント

看護師の方におすすめNo.1 ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師は看護師専門の転職サイトの中でも求人数がトップクラス。

ジョブデポを通して転職すると、お祝い金がなんと最大40万円!
但し、最大金額がもらえるのは看護師長クラスの管理職として転職を成立させたケースというように、最大金額が受け取れるのはかなり稀なケースと思っておいたほうが良いでしょう。

転職祝い金がもらえるのは入職後3ヶ月経過したことが確認されてからとなります。これも必ず自己申請が必要ですので、自分でしっかり管理してくれぐれも手続きを怠らないようにしましょう。

看護師専門転職サイトの中でトップクラスの求人数

こだわり検索機能があり、求人が探しやすい

最大40万円のお祝い金!!

 

 

看護師のお祝い金についての記事はコチラ

薬剤師の方へのおすすめNo.1 ジョブデポ薬剤師

薬剤師なら日本最大級のスケール!求人件数の豊富さは群を抜いています。それなのに求職者一人ひとりの要望に答えるべく最大限の努力をしてくれる、とても頼りになる転職サイトなのです。しかも、ジョブデポを通して入職が決まれば、お祝い金が通常40万円のところ今なら期間限定で60万円!!!これは薬剤師の転職を考えている方なら登録しない理由が見つからないくらいですね。

薬剤師求人だけで8万件超!医療分野では日本最大級の求人件数

ワガママOK!薬剤師の多様な要望にきめ細かく対応

最大40万(今なら期間限定60万)のお祝い金!!

 

⇒1分で完了!ジョブデポ薬剤師に無料登録する

⇒ジョブデポ薬剤師の詳細はこちら

薬剤師の方へのおすすめNo.2 お仕事ラボ

薬剤師のお仕事なら就職から派遣まで頼りになるのがこの「お仕事ラボ」。
祝い金のキャンペーン内容はその時によって変わりますが、だいだい常に魅力的なキャンペーンをしています。例えば今なら、登録しただけで1万円。面接すると3万円、そして無事転職できた方にはなんと10万円が支払われるのです。

求職者の立場になったマッチング。無理な面接は組まない

一回目の面談なら交通費も支給

運営は薬局の系列会社なので薬剤師の気持ちを理解してくれる

 

薬剤師のお祝い金についての記事はコチラ

保育士の方へのおすすめNo.1 保育ひろば


保育士専門の転職エージェントの中でコンサルタントに対する評判が群を抜いて高い転職エージェントです。運営会社は2000年創業のネオキャリア社。15年以上にわたって転職エージェント事業に取り組み経験も実績も豊富。
保育士の方々に親しみを感じて欲しいという思いから、コンサルタントの日常も公開しているということも高評価のポイントです。正社員も派遣もどちらも対応しているのでご自分に合った働き方が選べます。

とにかくコンサルタントの評判が良い!

利用者満足度は驚異の94.2%

正社員なら最大2万円のお祝い金

お祝い金はいくらもらえるの?

保育士の方へのおすすめNo.2 保育士専門エージェント


保育士専門エージェントは関東近郊(東京都と神奈川県の川崎市、横浜市のみ)を求人対応エリアとしています。対応エリアが狭い分、その地域の方々にはきめ細かい対応が可能。東京、川崎、横浜に絞ることにより、そのエリア内の保育園や保育施設との関係を強化してより詳しい求人情報を収集することが可能なのです。保育士専門エージェントを通じて採用されれば、最大5万円の祝い金がもらえます。(園長クラスの場合)保育士として採用されても2万円は受け取ることができますよ。

対応エリアを関東の3エリアに絞ることでよりきめ細かいサービスが可能

海外研修制度ありの求人も!

園長で5万円、保育士なら2万円のお祝い金

 

アルバイトなら! マッハバイト


マッハバイトは、2017年9月28より「ジョブセンス」から名称変更となりました。
さらに、採用祝い金についても「マッハボーナス」と名称を変更。マッハバイトを通じて採用が決まれば最大1万円がもらえます。
求人数の多さもマッハバイトの魅力です。掲載されている求人数は、2017年5月時点で14万6000件以上で業界トップクラス。採用が決まったらマッハボーナスの申請を忘れずに!申請期限は応募してから90日以内です。

求人数が豊富

アルバイトなのにお祝い金(マッハボーナス)がもらえる

サイト内のコンテンツが充実。様々な情報が得られる

企業が転職の祝い金・支援金を支給する理由やメリット

2
転職エージェントは自社の転職サイトにおいて、場合によっては大きなバナーを設け「転職祝い金プレゼント中!」と目立つように祝い金制度をアピールして紹介している場合があります。

そもそもなぜ転職エージェントは高額な祝い金制度を熱心に訴求しているのか、その理由から説明して参りましょう。

理由その1:競合転職サイトに勝つため

まず一番目の理由は競合に勝つためです。

転職エージェントは求人を行っている企業側へ人材を紹介し、転職を成立させることではじめて紹介料、あるいは仲介料といった名目の利益を獲得することができます。

そのためには一人でも多くの転職志望者を確保し、企業側が求める人材に適した人物を一人でも多く紹介できる体制を整える必要があります。

つまり転職エージェントは求人企業を確保するだけでは商売は成り立たないのです。数多くの転職志望者を常に確保し続ける必要があります。

ところがサイトを検索すれば皆さんもお分りのとおり、近年の転職ブームを反映し、どこを選べば良いか迷うぐらいたくさんの転職サイトが立ち上がっています。

そのため、転職サイト間で転職志望者の獲得は現在争奪戦のような状況になっているのです。
こうした激しい競争に勝ち抜くための施策の一つとして、転職祝い金を支給するサイトが急増してきた訳ですが、現在では転職祝い金支給サービスそのものの競争が生じており、その額を競い合うような状況にすらなってきています。

理由その2「入社を確実に実現させるための一助として」

数ある転職サイトの中から選んでもらえるよう転職祝い金を支給するようになったという理由は容易に想像ができたかも知れませんが、実はもう一つ重要な理由があります。

転職祝い金には、転職志望者の転職をできる限り確実なものにするための後押しという意味や役割もあるのです。

check-c021例えばある転職サイトが、Aさんという転職志望者をB社という企業に紹介したとします。B社はAさんのことを大変気に入り、AさんもB社へ入社すると意思表示したので内定が決まったとします。

ところがAさんが雇用契約締結直前に気が変わり、採用を辞退してしまった場合には採用が振り出しに戻ってしまうことになり、B社に迷惑を与えてしまうことになります。

しかも転職エージェントは通常なら雇用契約が成立しない限り、求人企業側から謝礼を受け取ることができません。つまり利益が得られないだけでなく大切なクライアントでもある求人企業に迷惑をかけることになりますので、転職エージェントとしてはこうした事態は出来る限り避けたいと考えます。

もっとも、転職エージェントが企業側から利益を受け取る前ならそれほど求人企業側との信頼関係は悪化しませんが、仮にAさんがB社と雇用契約を結んだにも関わらず、Aさんが出社当日、もしくは数日程度出社しただけで突然辞めると言い出した場合には、求人企業側に多大な実損を与えてしまうことにもなります。

雇用契約はあくまで当事者同士の問題とは言え、もしこうした事態が頻繁に生じるようであれば「あの転職エージェントから紹介を受ける転職志望者はすぐに辞めてしまう」といった噂が流れ、転職エージェントとしての信頼が大きく損なうことになります。

祝い金支給は入社後や一定期間経過後といった条件が多い

そこで転職サイト・エージェントは祝い金支給の条件を工夫することで、できるだけそうした事態を発生させないためにも役立てようとしているのです。

祝い金支給条件での工夫とは、転職祝い金の支給を内定や雇用契約締結直後といったタイミングではなく、例えば入社後1ヶ月経過してから等、一定期間を経てはじめて転職祝い金を支給するといった工夫です。

入社後や一定期間経過後という縛りがあれば、「転職祝い金を受け取るまでは」と転職者が衝動的に辞めたいと考える心のブレーキの一つになりますね。
・些細な理由で内定先を急に辞退する
・転職先をすぐに辞めてしまう
などという企業には迷惑となる行為の歯止め効果も期待できます。

このように転職祝い金支給は転職エージェント側にとっても、支給するだけの十分なメリットや意義があります。だからこそ、利用者にとってはメリットしかないのです。

・後で別料金を請求される?  ⇒ ✕
・追加料金が発生する?    ⇒ ✕
どちらも全く心配ありません!安心して利用しましょう。

転職の祝い金・支援金はハローワークでももらえる?

ハローワーク絡みでもらえるお金といえば失業手当と勘違いしてしまっている方が多いのでは無いでしょうか?ハローワークで再就職先が決まったらもらえるお金のことで、いわばお祝い金と同じことです。再就職手当は雇用保険制度の中での、「就職促進給付」のひとつです。「就職促進給付」はこの他に、「就業促進定着手当」、「就業手当」などもあります。

失業中に受け取る手当:失業手当(基本手当)
再就職が成功したらもらえるのが再就職手当:(俗に言うハローワークからの転職祝い金)

この再就職手当を支給するのにはどんな意図があるのでしょうか?それは、失業者の方に一刻も早く再就職をしてもらおうという狙いがあるためです。

失業保険の受給期間が長引けば長引くほど、深刻に財源が悪化しますので、それを避けるためにこのようなシステムがあるというわけです。再就職手当を受け取るにはいくつかの条件や手続きがあります。再就職が決まったら、とにかく手続きすることを忘れずに!!

転職サイト・エージェントから支払われる祝い金とハローワークの再就職手当はWで受給することも可能ですよ。
きちんと調べて、もらえるお金はしっかりいただきましょう。

参考:「就業促進定着手当」とは(厚生労働省)

ハローワークの再就職手当についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

看護師

看護のお仕事最大12万円の転職支援金登録はコチラ
看護師ジョブデポ看護師最大40万円のお祝い金登録はコチラ

薬剤師

ジョブデポ薬剤師最大40万(今なら期間限定60万)のお祝い金登録はコチラ
薬剤師お仕事ラボ転職できたら最大10万円登録はコチラ

保育士

保育ひろば正社員なら最大2万円のお祝い金登録はコチラ
保育士保育士専門エージェント園長で5万円、保育士なら2万円登録はコチラ

アルバイト

マッハバイトお祝い金マッハボーナス最大1万円登録はコチラ
アルバイト シフトワークス採用祝い金・一律2000円登録はコチラ

タクシー

タクQ一律10万円の祝い金登録はコチラ
タクシー転職道転職支援金が支給される登録はコチラ

製造業

工場ワークス最大40万のキャンペーン中(2017.5月現在)登録はコチラ

アパレル

IDA転職祝ボーナス3万~15万円登録はコチラ

転職サイトで高額な祝い金・支援金を狙う注意点

「本末転倒」は避ける

転職祝い金はもらえればもちろんうれしいものですが、転職祝い金をもらう際に注意したいことについてお話しします。
それは、転職祝い金をもらうことばかり考えてしまい、本来の転職活動の目的が損なわれてしまうことです。

もともと、年収アップやキャリアアップ、条件の良い職場環境に移りたいなどの目的があったはずです。しかし、その目的を忘れて、転職祝い金をもらうことだけを考えてしまっては「本末転倒」です。

もらえたらラッキー程度がおすすめ

もらえる祝い金は、たかだか2、3万円、高くても10万円くらいだと思います。しかし、この「目先のお金」にこだわって、本来の転職目的が満たせないとしたらどうでしょうか?数万円ならやりくりすればすぐに貯まります。しかし、転職先はそう簡単に変えることができないのです。

ですから、転職祝い金は「もらえたらラッキー」くらいに考えておいた方が良いでしょう。

転職サイトの祝い金・支援金の貰い方まとめ

3

少しでも祝い金をもらえるチャンスを増やしたいのなら、転職祝い金がもらえる転職サイトともらえない転職サイトの両方に登録するのがおすすめです。

そうすれば、同程度の転職先を両方のサイトで見つけることができたら、祝い金がもらえる方で決めるなどという使い方ができるでしょう。

こちらの記事も読まれています