グローバル化が進む近年、英語圏で仕事をすることで、生きる道が大幅に増えることは間違いありません。
しかし、日本国内には、なかなか英語圏の仕事の情報が入ってこないもの。
一体、英語圏で働く場合には、どういった企業や働き方があるのでしょうか。今回は特にカナダやアメリカなど、
北米エリアにターゲットを絞って紹介していきます。

英語圏への転職はどういったパターンがあるの?

カナダ、アメリカなどの北米エリアは、日本人にも観光地として馴染みがあり、成熟した社会構造と豊かな大自然から人気のエリア。
英語圏への転職としてはおすすめの地域です。
では、この北米エリアで転職する方法としては、どんなパターンが考えられるでしょうか?
採用のパターンから分類すると、以下のようになります。

1:日本企業の現地法人で採用される

最近では日本企業も盛んに海外展開を視野に入れており、海外に現地法人を持つことも少なくありません。
例えば、国内最大の自動車メーカーであるトヨタ自動車は、2000年代初頭から北米エリアへの本格進出を開始。
以降、順調にシェアを伸ばしてきました。北米モデルからの逆輸入車もあるほどで、すっかり米国社会に根付いたといっても過言ではないでしょう。
日本企業の現地法人やグループ企業を探すのであれば、自動車業界はおすすめできます。
北米を重要な戦略上の拠点とする日本企業は数多く、そえゆえに現地法人での採用機会も多いのです。

2:現地駐在員として派遣される

海外に法人を持つ日本企業に所属し、駐在員として派遣されるという方法も、英語圏での転職を果たすための道筋です。
しかも駐在員は待遇が良いことが多く、生活に必要な費用の大半を負担してくれるという厚遇ぶりも珍しくありません。
それゆえに、倍率も高めで激戦になりそうですが、ひとつの方法としておさえておきたいところ。

3:北米で日本人が創業した企業へ就職

上記2パターンに比べると数は少ないかもしれませんが、カナダやアメリカで日本人が創業した企業に採用されるという方法もあります。
特に北米エリアで日本食を提供する飲食店などは、このパターンが多いといえます。
他にも、サービス行や旅行業、観光業、などは現地で日本人が社長を務めるケースが多いようです。
大半が接客業で、なおかつお客様は英語圏の人々ですので、日常的に英語を使うことになるでしょう。

4:北米企業の採用枠を狙う

こちらは最も困難なパターンかもしれません。基本的に、日本人を採用するというよりは、純粋な英語力とスキルが問われるからです。
つまり、採用する側からすれば日本人である必要性は全くありません。
しかし、日本市場へ進出を狙っている北米企業の中には、英語力とスキルの高い日本人を受け入れることもあります。
こういった求人は常時募集があるわけではないので、タイミングや運なども絡むと考えておいてください。

以上、4パターンが考えられますが、この中で日本人が転職しやすいという意味で順位をつけると、
1と2が最も確率が高く、次いで3、最も困難なのは4というパターンになりそうです。
ただし、1と2の場合は、母体となる日本企業への転職難易度が重要になりますので、人によっては3が最も手っ取り早いという考え方もあるでしょう。
自分がどの業界を希望するかによりますから、しっかり情報のリサーチを行うべきです。

北米エリアへの転職におすすめな転職サイトは?

英語圏への転職では、日本国内以上に情報収集が大切です。生活環境そのものを外国に移すわけですから、ある程度覚悟を決める必要があるからです。
そこで、海外転職におすすめな転職サイトをランキング形式で紹介していきます。

1位:JACリクルートメント

グローバル企業への就職なら、日本国内では最も力のある転職エージェントといえるでしょう。
筆者も日本国内で、外資系企業への転職時にお世話になったことがあります。
日本国内の転職エージェントの中では、外資系企業への転職情報が豊富で、非公開求人も多数。
全体的に案件の質が高く、高年収や管理職のポジションを狙う方におすすめです。
もちろん、英語圏へのステップアップ転職も十分狙うことができます。
日本企業の情報も豊富ですが、どちらかといえば外資系企業の情報が多いでしょう。

2位:リクルートエージェント

日本国内の転職エージェントでは最大手で、なおかつエージェントと案件の質も良いです。
JACリクルートメントが外資系専門のエージェントならば、リクルートエージェントは外資内資問わず品ぞろえ豊富な
総合商社といった感覚でしょうか。
海外展開を活発化させている日本の大手企業の情報が豊富なため、駐在員や現地法人への就職を狙うならば
おすすめといえるでしょう。
この1位と2位はお互い得意分野が微妙に異なるため、2つを併用することで情報の質も量もアップすると考えられます。

3位:DODA

DODAはとにかく案件量が豊富で、さまざまな業界の求人を頻繁に紹介してくれる転職エージェントです。
また、「DODAグローバル」という、海外勤務や英語圏への転職を専門に扱うサイトも運営しており、
日本国内向けとはまた違った案件を紹介してくれるようですね。

4位:マイナビエージェント

こちらも転職業界では老舗です。毎日系が運営母体である、マイナビエージェント。
数は少ないものの、質が良い隠れた優良企業を紹介してくれるため、大手企業へ応募するよりも倍率が低めになるというメリットがあります。
リクルートエージェントやJACでは尻込みしてしまった方は、ぜひ一度マイナビエージェントへ登録してみましょう。
現実的な海外転職への道が見えてくるかもしれませんよ。

5位:パソナグローバル

実はパソナグループの海外転職支援の歴史は古く、豊富な実績に裏付けられた情報量が魅力です。
パソナグローバルは、パソナグループの中でも特に海外転職に特化したエージェント。
アメリカ、カナダといった北米の英語圏はもとより、インドやシンガポールなど、アジア圏にも強みを持っています。

6位:ロバートウォルターズジャパン

日本ではまだそれほど馴染みがないかもしれませんが、30年以上にわたってグローバル求人を扱ってきた会社です。
世界24か国で転職実績を持ち、英語圏への転職を専門に扱うグローバルな転職エージェント。
コンサルタントの多くがバイリンガルで、日本語と英語に精通していることが特徴。

まとめ

カナダ、アメリカといった北米エリアは、日本企業も重点的に拠点を設けるなど、日本とのつながりが深い地域です。
また、英語圏の中では日本人も多く、文化や生活水準から言っても馴染みやすいといえるでしょう。
日本語は世界的に見れば非常にローカルかつマイナーな言語ですから、英語を学ぶことで行動の範囲を広めたいという方には、
北米エリアへの転職がぴったりかもしれませんね。
もちろん、北米エリアで培った経験やスキルをもとに、アジアや欧州で活躍するという道もアリでしょう。
初めての海外転職を考えているなら、今回紹介したエージェントを使いながら、まずは情報収集を試みてはいかがでしょうか。