看護師転職が有利な時期やタイミング!転職しない方がいい時期も解説

看護師_転職_時期

年収アップやキャリアアップを目指して転職を考える看護師の方は多いですが、転職には時期やタイミングが重要です。

同じ職場に転職する場合でも、時期やタイミングによって内定の出やすさが違う場合もあるでしょう。今回の記事では看護師の転職に最適や時期やタイミングについて、詳しく解説をしていきます。

看護師の転職におすすめの時期は?

看護士 転職 時期

冒頭にも説明した通り、今回の記事では看護士の転職に最適な時期やタイミングについて解説していきますが、まずは最適な時期から説明していきます。

冬のボーナス支給後~3月までが一番おすすめ

看護師の転職において、最もおすすめで代表的なのが冬のボーナスを貰った後から、3月頃までの時期の転職です。

転職するという事は今の会社を退職する事になりますが、退職の際にはボーナスを貰った後の方が良いでしょう。

退職を考えている多くの方が同じように考えているので、ボーナスの支給直後はどこの病院でも退職が増える傾向にあります。

そのためボーナス支給以降は求人が増える傾向にありますが、4月に近くなるとどこの病院も新卒の準備に忙しくなり転職の採用は落ち着くでしょう。

そのため冬のボーナス支給後~3月頃までの期間は、転職に向いている時期と言えます。

夏のボーナス支給後~10月までもおすすめ

同じように夏のボーナス支給後も退職者が増える傾向にあるので、転職には向いている時期と言えるでしょう。

ただし7月や8月はどこの病院も夏季休暇に入るので、どうしても採用活動が落ち着いてしまう場合があります。

そのため冬のボーナス支給後程は採用が活発ではない点には注意しましょう。

一方で新卒が多く入ってくる4月と違って、10月に新卒は入社しません

そのため同じように年度の初めである10月になっても、比較的転職の求人は減らない傾向にあります。

また入社後の研修なども新卒のいない10月の方が手厚い傾向にあるので、この時期も転職にはおすすめです。

経験年数別の看護師転職におすすめのタイミングは?

看護師 転職 時期 経験年数

看護師として新卒で入社した後、何年目のタイミングで転職するのが良いでしょうか。転職に最適なタイミングを紹介していきます。

5年~10年目のタイミングがベスト

転職にベストなタイミングが、5年目~10年目です。

この年次での転職がベストな理由は、一人前として自立出来る程度の経験を積んでおり、かつまだまだ年齢的に若い事が理由と言えるでしょう。

新卒と違って転職で応募する中途採用枠は、応募する企業や病院側も即戦力の人材を期待している場合が多いです。

そのため経験の少ない年次よりは、5年以上看護師として経験している方の方が即戦力として期待出来ます。

経験をより多く重ねている方の方が即戦力として期待出来ますが、やはり採用側としては長く勤務してくれる人材を雇いたいという気持ちもあります。

そのためどうしても20代後半~30代前半の方が、内定を勝ち取りやすいのも事実です。

このように看護師として独り立ち出来る経験を持ちつつ、長く勤務出来るポテンシャルも持っているのが5~10年目と言えます。

この年次での転職が採用側にとっては魅力的なので、転職には一番おすすめのタイミングと言えるでしょう。

第二新卒枠を活用できるタイミングもあり

次におすすめのタイミングが、第二新卒と言われる3年目ぐらいまでのタイミングです。

第二新卒には明確な基準はありませんが、入社後~3年目頃までの転職者を指す場合が一般的です。

この年次は独り立ちできるほどの経験はありませんが、新卒同様に高いポテンシャルを秘めています。

第二新卒は高いポテンシャルを秘めている一方で、一定の社会人経験を有しているのが特徴で、最低限のビジネスマナーは身に付けていると言えるでしょう。

つまり採用する企業側からすれば、新卒を採用するよりも当初の導入研修を省略しつつ、他社での色が付いていないポテンシャルの高い人材を確保出来るのが第二新卒の魅力です。

第二新卒は多くの企業や病院が力を入れて採用しているターゲットなので、このタイミングでの転職もおすすと言えるでしょう。

パワハラ等がある場合は新卒直後のタイミングもOK

ここまで説明してきたように転職では即戦力や一定の社会人経験が求められるので、一定期間の就業経験が必要になってくる場合が多いです。

つまり入社後すぐのタイミングでの転職では、単に我慢の出来ない人物と見られてしまいがちですが、パワハラ等の特殊事情がある場合は新卒直後のタイミングでも問題ありません。

パワハラなどで職場環境が良くなかった事を説明すれば早い退職でもマイナスにはなりませんし、何より悪い環境で我慢して働くのは精神的にも良くないでしょう。

無理して続けて体調を壊してしまっては元も子もないので、このような場合はすぐに転職しても大丈夫です。

月別の看護師の転職おすすめ度

看護士 転職 タイミング

先程転職の時期としては冬のボーナスから3月頃までがおすすめと説明しましたが、月別にみると転職のおすすめ度は違います。

勤務先の都合によっても転職の時期は変わりますが、出来るだけおすすめ度の高い時期に転職する方が良いでしょう。

1月

  • おすすめ度:★★★★★

転職におすすめの時期は冬のボーナス支給後ですから、逆に言えば1月頃には多くの病院で転職による退職者が出始める時期と言えます。

そのためこの時期は人手不足になっている病院も多く、比較的求人も多くなり転職しやすい時期と言えるでしょう。

1年の始めりという事で区切りも良く、転職にはおすすめの時期と言えます。

しかし病院によっては人手不足が原因で、十分な教育や研修が受けられない可能性がある点には注意しましょう。

2月

  • おすすめ度:★★★★

1月に引き続き人手不足感の強い時期であり、またこの時期から3月末の退職報告がどこの病院でも増えてくる時期でしょう。

そのため1月同様に求人も多く、また内定も取りやすい時期と言えます。

ただし病院によってはこの時期から4月の新卒採用の準備に入るので、中途採用の活動が鈍ってしまう場合もあります。

3月

  • おすすめ度:★★★

3月は多くの企業や学校が年度末としているので、家庭環境が変わりやすい時期でもあり、そのため3月末での退職者はどこの病院でも多いでしょう。

3月末で退職するとなると、3月の上旬から中旬から有給消化に入る方も多いので、人手不足感はより強まる時期でしょう。

しかし4月になれば多くの病院でたくさんの新入社員が入社するのでその準備にも忙しく、中途採用の活動も鈍る病院も多いでしょう。

そのため1月や2月に比べると、転職のおすすめ度は落ちます。

4月

  • おすすめ度:★★

4月は多くの病院で年度の始まりの時期でもあり、転職するには良いタイミングと言えますが、この時期はどこの病院でも多くの新入社員が入社します。

そのため新入社員の受け入れや、教育・研修で忙しく中途入社の採用は少ない時期と言えます。

しかし予定通りの新入社員を確保出来なかったりした病院などでは、転職者の求人がある場合もあります。

ただしこの時期は家庭の事情などで3月末に退職した転職者が仕事を探し始める時期でもあり、ライバルが多い時期でもあると言えるでしょう。

5月

  • おすすめ度:★

5月は4月に引き続きどこの病院でも新入社員の教育に力を入れており、転職には向かない時期と言えます。

4月に予定通りの人員を確保出来なかった病院の求人も、この時期になると更に減って来る傾向にあります。

また5月にはゴールデンウィークがある事もあり、中途入社の採用活動は4月以上に落ち着いてしまう時期と言えるでしょう。

6月

  • おすすめ度:★★★★

6月は夏のボーナスの時期なので、ボーナスを受け取った後に退職する看護師が増えてくる時期です。

そのため病院によっては人員不足が発生し、求人が徐々に増えてくるでしょう。

また4月5月と忙しかった新入社員の研修も、この時期になると落ち着いてきます。

4月に入社した新入社員も徐々に慣れ始める一方で、合わずに辞めてしまう方が出る時期でもあります。

このような事情から6月は中途採用の活動が動き始める時期でもあり、転職活動もしやすくなるでしょう。

7月

  • おすすめ度:★★★

6月に引き続き7月も夏のボーナス支給後の退職によって、求人が出やすい時期です。

しかし一方でこの時期から交代で夏季休暇に入り始める時期であり、病院によっては採用活動が鈍り始めます。

7月の後半になるほどその傾向が強くなるので、7月の転職を目指す場合は出来るだけ前半に行うようにしましょう。

8月

  • おすすめ度:★★

7月の後半から8月にかけては、交代で夏季休暇の時期になります。更にパート看護師や派遣看護師の方は子供の都合などで出勤日数を減らす時期でもあるため、多くの職場で一時的人手が足りなくなります。

そのため中途入社の採用としては、鈍くなる時期でしょう。

どこの病院でも人手が足りていないので、この時期に入社すると十分な教育や指導を受けられない事が多いです。

求人も少なく病院側の受け入れ体制も整っていないので、転職にはあまり向かない時期でしょう。

9月

  • おすすめ度:★★★

9月は多くの病院や企業で上期(半期)の年度末になるので、3月末に次いで退職者が増えやすい時期になります。

そのためこの時期になると求人は増え始め、また3月と違って新入社員の受け入れ準備もないので比較的中途入社の採用には積極的に動ける病院が多いです。

また夏季休暇も一巡でしているので、人員体制も落ち着いており中途採用向けの教育もしやすいと言えるでしょう。

10月

  • おすすめ度:★★★★

下期のスタートとなる10月は、転職には向いている時期です。新入社員が多く入る4月と違って、中途採用者向けの教育や研修制度が充実しているのもこの時期の特徴と言えるでしょう。そのため転職で入社するには、4月よりも10月の方が向いています。

11月

  • おすすめ度:★★★

11月は10月に入社した看護士の方達の教育や研修に力を入れている病院が多いので、やや求人は減少する傾向にあります。

しかし一方で12月は冬のボーナスの時期であり、ボーナスを受け取った後の退職を見越してこの頃から求人を始める病院もあるでしょう。

12月

  • おすすめ度:★★★★

12月は冬のボーナスを受け取った後の退職が増えるので、この時期から1月にかけて多くの病院で人手不足になり、求人が増え始めるでしょう。

10月に入社した方達の教育や研修もこの時期には落ち着き始めるので、中途入社の採用活動に力を入れ始められる病院が多くなる時期です。

そのため12月から1月にかけては病院側の採用意欲も高く、また求人が増え始める転職にはおすすめの時期です。

しかし12月は後半になると年末に向けて忙しくなり、採用活動が止まってしまう事もあるので、12月の転職の際には早めに動く方が良いでしょう。

看護師転職におすすめの時期やタイミングは施設でも異なる

ナース 転職 タイミング

今回の記事では看護師の転職に最適な時期やタイミングについて説明して来ましたが、転職のタイミングは転職先の職場によっても違います。

看護師の転職先と言えば病院が多いですが、同じ病院でも総合病院と個人病院ではタイミングも違うでしょう。

ここでは転職先の施設毎のおすすめのタイミングを紹介して行きます。

総合病院や大手病院

総合病院や大手病院の場合は人員も多く、人事部などの組織がしっかりとしているので採用も計画的に行われます。

中途入社の採用が増えるのは4月や10月などの年度の初めや、退職者の増えるボーナス支給後の6月や12月あたりが多いと言えるでしょう。

採用のプロセスも新卒と同様に複数回の選考を経て行われるので、選考に時間がかかる傾向があります。

そのため入社月の2~3ヶ月前に求人が出る場合が多いので、総合病院のような規模の大きな病院への転職を目指す場合には、4月入社なら1月頃から、10月入社なら7月頃から動き始める必要があります。

個人病院やクリニック

個人病院やクリニックのような規模の小さい病院の場合は、定期的な採用を行うというよりは欠員が出た場合に求人を行う事が多いです。

そのため年度を通じてどの時期でも求人が出ている可能性がありますが、逆に言えば就職したい職場があったとしてもどのタイミングで求人が出るかは分かりません。

そのためもし特定の職場を狙って転職をしたい際には、常に求人をチェックしておく必要があるでしょう。

また大きな病院と違って採用プロセスが早い事も特徴で、院長との面談1回で採用が決まる事もあります。

そのためスピード転職を目指している方にはおすすめです。

訪問看護師

利用者の自宅へと訪問して医療処置やケアをする訪問看護も、看護師の転職先としては多いでしょう。

訪問看護の場合はステーションの規模にもよりますが、比較的求人が多いので随時転職は可能ですが、特に多くなるのがボーナス支給後の1月や7月です。

採用プロセスも大手総合病院ほど長くはなく、1~2か月程度の場合が一般的です。

そのため訪問看護への転職を目指すのであれば、前年の10~12月か5~6月頃から動き始めるのが良いでしょう。

しかしこの時期以外でも比較的求人が多いのも特徴なので、自分のペースで活動を初めても転職は可能です。

派遣看護師

看護師として働くには、派遣看護師という選択肢もあります。派遣看護師は出社日数や時間を調節出来たりと比較的自由なので、プライベートを大事にしたい方にはおすすめの働き方です。

派遣看護師の場合は、その時求人のある職場に派遣されるのでいつでも転職しやすいのが特徴と言えるでしょう。

そのため派遣として働く場合は特に時期を気にする必要がないとも言えますが、派遣の要望が増えるのはやはり4月や10月の年度初めが多い傾向にあります。

このタイミングを逃さないようにするには、1ヵ月前の3月と9月には派遣会社に登録をしておくと良いでしょう。

看護師の転職活動開始のタイミングは「転職したい月」の3ヶ月前

派遣 転職 タイミング

ここまで看護師の転職の最適なタイミングや時期について説明してきましたが、転職の時期を考えるには選考にかかる時間を逆算して動き始める必要があります。

例えば4月に転職したいのであれば、4月から動き始めたのでは間に合いません。

4月入社の求人は4月よりも前に募集されるので、そのタイミングを逃さないように動き始める事が重要です。

選考にかかる期間は職場によっても違いますが、概ね1~3ヶ月程度と考えておきましょう。つまり最低でも転職したい月の3ヵ月前には動き始める必要があります。

転職する際には転職サイトやエージェントを利用するケースが多いので、遅くとも転職したい月の3ヵ月前には登録するようにしましょう。

利用する転職サイトに迷った方は、後ほどおすすめの転職サイトを紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

看護師転職で何月から働けるか聞かれた時の回答例

派遣 転職 タイミング

転職活動の採用プロセスが進んで行くと、「何月から働けますか?」と聞かれる事があります。

こう聞かれると内定は決まったと考えても大丈夫な場合が殆どですが、何と答えるべきか迷った方も多いのではないでしょうか。

出来るだけ早く働けると言った方が良いような気もしますが、退職の手続きもあるので少し時間が欲しい、というのが多くの方の本音だと思います。

このように聞かれた際の回答例を紹介します。

【回答例】
もし内定をいただけるのでしたら、1ヶ月半ほどお時間を頂きたいと考えています。

出来るだけ早く御社に入社して、仕事を覚えたいと考えておりますが、今の職場の退職手続きのため、お時間を頂戴したいです。

内定をいただいた際には、すぐに上司と退職日程を交渉したうえで、入社可能日をお伝えいたします。

ポイントは出来るだけ早く入社をしたいという事を伝えつつも、退職の期間が欲しい旨を言う事です。

上記の回答例では1ヵ月と言っていますが、2か月ぐらいまでであれば待ってもらえる場合が多いでしょう。

ただし現在仕事をしていない場合の転職であれば、模範解答例は違ってきます。退職の準備期間は必要ないのですぐにでも働ける旨を伝えましょう。

ここで変に期間を長くとってしまっては、本当に転職する意思があるか疑われてしまうので注意しましょう。

看護師の転職時期でよくある質問

看護師 転職 タイミング

看護師の転職には時期やタイミングの見極めはとても重要になるので、今回の記事を読んでいても疑問点も多いでしょう。

ここでは看護師の転職時期に関する良くある質問を紹介するので、転職の際の参考にして下さい。

大手や大学病院の主な採用スケジュールは?

看護師の転職の中でもやはり人気が高いのが、大手病院や大学病院などの大病院です。大きな病院は採用も計画的に行っているため、採用プロセスにも時間がかかる事は先ほども説明しましたが、具体的な採用スケジュールはどのようになっているでしょうか。

例えば、4月入社の場合の採用スケジュールは下記のようなケースが一般的です。

  1. 前年10月~12月→事前準備や転職サイトへの登録
  2. 前年12月~本年1月頃→求人情報への応募
  3. 2~3月→採用の選考・内定
  4. 3月→内定後、退職手続き
  5. 4月→入社

つまり4月入社を目指すのであれば、どんなに遅くとも3ヶ月前の1月には求人に応募する必要があります。

更に逆算すると1月に求人へ応募出来る状態にするためには、前年の10~12月には転職について考えたり、転職サイトに登録するなどの事前準備が必要でしょう。

このように大手総合病院は採用に時間がかかるため、落ち着いて転職活動をするためには半年前から準備しておく事がベストと言えます。

先ほど紹介したように3ヶ月前でも間に合わなくはないですが、大手病院の場合はとにかく早めの準備がポイントです。

面接は何月に行われることが多い?

看護師の転職で面接が行われる事が多いのが、3月・6月・9月・12月でしょう。

ここまで説明してきたように看護師の転職で求人が増えるのは、年度初めの4月と10月、ボーナス支給後の7月と1月です。

この時期に採用が増えると考えると、面接が増えるのはその1ヵ月前の3月・6月・9月・12月になります。

ただしこれは一般的な事例なので、転職先の職場の規模や施設によっては面接の時期は変わります。

看護師は特殊なスキルを持った専門職なので、一般企業の転職活動とは大きく採用プロセスや面接スケジュールが違う事は認識しておきましょう。

求人はどんな風に探せばいい?

看護師が転職する際には、病院の求人情報を検索するのがオーソドックスな方法ですが、求人情報を探すにはどのようにすれば良いでしょうか。

求人情報を自分だけで探すとなるととても大変なので、おすすめなのは転職サイトを活用する方法でしょう。

転職サイトやエージェントを利用すれば、自分の希望にあった求人を常に紹介してくれます。自分で求人を探すには限界があるので、このように転職サイトを活用するのが一番良い求人の探し方でしょう。

ハローワークなどを利用するやり方もありますが、ハローワークは求人の質が低いというデメリットがあります。

ハローワークと同様に無料で利用出来るにもかかわらず、求人の質が高いのが転職サイトの特徴なので、求人を探す際にはぜひ利用すると良いでしょう。

看護師の転職におすすめのサイトやエージェント

看護師 転職 タイミング

看護師に限らず、転職の際には転職サイトやエージェントを利用する事でスムーズに転職活動を進める事が出来ます。

しかし転職サイトにはたくさんの種類があるので、どのサイトを利用すべきか迷ってしまう方も多いでしょう。ここでは看護師の方におすすめの転職サイトを紹介していきます。

看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事はIT系の人材分野で実績のあるレバレジーズという会社が運営しているサイトで、看護師特化のサイトでは大手と言える転職サイトです。

求人数が多いのが看護のお仕事の特徴ですが、数が多いだけではな、一つ一つの求人の質が高い事も人気の理由の一つです。

各医療機関とのパイプが深いので、面接などの選考対策は個別の企業毎の特徴を踏まえたうえで、的確にアドバイスが貰えるでしょう。

このように看護師での転職を目指している方であれば、ぜひ利用して欲しいおすすめ転職サイトです。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 代わりに給与や夜勤回数などの待遇交渉をしてくれる

マイナビ看護師

マイナビ看護士

新卒の就職支援で有名なマイナビが運営しているのが、マイナビ看護士です。

マイナビは就職支援業界では大手の企業なので、病院だけでなくたくさんの企業と独自のパイプを持っており、非公開の求人が豊富にある事がメリットと言えるでしょう。

またマイナビは全国に拠点を持っており、地方部での求人も数多くあるのも特徴と言えます。

更にマイナビ看護士は担当のコンサルタントが優秀な事も特徴です。大手ならではの洗練されたクオリティの高いサポートをしてくれるのがマイナビ看護士の特徴とも言えるでしょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 80,000件を超える求人あり
  • 面接対策や書類添削サービスが無料
  • 給与などの条件交渉を代理してくれる

看護roo

看護roo

最後に紹介する看護rooは求人を紹介しているだけでなく、看護師の現場で役立つ知識の発信や、交流が出来る掲示板などのコンテンツを展開している看護師の総合メディアです。

サービスの一つとして、転職サイトがあるという特徴的なサービスと言えるでしょう。

ただし転職のサポートは手厚く、面接の同行や、給与などの自分では言いにくいような交渉も積極的に行ってくれます。

転職者の要望をきめ細かく聞いてくれて、的外れな求人を紹介する事が少ない事も特徴と言えるサイトです。

看護師の求人・転職情報サイト看護roo

看護roo
年代20代~40代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員
対象エリア全国
業界医療専門職その他
ポイント
  • 高給与・好条件の求人が多数
  • 病院求人は業界でもトップレベル
  • 事前に内部情報を提供してもらえる

看護師の転職時期まとめ

看護師 転職 タイミング

今回の記事では看護師の転職の時期やタイミングについて詳しく紹介してきました。

看護師の方が転職するには、冬のボーナス支給後から3月までが一番のおすすめ時期と言えるでしょう。

しかし転職先の職場によっては最適なタイミングは違うので、慎重な判断が重要になります。

また年次で言えば5~10年目での転職がおすすめと言えますが、職場環境によっては入社後すぐの転職であっても問題ありません。

今回の記事ではおすすめの転職サイトも紹介しているので、転職を考えている看護師の方はぜひ参考にして下さい。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 代わりに給与や夜勤回数などの待遇交渉をしてくれる
人気BEST 15看護師転職サイトランキング