准看護師の給料(手取り)平均は?地域年齢別の年収も解説!

准看護師_給料手取り_年収

准看護師として働くなら必ず知っておくべきなのが平均給料(手取り)や年収、そして正看護師との給料の差です。

そこで准看護師の給料(手取り)を初任給、年齢、地域別に紹介しています。さらに地域・年齢別の年収についても解説していますので参考にして下さい。

准看護師のお給料(手取り)の平均額は29万円!

准看護師_給料手取り_平均は29万円

准看護師のお給料は正看護師よりも低く、複数の年収を調査するサイトをチェックすると約29万円という手取額になっています。

ちなみに初任給の手取りは現役看護師によると25万円前後というケースが多いようです。

准看護師の仕事内容は正看護師と同じですから、平均月収額が35万円と言われている正看護師と比べると割に合わないと感じるかもしれません。

ただしこれは医療機関など看護師の求人募集をしているデータから割り出された平均額なので、准看護師は29万円が頭打ちというわけではありません。

とはいえ准看護師の求人数が正看護師と比べると少ない現状もあり、希望の報酬を得られるようにするには、漠然と求人募集を探すだけでは難しいでしょう。

准看護師の年収を年齢、地域別に徹底紹介!

准看護師の年齢別年収

では続いて年収を紹介していきます。准看護師も普通の仕事と同じように、実務経験の年数によってお給料が変わります。

つまり実務経験が短い若い人と経験豊富な人では同じ仕事であってもお給料も異なってくるわけです。

年代 月収 年収(ボーナス含)
20~24歳 21万円 280万円
25~29歳 24万円 330万円
30~34歳 25万円 360万円
35~39歳 27万円 380万円
40~44歳 28万円 400万円
45~49歳 29万円 410万円
50~54歳 30万円 430万円
55~59歳 32万円 450万円

※月収・年収は平均です。

年代別の年収を見ると、准看護師は実務経験を積んでいても月収の伸び幅が小さいことが分かります。

その代わりにボーナスは年齢が上がるとともに大幅にアップしているので、高額な年収を狙うには正社員で働くことや賞与が必ず出る企業で働くことがポイントになるようです。

准看護師の地域別年収

最低賃金が各都道府県市町村で違うように、お給料も地域によって異なります。
ですので、自分が働く地域の平均年収を知っておくと、転職や就職で求人募集の年収が高いか平均かを判断する時の参考にできます。

地域 平均時給 平均年収
北海道・東北地方 1,450円 320万円
関東地方 2,000円 380万円
東海地方 1,600円 355万円
甲信越・北陸地方 1,600円 342万円
関西地方 1,800円 360万円
中国地方 1,650円 312万円
四国地方 1,800円 320万円
九州・沖縄 1,400円 295万円

こちらが地域別の平均年収になります。なお都道府県別の平均年収で言うともっとも高額なのは東京都で約430万円、もっとも低いのは宮崎県で280万円となっています。

もちろんデータベースは病院だけではなくデイケアセンターや福祉施設、クリニックなどいろいろな職場が含まれているので、前述した平均年収より低くなっています。

ただこの数字だけで准看護師の年収を判断せず、あくまでも都道府県別であらゆる准看護師の職場を含む平均年収として参考にしてください。

ちなみに自分が住んでいる地域より隣の県の方が年収が高い場合は、短距離の引っ越しや通勤時間と引き換えに全国対応の転職サイトなどで好条件の求人を探した方が良いかもしれません。

准看護師の職場別年収

准看護師に限ったことではありませんが、職場によってもお給料には差があります。

そこで続いては准看護師の職場別平均年収をご紹介します。

業種 平均時給 平均年収
内視鏡勤務 1,800円 370万円
クリニック 1,750円 365万円
高齢者用施設 1,600円 350万円
総合病院 1,750円 370万円
個人病院 データなし 320万円

職場別平均年収ではやはり実務経験と知識が必要な内視鏡勤務がもっとも高額になります。

一番低いのは個人病院になりますが、業務の過酷さや収益によっては同じ個人病院のくくりでも年収が高いところがあります。

ですので、働きたいところが決まっている方、もしくは企業の規模で転職先を選びたいという方は、企業規模ごとの年収もチェックしておきましょう。

職場規模毎の平均年収

従業員数 月収(手取り) 平均年収
10人~99人 26万円 380万円
100人~499人 27万円 400万円
500人~999人 29万円 410万円
1,000人以上 30万円 430万円

もちろん規模が大きくても業績によってボーナスなどは変わってきますから、一概に大規模であれば年収が高いといいきることは出来ません。

ただし規模の大きい企業であれば転職サイトのコーディネーターの交渉で希望条件に合った給与額を受け入れてくれることも多いので、給与アップのために転職や就職をする場合は企業の規模も念頭に入れて探してみるといいでしょう。

准看護師として働くメリット

正看護師よりも柔軟な働き方ができる

准看護師_給料手取り_正看護師との違い

准看護師の求人情報では、クリニックや福祉施設からの募集案件が多いと言う特徴があります。

病院の場合は病棟看護の経験や専門的な知識を求められる募集が多いのですが、クリニックや福祉施設などは看護師の仕事の基本が出来ていれば良いというのが募集条件なので、正看護師よりも人件費を抑えられる准看護師の方が求められるのです。

こういった職場は日勤が基本なので、シフトの調整も難しくありません。また緊急の出勤もないので、正看護師よりも柔軟な働き方が出来ると言うメリットがあります。

そのため、特にお子さんが小さい方や高齢のご家族がいる方にとっては働きやすいのがメリットです。

准看護師と正看護師の違いって?給料や資格、業務学校など全ての違いとメリットを紹介!

正看護師よりも短期間で資格が取得できる

正看護師になるには、高校を卒業した後に看護師の専門学校もしくは看護短期大学に通わなくていけません。

つまり高校の3年間と専門学校の3年間を合せると、資格取得までの期間は最短で6年となります。

しかし、准看護師に高卒資格は必要ありませんから、准看護師養成所に2年通えば受験資格をクリアできます。

スムーズに試験に合格すれば、2年で准看護師としての仕事を始められるというメリットがあります。

資格取得までの期間が短ければその分早く看護師としての経験が積めるので、最終的に正看護師になるという場合は、他の人よりもたくさんの臨床経験と知識があることからキャリアアップも望めます。

いずれにしても、資格取得の費用を抑えたい方にとっても、看護師として働き続けるという方にとっても、短期間で准看護師の資格が取れるのは将来的に大きなメリットがあると言えます。

満足出来る准看護師向けの職場を見つける方法

准看護師の割合が多いかをチェックする

准看護師_給料手取り_メリット

ここでは、准看護師と正看護師というように職業名を使い分けていますが、医療機関ではどちらも看護師として扱われます。

これは双方の仕事内容が同じだからなのですが、准看護師は正看護師の指示を受けて仕事をするという違いがあります。

准看護師から正看護師に対して仕事の指示は出せないので、もっとも分かりやすい違いはこの指示系統と言えるでしょう。

そのため、准看護師の割合が少ない職場だと看護師が請け負った仕事をどんどん回される可能性があるので、働きやすい職場を見つけるには、准看護師の割合が多い稼働かをチェックするのが基本です。

准看護師の割合が多い職場であれば正看護師と准看護師の仕事分担もはっきりしていることが多く、正看護師の仕事を押しつけられることもないので、無駄な仕事負担が増えることはありません。

准看護師と正看護師の違いって?給料や資格、業務学校など全ての違いとメリットを紹介!

看護師専門の転職サイトのサポートを利用する

転職や就職をする場合に転職サイトを活用する方は増えていますが、看護師では利用をしていない人も珍しくありません。

しかし、転職サイトというのは今の職場の不満や新しい仕事を始める不安を取り除いてくれる最高のツールです。

まず転職サイトに登録するとコーディネーターやアドバイザーと呼ばれる担当者がつきます。

担当者は会員が希望する給与や待遇、シフト、職場の地域などの条件に見合った求人情報を紹介してくれるので、働きながらでも負担なく転職活動が行えます。

また、給与などの条件が合わない場合は交渉もしてくれるので、条件に妥協して転職する必要もありません。

特に看護師専門の転職サイトの場合は、『看護のお仕事』などを筆頭に医療機関とのパイプを持っているので、職場の人間関係や働きやすさなどの情報も教えてもらえます。

看護師長の人格や離職率といった自分では集めきれない情報を持っているのが転職サイトでどうせ登録も無料なので、満足出来る職場探しをするなら活用するのがおすすめです。

看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

准看護師の今後について

准看護師は廃止される?

准看護師を目指している、もしくは資格を持って働いているという方であれば、准看護師制度が廃止される可能性があるという噂を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

准看護師免許は都道府県知事から交付されるものですが、確かに准看護師の養成を停止する県が出てきているのも事実です。

そのため、資格を取ろうとしている、または資格を交付された都道府県が養成を停止するのではと言う不安を抱えている方も多いでしょう。

しかし実際のところ、准看護師制度を廃止して正看護師に絞るという動きはなくなっていません。

医療業界に大きな影響力を持つ日本医師会は制度廃止に反対の姿勢を持っていますし、今後増え続ける介護業界の仕事において、准看護師は必要不可欠な存在です。

今でも看護師不足の状態が続いているのですから、短期間で資格を取得できる准看護師制度を簡単に廃止はできないというのが現状なので、廃止に関して今後しばらくは心配する必要はないと言えるでしょう。

制度が廃止になっても准看護師資格は残る

例え、准看護師制度が廃止になったとしても、すでに取得している准看護師免許が剥奪されるわけではありません。

制度の有る無しに関わらず、医療業界での仕事は継続できるので、今から取得をしようと思っている方も安心して受験してください。

また、准看護師制度の廃止に向けては、正看護師への移行をサポートする環境も整ってきています。

まだ廃止にしている県が少ないので環境整備のスピード感はありませんが、すでに日本看護協会では正看護師になるための学費の補助や奨学金の貸し付けも行っています。

つまり、自分が望めば准看護師から正看護師になるルートも開けますから、准看護師の今後がどうなるか分からないとしても、資格取得は決してマイナスにはならないと言えるのです。

准看護師の給料(手取り)まとめ

今回は准看護師の給料(手取り)について紹介をしました。

准看護師は働く形態や地域、年齢によってお給料が大きく異なりますので、そのときの自分にとって最高の待遇や給与で働きたいというのは当然の希望です。

ただ准看護師の求人は正看護師と比べると全国的に少なく、ハローワークやマイナビ転職のような様々な業種の転職が可能なサイトにはほとんど求人がありません。

しかし看護師専用の転職サイトなら好条件の准看護師求人案件が集まりやすく、コーディネーターも希望条件に沿った案件を紹介してくれるので、一般の求人情報サイトよりも転職がしやすい環境が整っています。

希望すれば提示された給料よりも高い手取りで働けるよう条件交渉もしてくれますし、面接の段取りや準備、同行といった就職がうまくいくためのサポートもしてくれるサイトも存在しています。

どうせ准看護師として働くなら給料や労働条件が良い職場で働きたいという方は、以下で紹介しているような看護師転職サイトを活用するのがオススメです。

准看護師に最適の看護師転職サイトランキング

1位:業界大手の看護のお仕事

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 代わりに給与や夜勤回数などの待遇交渉をしてくれる
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

2位:利用者の97%が満足しているナース人材バンク

看護師求人サービスなら【ナース人材バンク】に登録

ナース人材バンク_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 給与交渉の代理などサポートが充実
  • 求人数は業界トップレベルの20万以上
  • 全国に16の拠点があるので地方の看護師でも転職が容易
ナース人材バンクの評判と口コミを徹底紹介!しつこい電話があるって噂は本当?

公式サイト:https://www.nursejinzaibank.com/

3位:実求人数No.1のマイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
マイナビ看護師の評判!利用者の口コミから分かる日本最大級の転職サイトの秘密

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

【2020最新】看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!21社の口コミや選び方を徹底紹介
人気BEST 15看護師転職サイトランキング