100万件を超える求人件数を有する日本最大級の求人サイトと言えば「ハローワーク(インターネットサービス)」です。

では100万件超の求人には「海外勤務」を前提とした求人は果たしてあるのでしょうか。

今回は、意外と知られていないハローワークにおける海外勤務求人の実態と共に、海外勤務を希望されている方々へオススメの転職エージェントをランキング形式でご紹介して参ります。

ハローワークでも海外勤務求人はあるの?

ハローワークに海外勤務の求人があるかどうかですが、これは「ある」が正解となります。

ハローワークのインターネットサービスにおける求人検索ですが、民間の求人サイトほど細かな条件検索は行えないものの、「就業場所の都道府県」という検索項目の中に「海外」という小検索項目があります。

(ハローワークインターネットサービス「条件を指定して検索する」ページ)

ハローワークの海外求人は最初から海外勤務という求人ばかりではない

「就業場所(の都道府県)」の小項目として「海外」となっていますが、その条件でヒットする求人は最初から就業先が海外という求人ばかりではありません。

海外という条件でヒットする求人には、日本で勤務した後先々海外勤務になる場合があるといった求人もかなり含まれています。

ただし、この点はハローワークに限った話ではありません。

多くの国では就労ビザの発給条件として、日本企業での勤務実績が必要だからです。

そのため、海外勤務者を目的とした求人でも一定期間は国内で勤務実績を作る必要があることから、そうした求人が多くなります。

また、最初から海外勤務となっている場合でも、例えば現地国に居住している日本人など、就労ビザの問題がクリアされている方に限り応募可能な案件となっている場合も多く見られます。

ハローワークの求人内容と海外求人件数

どのような求人があるか

ではハローワークの海外勤務求人にはどのようなものがあるかですが、2017年5月現在で登録されている海外勤務の求人には次のようなものがあります。

(職種) (給料(日本円)) 赴任国
婦人服縫製指導員 300,000円~500,000円 中国
幹部候補生(製造・技術指導) 300,000円~500,000円 フィリピン
金型技術者 300,000円~500,000円 インドネシア
設備施工管理(派遣) 450,000円~600,000円 メキシコ
輸入営業 200,000円~250,000円 中国
居酒屋マネージャー 250,000円~400,000円 米国(ロサンゼルス)
医療審査員 180,000円~300,000円 サウジアラビア
建築設備施工管理(派遣) 600、000円~300,000円 インド

 

ご覧の通り幅広い職種で求人がありますが、役職としては管理職が中心となっています。

また、ご紹介している例には米国やメキシコといった国名が確認できますが、全体として多いのは中国や東南アジアの国々です。

応募にあたって実務経験が必要か否かはケースバイケースですが、全体としては海外勤務経験者を所望している求人が多いことも共通した特徴です。

尚、ビザについては会社側が発行してくれるものと考えられますが、ハローワークの求人要項だけではどの程度ビザ取得に対して協力してくれるかは多くの場合、不明です。

就労ビザについては、ハローワーク経由で求人先へ事前確認しておいた方が望ましいと言えるでしょう。

求人件数は?

ハローワークに2017年5月現在で登録されている求人件数は、約140件です。

求人が多い月は200件を超える場合もあるようですが、平均すれば150件前後の件数と考えておけば良さそうです。

ハローワーク全体では100万件の求人数を超えていますので、海外勤務に関する求人は全体の0.1%にも及びません。

この率からわかるとおり、ハローワークは海外求人登録を拒んではいないものの、積極的に求人開拓を行っているとは言えません

ハローワークは厚生労働省が国内雇用の促進・安定を図る目的で設立した国営機関ですので、国内雇用を重視する方針は今後も変わらないはずです。

そのため、海外勤務を希望されている方にとってハローワークは残念ながら主力の求人情報源とはならないと考えておくべきでしょう。

海外勤務求人に強いのはハローワークよりエージャント!

海外勤務求人ではハローワークがあまり頼りにならないとすれば、何を頼りにすれば良いかですが、オススメは海外勤務を中心に求人紹介を行ってくれるエージェントや、海外勤務求人に強いヘッドハンターを紹介してくれる民間のサイトを利用することです。

それら民間のエージェントや専門サイトをオススメするのは、単に海外の求人数が多いというだけでなく、次のような理由もあるからです。

海外転職は大小様々なトラブルに見舞われやすい

海外勤務は出張を除けば、原則的に赴任国の現地法人へ出向または転籍することになります。

つまり出向であれ、転籍であれ、採用された日本の勤務先とは異なる法人に所属することになります。

その結果、日本法人と海外現地法人で十分な意思疎通や情報の共有などが行われていなかったり、人事制度に対する認識のズレが生じていたりすると海外に赴任した後「採用された時の条件と異なっている」といった事態が生じることがあります。

特に海外進出の歴史が浅かったり、現地法人の運営を現地国で採用した現地国人に任せっぱなしにしたりしている企業などではそうしことが起きやすくなります。

例えば日本国内で採用された際は「社宅有り」という条件で採用されたのに、いざ海外へ赴任したら現地法人の社長より社宅の空きはないので自分で住居を探すよう命じられた上、家賃も補助してくれないので家賃負担が大きくのしかかってしまったというトラブルなどが実際に起きています。

こうしたトラブルを未然に防ぐには、直接求人企業に応募するのではなく、エージェントやヘッドハンターに間に入ってもらい、入念に入社条件を詰めてから転職することが望ましいためです。

海外事業の管理職はエージェントやヘッドハンターしか紹介できない非公開求人が多い

ハローワークの求人例からもわかるとおり、日本企業が渡航費や社宅を支給してまで社員を海外へ送り出す大きな理由は海外事業の運営管理や現地スタッフの指導を行なわせるためです。

海外勤務はそれだけ重責であり、そうした重責を担える優秀な人材の募集は公募せず、エージェントやヘッドハンターへ依頼するケースの方が必然的に多くなります。

公募すれば多数の応募者へ対応しなければならない上、しかも優秀な人材からの応募があるとは限りません。

その点においてエージェントやヘッドハンターへ依頼すれば、要望通りの人材のみ紹介してもらえるからです。

それだけに求職者側もエージェントやヘッドハンターを利用しなければ、公募されている求人より断然多い、エージェントやヘッドハンターが抱える非公開の求人を紹介してもらえるチャンスを失うことになります。

海外ではエージェントやヘッドハンターを通じた人材紹介は当たり前

日本では近年急速にエージェントやヘッドハンターが増加し、求人企業にとっても、転職者の方々にとっても転職エージェントやヘッドハンターはかなり身近な存在となってきましたが、海外、特に欧米先進国の企業において、管理職クラスの求人をエージェントやヘッドハンターを利用して行うことはかなり以前から当たり前だったのです。

そのため、特に海外法人の幹部は一般的な求人広告の応募より、実績のあるエージェントやヘッドハンターから紹介された人材を高く評価する傾向があります。

海外駐在員は日本側の意向だけでなく、実際に引き受けることになる海外法人の幹部の評価や意見も重視される場合も多いことから、実力あるエージェントやヘッドハンターを通じて紹介を得ることは採用面においても有利になってきます。

海外転職・海外勤務に強いエージェントベスト3

海外転職・海外勤務の求人に強いエージェントやサイトは限られています。

そこで海外転職・海外勤務の求人に強いエージェントやサイトのベスト3を皆様へご紹介致します。

1位:ビズリーチ[BIZREACH]

好条件の海外勤務求人で日本一と評価して良いぐらい、海外勤務の求人情報が充実している会員制転職情報サイトがビズリーチです。

ビズリーチの特徴は自分から求人検索を行い、応募することが主体ではなく、ヘッドハンターや求人企業からの「スカウト」を待つこと、もしくはヘッドハンターを検索して転職先の斡旋を依頼することが主な利用方法となっている点です。

お伝えしたとおり、海外勤務の求人についてはヘッドハンターやエージェントが求人企業から依頼を受けている非公開の求人案件が数多く存在します。

そのため、有能なヘッドハンターを探してアプローチし、ヘッドハンターを通じて自分を求人企業へ売り込んでもらう方が海外勤務を実現しやすいのです。

ちなみに、ビズリーチで検索できるヘッドハンターの数は1,700名以上。
海外勤務のエグゼクティブ求人を紹介してくれるプロを、1,700名もの中から好きなだけ選べるのがビズリーチの大きな強みです。

 

check-c0811700名以上のヘッドハンターがスカウト!

check-c081高年収の求人案件が豊富!

check-c081クオリティーの高い情報とサービス!

 

⇒ハイクラス転職に強いビズリーチに申し込む

⇒ビズリーチの詳細はこちら

 

2位:DODA

綾野剛のTVCMで話題となった転職エージェントが、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社が運営する「DODA」です。

DODAの強みは3つです。

1つはリクルートエージェント同様パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社も人材派遣において日本を代表する企業であるテンプスタッフのグループ企業であることと、求人広告事業をはじめとした人材ビジネスにおいて30年以上の豊富な経験や実績を誇っていることです。

実績や信頼性という点でDODAも申し分ない転職エージェントです。

二点目の特徴は、DODAには海外勤務の転職支援を専門的に実施するエージェントサービスとして「DODAグローバル」という専門セクションがあることです。

DODAの海外勤務支援サービスに対する強い意気込みが感じられる取り組みと言えますが、海外勤務転職支援に長けたキャリアアドバイザー社員をそのセクションに多数配属していることは言うまでもありません。

三点目の特徴は二人体制で転職サポートを行ってくれることです。

DODAは海外勤務に関するキャリア相談やキャリアプランの設計指導などをキャリアドバイザーが主に担当し、応募する求人企業が決定した場合の求人企業に関する詳細情報提供や面接日程の調整、雇用条件の代理交渉などを採用プロジェクト担当者と呼ばれる社員が担当します。

こうした二人組体制で登録者をサポートする方法は人材派遣会社が得意としているサポート方法と言えますが、テンプスタッフグループが築いてきたこうしたノウハウがDODAのサービスにも活かされている訳です。

 

check-c081人材ビジネス業界において30年の実績!

check-c081海外向け転職支援サービス「DODAグローバル」

check-c0811人の求職者につき二人の転職プロフェッショナルがサポート

 

⇒好条件の求人が探しやすいDODAに登録

⇒DODAの詳細はこちら

3位:リクルートエージェント

リクルートエージェントはその名称からわかるとおり、就職情報や転職情報サイトなどで日本最大級の企業であるリクルート社のグループ企業(リクルートキャリア)が運営している転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは豊富な経験と実績があることです。
40年以上に及ぶエージェント事業を通じて積み重ねてきた経験や実績は、他社を寄せ付けません。

二つ目の特徴は日本最大級の求人件数です。

のようにエグゼクティブクラスの求人に特化されている訳ではありませんが、海外勤務の求人などが含まれる非公開求人件数は10万件以上あります。

豊富な求人数があれば、海外勤務を実現するチャンスも必然的に増えることになります。

リクルートエージェント三点目の特徴は、質の高い転職サポート力です。

エージェントの仕事は求職者と求人企業の間に入り、雇用契約が実現するよう両者に働きかけることですので、担当者個人の資質や能力によって大きく左右されることになります。

リクルートエージェントには海外勤務求人で長年のサポート経験や、転職を成功に導いてきた実績を有するベテランの担当者が多数在籍しています。

そうした経験に裏打ちされた確かな転職支援サービスを受けたい場合には、リクルートエージェントは外せない選択肢と言って良いでしょう。

 

check-c081人材サービスの大手・リクルートの安定感!

check-c081海外勤務を含む非公開求人 10万件以上

check-c081他を圧倒する転職サポート力

 

⇒無料のリクルートエージェントに申し込む

⇒リクルートエージェントの詳細はこちら

★こちらの記事もおすすめです