近年、日本への観光客でも倍増した中国の好景気を考えると日本でくすぶったまま働くよりも、思い切って中国へ転職したほうがキャリアアップになるのでは?と考える人も多いのではないでしょうか。中国で働くメリット、デメリットや、中国語の必要性、中国の仕事探しで重要な好条件がそろっている転職エージェントについても調べてみました。

中国求人の多い地域と業種・職種内容

中国の求人の多くは、自動車やゴムなどの技術関係会社や、生産管理・営業職が多いです。中国の求人は、地域によって仕事の系統が大きく変わることが特徴です。

例えば首都である北京は行政とのつながりが重視される傾向があります。そのため、中国総代表、地域ヘッドクオーターが多いです。日本企業が多く進出しているのが上海ですが、経済都市でもあるため職種にこだわりはなく、さまざまな業種が集まっています。

実際、求人情報が比較的多いのは上海以南のエリアが目立ちます。広東エリアは生産工場が多いので、管理者としての需要が多い傾向があります。この場所で働きたい!と思って仕事を探すと、かなり限定的になってしまいます。

中国で求人を探す場合、働きたい地域を固定するよりも、どんな職種に転職したいかを絞って探すことをオススメします。

中国で日本人が働くメリット

キャリアアップにつながる可能性大

成果主義の中国は、結果を残せば給料に反映されてそのままキャリアアップにつなげることもできます。例えば、飲食店で働いていたとしましょう。日本ではその月の店舗売上が目標より上回った場合、よくがんばったと褒められても、臨時ボーナスが出ることはほとんどありません。

しかし、中国の場合、売り上げ目標を上回った分だけボーナスとして上乗せしてもらえる所が多いです。これが続くと基本給や待遇がアップすることもあります。外資系企業の場合、現地の中国企業からスカウトされて好条件で転職する人もいます。

将来日本に帰って働くときも、この実績が評価されていいポストにつけることも多いです。

残業が少ない&プライベートが充実

海外で働く最大のメリットは、基本的に定時で帰れることです。企業にもよりますが、現地のスタッフが定時で帰るため日本に比べて仕事の雰囲気がゆるく、自分のペースで自由に仕事ができます。

仕事に集中したい人には物足りなさを感じるかもしれませんが、オンオフがはっきりしているのもメリットです。日本ではなかなか実現できないアフター5が楽しめるため、プライベートが充実します。

中国で働くデメリット

就労ビザの取得が難しい

2017年4月に中国で働く外国人労働者ランクをつけてポイント制度を採用するなど、ビザの種類や取得条件の変更が行われました。申請は複雑化され、必要書類も増えるだけでなく、能力のない人にはビザの審査が下りないため中国の就労ビザの取得が難しくなっています。

レベルが低い外国人労働者を阻止して、中国国内の一般労働者を守るための政策です。そのため以前よりも中国で働きたいと思っても、働けなくなっています。また、ビザの審査にかかる期間が長くなったことで、実際働き始めるまでに所要時間がかかります。

業種によっては給与(賃金)が安い企業もある

中国は物価が安いので、基本的にお給料が安くても暮らすことには困りません。しかし日本と同じ水準を保ったまま中国で暮らしていこうとすると、かなり生活が圧迫されます。

上海の新卒者の月収は約13万円が平均的です。キャリアがあったとしても、上乗せされる金額も微々たるものなので期待はできません。管理職や技術指導などの職種の場合、比較的多くもらえますが、営業系や工場だと期待できないかもしれません。

反日感情がある人もいる

国同士の関係と人同士の関係は別だという人もいますが、中には領土問題に対する反日感情を持っている人も多くトラブルになることもあります。実際中国で生活している日本人も、外で日本語を話すのを控えたり、日本食レストランには行かないなど気を使っている人もいるそうです。

言葉の暴力があることもあります。現地の人と信頼関係をしっかり築けるか?がポイントになります。

大気汚染の問題

日本でもたびたび話題になるPM2.5ですが、中国の場合視界が見えないレベルで大気汚染が問題になっています。空気清浄機を複数台でフル稼働が日常的だとか!

外に出ても、目やのどが痛くなるなどのトラブルが多く、マスクとゴーグルは必需品だとも言われています。慣れるまではかなり辛いでしょう。

中国の経済はこのまま順調か崩壊か?

中国経済は一時期の著しさと比べるとマイナス要因が増えてきたと言われていますが、まだ発展する見込みがあるのではないか?と考えられています。

エンジニアやIT系を始め、工場の管理者職は安定して人気の職種です。しかし、中国の経済状況がずっと順調にいくとは限りません。とりあえずなんでもいいから就職しようとすると、中国経済が崩壊したときに打撃を受けるリスクがあります。中国の企業では朝出社と同時に突然解雇を言い渡されることがよくあります

中国の経済状況をチェックしつつ、少しでも雇用形態の良い転職先をしっかり吟味する必要性があります。その場の条件に飛びつくのではなく、先を見据えながら就職先を決めることがポイントです。結果を残すことができれば、経済状況が悪化したとしても、さらに上の会社にヘッドハンティングされる可能性も十分あります。

中国で求人探しするなら知っておきたい転職事情

中国語がビジネスレベル以上なら中国系企業がおすすめ

中国語に自信があるのであれば、現地の中国系企業でかなり優遇されたポジションにつけることがあります。日系企業の安定感も捨てがたいですが、自分がどこまで通用するのか、チャレンジしてみるのもオススメです。大手企業に限らず、中国企業で働く場合、日常会話程度の中国語は必須条件であることがほとんどです。

英語は話せなくても問題ないですが、キャリアアップを視野にいれた大手企業の転職の場合は、中国語と英語の2か国語が話せるとかなりの武器になるでしょう。中国語がそこまで自信ない場合は、待遇面は平均的なところを選んで、働きながら中国語を習得、のちに転職するのも1つの方法です。

日系企業や外資系企業ならではの安定感

中国経済の項目でも少し触れましたが、中国系の企業は結果次第で評価が上がるため待遇が良い一方、突然解雇されるケースも多いです。

就労ビザや許可証の有効期限は十分にあるのにもかかわらず、勝手に就労許可証の取り消し手続きを進められていたなんてこともあります。そのため、安定性や、突然の解雇ではなく次の仕事までのサポートまできちんとしてもらえる日系企業外資企業の求人に的を絞って探す人も多いです。

中国求人情報を扱うおすすめ転職エージェント

中国での転職活動をするときにオススメなのが、エージェントを使った転職活動です。個人的な就職活動をするよりも好条件で契約ができたり、トラブルが発生したときもしっかり対処してくれます。

求人内容によっては、公開していない案件でも積極的に紹介してくれることもあるので、ぜひ登録してみましょう。

リクルートエージェント


転職サイトの中でも、特に中国求人に強みを持っているエージェントです。職種の種類も多く、比較的給料も高め設定なのがポイントです。中国の現地レポートなどの情報が非常に多く、就職だけでなく生活情報も多くまとめられています。

⇒リクルートエージェントの公式サイト

⇒リクルートエージェントの詳細はこちら

JACリクルートメント

JACリクルートメント
海外の転職でも管理職などハイクラスな部署を中心に求人を多く扱っているエージェントです。専門職なのでお給料はもちろん待遇がいい案件が多く、非公開求人のあっせんもよくしてくれます。

⇒JACリクルートメントの公式サイト

⇒JACリクルートメントの詳細はこちら

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント
外資系企業の求人情報を多く取り扱っているエージェントです。日本に進出している企業も多いので、就職は日本の外資系企業にして、勤務先を海外にできる案件も多いのがポイントです。約80%が非公開求人で海外ネットワークが強いのが特徴です。

⇒Spring転職エージェントの公式サイト

⇒Spring転職エージェントの詳細はこちら

中国転職で年収アップするならビズリーチ


上記のエージェントもオススメですが、特に中国の就職案件や転職に強いサイトはビズリーチです。転職サイトの中でも、企業側からのヘッドハンティング率が高く、国内外の優良企業とのやりとりがあるのがポイントです。

やみくもにスカウトされるわけでなく、履歴書をチェックし審査基準をクリアした人に直接声をかけてくれるのも魅力的です。キャリアアップをねらった中国での転職を目的としている人にオススメなエージェントです。

⇒ビズリーチの公式サイト

⇒ビズリーチの詳細はこちら

まとめ

  • 中国で求人を探すときは【働く地域を絞ると探しにくいので、職種で絞る】
  • 中国での就職・転職は【キャリアアップに繋がるだけでなく、プライベートが充実する】
  • しかしデメリットとして【ビザが取得しにくく、職種によってはお給料が低いこともあげられる】
  • 中国で仕事を探すときは突然の解雇を避けるためにも【そのときの条件に飛びつくのでなく、中国経済の先を見据えた職種を選ぶとよい】
  • 中国企業は高待遇で魅力的だが【安定性を求めるなら日系企業や外資系企業を選ぶ】

中国企業は、結果を残したら残した分だけキャリアアップにつながるので、とてもやりがいが持てます。現地でヘッドハンティングされることも多いのですがその反面、事業が傾き始めると突然解雇されることも多いのが現実です。
そのためにも一番安定している、日本企業の海外部門で中国赴任をねらったり、外資系企業での転職がオススメです。

中国語がビジネス会話並みに話せるという人は、中国系企業に就職すると、かなりの即戦力になり、高待遇が保証されることも多いのでぜひ検討してみてくださいね!

まずは転職エージェントに相談してみることがキャリアアップに繋がる第一歩になるでしょう。