ブランク看護師でも安心の復職、勉強方法|おすすめの求人例も紹介

ブランク看護師_復職復帰方法_不安な方は必見

ブランクがあると、かつて経験を積んだ看護師の仕事であっても復職に不安を感じる方は非常に多いです。

しかし、当記事で紹介していることを参考にブランクがあっても働きやすい職場を選んだり、復職を成功させるポイントを押さえておけばブランクのある看護師の方でも問題なく復職をすることが可能です。

ブランク看護師必見!復職で怖がらずに済むコツ!

看護師は人の命に関わる仕事なので一般的な職業と比べてブランクがあると不安を感じるのは当然のことです。しかし、不安だからといって何もしなければ、いつまで経っても復職することはできません。

不安を克服するには、その不安を引き起こしている知識不足や技術の低下を再修得するしかないのです。と言っても、長く医療業界から離れていた場合、何から始めればいいのか分からない方も多いでしょう。

自分で出来る行動には限りがあるので、看護の現場で技術を学ぶことは出来ませんが、知識を勉強することはできます。

まずは近年の看護師不足の背景により、公的機関や医療機関で行われている看護師の復職支援向けサービスを活用しましょう。

それと合わせて以下で紹介している独学でできる勉強を行うことで、ブランクを恐れずに復職することができます。

ブランク看護師の復職に最適な勉強方法

ネットを駆使して独学で勉強をする

知識がゼロでは難しいですが、看護師経験があれば独学でも今の医療について学ぶことは可能です。たくさんの医療関係機関から教材も提供されています。

ただし、ブランク看護師のための勉強サイトは医療関係だけでなく異業種が開設していることがあり、中には情報が古いものやいい加減なものもあるので気をつけてください。

正確な情報を求めるには、更新日時が新しいこと、実在する大学教授や総合病院の院長などが監修していることなどを確認するのがポイントです。

また、インターネットでは不安という場合は、出版社が出している書物で勉強すれば、確実に新しく正確な知識を得られるので参考にしてみるといいでしょう。

民間企業や公的機関の復職支援セミナーを受講する

より確かな知識を身につけたい、復職に関する現場の情報が欲しいという方は、公的機関や民間企業が行っている復職支援セミナーを受講するのもおすすめです。

復職支援セミナーでは、看護師に必要な知識の講義や技術研修などブランクを埋めるために必要なことを学ぶことが出来ます。

採血や注射、カテーテル、共鳴処置などの研修も実践レベルで受けられるので、技術面での不安要素を取り除くことも可能です。

また、復職までのステップを教えてくれたり、カウンセリングを受けたり、同じように復職を目指す看護師との交流など復職への不安を払拭するあらゆるセミナーを行っています。

復職支援セミナーを行っているところは、県知事指定都道府県ナースセンターや大学病院、日本看護協会などたくさんありますから、ホームページをチェックしてみましょう。

もし自分でうまく探せなかったとしても、看護師向けの転職サイトなら開催されているセミナーの情報をもらえるので、相談してみるのも良いかもしれません。

【2022最新】看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!21社の口コミや選び方を徹底紹介

復職向けの通信講座で勉強をする

独学で勉強する自信がないし、セミナーを受講する時間も取れないという方は、通信講座を活用してみましょう。

通信講座の中には復職に特化した教材プログラムがあるので、教材に沿って勉強をしていけば復職を怖がる必要はありません。

通信講座であれば自分の好きな時間に勉強できるので、働きながら復職を考えている方、子育てなどで自由に時間が取れない方にもおすすめです。

ただし、通信講座のみで技術面のブランクを取り戻すのは難しいので、知識は通信講座で学び、技術面はブランク看護師向けの研修プログラムを完備している医療機関で働くことでカバーしましょう。

転職サイトでリアルタイムな情報をもらう

復職に向けて勉強するうえで重要なのが、リアルタイムな求人情報です。

どういった科目の求人募集が多いのか、ブランクのある看護師を積極的に採用しているのはどのような医療機関なのか、どういった看護師が求められているのかなどを把握しておけば、どのような部分にスポットを当てて勉強をすればいいかが分かります。

いくら経験や知識を持っていても、看護師に必要な知識は幅広いので、すべてをカバーするのは相当に大変です。

ある程度、勉強内容を絞り込むことが出来れば、復職のための活動も効率よく進められますし、勉強の負担も軽減されます。

特に転職サイトであれば医療機関の求人情報の内容をしっかり把握していますから、採用されるために必要なことを教えてもらえます。

自分で1つひとつ情報を集めるとなると勉強をする時間がなくなってしまうので、転職サイトを活用して求められる人材を教えてもらいましょう。

ブランクがある看護師でも復職しやすい職場とは?

病床数の少ない病院

ある程度の収入が欲しいけど大病院は不安だったり、昔の勘を少しずつ取り戻していきたいなどの希望がある方は、まずは病床数の少ない病院や慢性期病棟で復職をしてみましょう。

病床数が少なければ周りの看護師に仕事を教わったり、時間に追われたりすることがありません。また、慢性期病棟であれば余裕を持って看護が出来ますから、いきなり激務になることもなく、過去の経験を思い出しながら仕事が出来るためブランク看護師には最適です。

基本的に仕事がきつくない病院や他の職場はお給料や待遇が悪い傾向にあるため、一般の看護師並みの収入を得たい場合は、こういった職場で復職するのが正解です。

しっかりと看護師の仕事がこなせるようになったら、改めて規模の大きい病院や待遇の良い職場に転職をすることも可能ですので、ブランクが不安な方はもちろん高収入を目指す方も復職のためのステップとして病床数が少ない病院から始めてみましょう。

看護師の高収入求人が多いランキング!転職で高給を狙うならこの職場!

個人経営のクリニック

看護師としての腕に自信がないだけでなく、家事や育児と仕事を両立したい、夜勤や土日出勤のない職場で働きたい方は、個人経営のクリニックや医院がおすすめです。

クリニックでは仕事のほとんどが問診や医師の診察補助、簡単な応急処置なので病棟勤務のような難しい医療行為はありません。そのため、ブランク看護師にとっては非常に働きやすい職場と言えます。

ただし、こういった小規模のクリニックは看護師の数が少ないため、専門科目や時期によってはかなり忙しく残業になることもあります。

また、病棟勤務に必要な看護技術は身につかないので、いずれ大きな病院で働きたいという方には向いていないかもしれません。

看護師に向いていない・向いている人の共通点や悩みの解決法を紹介

高齢者向けの福祉施設

デイサービスや特別養護老人ホームなど高齢者向けの福祉施設は、ブランク看護師にとってもっとも復職しやすい職場です。

高齢者向け福祉施設における看護師の主な仕事は、利用者の健康管理と投薬管理です。

具体的には、バイタルチェックや呼吸器ケア、感染症発生の予防や蔓延の防止、投薬や服薬の管理、施設の環境の安全確保などになります。

土台としては医療的な立場からサポートをすることになるものの、病院のような医療業務はほとんどありませんから、看護師経験があれば誰でも即戦力になれます。

また、病棟勤務は患者の介護も看護師の仕事ですが、高齢者向けの福祉施設では介護の部分は介護士が担ってくれるので、体力面で自信のない方でも安心して働けます。

看護師としてのスキルよりも、高齢者トのコミュニケーション力や看護の理念が重視されるので、ブランクがあっても採用されやすい職場とも言えるでしょう。

ブランク看護師でも安心して復職できる求人のポイント

自分のスキルや体力にあった仕事を探す

どれだけ優れたスキルを持っていても、体力に自信があるとしても、ブランクがあればどちらも低下している可能性があります。

昔はこれだけ出来たから、今でも同じように働けるだろうと思っていても、実際に働いてみたらまったく違っていたという看護師は少なくありません。

看護師をしていた頃のスキルや体力をもとに求人情報探しをしてしまうと、たとえ採用されたとしても、仕事についていけずつらい思いをすることになる可能性があります。

自分を過小評価する必要はありませんが、過信をすると自分を追い込むことになります。過去のスキルや体力ではなく、そこから一段階落とした募集条件の求人募集を探せば即戦力になれますし、自分も安心して働けるでしょう。

復職への理解がある

医療業界は看護師不足なので、ブランクのある看護師であっても求人情報はたくさん見つかります。

ただし、職場によっては復職に対しての理解がないところもあるので気をつけましょう。ほとんどの職場は「働いてもらえるのは有り難い」というスタンスですが、中には即戦力になってくれなければ意味がない、つまりブランクがある人は使えないと思っている職場もあります。

こういった復職に理解のない職場だと最初から難しい業務を任されてしまったり、1人で様々な業務をすることになったりするので、ブランクがある看護師にとってはかなりきつい環境になってしまいます。

復職に理解のある職場であれば最初はきちんと研修をしてくれますし、どんな業務であっても先輩看護師がきちんと指導してくれるので安心して働けるでしょう。

こういった職場は募集概要に「ブランク看護師OK」「研修制度有り」などの表記があるので、求人募集を探すときの目安にするといいでしょう。

教育制度が整っている

ブランクから復帰するときには、プリセプターシップという教育制度を導入している病院を選ぶのも働きやすい職場を探す1つの方法です。

プリセプターシップとは、入職した看護師に先輩看護師がついてマンツーマンで指導をする教育方法です。

本来は新人看護師に対する教育制度ですが、中途採用を行っている求人案件であればプリセプターをつけてもらえることが多いようです。

もしブランク期間が短く指導を受けるほどではない方であれば、パートナーシップ・ナーシング・システムを導入している病院でもいいかもしれません。

通称PNSと呼ばれるこの制度は、対等な立場の看護師がペアを組んで看護を行います。それぞれの知識やスキルを活かしながら協働して看護を行うため、忘れていたり勘が戻っていなかったりする部分があってもパートナーに補ってもらえるでしょう。

こういった教育制度が整っている病院であれば実践的なサポートを受けながら復職できるので、安心して働けるでしょう。

転職サイトのエージェントにサポートしてもらう

安心して働ける求人情報を探すポイントはいろいろありますが、効率よく探すには転職サイトのエージェントにサポートしてもらうのが一番です。

たとえば自分のスキルや体力にあった職場を探す場合でも、エージェントに客観的に判断してもらうことができるので、より自分に適した求人案件を見つけることが可能です。

復職に理解がある職場や、中途採用であっても教育が受けられる職場に関しても、転職サイトであれば募集要項を的確に把握しています。希望条件として提示してくだけで、多くの案件を紹介してもらえるでしょう。

また、応募したい求人が見つかった場合でもブランクがあることを伝えたり確認してくれるので、自分だけで探すよりも働きやすい職場をスムーズに見つけられます。

ただ日本では看護師不足が続いているため、求人募集によってはブランクがあっても働きやすい条件を記載していても、実際にはほとんど教育も研修もせずに現場を任せるという職場もあります。

そのため、ブランク看護師でも本当に働きやすいかは募集要項だけでは分からないこともあります。復職を成功させるには企業の内部情報に精通している、転職サイトのエージェントに聞くのが一番です。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • サポートが充実している
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

先輩ブランク看護師に学ぶ!復職に成功するコツ

希望条件を明確にしておく

ブランクがあると、希望する条件よりも何とか採用してもらいたいという気持ちの方が強くなってしまい、待遇や労働環境への条件を本来の希望よりも低く設定してしまと思います。

しかし、ブランクがあっても仕事をすることに変わりはないのですから、希望条件を明確にしておくことはとても重要です。

本来の希望条件が満たされない職場では、仕事を続けるモチベーションも保ちづらいですし、一人前の仕事がこなせるようになれば不満が出てくるかもしれません。

自分に自信がついたら転職をするという手もありますが、また一から求人募集を探したり、履歴書作成や面接対策をしたりするのは大変です。

確かに、条件をつけない方が仕事は探しやすくなりますし、どんな条件でも働ければ良いというのであれば希望条件は必要ないでしょう。

しかし、何らかの目的があって復職するのであれば、その目的に沿った希望条件をしっかり決めておくことが、結果的には復職を成功させるコツになります。

相手側の条件に自分を合わせない

私は希望条件を明確にしていても、仕事のスキルへの自信のなさや採用されたいという思いから、相手側の条件に自分を合わせてしまいました。

たとえば土日休みを希望していても、「休日出勤は可能ですか?」と聞かれると、つい「大丈夫です」と答えてしまったりすると、働き始めてから条件がいきなり変わり休日が変更になってしまうことがあります。

夜勤なしの希望でも「シフトは病棟で相談してください」と言われた場合、夜勤なしのシフトで大丈夫なのか確認をしておかないと、勤務先の病棟のシフトルールに従わなければいけないということもあります。

希望条件を明確にしていても、それがきちんと受け入れられるかを確認しなければ意味がありません。そして希望条件が聞き入れてもらえないのであれば、面接の段階でしっかり断っておかないと、働き始めてから自分が苦労することになります。

看護師の面接対策まとめ!よくある質問や逆質問、キャリアプラン、服装など徹底紹介

たとえば家庭がある方だと子供の行事に参加出来なかったり、家事や育児に支障が出たりしますし、独身であってもプライベートを犠牲にして働くなんてことになりかねません。

たとえブランクというウイークポイントがあっても、無理をして相手の条件に合わせるのは止めましょう。

面接対策をしっかり行う

ブランクのある看護師が復職するには、面接対策もしっかり行う必要があります。

面接では必ずブランクのある理由やちゃんと働けるのか、志望動機などを詳しく聞かれます。

そこで正しい返答ができなければ、不採用になってしまう可能性が高いです。

事前に適切な志望動機や面接における受け答えを準備しておきましょう。

【ブランク看護師向け】志望動機の例文!自己PRの例文や面接テクニックを紹介!

自分一人で判断をしない

意外かもしれませんが、先輩ブランク看護師の多くが、自分一人で復職先を決めてしまったことを復職失敗の理由として挙げています。

実は、一人で就職活動を行うと募集要項に希望に適さないことが記載されていても見逃してしまうことがあるんです

たとえば、内科に勤務したいという希望で、内科の求人募集に応募したとしても、勤務先は入職時の状況によって変更するという記載を見落としたり、ブランクOKとなっていない求人なのに希望条件にぴったりだからと応募してしまったりという失敗は少なくないのです。

そのため復職をしてから内科ではなく外科に配属されてしまった、ブランクがあることを考慮されない勤務形態になったなど、決め方の失敗に気づくことになるのです。

ブランクがあるとどうしても焦ってしまい、本来なら確認するべきところも確認しないまま採用だけを目指してしまいがちです。

しかし復職に成功した看護師の多くは、転職サイトのエージェントなどプロに応募先のチェックをしてもらっているので、このような失敗はしていません。

復帰成功のためには、自分一人で判断せずエージェントに頼るべきという事を覚えておきましょう。

【2022最新】看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!21社の口コミや選び方を徹底紹介

ブランク看護師の復帰方法まとめ

ブランクの不安を取り除く方法はいろいろありますが、1人で行動していても、それでブランクを克服できているか判断するのは難しいものです。

不安を取り除くには、出来ていることと出来ていないことを客観的に判断してもらう必要があります。

たとえば転職サイトのエージェントは多くのブランク看護師の復職をサポートしていますので、復職に必要な知識やスキルが身についているか、復職してもスムーズに働けるかを正確に判断してくれます。

また、復職サポート研修を行っている教育機関や公的サービスも紹介してくれるので、1人で怖さと戦っている方は1度転職サイトに相談してみてください。

ブランクから復帰したい看護師におすすめの転職サイトランキング

1位:業界大手の看護のお仕事

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • サポートが充実している
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/
※東京都の○○と出てくる場合がありますが、全国に対応しています。

2位:実求人数No.1のマイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 月給40万↑の優良非公開求人が多数
  • マイナビの知名度に恥じない求人数
  • 離職率の高い病院やブラックは紹介しない
マイナビ看護師の口コミ評判!利用者の口コミから分かる日本最大級の転職サイトの秘密

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

3位:採用率91.3%のナースパワー

ナースパワー人材センター

ナースパワー_公式
年代20代~50代 雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国どこでも
業界医療専門職その他
ポイント
  • 独自の応援ナース制度が大人気
  • 転職サイトでは珍しく全国16箇所に拠点がある
  • 採用率91.3%と業界トップレベル実求人数も業界で最多
ナースパワーの口コミ評判を徹底紹介!91%の看護師が採用されるって本当?

公式サイト:https://www.nursepower.co.jp/

 

人気BEST 15看護師転職サイトランキング