疑問 男性

日本では女性が仕事をする場合、いろいろな場面で嫌な思いをすることがあるよね…
たとえば転職するにしても、下手な企業の面接を受けると「結婚はまだなんですか?」なんてセクハラ質問をする企業もいまだにあるらしいよ。

ポイント 女性

面接の時点でそんな質問をするような企業は、どうかと思いますね…。
女性に配慮のある優良企業を探したいなら、女性に特化した転職サイト、転職エージェントを積極的に活用することをおすすめします!

特に転職エージェントなら、コンサルタントが厳選した求人情報を紹介してくれますので安心して転職活動を進めていくことができますよ!

一般的な方法はハローワーク・転職サイト・転職エージェント


転職を考えている人はどのように求人を探すでしょうか?企業が出している求人をHPや張り紙などで探す人はほとんどいないと思います。何らかの形で転職求人を取り扱っている事業者を探すことになります。

ハローワーク

ポイント 女性

公共職業安定所で全国各地にある公的機関です。失業手当などを受け取るためにも重要なところです。求職者も無料で利用できますが、一つ問題なのは求人を出す企業側も無料で出来ること。

疑問 男性

つまり、採用にお金をかけられない会社も求人を出せるってことだね。

そのような企業の中には、女性に対して「お茶くみ」的な感覚を持っているような古い企業体質の会社が紛れていることもあります。もちろん、これはごく一部の例で、ハローワークに求人を出しているほとんどの企業は優良企業ですが。

ハローワークでは職業相談、転職相談もしていますが、転職エージェントほどの徹底的なきめ細かいサポートというわけにもいかないようです。

ポイント 女性

退職後、転職活動する場合に失業手当や早期就職手当(就職お祝い金)、教育訓練給付金などを受給するには欠かせないところなので、ハローワークも転職エージェントも併用してうまく使いこなすのが賢いやり方と言えるでしょう。

転職サイト

女性

就職する際に使っていたリクナビマイナビなどの転職バージョンです。就職サイトを使っていた人なら要領はわかると思いますが、自分が転職したい企業を条件検索して、サイト上から応募することができます。

男性

転職サイトの場合「職務経歴」が重要。職務経歴書を登録する欄もあるから、しっかり充実させよう。転職サイトによってはこの職務経歴等をもとに企業側から「スカウト」が届くこともあるよ。ヘッドハンティングされるとうれしいよね!

転職サイトは企業側がお金を出して求人を掲載しています。したがって、経営状態が良好な安定した企業が多く求人を出していると言えます。

「有給消化70%以上」「女性管理職3割」「平気年齢40歳」などタグでその企業の売りを確認することもできます。

女性

当然女性が働きやすい会社は、離職率が低く結婚、出産後も働けるところで、それがサイト上で確認できます。

転職エージェント

転職サイトが「マッチングサイト」ならば、転職エージェントは企業と求職者のお見合い仲人。

登録した人のスペックや職務経歴を専門のエージェントが評価をして、その人の希望に見合った企業を個別に紹介します。

転職エージェントは利用しないともったいない!

ポイント 女性

登録者とまず、実際に会って面談するところから始まります。
どんな仕事をしたいのか、年収はどのくらい欲しいのか、どの程度のスキルを持っているのか、など希望を聞くと同時に、登録者の転職市場での価値を見極め、適切な指導をしてくれます。

強み、弱みのアドバイスや、自身の経験ではどのくらいの企業が狙えるのか、面接のクセの指摘(模擬面接)など懇切丁寧にサポート。
その上で、ニーズに合った企業を紹介してくれるのです。

転職サイトなどに掲載しない「非公開求人」も多く、企業と転職エージェントの信頼関係の下「この人なら大丈夫」という人を個別に推薦していくこともあります。

男性

採用試験を受ける企業が決まったら、応募から、履歴書・職務経歴書など書類作成のアドバイスや添削、面接の日程調整など
すべてエージェントがやってくれるんだよ!だから、転職希望者は在職中でも無理のないスケジュールで面接を受けられるんだ。

女性

これだけたくさんのサポートをうけられるのに、サービスはすべて無料!!!

くどいようですが、本当に利用しなければもったいないですよ!

転職エージェントはなぜ無料できめ細かなサービスをしてくれるの?

ポイント 女性

転職エージェントは、転職が成功して、実際に転職先に就職、その後数か月定着したことが確認されて初めて、企業から転職エージェントに「成果報酬」として年収の何割かが支払われるシステムで成り立っています。

男性

つまり、転職先がブラック企業だと、せっかく転職が決まってもすぐに退職してしまう。そうなるとエージェントはお金がもらえないよね。
だから転職エージェントが扱う求人はホワイト企業ばかりなんだ。そして自分たちに払われる報酬のためにも、エージェントは全力で転職活動をサポートしてくれるってワケ。

女性に特化した転職サイト、転職エージェントを使うメリットとは?


転職サイトや転職エージェントは色々ありますが、女性の転職の場合はやはり、女性に特化した転職サイト、転職エージェントを利用することをおススメします。

多くの女性達が積極的に自分の能力や適性を活かせる職場を求め、転職活動に勤しむ時代になりました。しかし、男女ではライフスタイルが変化していく過程に大きな差があることは事実です。
そのため、女性特有のライフスタイルやライフイベントを考慮した転職が必要になるといってよいでしょう。

ポイント 女性

例えば、結婚による一時的な休職や退職、妊娠・出産によるキャリアの中断、夫の転勤に伴う環境の変化など、女性には男性が経験することのないイベントが存在していますよね。

このような女性特有の事情を考慮しつつ、満足のいくキャリアプランを立てていくには、転職エージェントの活用が重要になってきます。
疑問 男性

建前上は男女平等なんて言ってても、実際の求人はやっぱり男性基準のものが圧倒的に多いからね。

女性

そうなんです!だから女性特有の事情を考慮した求人を見つけるためには、それだけ多くの女性に特化したノウハウが必要なんですよ。

通常の転職サービス+女性だから抱えている悩みの解決(+α)
を受けることができるのが、女性に特化した転職サイト、転職エージェントを使うメリットといえるでしょう。

そこで今回は、女性の事情を考慮してくれる転職エージェンや転職サイトを紹介していきたいと思います。
女性に特化した転職サービスならば、今後の働き方などのコラムの掲載や相談(メールや電話、エージェントとの面接)も積極的に実施しています。

転職エージェントの選び方とは?

hyo3

女性特有の事情や、女性向けの求人を取り扱う転職エージェントはそれほど多くないというのが実情ですが、しっかりと女性をサポートしてくれる転職エージェントが存在することも事実です。

男性

そこで、今から転職エージェントを選ぶ3つのコツを解説していこう。

1.担当のコンサルタントやアドバイザーの変更は可能か

転職エージェントでは、転職希望者ごとにアドバイザーやコンサルタントといった「担当者」が付くことが一般的です。

疑問 男性

転職希望者と担当者の相性が良ければ問題ないんだけど、いまいち意思の疎通がうまくいかなかったり事情や希望を考慮してもらえなかったりという話も耳にするよ。

ポイント 女性

そんな場合には、担当者の変更をお願いする必要がでてきますね。このような事態に備えて、あらかじめ担当者の変更に応じてくれる転職エージェントかどうかを確認しておきましょう。

2.口コミサイト等で転職エージェントの評判を確認する

疑問 男性

口コミはあくまでも口コミだろ。個人の感想や主観が入り混じっていて信用できないんじゃない?

ポイント 女性

ええ、そうですね。すべて鵜呑みにすべきではありません。しかし、その中にある程度共通する情報があれば、それは転職エージェントの実態や評判につながるものとして心に留めておきましょう。

3.自身の志向とマッチしているかを確認する

転職エージェントはそれぞれのネットワークを活用した求人情報を保持しているため、分野や傾向に差がでてきます。

疑問 男性

例えば、バリバリ働いて男性と同等以上のキャリアを望んでいる人に、低時給で短い時間しか働けない仕事を紹介されても満足できないよね。

ポイント 女性

自分がどんなキャリアプランを描き、どのように働いていきたいかを整理しつつ、転職エージェントの案件と比較していくことが大切です。

女性の事情を考慮してくれる転職エージェント

では実際に、女性向け求人を多数取り扱う転職サービスをご紹介していきます。

マイナビエージェント「女性の転職」

マイナビエージェント「女性の転職」

マイナビ女性の転職
年代 20代~40代 雇用形態 正社員
対象エリア 全国
職種 営業職(営業・マーケティング)バックオフィス系(広報・人事・経理)SEクリエイティブ系(Web・編集・制作)IT/通信系(ITコンサルタント・SE)ハードウェア/素材系(電子電機・機械)金融専門職(アナリスト・調査・分析)医療系専門職(医薬・バイオ、看護師・薬剤師・保育士)不動産専門職建築 設計・デザイン・設備
おすすめ度

ポイント

  • 約8割の求人が非公開求人
  • 営業やエンジニア、経理の転職に強み
  • キャリア志向の女性やスキルを磨きたい女性に

マイナビを母体とした女性向け転職エージェントが「女性の転職」※旧名称:マイナビウーマンウィル[WomanWill]。人材サービスの老舗マイナビグループが運営するとあって、安定性や案件の質は問題ないとの評価があります。看護師や保健師といった専門職から、ネイリストやエステティシャンのように女性が活躍する美容業界の求人などを取り扱い、女性スタッフも常駐していて相談しやすいとのこと。

【こんな方にオススメ】
バリバリと働きたいアグレッシブな女性向け。

女子専門第二新卒就活

女子カレッジ 【JAIC】

女子カレッジ 【JAIC】

女子カレッジ 【JAIC】
年代 20代 雇用形態 正社員
拠点 新宿・大阪(淀屋橋)・大阪(梅田)・名古屋・福岡
業界 IT商社食品製造アパレル建築医療関係その他
おすすめ度

ポイント

  • 20代女性対象の就職支援サービス
  • 書類選考なしで正社員求人
  • 就職成功率は80%

無料で受けられる就職実践講座で6日間の研修後、女性が安心して働ける優良企業企業を紹介してもらえます。未経験OKの企業ばかりなので安心して働くことができます。研修では履歴書や面接対策だけでなくビジネスマナーなど女子が社会人として生きていく上での基礎を学ぶことができます。
【こんな方にオススメ】
既卒・第二新卒・大学中退・フリーター女子に。

女性の事情を考慮してくれる転職サイト

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆ
年代 20代 雇用形態 正社員
対象エリア 全国
業種 オフィスワーク(事務・経理)ファッション・アパレル販売・サービス営業美容師エステ・ネイル看護師医療事務介護歯科薬剤師クリエイターその他
おすすめ度

ポイント

  • 女性に人気のお仕事が盛りだくさん
  • 日本最大級の求人数
  • 産休・育休など女性に嬉しい条件の検索機能

就職、転職といえばリクルートですが、そのリクルートが運営する女性向け転職サイトです。「とらばーゆ」は、男女雇用機会均等法施行前からキャリア向け女性の求人を紹介していた老舗のサイト。リクルートが運営するだけあって、現在の転職トレンド分析、ファッションブランド、占いコーナーなど、女性が好きなコンテンツが充実しています。地域別に豊富な求人と詳しい情報が載っています。
【こんな方にオススメ】
未婚・既婚・子育て世代などあらゆる女性に。

□女の転職@type


女の転職@type-女性の転職サイト
転職サイトでおなじみの「typeの人材紹介」と同じキャリアデザインセンターが運営しています。HPトップ画面に「正社員で長く働きたい女性のための転職サイト」とあるように、パートやアルバイトではなく正社員の求人にこだわっています。女性として働きやすい、しっかりと評価される、女性だからこそうちの会社で働いてほしい、そして正社員である、このこだわりがこのサイトの売りになっています。結婚、出産、子育てをしながら正社員としてしっかりとキャリア形成を図りたい人にはとてもおススメできる転職サイトになっています。

⇒女の転職@typeの公式サイト

□LiBz CAREER(リブズキャリア)


LiBzCAREER(リブズキャリア) | キャリア女性のための転職サービス
キャリア志向の転職にこだわった転職エージェントです。30代~40代でさらにキャリアアップしたい女性にとっては、女性でも問題なく昇進できる会社への転職が必須条件です。いくら「女性の活躍を応援!」と謳っていても、過去に女性の部長がゼロというような企業ではそれも怪しくなってしまいます。LiBz CAREERでは本当に女性がキャリアを積めるハイクラス案件に特化しています。ご自身のライフプランやキャリア志向とよく照らし合わせてこの転職エージェントを利用してみてください。

⇒LiBz CAREERの公式サイト

キャリアインデックス(女性の転職)

  

ママワークス

女性のための各業界に特化した転職サービス

ウェディング業界:リクシィキャリア

アパレル:ファッショーネ

アパレル:クリーデンス

ナイトワークなら:キャバクラ派遣【TRY18】

女性ならではの強みを発揮できる環境を!

転職ナビ

女性だからといって男性に遠慮しつつ仕事をしていたり、結婚・妊娠・出産のようなライフイベントでキャリアが中断されたりといった場合でも、これらの転職エージェントを活用すればまだまだ能力を開花させる可能性があるのです。
また、美容業界や医療業界の一部のように、女性が求められる職場が増えていることも事実。
転職エージェントを通して、女性ならではの経験や感性を評価してくれる企業と巡り合うことができれば、さらなるスキルアップやキャリアアップに繋がるのです。
自分のキャリアや能力にいまいち自信が持てなくとも、まずは一度転職エージェントに登録して、アドバイスを受けてみることをおすすめします。

この場合、転職エージェントは複数登録がおすすめ!ダブルで登録しておけば、GETできる求人情報も倍増!万が一アドバイザーとの相性が今ひとつだったとしても、複数登録しておけば相性の良い方のアドバイザーにいろいろ相談できますし、比べて検討すればより質の良い求人に出会う機会も増えます。

★こちらのページもよく読まれています!