派遣社員の中でも、「無期雇用派遣」という雇用形態があることをご存知でしょうか?

一般的に派遣社員というと「派遣会社と契約を結んで派遣先で働き、契約終了後はまた別の派遣先で働く」というイメージが強いです。

たしかにそのような契約形態もありますが、「無期雇用派遣社員は、実質派遣会社の社員となって働くことをいいます。※待遇は契約社員相当であることが多いです。

派遣先の業務が終了しても、契約している派遣会社から給与が出るので、一般的な派遣社員よりも安定性があります。

正社員のような安定感はありながらも、勤務地はその都度変わるので、同じ人間関係に縛られません。

大手企業への派遣を目指して、人脈作りやキャリアアップのために正社員から無期雇用派遣に切り替える人もいるほどです。

正社員よりも性に合っている」、「正社員よりも好待遇」と感じる人もいるでしょう。

しかし、正社員には正社員なりの利点もちゃんとあるのです。

この記事では、正社員と無期雇用派遣それぞれのメリットとデメリットについて比較します。

■無期雇用派遣とは

無期雇用派遣は「常用型派遣」の総称です。

そもそも派遣には「登録型派遣」「常用型派遣」の2種類があり、どちらを選ぶかによって雇用契約内容が変わってきます。

◆登録型派遣と常用型派遣

登録型・常用型のどちらも派遣社員であることは変わりません。

ただ常用型派遣の場合は、派遣会社に申し込みをして採用された時点で雇用契約を結ぶという特徴があります。

派遣先が決まっていない状態でも「待機スタッフ」として給与が保証されていて、決まるまで社内の事務作業を任せられることが多いです。

正社員とほとんど同じ待遇であるため、派遣会社は常用型派遣社員を雇う際には、登録型派遣よりも厳しく採用の可否を判断します。

難易度は、派遣会社の正社員採用試験と同程度といえるでしょう。

一方登録型派遣は、採用試験や選考過程がなく、ほとんど誰でも登録できます。

氏名や住所・経歴などのプロフィールを派遣会社のデータベースに登録し、紹介を受けてから派遣会社を通して書類選考・面接を受けます。両者が納得した段階で、はじめて契約が成立するのが登録型派遣の特徴です。

登録型派遣は派遣先が変更になるたびに雇用契約を結び直さなければいけません。

1度契約が切れると次の派遣先が決まるまで、収入が途絶えてしまうのがデメリットです。

 

それぞれの違いを理解したところで、登録型派遣と無期雇用派遣それぞれのメリット・デメリットを紹介しましょう。

■登録型派遣のメリット・デメリット

無期雇用派遣と比較して、登録型派遣はデメリットが目立つのかも知れません。

しかし、人によっては無期雇用派遣より登録型派遣のほうが向いているケースもあるのです。

 

メリット

・短期でも働ける

・副業として働ける

・勤務地や勤務日にこだわって選べる

・人間関係が短期間に終わる

・一般的なパートやアルバイトよりは時給が高い傾向

デメリット

・派遣先が派遣会社と契約を終了すれば収入が途絶えるため、安定性は低い

・短期契約の場合は社会保険など福利厚生が受けられない

・ボーナスや昇給がない

・交通費が支給されないこともある

・社会情勢によっては途中で契約解除されてしまうことも

無期雇用派遣(常用型派遣)の場合は長期かつレギュラー勤務が基本なので、少ない勤務日数を望んでいる人にはオススメできません。

無期雇用派遣(常用型派遣)のメリット・デメリット

ほぼ正社員と同等の待遇を受けられる無期雇用派遣は、安定性だけでなく社会保険や各種手当・福利厚生も受けることができます。

その点も含めた無期雇用派遣のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・派遣先の有無に関わらず収入が発生する

・大手企業での実務経験を積める可能性がある

・社会保険・福利厚生・各種手当・賞与も付与される

・給与は時給制ではなく月給である

・長時間残業が発生しにくい

・長期間働くことで、スキルを身に着けやすい

デメリット

・昇給・昇格はあまり期待できない(派遣先は定期的に変わるため)

・無期雇用派遣のままではキャリアアップが難しい

・派遣会社との契約時点では派遣先が決まっていない

・派遣会社の採用選考に通過する必要がある

・派遣先がなくなれば、真っ先に首を切られることもある

無期雇用派遣のメリットはたくさんありますが、あくまで「派遣社員」として比較したときの場合です。

立場上、肩身が狭いと感じる状況は少なからずありそうですね。

■無期雇用派遣と正社員を比較したときのメリット・デメリット

無期雇用派遣社員と正社員は「安定性」があります。

無期雇用派遣でも正社員並みの給与や賞与を受け取ることはできますが、あくまで立ち位置は「派遣社員」です。

優秀であれば、正社員になれる可能性もありますが、大多数の人は派遣社員のままであり、キャリアアップは難しいでしょう。

たしかに無期雇用派遣であれば、派遣先の大手企業や有名企業で実績を積むことも容易です。

しかし、それ以上のキャリアアップはまず見込めません。

昇格・昇進を目指す人は、やはり正社員を目標に頑張る方がいいでしょう。

◆正社員だけのメリット・デメリット

無期雇用派遣にはない正社員だけのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・キャリアアップができる

・将来的な安定性が高い

・昇給しやすい

・社会情勢が不安定でも、解雇されにくい

・状況に応じて業務や職種の変更を相談できる

・人間関係が良ければ居心地よく感じられる

デメリット

・退職するまで1つの会社に縛られる

・長時間残業やサービス残業が発生しやすい

・人間関係が悪くても辞めにくい

■結局正社員と無期雇用派遣のどちらを選べばいいの?

正社員にも無期雇用派遣にもそれぞれ違う魅力がありますね。どちらにしようか迷っている人は、現在のライフスタイルに合わせて考えてみましょう。

子供や家族持ちの大黒柱(母・父問わず)→安定性+将来性のある正社員がベスト

プライベート重視の一人暮らし(男女問わず)→安定性のある無期雇用派遣がおすすめ

子供はいない夫婦→状況によりけり。妊活中の人は融通が効きやすいと感じる職場がいいのかも

※あくまで一例です

■無期雇用派遣ができる企業サービス一覧

常用型派遣制度を導入している派遣会社は多岐にわたります。

その中でも、大手人材派遣会社のほとんどが無期雇用派遣を行っています。

左が会社名で右がサービス名となります。

 

・無期雇用派遣サービスを行う企業

アデコ→キャリアシード

 

テンプスタッフ→ファンタブル

 

マイナビワークス→マイナビキャリレーション

スタッフサービス→ミラエール

 

それぞれ得意な業界や職種があるので、希望に合った派遣会社を選びましょう。

■おすすめはアデコ(キャリアシード)!

とくに女性に人気が高いのは、OA事務や経理関係などの事務職に特化した「キャリアシード」です。

Wordでの文書作成やExcelでの四則演算など、基本的なオフィスソフトが使えれば未経験でも大丈夫

事務職は人気が高いものの、給与自体は元々高くはないので、無期雇用派遣でも正社員と待遇がさほど変わりません。

大阪・東京周辺をはじめ、全国に求人があるので、自宅から近い勤務地を選べば、通勤もラクです。

アデコが派遣先を紹介してくれるので、自分で探すよりも簡単に仕事を見つけられるでしょう。

事務職に特化しているので、事務職特有の悩みや業務上の質問なども気軽に相談できます。

不明点についてはアデコや派遣先からのサポートが十分に受けられるため、はじめて無期雇用派遣サービスで事務に就く人も安心です。

大手企業の事務や経理を経験できる可能性もあり、正社員の人が、キャリアアップを目的にアデコを利用することもあるのですよ。

事務職で正社員並みに稼ぎたい

でも自宅から遠い勤務地は嫌だ

賞与や休日もしっかり取得できるところがいい

と考えている人は、早速「キャリアシード」に登録してみましょう!