看護師の転職が成功する時期はいつ?逆に転職しない方が良いタイミングも解説

看護師_転職_時期

看護師にとってベストな転職タイミングは、その特性上時期で左右されることが多いです。また勤続年数によっても異なってきます。

そこで当記事では看護師の転職でベストな時期を紹介するとともに、上手く転職をする方法も解説していきます。

看護師の転職のベストタイミングは時期で左右される!

看護師_転職_時期_タイミング

看護師に限らず、新卒ではない中途採用は、企業が人材を欲しがっているときに行われます。つまり、需要と供給のバランスで供給の方が多ければ、当然待遇も普通ですし、雇用条件も厳しくなります。

一方需要の割合が大きければ、人材を確保するためにいつもより待遇を良くしたり、雇用条件も応募したりしやすいように緩和されます。

つまり、転職するべき時期として重要なのは、いかに高待遇で転職ができるタイミングかを見極めることです。

たとえばベテラン看護師が退職しやすい時期や、若手看護師が相次いで結婚や妊娠で辞めてしまう時期を狙えば、病院側は早急な人員確保が必要なので高待遇の求人が出ることもあります。

看護師の転職が成功する時期はいつ?

確実なのは求人募集が増える4月と10月

もっとも求人募集が充実しているのが、新卒採用や中途採用が増える4月と人事異動がある10月です。

厳密に言うと新卒の場合は4月前に内定が決まりますが、中途採用の場合は良い人材が見つかるまで募集を続けるので、4月であっても十分に高待遇の求人案件を見つけられるでしょう。

10月は国立病院や大学病院など病床数や科目数が多い医療機関では職場内での人事異動が始まります。このとき、ただ人事異動をするだけではなく、各部署で人が足りているか、業務に適した看護師が不足していないかをチェックします。

その際、看護師の補充が必要となることが多いため、10月にも求人数が増えるのです。求人が多ければそれだけ好条件の求人の割合も増えますので、転職時期としては無難に間違いないでしょう。

ボーナス配給後の1月と7月

一般的に退職は、ボーナスをもらってからというのがスタンダードです。

そしてボーナスの配給後は看護師の退職者が増えてしまうため、人手が一気に不足してしまいます。つまり、急募の好条件求人が出るチャンスです。

一般的にボーナスが支給されるのは12月と6月ですから、冬であれば11月後半から12月、夏であれば6月後半から7月に求人募集が増加するのです。

ちなみに正規職員で働いているのであれば、自分もボーナスをもらいつつ好条件の別病院に転職できると言うメリットもあります。

転職活動は単に求人を探して応募するだけではなく、退職のタイミングの調整や上司への退職の申し出などいろいろとやることがあるので、事前に転職サイトに相談して、転職に関する段取りのアドバイスをもらいながら進めましょう。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • サポートが充実している
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

長期休暇で辞める人が多い9月

イレギュラーですが、8月9月は思い切って長期休暇を取る看護師が多くなります。

家庭を持っている人はお盆休暇などで家族と旅行に行くこともありますし、独身の人でも友達に合わせて休みを取る人が多いので、そのタイミングで退職をする人は少なくありません。

ただ、長期休暇を取ることで職場を辞めてしまう人が多い=あまり待遇が良くなかったり、労働環境が他の職場よりもきつい可能性があったりするので、募集があっても安易に飛びつくのはおすすめできません。

病院の内情に精通している転職サイトを活用すれば、単に退職者が出て求人募集を出しているのか、待遇や労働環境のせいで看護師不足になっているかが分かるので、9月に求人が増えるタイミングで転職を検討している場合は、先に転職サイトに相談してから応募を決めるのが無難です。

【2020最新】看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!21社の口コミや選び方を徹底紹介

逆に看護師で転職しない方が良い時期はいつ?

年度末で忙しい3月

3月は4月の初年度に向けて新卒採用や中途採用が始まりますが、医療機関は年度末に入りますから、どうしても中途採用のフォローが手薄になってしまいます。
教育制度の適用やフォローアップシステムは新卒看護師がメインになるので、未経験の科目や今までの職場よりも規模の大きい病院への転職は控えた方がベストです。

特に中途採用は経験者として扱われますから、よく分からない業務であっても説明を十分にしてもらえない可能性があります。

適応力が高く、ある程度の看護師経験を持っている人であれば何とかなるかもしれませんが、自信がない方は新しい仕事や職場に慣れるまでに相当苦労するかもしれません。

3月は他の月よりは求人募集は増えますが、転職に適しているとは言えないです。次の4月まで待ったほうが良いでしょう。

新卒看護師が多い5月

5月はもともと求人数が少ないので、希望条件を満たしている求人を探そうとしてもなかなか見つかりません。

また、募集している求人があるとしてもこの時期は新卒看護師が多いため、そのフォローのための中途採用をする医療機関が増えます。

看護師長など役職付きの条件で看護師を指導するのであればやりがいもありますが、一般の看護師として働くとなると、慣れない職場で新人のフォローをするのはとても大変です。

また、フォローは出来るとしても役職付きでなければ手当はありません。特に需要が高い時期でもないので、待遇に関しても良くはないことが大半なので、この時期に転職をしてもあまりメリットはないでしょう。

年末年始が絡む12月

年末年始が絡む12月はボーナスが支給されてから突然辞めてしまう人がいたり、大晦日から三が日にかけてのシフトが埋まらなかったりするせいで、他の月と比べると若干求人が増える傾向にあります。

しかし、退職に際してしっかり相談して円満退職をせず、ボーナスだけ貰って段取りも踏まず辞めてしまう看護師がいるということは、それだけその職場に未練がないということです。

つまり、その職場の環境は良くない可能性があります。もしかしたら、退職の意思を伝えても受け入れられなかったのかもしれません。

また、シフトが埋まらず募集を出しているのであれば、そこに就職した途端に年末年始のシフトに組み込まれてしまう可能性があります。

いずれの場合でも入職したらかなりハードな勤務状況になるのは目に見えているので、この時期の転職は避けた方が無難です。

特に「急募」となっていたり、入職祝い金など一時金を出していたりするところは、働き始めてから後悔することが多いので注意してください。

1月になれば募集が増えますし、年始になってから募集をしている医療機関であれば極端に看護師が不足しているわけでもないので、安心して働けるでしょう。

補足:退職理由によっては転職時期を選ばなくてOK

キャリアアップのための退職の場合

もしキャリアアップを狙っていて、今の職場ではこれ以上学べることがない、というのであれば時期を選ばず転職をするのがベストです。

人によっては「今の職場でもう少し続けた方がよいかもしれない」と悩むかもしれませんが、業務が一通りこなせるようでしたら、どんなタイミングであっても転職をするのがおすすめです。

看護師は1日ごとに経験を積みますから、たとえば転職を3ヵ月ためらってしまったら、別職場で積み上げられた約90日分の新しい知識を吸収出来なかったことになります。

早くキャリアアップをすれば良いというものではないですが、同じ場所に留まっていても学びがないのであれば将来の収入にも繋がりません。

また、キャリアアップを狙った転職は採用側の対応も変わることが多く、医療機関によっては掲載している雇用条件以上の待遇を提示してくれることもあります。

いずれにしても、キャリアアップを目指している方の転職はどの時期でも不利になることはありませんから、専門性の高い病院や未経験の科目などキャリア形成に役立つ職場で1日も早く働きはじめましょう。

看護師のキャリアアッププランまとめ|役立つ資格や年収アップの方法!

どうしても我慢できない不満による退職

上司や先輩看護師に教育ではなく明らかなパワハラを受けている、患者のセクハラを訴えても配置換えをしてもらえない、キャリアアップの勉強をしていると邪魔をされるなど、こちらにまったく非がなく、どうしても我慢できない不満がある場合は、転職の時期を選んでいる場合ではありません。

その職場で我慢をし続けたら、いずれはうつ病になるなどメンタルが崩壊してしまいます。ただでさえ看護師は体力的にも精神的にも負担が大きい仕事です。

そこに職場の悩みが重なってしまったら耐えきれなくなってしまいます。実際、職場の環境のせいで看護師が続けられなくなったという人も少なくないので、我慢をするのは止めましょう。

時期によっては待遇が悪い求人しか見つからないかもしれませんが、この場合はひとまず待遇よりも職場の環境や人間関係の方が重要です。

環境や人間関係に関しては、転職に成功しやすい時期は関係ありませんから、事前に転職サイトで内部情報を調べたり、エージェントに調査してもらえば問題ありません。

とりあえず人間関係が回復した後に、待遇に関する不満があればタイミングを見計らって転職をすればいいだけです。

取り返しのつかないことになる前に今すぐ転職活動を始めてください。

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 月給40万↑の優良非公開求人が多数
  • マイナビの知名度に恥じない求人数
  • 離職率の高い病院やブラックは紹介しない
マイナビ看護師の評判!利用者の口コミから分かる日本最大級の転職サイトの秘密

退職して転職活動をする場合

転職の時期を気にする必要があるのは、現在働いている人だけです。

求人募集の中から希望条件に合う案件を見つけるのは想像以上に時間がかかりますから、仕事と並行して行うには待遇の良い求人募集が増える時期を見極める必要があるからです。

しかし、既に退職をしているのであれば、特に時期を気にしなくても大丈夫です。確かに待遇の良い案件が増える時期はありますが、その時期じゃなければ求人募集すべての待遇が悪いということではありません。

転職活動に時間がかけられるようでしたら焦る必要はないので、自分の希望条件に合った求人が見つかるまでじっくり探すことができます。

そのため、退職して時間がある方は時期に関係なく求人情報を綿密にチェックしながら、自分の希望条件により近い案件を探してください。

看護師の転職成功は時期だけじゃなく経験年数によっても変わる!

転職の成功に大きく関わるのは時期ですが、もう一つ関わってくるのが看護師の経験年数です。

いくら需要が多い時期であっても、採用する側にとって雇いやすい経験年数があるので、それに適していればより採用されやすくなります。

もしあと少しで採用されやすい経験年数になるのであれば、我慢してタイミングを待った方がよいケースもあるかもしれません。

第二新卒を狙えば成功しやすい!

もし、新卒で就職したもののどうしても職場に馴染めない、仕事がつらいという場合は早めに転職を検討した方が良いでしょう。

一般的に新卒雇用ですぐに転職をするのはマイナスなイメージが付くように思えるでしょう。しかし、最近は看護師でも第二新卒を募集している医療機関が多いのでスムーズに転職できます。

第二新卒とは?

第二新卒とは、学校を卒業した後で1度就職をし、短期間で転職する人のことをさします。

看護師で第二新卒の募集がある理由は、看護の仕事がきつく辞めてしまった人でも優秀な人材がいる可能性があるからです。

新卒の場合、看護の世界が思い描いていたのと違ったり、想像以上に仕事がハードだったりすることで心が折れてしまい、退職してしまう人が多い傾向にあります。

第二新卒は病院側も狙っている

しかし、そういった人材でもフォローをしながらしっかり研修すれば一人前の看護師として戦力になってくれることもあるので、第二新卒の募集を行う医療機関は少なくありません。

採用側もすぐに辞めたことを理解したうえでの募集なので、退職理由に悩むこともないため、新卒や1年目であっても不利にならない第二新卒を狙って転職活動を始めましょう。

看護師を辞めたいと思った時の転職準備!1年目から3年目までの退職Q&A

経験年数5年目は柔軟性が評価される

看護師の経験年数が5年目の方は、時期を気にしなくても希望条件に沿った転職が可能です。

その理由は看護師としてのスキルや知識を一通り身につけているので即戦力となれること、そして長過ぎない経験数ならではの柔軟性です。

スキルや知識、経験値だけで見れば5年目の看護師より10年目、10年目の看護師より15年目の方が豊富です。しかし、看護師経験が長いとどうしても自己流の看護になってしまったり、周囲との協調性に欠けていたり、実績と自信のせいで周りに馴染みづらい印象があるのです。

その点、5年目であればまだまだ先輩看護師の指導や注意も聞き入れる柔軟性がありますし、下手なプライドもないので若手の看護師とも上手くやっていけるイメージがあります。

これ以上の経験数になってしまうと、専門的な技術や特殊な科目の看護などのスキルが求められるようになるので、5年前後の方は今が転職のチャンスです。

経験年数10年以上は即戦力として採用される

経験年数10年以上ともなると、転職するにはそれなりの理由があるので、希望条件によっては転職のハードルが高くなることもあります。

たとえば新しいスキルを身につけたいという転職理由の場合、指導する看護師が年下の可能性もありますから、年上で経験を積んでいる看護師となると指導しづらいという理由で断られてしまうことがあります。

看護師の転職理由ランキング|面接での注意点や突破できる回答例も紹介

しかし、基本的に中途採用は即戦力となってくれる人を求めていますから、職場の選び方によっては不利になることはありません。

10年以上であればベテランの域に入りますから、若手ばかりの職場や中堅看護師が退職してしまって困っている職場であれば、好条件での転職も可能です。

こういった求人は、時期に関係なく掲載されるものなので、10年以上の経験があって転職を検討しているのであれば、見逃さないようにすぐに転職活動を始めるのがおすすめです。

働きながら求人募集を探すのは厳しいかもしれませんが、転職サイトに希望条件を伝えておけば、条件に適した求人募集がでたら紹介してくれるので活用するのも良いでしょう。

看護師の転職が成功する時期まとめ

看護師が転職に成功しやすい時期はケースによって様々ですが、基本的には4月と10月を目安にしておけば間違いないでしょう。

ただ転職活動は自分で進めてしまうと良い求人を見逃したり、申し出が上手くできず思った時期に退職出来なかったりということも少なくありません。

こういった失敗をしないためにも、退職や転職のサポートを無料で行ってくれる転職サイトのエージェントを利用するのがオススメです。

看護師の転職におすすめのサイトランキング

1位:業界大手で人気NO.1の看護のお仕事

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 転職サポートが充実している
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/
※東京都の○○と出てくる場合がありますが、全国に対応しています。

2位:実求人数No.1のマイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 月給40万↑の優良非公開求人が多数
  • マイナビの知名度に恥じない求人数
  • 離職率の高い病院やブラックは紹介しない
マイナビ看護師の評判!利用者の口コミから分かる日本最大級の転職サイトの秘密

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

3位:全国に拠点のあるナースパワー

ナースパワー人材センター

ナースパワー_広告
年代20代~50代 雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国どこでも
業界医療専門職その他
ポイント
  • 独自の応援ナース制度が大人気
  • 転職サイトでは珍しく全国16箇所に拠点がある
  • 採用率91.3%と業界トップレベル実求人数も業界で最多
ナースパワーの口コミ評判を徹底紹介!91%の看護師が採用されるって本当?

公式サイト:https://www.nursepower.co.jp/

 

人気BEST 15看護師転職サイトランキング