30代保育士が転職で遭遇する現実!転職成功のコツや注意点を紹介

30代_保育士_転職_現実_注意点

ライフステージも変化する30代では、しっかりと腰を落ち着けて働ける職場を探したいと思う方も多くなります。40代になると転職が厳しくなる事を考えれば、最善のタイミングとも言えるでしょう。

そこで今回はそんな30代保育士が転職で遭遇する現実や成功のコツ、注意点、30代におすすめの転職サイトなどをご紹介していきます。

30代保育士の転職の現実は?

30代_保育士_転職_現実

他の業種でも言えることですが、保育士の場合30代は最後の売り手転職のチャンスです

特に保育士の場合は少子化という問題がありながらも需要は非常に高いので、一定の経験を積んでいて子供達の相手をする体力も備わっている30代は、かなりの好待遇で転職をすることが可能です。

女性の場合は40代になると急激に体力が衰え始める上に、長年の保育士経験によって自分なりの保育の方法が出てきてしまうため、転職のハードルが高くなると言われています。

その点、30代保育士は需要が高いので、転職を検討している方にとっては希望条件で採用してもらえるチャンスとも言えるでしょう。

ただし、いくら売り手市場であっても理想の転職ができるかどうかはその方法にかかっているので、ただ求人募集を見て気に入ったところに応募、就職をするのはNGです。

満足出来る転職をするには正しい転職活動と情報収集を実践する必要があります。

30代保育士の転職需要が高い理由とは?

子供からも親御さんからも人気が高いから

20代保育士は子供から一番人気ですが、親御さんからすると自分より若いだけに少々不安な部分もあるという声が聞かれます。

反対に40代のベテラン保育士は子供からすると体力がないせいか人気が低く、親御さんは安心して任せられる反面、保育方針や方法にジェネレーションギャップを感じることも多いようで、残念ながらあまり人気はありません。

その点、30代保育士は保育士としての経験も積んでいて、20代保育士に負けない体力もあるので子供からも親御さんからも人気があります。

近年、保育園や保育施設は待機児童問題があると言ってもさまざまなクレーム問題を抱えているため、子供にも親御さんにも人気が高くクレームも少ない30代保育士はとても需要があるのです。

ベテラン保育士よりも柔軟性がある

即戦力という点で見ればいろいろな経験を積んでいる40代のベテラン保育士の方が転職に有利と思うかもしれませんが、残念ながら雇用する側からするとベテラン保育士は扱いにくいのが実情です。

保育園も一般的な会社と同じである程度は縦社会となるため、園の方針ややり方に従ってもらわないと統率出来ません。

しかし、ベテラン保育士の場合、なまじ経験を積んでいるだけに自分流の保育というものが確立されています。

そのため、園が方針を伝えても反論してきたり従わないということも多く、雇う方からすると敬遠したくなる人材なのです。

一方で30代であれば他の園で働いていたとしても柔軟性があるので方針にも従ってくれますし、40代のように自分の意見を押し通すこともありません。

それでいて20代保育士より経験も豊富なので即戦力にもなってくれますから、こういった点が30代保育士の需要の高さに繋がっています。

現場の適応能力が高い

保育士の経験を積んでいる30代は、現場での適応能力が高いのも需要が高い要因の1つとなっています。

20代保育士ではマニュアルや教えてもらっていない場面に遭遇すると、ついパニックになってしまい現実的な対処が出来ません。

また、40代以上のベテラン保育士の場合だと対処は出来るものの、怒鳴る、体罰などの今の時代だとNGな対処法をしたり、自己流だったりするため後々トラブルになってしまうこともあるようです。

しかし30代保育士であれば慌てることなく、それでいて時代に合わせた対処法を実践できるので、トラブルを未然に防ぐことが期待できます。

さらに指示を仰ぐ必要があればきちんと上に報告してからという報連相の常識も持ち合わせていますから、雇う側としては安心して保育を任せられるため需要が高いのです。

30代保育士が転職を成功させるコツとは?

30代_保育士_転職_成功させるコツ

転職をしようと思っても一歩を踏み出せないという方も少なくありませんが、成功させるポイントを踏まえておけば失敗のリスクは大幅に減らせます。

そこで以下では30代の保育士に知ってほしい転職成功のコツをご紹介します。

希望条件を明確にしておく

転職成功の鍵を握るのは、本当に自分が求める職場や労働条件を自分自身で把握することです。

これが曖昧だったり希望条件がぶれたりすると、成功するはずの転職活動でも絶対に成功しません。

自分はもっとお給料が欲しいのか、労働時間が短いところにいきたいのか、休みを多くしたいのかなど、転職を考えるきっかけがあったはずです。

そこを元に考えることでどういった条件で働きたいのかが明確になってくるので、まずは希望条件を紙でもスマホのメモ帳でも良いので書き出してみてください。

後はその希望条件に優先順位をつけ、それを元に保育士向けの転職サイトなどで検索することで、理想の求人案件をぐっと探しやすくなります。

面接での転職理由はポジティブな内容にする

転職理由は面接の際に必ず聞かれるものです。そのため、事前に説明出来るようにしておく必要があります。

このときに気を付けたいのが、ネガティブな理由だった場合もそれをダイレクトに伝えないことです。

正直に伝えた方が良いと思うかもしれませんが、雇う側からすると身勝手な不満や自我による転職理由で面接に来た人間は採用する気にはなりません。

仮にこちら側には非のない人間関係のトラブルだとしても、人を悪く言うと自分のイメージも悪くなってしまいますし、トラブルメーカーという印象が付けば採用には至りません。

ですので例えネガティブな転職理由であっても、必ずポジティブな内容に置き換えることが転職成功のコツになります。

たとえば人間関係の劣悪さが原因で転職するのであれば、「前職は職員間での連携が取れていなかったので、チームワークのある職場で働きたい」、給与が不満だったのであれば「保育士としてもっとスキルアップしたい」というように、採用担当者がやる気を感じられるような内容にしましょう。

保育士専門の転職サイトを活用する

転職成功の基本のコツとなるのが、保育士専門の転職サイトや転職エージェントを活用することです。

転職サイトで探さなくても求人案件はたくさん見つかりますが、より不満のない条件での転職成功にはエージェントのサポートが必要です。

エージェントはたくさんの転職をサポートしていますから、面接に受かりやすいポイントや条件交渉などのノウハウを持っています。保育士専用の転職サイトのエージェントならなおさらです。

これらのアドバイスをもらえるかもらえないかで、希望の条件に合った転職ができるかが決まると言っても過言ではありません。

特に希望条件もなくどんな労働環境でもいいから転職したいというのであれば、無理に転職サイトを利用しなくても良いでしょう。ハローワークで求人を探せば大丈夫です。

しかし、少しでも理想の条件を満たした職場への転職を希望しているのであれば、転職サイトを利用しましょう。完全無料ですので使ってみて損はありません。

固定概念は捨てること

30代となれば自分で就職活動や転職活動をした経験がありますし、どこかしらで働いた経験もあるので、ある程度の成功体験を積んでいるかもしれません。

そのため、こうすれば転職に成功するという固定概念を持っている方もいますが、成功のためには固定概念を捨てることも重要です。

というのも募集する側の求める人材やスキルは時代によって、また保育士業界の動向によって変わりますから、過去に自己流で成功したとしてもそれが通用するとは限りません。

自分の考えに固執するとそれが足かせとなってチャンスを逃したり、転職成功のポイントを押さえられなかったりする可能性が高くなります。

特に保育士業界の転職は変化が激しい分広い視野で客観的に判断することも大切ですから、固定概念を捨てるのが成功のコツとも言えるのです。

30代保育士の転職におすすめのサイトランキング!

転職を成功させるコツの1つでもある転職サイトを活用するには、転職サイトに会員登録をしなくてはいけません。

会員登録は複数のサイトに出来ますが、たくさん登録すれば良いというものではなく、評価の高いサイトに登録することが重要です。

そこで以下に利用者の評価が高い、おすすめの保育士転職サイトを5つご紹介しますので、その中で自分に合いそうなサイト2~3つに登録することをオススメします。

その上で求人の質やエージェントのサポートの質を比較し、自分に一番合ったサイトで面接などを進めていくと効率が良いです。

1位:ほいく畑

保育士求人専門サイトほいく畑

ほいく畑
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 地域密着なので地方の求人に強い
  • 短時間OKや残業なしの求人多数
  • ブランクあり、未経験OKの求人も多い

福祉専門の人材サービスを行う株式会社ニッソーネットが運営しているほいく畑は、厚生労働大臣認可の保育士就活支援センターです。

ほいく畑の魅力は保育園だけでなく病院内・企業内保育や小規模保育事業、託児所、こども園など豊富な求人案件が揃っていることです。

全国から集められた求人情報を元に、専任のコーディネーターが希望条件に沿った求人案件を紹介してくれるので、30代かつ働きながらでも転職活動を進められます。

キャリアアップ等の相談にものってくれるので、将来を見据えた30代保育士の転職活動もしっかりサポートしてもらえます。

こちらの記事も読まれています

2位:マイナビ保育士

保育士の転職ならマイナビ保育士

マイナビ保育士
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 利用者満足度NO1
  • 首都圏の求人数なら業界トップレベル
  • 面接日程や条件交渉を代理でしてくれる

認知度No1の転職支援サイトとして知られるマイナビ保育士は、全国の保育士求人を網羅しているので、自分の希望条件にマッチする案件をじっくり探せます。

自分のペースで仕事探しをしたい方は求人広告サービスを、アドバイザーと一緒に転職活動したい方は転職支援サービスというように、探し方を自分で選べるのが特徴です。

求人広告サービスはエリアや雇用形態などの希望条件から簡単に求人検索ができますし、直接応募をしてもいいので、転職時期が決まっていない方でも気軽に利用できます。

転職支援サービスでは履歴書の添削や面接対策、勤務条件の交渉などのサービスも無料で受けられるので、働きながら転職活動をしたいという方におすすめです。

こちらの記事も読まれています

3位:保育士WORKER

保育士WORKER(ワーカー)

保育士WORKER
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 保育士からの支持率NO.1
  • 的外れ求人のゴリ押しなし
  • 入社後のアフターフォローが充実

満足度97%、利用者の8割が年収アップに成功という実績を持つ保育士WORKERは、厚生労働省から許可を受けている人材紹介サービスです。

自分で求人案件を探すことも出来ますが、専任アドバイザーに紹介してもらうことも可能です。

転職支援サービスを利用すると応募を検討している求人案件の有給消化率や実際の労働時間や残業、人間関係などの詳しい情報をもらえるので、転職してみたらイメージと違うなど転職後の失敗リスクを減らせます。

絶対に失敗したくない、転職活動はこれで最後にしたいという30代保育士の方は、保育士WORKERに相談してみるといいかもしれません。

4位:ほいく広場

保育士求人専門サイト保育ひろば

ほいく広場
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • アンケートに回答するだけで理想の職場を探してくれる
  • 土日休み賞与年2回などの好条件求人が多数
  • 地方の求人にも対応

転職エージェントを利用したいけど、面談に行く時間がないという方におすすめなのがほいく広場です。

ほいく広場は電話でカウンセリングが出来るので、仕事を辞めずに転職活動をしたいという方でもしっかりサポートしてもらえます。

もちろんキャリアコンサルタントが求人案件を探してくれるので自分で探す時間がないという方もOKですし、キャリアコンサルタントが見つけた求人案件は事前に企業側に打診して、興味を示したところだけを紹介してくれるので、効率よく転職活動が進められます。

早く転職したい、いつまでに転職したいなどの自分のスケジュールに合わせたサポートが受けられるので、退職のタイミングを逃さず理想の職場への転職を可能にしてくれます。

こちらの記事も読まれています

5位:保育士FINE!

保育士の求人・転職なら保育Fine

保育ファイン
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 求人数国内トップレベル
  • 転職すると毎月サポート金が5万円貰えるシンデレラ求人がある
  • 残業なしの好条件求人も多数

首都圏や関西地方の主要都市をメインに全国の求人情報に対応しているFINE!は、保育士の求人情報を専門に扱う転職支援サイトです。

FINE!を運営しているネオキャリアでは、福祉系や医療系などの求人も取り扱っていることから、保育園だけでなく幼稚園や学童指導員、託児所、訪問保育、企業主導型保育所などさまざまな施設形態の求人情報が揃っているのが特徴です。

いろいろな保育を経験したい、保育園以外の施設で保育士のキャリアをアップしたいなど自分の幅を広げたい30代保育士の方が満足できる求人案件が見つかります。

こちらの記事も読まれています

30代の保育士が転職活動をする際の注意点

30代の転職活動はただ求人案件を見つけて応募して、受かればすれば成功する、というものではありません。

直接関係のないようなことのせいで失敗してしまうこともあるので、以下ではそんな転職活動をする際の注意点をご紹介します。

転職活動のために仕事を辞めないこと

転職活動をする場合、膨大な数の求人情報の中から希望条件に合う案件を探さなくてはいけません。さらに案件が見つかったら応募をして、面接日程を調整したり見学に行ったりするので、転職をするには今の仕事は辞めた方が良いと思うかもしれません。

しかし、転職活動をしてもすぐに希望の案件を見つかるとは限らないので、仕事を辞めてしまうと、お金に余裕がなくなる可能性があります。

そうなれば希望条件が満たされていなくても働き始めなくてはいけなくなり、結局転職しても不満だらけという状況になってしまいます。

確かに転職活動は忙しいですが、前述した転職エージェントなどを利用すれば何をしなくても希望に沿った案件を紹介してもらえますし、面接日時の調整もしてくれるので、仕事を辞める必要はありません。

焦って辞めた結果失敗してしまえば転職の意味がなくなってしまうので、在職中の方は転職エージェントを上手く活用してください。

自分だけで転職活動をしないこと

保育士の募集案件はたくさんありますが、自分だけで転職活動をしてしまう求人票の情報だけで転職先を決めてしまう危険性があります。

求人票が希望条件に合ったところであれば問題ないと思う方もいるようですが、実際に働いた場合、求人票と違い労働環境が劣悪だったり条件が守られなかったりすることも少なくありません。

転職は人間関係などが本当に保育士にとって働きやすい職場か、運営者が労働条件を守っているかなど、確認しなければいけないことがたくさんあります。

これらの点を冷静に見極めておかないと、いざ転職しても失敗となってしまうので、転職先を選ぶ際にそれらをチェックをしてくれる転職サイトや転職エージェントで転職活動を進めることが重要です。

コンサルタントのアドバイスを無視しないこと

転職エージェントなどに登録をすると、専任のアドバイザーやコンサルタントが付いて転職に関するアドバイスをしてくれます。

この際に気を付けたいのが、アドバイスを無視することです。口コミを見ているとある通り、一部のエージェントは質が低く、適切なアドバイスをしてくれないのも事実です。

しかし、基本的に転職サイトのスタッフは転職のプロであり、これまで数百~数千人単位の転職を手がけています。

そのスタッフが今までの経験を活かして必要だと判断したアドバイスをしてくれているので、有益そうと判断した場合は無視せず耳を傾けて下さい。

自分では気がつかない転職失敗のリスクを指摘してくれたりもするので、求人案件の紹介だけでなくアドバイスも受け入れましょう。

まとめ:30代保育士は経験を活かして有利な転職を!

転職をするにはちょっと遅いかな、と思われがちな30代保育士ですが、若い人にはない保育士経験とスキルがあるのでむしろ転職のチャンスと言えます。

まだまだ20代に負けない体力も持っていますから、若手より不利ということはありません。とは言え、自分だけで転職活動をすると条件を妥協することになるかもしれません。

せっかく保育士としてのスキルや実績があるので、転職サイトで適切に実績を評価してもらった上でサポートを受けましょう。そうすれば普通にハローワークなどで転職をするより、ずっと好待遇の職場が見つかります。

もともと転職に有利な条件が揃っているので、転職サイトを上手く活用してより納得の出来る転職を目指しましょう。

こちらの記事も読まれています