日本人がタイで働くには?就労ビザの取得方法と良い求人の探し方

一度行ったら誰もが病み付きになりリピート訪問したくなる国と言われているのが、微笑みの国として有名なタイ王国です。

そんな人気の高さを反映し、タイに移り住んで働くことを希望する日本人が近年増加しています。

ではタイで働くにはどうすれば良いのでしょうか。

この記事ではタイでの就労ビザ取得方法や、日本人がタイで働く場合に利用したい求人サイトなどを紹介致します。

タイで働きたい方必見です!

そもそも就労ビザって何?取得は難しいの?

就労ビザとは?

タイに限らず、観光目的ではなく働く目的で海外へ行く場合にパスポートだけで入国が認められることはほとんどありません。

現地国で就労すること、その目的で入国することを現地国に許可してもらう必要があります。

その許可証にあたるものが「就労ビザ」です。

就労ビザがあれば、許容された期間内であればほぼ自由に現地国の出入りができるようになりますし、現地国に住んでお金を得ることもできます。

また現地国の国民と全く同等とまではいかなくとも、観光客では受けられない一定の行政サービスも受けられるようにもなります。

就労ビザの取得は簡単?それとも難しい?

就労ビザはタイに限らず、ほとんどの国で取得が容易ではありません。

理由は簡単です。

就労ビザを安易に発行していれば自国民の就労機会が脅かされ、失業率の悪化を招く可能性があるからです。

そのため、多くの国では就労ビザを発行する職種や年間に発行する数等、発行に大きな制約や条件を設けています。

しかもその発行条件が複雑なだけでなく頻繁に変更される上、審査する現地国の役人のさじ加減でも判断が変わってくるという厄介さまであります。

従って、タイを含めたほとんどの国の就労ビザは100%確実に取得できる方法はないと言って良く、取得は容易ではないことを予め理解しておくことが大切です。

タイで働く場合に必要となるビザや許可証とは?

就労ビザの基本的な意味をご理解頂いたところで、タイで働く場合に必要となってくるビザについて詳しくご紹介して参ります。

実はタイでは就労を目的とした入国許可証と、タイ国内で就労できる許可証が分かれているため、それぞれ必要な許可証を取得する必要があるのです。

ノンイミグラントビザB

まず就労目的でタイへ入国する場合に必要になるビザが「ノンイミグラントビザB」、略称で「Bビザ」と呼ばれているビザです。

ノンイミグラントは英語のスペルで「Non-Immigrant」と書きますが、日本語訳では「非永住者」という意味になります。

また「B」はビジネスのBの意味です。

このBビザは繰り返しとなりますがタイへ入国するために取得するビザですので、当然のことながら入国後に取得できるものではありません。

日本にあるタイ領事館、日本以外ではインドネシアなどタイ周辺国のタイ領事館で申請手続きを行い、タイへ渡航する前に取得しておく必要があります。

ワークパミット(労働許可証)

ワークパミットとは「ワーク(仕事をすること)のパミット(許可すること)」、即ち労働許可証のことです。

Bビザには入国許可の機能があっても、労働許可の機能はありません。

そのため、Bビザだけでタイで就労し尚且つ収入を得るようなことがあれば罰金などのペナルティーだけでは済まず、最悪国外強制退去となり当分はタイへ入国できなくなるおそれもあります。

従ってタイで就労する前に必ず取得しておく必要があります。

ワークパミットは国外で事前に取得しておくことはできない

それだけ重要な許可証ですので、Bビザ同様に入国前に取得しておき、万全の状態にしてタイへ渡りたいところですが、残念ながらはワークパミットは国外で取得することはできません。

ワークパミットはタイ領事館ではなく、日本でいうところの厚生労働省にあたるタイ労働局に出向かないと取得申請手続きが行えないからです。

つまりワークパミットはタイに入国した後に取得する許可証となります。

ただしワークパミットは必ずしも本人が申請する必要はなく、むしろ雇用主となる企業側の責任者が取得するのが一般的です。

もっとも、仮に雇用主が取得する場合でも本人でなければ準備できない書類などもありますので、できるだけ速やかにワークパミットを入手するためには日本にいる間に雇用主とそれら必要書類のやり取りを行っておく必要があります。

ビザやワークパミットの取得の流れと具体的な方法

Bビザ、ワークパミット取得の時間的な流れ
Bビザやワークパミットはどのような順序で取得すれば良いのでしょうか。

タイにわたって現地企業の面接を受けることを想定した場合の、ビザやワークパミット証取得に関する一連の流れをご紹介することにします。

●パスポートや必要書類を準備してタイ領事館にて「観光ビザ(ツーリストビザ)」を申請、取得する

 

●タイに入国し現地企業の面接を受ける

 

●内定、雇用契約の締結

 

●(観光ビザの許容期間(通常90日間)が途切れる前に)日本へ帰国する

 

●パスポートや必要な書類を準備しタイ領事館に再び出向き、Bビザを申請、取得する

 

●タイに再び入国する

 

●ワークパミットに必要な書類をで雇用主と働く本人の双方で準備する(準備するタイミングは本人がタイに再入国する前でもOK)

 

●(主には企業側の代表者が)タイ労働局に出向いて、ワークパミットを取得する

 

●タイでの仕事をスタートさせる

およそ次のような流れになります。

尚、ご紹介した流れはタイに渡って面接を受ける場合を想定したケースですが、近年ではわざわざタイまで足を運ばなくともスカイプなどを利用したビデオ会議で採用面接を実施てくれる場合もあります。

また、ワークパミットの説明の中でご紹介したとおり、ワークパミットは雇用主である企業の代表者などが申請手続きを行うのが一般的です。

そのためBビザが取得できた後なら、本人がタイへ渡る前に雇用主側が必要な書類を受け取った上で取得しておいてくれることもあります。

Bビザの具体的な申請方法と必要な書類とは?

Bビザの具体的な申請方法についてご紹介しましょう。

Bビザを申請する際に必要となる書類は次のとおりです。

check-t021 img旅券パスポート (6ヶ月以上有効期間が残っているもの)
 
check-t021 imgBビザ申請書
 
check-t021 img申請書に貼り付けるカラー写真2枚
 
check-t021 img身元保証書
 
check-t021 img身元保証者の直筆の署名があるパスポートのコピー
 
check-t021 img最終学歴の卒業証明書英文原本
 
check-t021 img最終雇用先(日本)からの在職/退職証明書原本
 
check-t021 imgタイへの.航空券又はフライト予約のコピー
 
check-t021 imgタイの雇用企業からの英文招聘状(原本)
 
check-t021 img経歴書

このようにたくさんの書類が必要になります。

つまりBビザの申請は申請手続きが煩雑と言うより、提出を要求される書類がたくさんあり、それらを全て準備することが煩雑なのです。

中でも留意しなければならないのは、タイ側の雇用主となる企業に英文の招聘状を作成してもらう必要がありますが、この招聘状はFAX送信やコピー物ではだめだということです。

招聘状をタイから郵送してもらう必要がありますので、準備に多少時間を要することになります。

Bビザ申請受付け時間はとても短い

タイ領事館はいつでもビザ申請を受け付けてくれる訳ではありません。

午前9時から午前11時半までの2時間半に限られていますので、注意が必要です。

しかも予約がなければ時間内に行っても、殆どの場合受付けてもらえません。

事前に予約を取ってから行っておくことをオススメ致します。

加えてビザが発行してもらえたとしても、ビザを受け取ることができる時間帯も翌営業日以降の午後2時から午後3時と、わずか1時間に限られています。

従って該当する時間にタイ領事館へ迎えるかどうか、スケジュールを入念に確認しておくこともポイントになってきます。

ワークパミットで本人が必要となる書類事例

次にワークパミットですが、こちらは主に雇用主となる企業側が申請する許可証であり、例えば企業の決算書や国税局への登録証など、雇用主でないと用意できない書類が大半を占めますが、本人でないと準備できない書類もあります。

そこで本人でないと準備できない、ワークパミット申請時に必要な書類の例を提示しておきます。

check-t021 imgパスポートのコピー(本人顔写真部分やBビザ部分のコピーなど指定あり)
 
check-t021 img英文での最終学歴証明書
 
check-t021 img本人の顔写真3枚
 
check-t021 img所定の様式に基いた健康診断書(※本人による健康診断の受診が必要)

これらの書類の中で特に重要なのは英文の最終学歴証明書です。

こちらは必須の提出書類となっています。

Bビザ取得でも必要ですが、ワークパミットの申請では特に重要になります。

それだけタイが就労において学歴を重視しているということですが、英文での最終学歴証明書は発行までに時間がかかる場合も多いため、学校へ依頼する際には早めに二通申請することを忘れないようにすることが大切です。

タイの求人探しにオススメのサイトとは?

タイで求人を探す方法は日本国内で探す方法と、タイに渡って現地で探す二つの方法に大別できますが、後者は事前にかなり下調べなどした上で行かないとタイに滞在できる期間に限りがありますので空振りに終わる可能性が高く、何より旅費や活動費がかかることになります。

また、日本にいたままスカイプで採用面接を受けられる場合もありますので、すでにタイへ渡っている方でなければ日本国内でタイの求人を探すことをオススメ致します。

日本国内でタイの求人を探す場合には、やはりインターネットを利用するのが一番です。

タイでの日本人の求人探しで便利な求人サイトをいくつかご紹介しておきます。

wakuwaku

http://waku.jbtalents.com/en/
 

タイに進出している日系企業などを中心に、タイ現地国の求人情報を検索できる日本人向けのサイトです。

サイトの説明は全て日本語で書かれていますし、日系企業であれば求人情報も全て日本語で紹介されています。

ところが現地国企業の求人は日本人の求人であっても、情報は全て英語となっています。

そのため、ある程度の英語読解力が必要です。

また、全てが直接採用ではなく転職エージェントが登録している求人情報などもありますので、転職エージェントが掲載している求人に応募する場合には当該エージェントへの登録も必要になります。

バンコク週報求人転職

http://www.thaideshigoto.com/home.php
 

こちらはタイ、バンコクの最大日本人向け求人サイトと自己アピールしているだけあって、求人件数が2017年10月段階で1、500件以上と求人件数が大変充実しているサイトです。

ただし、1,500件の求人案件の9割以上が転職エージェントの求人です。

それらの求人へ応募するには転職エージェントへの登録も必要になります。

尚、バンコク週報求人転職は求人情報を含めて全て日本語で紹介されています。

WISE DIGITAL

http://www.wisebk.com/
 

こちらのサイトは正確には求人専門サイトではなく、タイで働く日本人に向けた情報サイトであるため紹介されている求人数はそれほど多くありません。

しかしながら日本人向けサイトであるため、少ないながらもタイでの日本人の求人情報を確実にゲットできます。

また、タイで働くビジネスマン向けに様々なビジネス情報や暮らしに関する情報を紹介していますので、タイの経済事情や生活に役立つ情報などを得る上でも便利なサイトと言えます。

求人サイト利用以外にはどんな方法がある?

JAC Recruitmentなどの転職エージェントを利用する

求人サイトを利用する以外の方法としてはJAC Recruitmentなどの海外転職に強い転職エージェントへ登録し、求人企業を紹介してもらうという方法があります。特にJAC Recruitmentはタイに現地法人を構えており、日系企業を中心とした現地国の求人情報をガッチリとつかんでいますし、何より求人サイトでは情報を得ることができない非公開求人も紹介してもらえるメリットがあります。

ただしJAC Recruitmentが取り扱っている求人は管理職を中心としたハイクラス層の求人が多いので、応募者には高い学歴や実務経験などが問われます。

現地国の管理職として活躍したいと考えている方には特にオススメの方法と言えます。

⇒JACリクルートメントの公式サイト

⇒JACリクルートメントをもっと詳しく知りたい方はこちら

バンコク等にある日系店舗にあるフリーペーパーを利用する

タイに渡って求人を探す方法はあまりオススメではありませんが、一つだけ方法をご紹介しておきます。

日系のスーパーやコンビニを訪れて日本人向けのフリーペーパー雑誌を入手し、日本人を対象とした求人情報を探すという方法です。

特に首都バンコクであれば日系のスーパーやコンビニ店舗などが多数出店していますので、そうした日本人向けフリーペーパーは簡単に入手できます。

ただし、フリーペーパーに掲載されている求人はすでにタイに居る日本人を対象にしていますので、ビザない場合には応募できないケースが多いことは多少覚悟しておく必要があります。