ドラッグストアは薬剤師にもノルマはある?転職前に知っておきたいドラッグストアの実際

ドラッグストアの薬剤師にノルマはある?ドラッグストアの実際は

ドラッグストアで働く場合、薬剤師として気になるのはノルマの有無ではないでしょうか。実際に働き出してから知るのと、事前に知っておくのとでは心づもりも変わるものです。今回はこの記事で、ドラッグストアにおける薬剤師に対するノルマの実情や注意点などをご紹介します。

ドラッグストアで働く薬剤師にノルマはある?

ドラッグストアでノルマがあるのは一般的

一般的な傾向として、ドラッグストアで働く薬剤師にもノルマが課されるケースは多いです。薬剤師は調剤業務だけを行うイメージがあるかもしれませんが、ドラッグストアで働く場合は「ノルマがあっても珍しくはない」と考えておいたほうがよさそうです。

有無や度合いはドラッグストアによって異なる

薬剤師でもノルマがあるドラッグストアは、一般的に多い傾向とはいえ、店舗によってノルマの有無や力の入れ具合は異なるのが実情です。

厳しいノルマが設定されている場合もあれば、登録販売者にはノルマが設定されていても、薬剤師にはほとんどない場合もあります。中には、会社で定められたノルマとは別に店舗ごとの独自のノルマが設定されているケースもあるようです。

ドラッグストアによっては正社員だけでなく、パートやアルバイトで働く場合も、ノルマ達成の協力を求められる場合があります。

都心や街の中心、観光地はノルマが厳しい傾向

ドラッグストアの場合、店舗によってノルマの有無や厳しさが異なりますが、比較的高い売上が期待される店舗ほど、ノルマが厳しい傾向があるようです。

例えば、都心部や繁華街にあるお店は、客足が多いと予想され、ある程度売上が期待されます。最近は外国人観光客がドラッグストアに訪れることが増えているので、観光地にある店舗なども、ノルマが厳しめに設定されている可能性があるでしょう。

ドラッグストアで働く薬剤師にノルマがある理由

ドラッグストアの利益を確保するため

薬剤師であってもノルマが課せられる理由は、ドラッグストアが医薬品以外にも、食料品や生活日用品なども販売する小売店であるためと考えられます。小売店である限り、利益を上げなければ、経営を続けることも、職員の給料を支払うこともできないからです。目標達成の手段のひとつとして、ノルマがあると推察されます。

ドラッグストアで働く薬剤師に多いノルマの種類

主なノルマは「売上額」や「販売数」

ドラッグストアで働く薬剤師に多いノルマの種類は、主に「今月は〇〇円の売上を上げる」ノルマと、「対象の商品を〇個販売する」ノルマです。どの程度の売り上げ目標が設定されるかはドラッグストアによって異なります。

一方、販売数のノルマがある場合は、利益を上げるため、強化品(販売強化品、重点品)の販売目標を設定されるケースが多い傾向にあります。強化品とは、売上に対する粗利率が高い商品で、販売することで店舗の利益アップにつながる商品のことをいいます。

強化品の対象となる商品はさまざまで、自社ブランド(プライベートブランド品)の販売する薬だったり、化粧品だったりすることもあります。

他にも、薬剤師の調剤業務に関するノルマとして、

  • 調剤報酬や各種加算
  • 処方せんの受付回数増加
  • 在庫の圧縮

などの目標達成を求められる場合もあります。
また、最近は「かかりつけ薬剤師同意書」の取得枚数に対するノルマが課せられるケースも増えています。

ノルマが達成できなかったときの対応もさまざま

一般的にノルマとは、何日から何日の間にいくら売上を上げる、あるいは〇個販売するなどと目標が設定されます。しかし、場合によっては目標を達成できないこともあるでしょう。

ノルマが達成できなかったときの対応も、ドラッグストアによってさまざまです。反省文の提出や、上司から叱責を受けるなど、厳しい罰則があるドラッグストアもあれば、賞与や昇給の査定に影響が出る程度ですむ場合もあります。厳しいノルマがある場合、中には自腹で強化品を買い取る人もいるようです。

ここに文章24時間営業のドラッグストアの場合、レジの精算をせず、納得いく売上が達成できるまで残業させ、目標を達成しようとするようなところも、一部にはあるようです。

薬剤師がドラッグストアに転職する際の注意点

事前にノルマの有無を調べておく

ドラッグストアで働く場合は、薬剤師にもノルマがあるのか、確認しておくほうがベターです。ただ、面接の際にストレートに「ノルマがあるか」と聞くと、正直に答えてもらえないかもしれません。例えば「かかりつけ薬剤師は積極的に取得されていますか?」など、さりげなく質問するといいでしょう。

また、実際働き出してから、就職前のイメージとギャップが生まれないように、面接前に一度ドラッグストアを訪れ、働いている人の様子を見てみるのもおすすめです。

ドラッグストアのノルマが厳しい場合の対処法

転職先を見つける

ドラッグストアのノルマがきついと感じたり、辞めたいと思ったりしたときは、転職をするのも選択肢のひとつです。

薬剤師の場合、さまざまな業種でニーズがあります。改めてノルマの少なそうな別のドラッグストアを探す方法もありますし、調剤薬局や病院など、ドラッグストアとは別の環境で薬剤師として働くこともできるでしょう。あるいは、派遣薬剤師としての道を選ぶのもひとつです。

最近は医薬品関係の一般企業や、エステサロンなど、幅広い分野で薬剤師の存在が求められています。思い切って全く違った分野の職場に転職し、キャリアアップを図るのもいいかもしれません。

ドラッグストアで働くにあたり、ノルマを達成することは、店舗や会社の利益に貢献することにつながり、中には出世や昇進にプラスに働くこともあるようです。しかし、仮に出世を目指すとしても、売り場づくりや指導能力に力を入れるなど、ノルマを達成する以外の方法はあると考えられます。

あまりノルマばかり気にして、無理な販売をするとなると、かえってお客様に不快な思いをさせたり、自分自身のストレスになったりすることもあるでしょう。ストレスをため込み、体調を崩してしまっては元も子もありません。自分に合っていないかもしれないと感じたときは、一度立ち止まって働く場所を考えてみるのもいいでしょう。

転職エージェントの活用がおすすめ

転職先を探す際は、薬剤師専用の転職エージェントを活用するのがおすすめです。転職エージェントの魅力は、担当コンサルタントによるさまざまなサポートを受けられることです。
転職先探しから履歴書の書き方、面接対策、転職先との条件交渉まで、新しい職場が見つかるまで、手厚いフォローが期待できます。場合によっては転職後のサポートも受けられるでしょう。

薬キャリ

薬キャリ
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣,紹介予定派遣
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 薬剤師登録数No.1!全国4万件以上の求人から最短3日で転職可能

転職エージェントによっては、非公開求人も豊富に取り扱っています。「ノルマに悩まされず働きたい」と伝えれば、希望に合った求人を紹介してもらえるはずです。

求人の案内や転職のフォローだけでなく、転職エージェントは実際の職場の様子や人間関係なども把握していることが多いです。自分だけでは分からない部分まで、事前に分かるかもしれません。ノルマの有無についても情報を得やすいでしょう。

また、もう少し先で転職を考えている場合も、転職エージェントは活用できます。相談することで、キャリアアップにつながるようなスキルや資格などの情報を得ることや、キャリアプランのアドバイスをもらうことも可能です。

ドラッグストアは薬剤師もノルマがあるのが一般的

ノルマがきついと感じたときは転職も視野に検討を

ドラッグストアで働く場合、薬剤師にも正社員やパート、アルバイトを問わずノルマがあることが多いです。ノルマの程度はドラッグストアによってさまざまで、厳しいノルマが課せられている場合もあれば、そうでない場合もあります。また、ノルマ達成ができなかった際の対応も店舗によって異なります。

ノルマがきつく、辞めたいと感じた場合は、転職を検討するのもひとつです。薬剤師にはさまざまな業種で活躍のチャンスがあります。ドラッグストア以外に自分に合った職場が見つかる可能性はあるでしょう。

転職先を探す場合は、手厚いサポートが期待できる、転職エージェントを活用するのがおすすめです。担当のコンサルタントとも連携を取りながら、働きやすい職場を探してみてはいかがでしょうか。

ya4