転職は年齢が重視されることも多く、年齢がネックとなってなかなか仕事が決まらないという方も多いでしょう。一般には、30代半ばを過ぎたあたりから転職が厳しくなってくるといわれています。そのため、40代や50代での転職は、厳しい戦いになると予想されるわけです。

しかし、最近では50代でも転職可能なケースが増えていることも事実。今回は50代で転職を成功させるためのノウハウについて解説していきます。

50代が未経験でも応募可能な求人にはどんなものがある?

men指指しノーマル

年齢や体力、稼働年数の短さから転職で制限が加わることの多い50代。それでも、未経験で応募可能な求人は結構あります。
簡単にリストアップすると、以下のような感じですね。

タクシードライバー

体力的に厳しい面はあるものの、未経験で50代でも採用されやすい仕事の筆頭といえます。
そもそもタクシードライバー業界は年齢層が高く、50代でもそれほど高齢な部類には入りません。
車の運転技術さえあれば、未経験でも十分に採用される可能性があります。

コンビニ配送ドライバー

タクシードライバー同様、体力面さえ折り合いが付けば50代でも未経験で応募可能です。
どのコンビニフランチャイズも、物流を支える配送ドライバーの確保に四苦八苦していますからね。
離婚を機に稼げる仕事を見つけたい!という50代の元主婦なんかも採用され、活躍しています。

訪問介護員

人手不足業界の筆頭、介護業界でも50代の力を欲しています。
特に訪問介護員は比較的敷居が低く、就職しやすい職業のひとつといえるでしょう。

マンション管理人

ご夫婦で就業可能な場合、マンション管理人も有力候補のひとつです。
とくに「夫婦住み込み管理人」の求人はかなり多く、最近の管理人不足と相まって50代でも十分に応募可能です。
そもそも若年層が実質的に応募不可能な求人もあるため、50代以上専用の仕事になっている感がありますね。

清掃系の仕事

気楽にかつ、そこそこ働きたい、という50代の方におすすめなのが清掃系。
年下の部下や同僚にあれこれ指示されることも少なく、自分のペースで黙々と仕事ができます。

やはりドライバー、清掃、介護業界は50代であっても経験はあまり問われません。
また、マンション管理人は最近非常に人手不足であり、夫婦住み込み管理人求人などが多数あります。
年齢も、50代以上をターゲットにしていることが多く、比較的おすすめの仕事かもしれませんね。
なぜかというと、若年層との競争が発生しないからです。

50代が採用されやすい求人とは?

次に、「未経験」という制限をはずして、50代が採用されやすい求人を考えてみます。
結論として、50代が採用されやすい求人はずばり「管理職層」です。例えば、MS-Japanが提供する「エキスパートシニア」などでは、50代以上限定でエグゼクティブ求人を紹介しています。どの企業でもマネジメントや管理で力を発揮する人材は不足しており、50代の人材が持っている経験・スキルには需要があるのです。

また、「オッサン、オバハン求む」というユニークなキャッチコピーで話題になった「森下仁丹」の50代募集なんかも、これに該当しますね。
日経新聞にも取り上げられるほど、注目されました。

50代を募集する理由は、「現場力を持った指導、管理者が不足していること」らしいです。
どれだけ優秀な人材を集めたとしても、それを統括・マネジメントする人材がいなければ、会社は機能しません。

これはどの業界であっても同じでしょう。
50代で、これまでの経験を活かした転職を志すなら、マネジメント力や管理力を求める場が適しているといえそうですね。

50代で転職を成功させた方の体験談

では次に、50代で転職を成功させた方の体験談を紹介します。
まずは、CAD未経験オペレーターへと転職した体験談です。

「世界が違う」と諦めていたCADオペレーターへの転職

Aさんは、娘さん二人が高校生になるとともに、進学費用を工面する必要に迫られました。しかし、求人誌に出ている求人に応募するも、年齢を理由に断られることが続いたそうです。また、友人知人は介護や経理といった仕事が多く、そういった経験もないAさんは悩みました。

体力面の不安から、オフィスワークに限定して考えていたある日、自分よりも年上の女性がCADオペレーターとして働いていることを知ります。そして、短期集中のスクールでCADを学ぶことができることも知りました。

一念発起したAさんはエクステリアCADオペレーター養成講座に申込み、そこで50代が珍しくないことを知ります。養成口座で3か月間学び、その後はオペレーターの資格を活かしてCADオペレーターとして正社員就職したそうです。

携帯電話ショップの店長から飲食店店長へ

Bさんは携帯電話ショップをチェーン展開している企業で、店舗の立ち上げや店長として活躍。しかし会社の業績低迷を機に転職を決意したそうです。なかなか就職が決まらず、ときには工場で荷物運びなどのアルバイトをしながら、転職活動をつづけました。

その後、ある縁から飲食店の店長へと転職。携帯ショップ時代の店舗運営、立ち上げのノウハウが功を奏し、新たな店舗展開も視野にいれて精力的に仕事をこなしているそうです。

こういった成功例から考えると、50代の転職は「全く新しい分野に挑戦する」「それまでのスキルの延長」のどちらでも成功させられるといえます。新分野に挑戦する場合は、年齢を言い訳にせず謙虚に学び、スキルを身に着けることが大切です。

一方、それまでの経験やスキルを活かす場合は、情報収集と転職活動を粘り強く続ける力が問われるといえるでしょう。また、転職とは少し違いますが、50代を機に独立された、筆者の知人の体験談も紹介しておきますね。

40代で大学卒業、資格取得、キャリアコンサルタント(国家資格)で独立

筆者の知人Cさん(50代前半)は、40代で新しいことを学びたいという意欲が出はじめ、通信大学で大卒資格を取得したそうです。その後、キャリアコンサルタントの資格も取得。

40代はほとんど勉強漬けだったのですが、楽しんで学ぶことができたため、勉強自体は苦ではなかったとのこと。平成28年から国家資格になったキャリアコンサルタントを取得した後は、それまでの経験を若い人たちに伝えようと、積極的に活動しています。

社員としてどこかに所属しているわけではありませんが、充実した日々を送っているようです。

まとめ

50代の転職は、総合的にみるとやはり難航しがちです。しかし成功例は存在していますし、その数も決して少なくありません。

今回紹介した内容を見てもわかる通り、20代や30代と同じように未経験で転職を成功させた例もあります。謙虚にかつ着実に学び続ける心さえあれば、若年層にはない落ち着いた人柄、マナー、知識などアピールポイントは沢山ありますよね。要は、年齢以上に「無理だ」という思い込みが最も大きな障壁になるのです。

マネジメント力や管理力に自信がある方はもちろんのこと、未経験で新しい仕事に就きたい方でも、十分に勝算はあります。深刻な人手不足の中、子育て、介護、離婚、リストラなど様々な人生の荒波に負けずに歩き続ける50代の力を欲している企業は確実に存在します。諦めずに前を向いて、転職活動を行ってみてください。

また、もしつまずいたら、プロの転職サポートを受けることも検討してみましょう。圧倒的な情報量と求人量で、個人では見つけることのできなかった仕事と出会えるかもしれませんよ。