海外転職を希望する人は5年間で2倍に

海外転職を希望する人材が2010年から2015年の間で2倍に増えているとのこと。
これは、エン・ジャパン株式会社が運営する「エン転職コンサルタント」が、サイトの利用者1023名を対象に行った「海外勤務」についてのアンケートの結果です。
もう少し具体的に内容を見ていくと、以下のようになります。

海外勤務の可能性があったらどうする?

2010年には海外勤務の可能性のある会社を転職先として「積極的に選ぶ」人が19%だったのに対し、2015年では37%に増加。約2倍です。

また「勤務先の国・地域による」と回答した人も13%から22%に増加しており、海外転職に対する抵抗は薄れています。

将来的にどの国でも通用する人材になりたい、大きなマーケットの中で自分を成長させたいという意欲を持つ人が増えている証拠です。

【年代別】海外転職(海外勤務)を希望する人

どの年代でも3割以上が「積極的に選ぶ」と回答している一方、「できれば避ける」「絶対に避ける」を合算した割合は2割程度に留まっています。

かつては海外転職といえば敷居が高く、国内での転職を希望する人が圧倒的に多かった日本。
この数年で、転職希望者の海外転職に対する意識は大きく変わったようですね。

グローバル化が進み、世界中どこの国でも求められるスキルが似通ってきていますから、当然の流れなのかもしれません。

海外転職・海外勤務を考えるなら知っておきたい情報

海外で働くために海外勤務がある企業へ転職するか、現地採用で働くか、迷う人のためにどういった職種があるのか調べてみました。それぞれ必要な英語レベルも違ってきますので、ご自身の英語力と合わせて参考にしてください。

海外勤務や海外転職に多い職種と必須英語レベルは?

海外駐在員として働く場合は日系企業か現地採用かで大きく変わる

海外駐在員といっても、日系企業からの海外赴任外資系企業からの現地採用が大きく分けて2種類になると思いますが、海外の赴任先・転職先でも英語がどの程度必要になるのか違ってきます。
職種として多いのはメーカー、製造業、金融、営業職、IT系など海外駐在員は幅広い分野で活躍する業種になります。

求められる英語レベルとしては、日系企業から海外駐在員として赴任する場合、現地で困らない程度の日常英会話ができれば問題はないでしょう。

しかし、外資系企業へ海外勤務する場合は、ビジネスレベルの英語力や現地語が必須になります。
日本の働きながら覚えていくといった育てる環境とは違って海外ではなによりも即戦力が求められ、コミュニケーション能力の高さが仕事ができるイメージあります。

外資系企業へ現地採用として働くには、希望する職種の経験値と英語(現地語)の壁があるということもチェックしておいてください。

英語力に自信のない人でも海外で叩ける職種や求人は多数

海外転職や海外勤務を希望するうえで、英語が話せないと難しい?と思っている人に朗報!
転職内容によっては「語学不要」「日本語が話せる」ことがメリットになる職種もあります。
職種としては、海外で日本人向けに働くガイドやコールセンター業務、日本人学校のスタッフなど日本語を話すことが仕事につながる内容です。
未経験でも可能な場合もありますので、海外で働きたいけど英語や語学が不安といった人にはぜひおすすめの職種ではないでしょうか。

海外で働くにはどうしたらいい?おすすめ転職エージェントは?

海外への就職、転職は日本国内とはやや事情が異なります。

例えば単に就職といっても、日本のように新卒一括採用を行っている国は稀です。
そのうえ海外の求人情報は情報量も少なく、個人で探すにはやや敷居が高いかもしれません。

そこで、海外転職・就職に強い転職エージェントを利用していきましょう。

特におすすめなのは、DODAビズリーチリクルートエージェントでしょうか。
いずれも高年収かつハイキャリアで海外転職(海外勤務)のある企業の求人が充実しています。
情報量が豊富で、上昇志向を持った人材への情報提供が得意です。
また、やや規模は落ちますが、JACリクルートメントなんかもおすすめですね。

海外転職・海外勤務・海外就職の求人に強いエージェントベスト3

海外転職・海外勤務・海外就職の求人に強いエージェントやサイトは限られています。

そこで海外転職・海外勤務・海外就職の求人に強いエージェントやサイトのベスト3を皆様へご紹介致します。

1位:海外勤務・海外転職で年収アップするならビズリーチ

好条件の海外勤務求人で日本一と評価して良いぐらい、海外勤務の求人情報が充実している会員制転職情報サイトがビズリーチです。

ビズリーチの特徴は自分から求人検索を行い、応募することが主体ではなく、ヘッドハンターや求人企業からの「スカウト」を待つこと、もしくはヘッドハンターを検索して転職先の斡旋を依頼することが主な利用方法となっている点です。

お伝えしたとおり、海外勤務の求人についてはヘッドハンターやエージェントが求人企業から依頼を受けている非公開の求人案件が数多く存在します。

そのため、有能なヘッドハンターを探してアプローチし、ヘッドハンターを通じて自分を求人企業へ売り込んでもらう方が海外勤務を実現しやすいのです。

ちなみに、ビズリーチで検索できるヘッドハンターの数は1,700名以上。
海外勤務のエグゼクティブ求人を紹介してくれるプロを、1,700名もの中から好きなだけ選べるのがビズリーチの大きな強みです。

 

check-c0811700名以上のヘッドハンターがスカウト!

check-c081高年収の求人案件が豊富!

check-c081クオリティーの高い情報とサービス!

⇒ビズリーチの公式サイト

⇒ビズリーチの詳細はこちら

 

2位:海外勤務の転職支援サポートが評判のDODA

綾野剛のTVCMで話題となった転職エージェントが、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社が運営する「DODA」です。

DODAの強みは3つです。

1つはリクルートエージェント同様パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社も人材派遣において日本を代表する企業であるテンプスタッフのグループ企業であることと、求人広告事業をはじめとした人材ビジネスにおいて30年以上の豊富な経験や実績を誇っていることです。

実績や信頼性という点でDODAも申し分ない転職エージェントです。

二点目の特徴は、DODAには海外勤務の転職支援を専門的に実施するエージェントサービスとして「DODAグローバル」という専門セクションがあることです。

DODAの海外勤務支援サービスに対する強い意気込みが感じられる取り組みと言えますが、海外勤務転職支援に長けたキャリアアドバイザー社員をそのセクションに多数配属していることは言うまでもありません。

三点目の特徴は二人体制で転職サポートを行ってくれることです。

DODAは海外勤務に関するキャリア相談やキャリアプランの設計指導などをキャリアドバイザーが主に担当し、応募する求人企業が決定した場合の求人企業に関する詳細情報提供や面接日程の調整、雇用条件の代理交渉などを採用プロジェクト担当者と呼ばれる社員が担当します。

こうした二人組体制で登録者をサポートする方法は人材派遣会社が得意としているサポート方法と言えますが、テンプスタッフグループが築いてきたこうしたノウハウがDODAのサービスにも活かされている訳です。

 

check-c081人材ビジネス業界において30年の実績!

check-c081海外勤務向け転職支援サービス「DODAグローバル」

check-c0811人の求職者につき二人の転職プロフェッショナルがサポート

⇒DODAの公式サイト

⇒DODAの詳細はこちら

3位:海外勤務の求人数で選ぶならリクルートエージェント

リクルートエージェントはその名称からわかるとおり、就職情報や転職情報サイトなどで日本最大級の企業であるリクルート社のグループ企業(リクルートキャリア)が運営している転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは豊富な経験と実績があることです。
40年以上に及ぶエージェント事業を通じて積み重ねてきた経験や実績は、他社を寄せ付けません。

二つ目の特徴は日本最大級の求人件数です。

のようにエグゼクティブクラスの求人に特化されている訳ではありませんが、海外勤務の求人などが含まれる非公開求人件数は10万件以上あります。

豊富な求人数があれば、海外勤務・転職を実現するチャンスも必然的に増えることになります。

リクルートエージェント三点目の特徴は、質の高い転職サポート力です。

エージェントの仕事は求職者と求人企業の間に入り、雇用契約が実現するよう両者に働きかけることですので、担当者個人の資質や能力によって大きく左右されることになります。

リクルートエージェントには海外勤務求人で長年のサポート経験や、転職を成功に導いてきた実績を有するベテランの担当者が多数在籍しています。

そうした経験に裏打ちされた確かな転職支援サービスを受けたい場合には、リクルートエージェントは外せない選択肢と言って良いでしょう。

 

check-c081人材サービスの大手・リクルートの安定感!

check-c081海外勤務・転職を含む非公開求人は10万件以上

check-c081他を圧倒する転職サポート力

⇒リクルートエージェントの公式サイト

⇒リクルートエージェントの詳細はこちら

海外転職・海外勤務のメリット・デメリットが知りたい


海外転職(海外勤務)を希望する者の、どの国が自分に合っているのかわからない…と悩む人が多いようです。
確かに日本では海外転職に対する情報が不足していて、まだまだ一般的ではないですからね。

そこで簡単に、それぞれ国ごとのメリットとデメリットを紹介します。
あくまでも一例ですが、参考にしてみてくださいね。

アメリカ合衆国で働く

メリット

・給料が高い
・世界的な大企業が多く、グローバルなキャリアを積みやすい
・意欲があれば日本よりもチャンスが多い
・何事もフランクで合理的
・母語(英語)の習得が日本でも容易である
・ワークライフバランスが重視されており、プライベートを削って働くという意識がほとんどない(休暇や短時間勤務が利用しやすい)

デメリット

・積極性が何よりも重要。日本式の「奥ゆかしさ」は殆ど評価されない。
・コミュニケーション能力に求められる基準が、日本よりも高い。
・資格や学歴、職歴が日本よりも重視されがちである(これはメリットにも成り得ます)
・生活費が高く、日本と同等以上の生活水準を保つには高年収を狙う必要あり
・解雇に対する敷居が日本よりもかなり低く、正社員でもあっさりと解雇される
・就労ビザ発行に学歴要件がある(大卒以上など)

英国(イギリス)で働く

メリット

・日本よりも給料が高い
・母語(英語)の習得が日本でも容易である
・無料の美術館や博物館が多く、文化面でコスパが良い
・ファッションや芸術のレベルが高い
・世界的に有名な企業

デメリット

・物価がかなり高く生活費がかさむ
・曇りや雨が多く、単純に天候が悪い
・外食産業が発達しておらず、料理もイマイチ
・未だにアジア人に対して差別的な態度、風習を残している
・日本よりも治安が悪い
・「サービス精神」は日本よりもかなり低い(働く側としてはメリットでもあります)

香港で働く

メリット

・公共交通機関が安い。また面積が小さいので移動にお金と時間がかからない
・食べ物が安い。ただし、ローカルな店ではなく大手チェーンや一部の高級レストランは日本よりも割高である。
・日本人が受け入れられやすく、多様な国の人材と交流できる
・ホームヘルパーやメイドを雇う文化が根付いており、出産後の女性でも仕事を続けやすい
・国際色が豊かで世界中の大企業からビジネスマンが集結しており、刺激がある

デメリット

・家賃が高い
・レストランやフードコートなどは日本よりも割高
・給与水準は日本より低め
・就労ビザ発行に学歴要件がある(大卒以上など)

カナダで働く

メリット

・多様な人種が生活する環境でも、個性を主張しやすい
・ワークライフバランスが良く、メリハリのついた仕事スタイルが可能
・医療費が無料(カナダ市民ならびにカナダ移民権保持者に限る、歯科および薬代は適用外)
・学費が安い
・治安が良く住みやすい
・自然が豊かでリフレッシュできる場所が多い
・家賃や食料品医療サービスなどは原則非課税

デメリット

・GST(国税)とPST(州税)の両方が課税される場合あり。消費税にあたる税金が日本より高額(13%から15%程度)
・公共医療機関が混雑しており、サービス内容もかなり薄い
・チップの文化があるため外食が高い(日本で数百円の外食でも1000円越えは当然)

タイで働く

メリット

・物価が圧倒的に安い
・就労ビザが取りやすい(学歴要件無し)

デメリット

・外国人が就労できない職種が多い(職人系やブルーカラー職種など)
・給料が安い

このように国ごとに生活・労働環境に差があることがわかります。
一般的に高年収・ハイキャリアを狙うなら欧米諸国での勤務が好ましいです。

しかし、年収やキャリアだけが働く目的ではありませんよね。生活の快適さや良好なワークライフバランスを求めて海外転職を希望する方も多いでしょうし。
例えばカナダなどは、かなりのんびりしていて日本的な感覚もあります。

また、アジア諸国などにも目を向けてみましょう。全てが安い、そして活気があるという、忘れられた日本の姿を垣間見ることができますよ。
自分が海外転職に何を求めているのかをはっきりさせ、合った国を見つけてみてくださいね。