ママ薬剤師におすすめの転職サイトランキング!理解ある職場への成功ノウハウも紹介!

ママ薬剤師_転職サイト_ランキング_コツやノウハウを紹介

ママが薬剤師になる場合、勤務時間や曜日、場所、給与など様々な条件を満たしている職場で働くのが理想ですよね。

そこでオススメなのが、ママ薬剤師が求める勤務時間や給与などの条件を交渉してくれたり、ひと目でいくつかの職場を比較検討できる転職サイトです。

今回はそんな薬剤師向けの転職サイトで、ママが理想の職場を見つける方法やすすめサイトランキングを紹介していますので参考にして下さい。

ママ薬剤師におすすめの転職サイトランキング!

5位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣社員
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 公開求人すのみで56,000件以上
  • 全国に15の実拠点あり
  • 時給5,000円↑の好条件の派遣求人が多数

ファルマスタッフは、株式会社メディカルリソースが運営する薬剤師転職サイトです。

薬剤師転職支援実績が19年あり、転職相談の満足度が96.5%をほこっているなど多くの薬剤師から高い評価を受けています。

また、全国各地に15拠点があり、それら全てで薬剤師の転職支援サービスを行っています。取り扱い求人も58000件以上と豊富なので、東京と比較すると求人の少ない地方在住の方は登録しておいて損はないでしょう。

調剤薬局に転職したい方に最適

今すぐにでも調剤薬局に転職したい人には、ファルマスタッフがおすすめです。

ファルマスタッフは日本調剤グループ運営なので、全国各地の良質な調剤薬局の求人が豊富にあります。

また、給与交渉なども可能なので、何かとお金の必要なママ薬剤師の転職先として向いています。

公式サイト:https://www.38-8931.com/

こちらの記事も読まれています

4位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣社員
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 数年連続で利用者満足度No.1
  • 一人あたり19.5件の求人を紹介
  • 実求人件数58,000件以上

マイナビ薬剤師は、その名の通りあのマイナビグループが運営する薬剤師転職サイトです。

取り扱い求人件数は随時55000件以上、紹介求人件数の平均は求職者ひとりにつき19.5件と業界トップレベルなので、登録するとどんな方でも多数の求人を紹介して貰えます。

また、大手なだけあってマニュアルやスタッフの育成にも力を入れているのか、履歴書や面接のサポート、給与の代理交渉といったキメの細かいサービスを受けることが可能です。

好条件の非公開求人が多い

マイナビ薬剤師の最大の強みは、質の高い非公開求人が多数取り揃えられていることです。好条件の正社員求人も他社と比較して多いです。

こちらの記事も読まれています

ネット上で自分にピッタリの求人情報が見つからない時は、無料登録をしてエージェントに気軽に相談すると非公開求人に出会えます。

もちろん公開求人・非公開求人に関わらず、マイナビ薬剤師では求職者の希望を丁寧にヒアリングしてくれます。その上で、必要に応じて給料など勤務条件の交渉にも対応してくれるのが特徴です。

ママ薬剤師の転職活動による負担を減らし、子育てに徹底することができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

公式サイト:https://pharma.mynavi.jp/

こちらの記事も読まれています

3位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣,紹介予定派遣
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • 60秒以下で登録完了
  • 圧倒的スピード感で翌日求人紹介
  • 三日で転職可能給与の条件交渉や勤務先の内部情報調査を代行

リクナビ薬剤師は、就職・転職支援でおなじみのリクルートグループの転職サイトです。

公開求人数は約35000件とマイナビ薬剤師などと比べるとやや少ないですが、正社員・パート・アルバイトまで、全国各地の良質な薬剤師求人が取り揃えられています。

こちらの記事も読まれています

また、子育てと仕事との両立を目指すママ薬剤師への転職支援も充実しています。

日給・時給が高いのがリクナビ薬剤師の魅力

「子育ててでお金がかかるから日給・時給が高い薬剤師求人に応募したい」という方には、リクナビ薬剤師がおすすめです。

リクルートグループならではのネットワークが最大限に活かされており、公開求人は日給・時給が高いのが特徴です。年収600万円以上の求人も多数掲載されているので、高収入を期待するならリクナビ薬剤師で決まりです。

公式サイト:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

こちらの記事も読まれています

2位:ジョブデポ薬剤師

ジョブデポ薬剤師

ジョブデポ薬剤師
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート
対象エリア全国
業界医療専門職その他
ポイント
  • 最大で40万円のお祝い金がもらえる
  • 求人件数8万件以上
  • 給与交渉などのサポート体制も充実

ジョブデポ薬剤師は、転職すると最高でお祝い金40万円がもらえる薬剤師転職サイトです。

他サイトと比べると質の低いエージェントがいるという口コミをみかけるは少々ネックです。しかしその欠点を補える40万円ものお祝い金が貰える関係で非常に人気があります。

もちろん質の低いエージェントはメールを送ればすぐに取り替えてもらえますし、それは全体でみればごく一部なのでサイトの評価は高いです。

充実サポートでサイト自体の評価も高い

ジョブデポ薬剤師は応募先が決まった後の面接対策から履歴書の書き方まで、すべてエージェントが丁寧にアドバイスしてくれます。

給料・休日など勤務条件など本人からは直接口に出しにくいい事も、交渉に強い専任エージェントにお任せすることが可能です。

なにより公開求人数は8万件以上と業界トップレベルなので、首都圏はもちろん地方での薬剤師の転職にも自信を持ってオススメすることができます。とりあえず登録はしておいて損のないサイトと言えます。

公式サイト:https://j-depo.com/yaku

こちらの記事も読まれています

1位 薬キャリ(薬キャリmama)

薬キャリ

薬キャリ
年代20代~50代 雇用形態正社員,アルバイト・パート,派遣,紹介予定派遣
対象エリア全国
業界その他
ポイント
  • オーダメイド求人により理想の転職が出来る
  • 即日求人があるので迅速な転職が可能
  • 美味しい非公開求人が多数ある

薬剤師転職サイトのランキング1位に輝いたのは、あの大手医療サイトm3が運営している薬キャリです。

薬キャリには無料登録すると利用できる姉妹サイトがいくつかあるのですが、その中の薬キャリmamaというサイトが文字通りママ薬剤師の転職に特化しており、子育て中のママ薬剤師の間で非常に高い評価を集めています。

その特徴は一人一人の希望条件に合わせて『オーダメイド求人を作成する』という点です。普通の転職は希望の条件を満たした求人にこちらが応募するという形態ですが、薬キャリはエージェントが「こちらが提示する希望を受け入れてくれる病院を探す」ので、余程現実離れした条件を出さない限りは高確率で理想の職場で働くことが可能です。

公式サイト:https://pcareer.m3.com/mama/

ママ薬剤師のお役立ち情報が満載

そんな薬キャリmamaは、ママ薬剤師のお役立ち情報が満載なのも特徴です。前述した通り求人情報も豊富なのですが、子育てと仕事との両立の悩みを解消したい人向けのコンテンツが充実しています。

妊娠中・産後・就業中・転職したい人・すでに離職した人、それぞれまた違った悩みを抱えています。薬キャリmamaにはそんな悩みに対する回答が用意されているのです。

また、ママ薬剤師にとって仕事探しでもっとも大変なのが、労働時間や出勤時間、給与など「自分に合った働き方を探すこと」です。薬キャリmamaはそういった子育てや妊娠期間の悩みに寄り添ってくれるエージェントが、理想の職場への応募や転職をサポートしてくれます。

ママ薬剤師は絶対に登録しておくべきサイトと言えるでしょう。

公式サイト:https://pcareer.m3.com/mama/

こちらの記事も読まれています

ママ薬剤師が転職サイトを選ぶ際に重要なポイント

良質な求人件数が多い

ママ薬剤師_転職サイト_ランキング_成功には良質な求人の多いサイト選びが重要

薬剤師転職サイトから求人検索を行う場合、もっとも重要なのは良質な求人件数が多いことです。

当然ですが、求人件数が多ければ多いほど入職率が高くなります。薬剤師の求人件数は多くの場合は薬剤師転職サイトのトップページに表示されているので、入念にチェックしましょう。

しかし、単に求人件数が多いだけではなく、求人の質が良いものでなければなりません。

そこで良質な求人が取り扱われているかどうかを見極めるために下記の項目も要チェックです。

自分の希望条件に見合う求人が多数掲載されていること

薬剤師転職サイトを閲覧して求人件数を確認したら、実際にどんな求人が掲載されているか中身をチェックしましょう。

求人検索のページには勤務エリアや雇用形態 (正社員・パート・派遣など) 、転職希望時期などの項目が掲載されています。

その中から自分が希望する条件に絞り込み、それに見合う求人件数が多ければ理想的です。

時給・日給の高い薬剤師求人をチェックしたり、福利厚生・交通費の支給などの細かい条件もチェックしましょう。

こちらの記事も読まれています

非公開求人を確認

非公開求人とは、薬剤師転職サイト上では取り扱われていない非公開の求人のことを指します。

非公開求人は基本的に公開求人よりも好条件であることが多いので、そこを中心に見ていくことでハローワークなどよりも遥かに好条件で働くことが可能です。

転職相談の方法が多彩であること

薬剤師転職サイトによっては専任のエージェントとの対面を重視する場合もあります。

しかし、日々子育てに多忙なママ薬剤師は、決められた時間に特定の場所に出向いて面談をする時間がなかなかとれません。

専任のエージェントとしっかり向き合って相談できれば理想的ですが、わざわざ足を運ぶのは大変です。

そのため、電話相談・メール相談・スカイプ相談など、自分の生活に負担がかからない相談方法を選択できる薬剤師転職サイトを利用しましょう。

子育てに理解のある薬剤師転職サイトを選ぶ

ママ薬剤師の転職を有利にするには、子育てに理解を示してくれる薬剤師転職サイトを選択すべきです。

そのためには単に求人件数が多いだけではなく、薬キャリmamaのようのママ薬剤師の雇用に力を入れている薬剤師転職サイトを選ぶことが大事です。

公式サイト:https://pcareer.m3.com/mama/

エージェントのサポート力を重視する

どんなに質の高い薬剤師求人が盛り込まれていても、担当のエージェントのサポート力が弱いようでは話になりません。

ママ薬剤師が転職を成功させるためには、質の高いエージェントに出会うことが大切です。下記の4つの条件を兼ね備えたエージェントなら安心です。

親身になって相談に乗ってくれる

転職で悩んでいるママ薬剤師に寄り添って、親身になってくれるエージェントがいれば、安心感が得られます。

苦手な面接にも同行してくれる

ブランクの長いママ薬剤師は、ひとりで面接に行くことに不安が高まります。

エージェントに相談して苦手な面接にも同行してくれたら安心ですので、薬剤師転職サイト選びで迷ったら面接同行のサポートを受けられるサイトを選択すべきです。

入職後まで丁寧にサポートしてくれる

中には入職と同時に縁が切れてしまうようなエージェントがいます。

しかし、実際はむしろ入職してからがエージェントとの長いお付き合いが始まるのです。入職後に職場での人間関係につまずいて早期に退職するケースも少なくありません。

また、勤務条件が応募時とは違い、トラブルになってしまうケースもよくあります。そんな入職後のトラブルを未然に防ぐためにも、サポート力の高いエージェントの存在は必須です。

薬剤師が働く現場の内部情報に精通していること

見た目には質が高い求人情報でも、いざ入職したら職場の人間関係が悪い、残業が多いなど、さまざまな理由で早期に退職するケースも少なくありません。

そのため一部の薬剤師転職サイトでは、離職率や人間関係といった現場の内部事情をエージェントが把握しており、それらを事前に聞き出すことが可能です。

転職で失敗しないためにママ薬剤師が注意すべきこと

転職前に家族とよく話し合うこと

ママ薬剤師_転職サイト_ランキング_失敗しないためには家族と話し合うことが重要

シングル女性の場合は転職は本人の自由ですが、家庭を持っているとそうはいきません。仮に薬剤師転職サイトに登録して転職活動をスタートしても、家族の理解がなければ家庭生活に支障をきたしてしまいます。

まずは薬剤師の仕事に復職することについて、夫の理解を得ることが肝心です。もちろん今時「主婦は家庭を優先すべき。外で働くなどもっての他。」と豪語する男性はほとんどいません。

しかし、子育ての真っ最中に薬剤師に従事することについてすぐに理解を得るのは、相手の性格や職業によっては難しい面もあります。

子どもを預けて働く場合は近隣の保育施設を探しておく必要がありますし、とにかく相談をしておくのが重要です。

応募先の職場見学を事前に行うこと

応募したい求人があれば、事前にこっそり足を運んで雰囲気を見学しておくことをおすすめします。もちろんエージェントからある程度の情報を聞き出すことはできますが、転職先の企業・事業所はこれから先長くお世話になります。

そこで失敗しないためにも、「事前に職場見学なんて面倒だ」と思わず積極的に行いましょう。

ママ薬剤師の転職でしたら候補は恐らく徒歩や車でいける範囲の場所にあると思いますので、実際にどんな人間が働いていて、人手がどれくらいいるか、激務じゃないかなどを確認しておくことが転職で失敗しないコツです。

目的を明確にしておく

転職する目的・理由が明確でない場合は、転職に失敗するリスクが非常に高いです。家庭の事情により、転職する理由は人それぞれです。

しかし、「毎日家事と子育てばかりで同じことの繰り返し。家の中に閉じこもるのはイヤだから」という曖昧な理由で転職に踏み切れば、恐らくすぐに退職をしたりしてしまうでしょう。

高望みをしすぎないこと

薬剤師転職サイトで求人情報を見ると時給が高い・自宅から近い・福利厚生が充実しているといった好条件の求人が多数あります。

しかし、だからといって欲張って高望みをしてしまうと、求められるスキルに自分の能力が追いつかず、すぐに辞めてしまうケースは多いです。

そのため、待遇の良さだけで判断するのではなく自分の実務経験と能力、性格に見合う求人に応募することが重要です。

また、年収などの条件だけでなくママ薬剤師に理解がある働きやすい職場環境かどうか、という部分をしっかり見極めることも大切になります。

3社以上の薬剤師転職サイトに登録する

ママ薬剤師が転職活動を行う上で、今や3社以上の薬剤師転職サイトに登録するのは常識です。複数のサイトに登録することでサービスの質やエージェントの質、求人の量などを比較できるからです。

たとえば、自分が登録した薬剤師転職サイトをA社・B社・C社としましょう。A社には好条件の非公開求人の紹介サービスがありますが、B社にはありません。

その代わりにB社ではママ薬剤師の転職を全面的にバックアップし、面接に同行して勤務条件について交渉してくれます。C社は求人は微妙だったものの、エージェントの対応がよく、条件交渉により理想の求人を用意してくれた、というケースがよくあるのです。

このように転職支援サービスの特色の異なる複数のサイトを活用すれば、様々な候補の中から自分が一番得するサイトを選ぶことができます。

せっかくの無料の転職支援サービスですから、自分の人生をより良いものにするためにも最大限に活用すべきです。

ママ薬剤師におすすめの転職サイトランキングまとめ

ママ薬剤師向けの転職サイトには、派遣薬剤師求人が多いサイトもあれば、正社員のママ薬剤師求人が多いサイトもあります。

こちらの記事も読まれています

自分がどんな職場にいきたいのか、どんな働き方をしたいのかによっても選び方が変わってくるはずです。もしお気に入りの薬剤師転職サイトがあれば2社3社とまとめて登録・活用することをおすすめします。

そのためにも子育てに理解のある薬剤師転職サイト複数に登録して、それぞれのサービスを活用、比較することが大事です。

そうしていくうちに自分にピッタリのサイトに必ず出会えますので、最終的に気にいったサイトで求人に応募することをオススメします。

こちらの記事も読まれています