看護師は副業禁止?バレずに月10万稼ぐ方法や注意点を教えちゃいます!

看護師_副業_バレずに10万稼ぐ方法

看護師は同年代のOLなど他職種と比較すると収入は多い職業ですが、様々な事情からもっと収入を得たいという人は多いはずです。

しかし看護師は副業を禁止されている所も多いですよね。でも実は看護師の中にはダブルワークで働いている人もいます。

そう聞くと「職場にはバレないの?」「みんなはどうやっているの?」と疑問に思いますよね。そこでこのページでは、看護師の副業についての疑問にお答えします。

看護師は基本的に副業禁止?大丈夫なところもあるの?

まず結論から言うと、公務員は副業が禁止されているので、国立病院や公立病院に勤務する看護師はほぼ副業はできません。

反対に民間病院で働いている看護師は、入社時の契約書の規約にもよりますが副業をすることは可能です。

公務員看護師の副業がダメな理由

公務員の副業は法律(国家公務員法第103条・地方公務員法第38条)で禁止と決められています。その背景には、次の守るべきことがあるからです。

  • 公務員としての信用を守ること
  • 守秘義務(業務で知り得た内容を外部に漏らしてはいけない)
  • 公務員の業務に専念しなければならない

このように公務員は私利私欲に走るのではなく、国民(住民)の利益のために働くこととされています。

それなのに自分の利益のために副業をするのはだめ!、というのが国の言い分なわけです。

特定地方独立行政法人も公務員と同じ

国公立の病院ではなく特定地方独立行政法人が運営する医療機関で働く看護師もいますが、特定地方独立行政法人に勤務する人も公務員とみなされ、地方独立行政法人法第53条で副業は禁止されています。

もちろん後述する通り公務員看護師で副業する事も不可能ではありませんが、減給だけでなく最悪免職になってしまうリスクもあるので当サイトではオススメはしません。

民間病院で働く看護師の副業はOK?

民間病院は公務員のような副業に関する法律はありません。むしろ最近では民間企業で副業OKや副業を推奨するところが増えていますので、契約書に副業禁止と書いていなければ副業ををしても大丈夫です。

ただ看護師という職業は睡眠不足や疲れが大きなミスを招く危険性があるため、近年でも「副業OK」と明言している病院は少ないのが現実です。

就業規則で禁止されていたらダメ

民間病院であっても就業規則で副業が禁止されている場合は、それを守らなければいけません。

「見つからなかったらいいんじゃない?」という軽い気持ちでやるのもダメですよ。

反対に、前述した通り就業規則で特に禁止していない場合は副業は可能と判断してもいいでしょう。心配な場合はこっそり上司や同僚に聞いてみるのも手です。

どうしても副業をしたい看護師の理由

生活のために収入が必要

看護師_副業_お金が必要

収入が多い看護師と言えどもさまざまな事情があります。

特に次のような生活環境の事情から、どうしても収入を増やしたい看護師が副業を始めるケースは多いです。

  • 夫の浪費癖やギャンブルで借金がある
  • 家族が病気で多額の治療費が必要
  • マイホームを持ちたい
  • 家の修繕費が必要
  • 子どもが多くて生活費や教育費が必要
  • シングルマザーで自分の収入で家族を支えなければいけない

夢の実現のために収入が必要

また、お金に困っているわけではありませんが、夢の実現や自分の人生のためにもっと収入を得たいというケースもあります。

その場合は以下のような理由がある方が多いようです。

  • 留学したい
  • しばらく仕事を辞めて海外旅行をしたい
  • 起業するためにお金を貯めたい
  • 好きな車に乗りたい
  • 資格取得のために学校に行きたい
  • 家族旅行に行きたい
  • エステに行きたい

このように理由はさまざまですが、看護師でも副業したい方はたくさんいるものです。

そしてそう考えるのは決して恥ずかしいことではありませんので、病院側がOKを出しているなら本職に支障が出ない程度に積極的に副業をしましょう。

看護師でもできる副業ベスト6

では、看護師ができる副業や、看護師に人気の副業にはどのようなものがあるのかご紹介します。

  1. 健診・検診ナース
  2. イベントナース
  3. 医療関係の記事を書くライター
  4. 夜勤専従看護師
  5. 夜のお仕事
  6. 単発バイト

世の中には様々な副業がありますが、看護師の方に人気があるのは上記6つのようです。

健診・検診ナース

健診・検診ナースは健康診断の車に乗って健診先に行き、採血や血圧測定などを行います。毎日仕事があるわけではないので、健診・検診ナースの募集をしているサイトに登録をしておくと、都合のいい日時に募集があった時に仕事に行けます。

勤務時間も4~8時間と手頃で時給も2,000円前後と悪くないので、看護師の副業としておすすめです。

月収例として、時給2,000円で週末に1回、月に4回ほど健診ナースをすれば月に64,000円前後ものお金を稼ぐ事が可能です。

健診ナースは以下の看護師求人サイト「MCナースネット」で募集が多いです。

看護師の求人・転職・派遣ならMC─ナースネット

年代20代~50代 雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国どこでも
業界医療専門職その他
利用者に聞いたMCナースネットの裏話!口コミや評判をチェック

イベントナース

スポーツ大会やライブ・フェスなどで体調を崩した人を看護する仕事です。こちらも毎日仕事があるわけではありません。登録制のサイトに希望を入れておくと依頼があります。

問題が起きなければライブやフェスなどのイベントをそのまま楽しむことができるので、副業として非常に高い人気を集めています。

ただ、地方ではイベント自体が少ないため、求人数が少ないというデメリットがあります。都市圏なら特に問題はありません。

時給は1500円前後もものが多いので、半日の拘束だと6,000円~8,000円、1日の拘束だと12,000円~15,000円前後の金額を稼げるようです。

運が良ければ遊んだりライブなんかを楽しみながら月に50,000円前後の金額を副業として稼げます。

イベントナースの求人は、先程も紹介したMCナースネットにしかほぼないので、興味のある方はこちらに無料登録しておきましょう。

看護師の求人・転職・派遣ならMC─ナースネット

年代20代~50代 雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国どこでも
業界医療専門職その他
利用者に聞いたMCナースネットの裏話!口コミや評判をチェック

医療関係の記事を書くライター

「ライター」というと特殊な技能を求められるように感じる人がいるかも知れませんが、決してそんなことはありません。また、特別な資格もないので、自分の腕ひとつで稼ぐことができます。

特に看護師は業務でも文章を書く機会が多いので、やってみるとそれほど苦にならずできるのではないでしょうか。

執筆の機会は医療系の専門サイトや一般の人が読む健康、美容系のサイト、看護師向けのサイトや書籍など幅広くあります。

看護師がライターとして働く場合のメリット・デメリット

看護師がライターとして働く場合、一般のライターが知り得ない医療のことや業界のことが詳しく書けるというメリットがあります。また、交代勤務をしながらでも自分の空いた時間で仕事ができるのも大きなメリットです。

一方、依頼を受けて記事を書く場合、締め切りがあります。締め切りを守らないと受注が減る可能性があります。さらに常に安定して仕事があるわけではないので、収入が不安定になりがちです。

副業としてはマイナス要素があるということを理解しておきましょう。

夜勤専従看護師

日勤は行わず、夜勤だけを専門にする看護師のことで、最近募集が増えています。夜勤だけというと「大変」というイメージがありますが、1ヶ月の労働時間は144時間までと決められています。

そのため、1回の夜勤が16時間とすると、1ヶ月で9日間の勤務になります。

結構休みが多いので、週3日程度のパート看護師と夜勤専従を組み合わせるなどの働き方をしている方が多いようです。

夜勤専従看護師は給料が非常に高く、日給で3万円以上の金額をもらえる病院も珍しくありません。

そのため月に4回出るだけで月に10万円以上もの金額を副業で稼ぐ事が可能です。

夜勤専従看護師のお仕事は、『看護のお仕事 派遣』という看護師専用の派遣サイトで多数の求人が用意されています。

夜勤専従ならではの高時給案件ばかりなので、副業で稼ぎたい方は無料登録をしても損はありません。

看護のお仕事 派遣

年代20代~50代 雇用形態派遣社員
対象エリア全国(主に関東・関西中心)
業界医療専門職事務/アシスタントその他
250人の口コミで知る看護のお仕事派遣の評判!特徴やデメリットも解説!

副業で夜勤専従看護師として働くメリットとデメリット

夜勤専従看護師は夜勤手当がつくため、少ない勤務日数でガッツリ稼ぐことができますので、もう1つの仕事とうまく時間調整ができれば大幅に収入を増やすことが可能です。

一方、夜勤は体力も気力も消耗するデメリットがありますので、ダブルワークで疲れたり体調を崩したりしないように気をつけましょう。

また、メインの職場と夜勤専従の職場では仕事内容や職場のルール、人間関係などが異なりますので、切り替えに失敗すると心身が疲弊することになるのも注意が必要です。

夜のお仕事

看護師の中には副業でスナックやバー、ガールズバーなどのいわゆる「水商売」の世界で働く人もいます。お酒を飲むのが好きという人や人とおしゃべりをするのが好き、歌が得意という人におすすめです。

ただ、睡眠不足や疲れで本業の看護師業務に影響が出やすいので気をつけましょう。

人にもよりますが、こちらも頑張りや生まれ持った顔面偏差値次第では月に10万円以上のお金を稼ぐことも難しくありません。

単発バイト

看護師のアルバイトや派遣会社などに登録しておき、仕事があるときだけ行くという「単発バイト」の仕事があります。

健診・検診ナースやイベントナースもそのような意味合いがありますが、日勤看護師で土日祝は休みという人や交代勤務で2~3日仕事がないという人などにおすすめです。

時給は1300~2,000円とピンきりですが、月に4回以上働けば3~5万円程度のお金を稼ぐことは可能でしょう。

こちらは『看護のお仕事』という転職・就職サイトに案件が多数あるので、興味のある方は無料登録をしてみましょう。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

看護師以外の単発バイト

ちなみに看護師という仕事にこだわらなければ、さまざまな職種で単発バイトの募集があります。

イベント会場での会場設営や物品販売、百貨店でのお歳暮・お中元、バレンタイン商戦の販売・ラッピングの手伝いなど驚くほどたくさんの募集があります。

医療現場とは異なる世界を見るいい機会にもなるでしょう。

【バイトルNEXT】正社員・契約社員の転職・就職の求人・仕事探し

バイトル_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界SE/Webエンジニア機械/電気広告/クリエイティブ営業職医療専門職不動産専門職経営企画/管理事務販売/サービス建築設計/土木/プラント/設備等事務/アシスタント公務員/教員その他

看護師が副業をしても職場にバレない?

看護師_副業_バレない

結論から言うと、基本的に看護師は副業をしても職場にばれることはありません。

ただ以下のケースではバレてしまう可能性もゼロではありませんので注意して下さい。

  • 副業先で働いているところを同僚に見られてバレる
  • 副業先で働いているところを患者さんに見られてバレる
  • 住民税が増えたことでバレる

副業先で働く姿を見つかってしまう

副業がバレるケースでもっとも多いのは、副業先で働いているところを知り合いに見つかってしまうという場合です。

これはありとあらゆる副業に言える事ですが、副業先が医療機関であってもそうでないところであっても知り合いには見つからないように気をつけましょう。

対策方法としては、本業先や自宅周辺ではなく少し離れた場所を選ぶなどの配慮が必要です。

住民税が増えた

住民税は前年の所得に対して課されるもので会社員など給与所得者は給与から天引きされます。これを「特別徴収」と言います。

もし副業をして収入が増えると、翌年の住民税が増えるので勤務先にバレる可能性があります。それを避けるためには給与から天引きされる特別徴収ではなく、自分で納付する「普通徴収」に変更する方法があります。

そのため、看護師の方でバレずに副業をしたい方は、得た収入に対しての住民税を「普通徴収」にしておけば、勤務先に住民税の納付額が増えたことを気づかれないのでおすすめです。

副業で年収20万円以上稼いでしまうと確定申告が必要

ちなみにどんな職業でも副業で年間20万円以上の収入(所得)を稼いでしまうと確定申告が必要です。

この場合の「所得」とは収入から経費を差し引いた分のことを指します。副業でライターをする場合、資料の購入代や自宅で仕事をする場合の電気代の一部、筆記用具や事務用品などは経費になります。

なお、確定申告したからと言って勤務先に副業がバレることはないので安心してください。

確定申告をしないと罰金が科される!

確定申告をしないと「無申告加算税」という税金(罰金のようなもの)が科されます。また、納付すべき税金があるのに納付しなかった場合は、本来納付すべき税額の上に「延滞税」が加算されます。納付が遅れれば遅れるほど税額が上がるので注意が必要です。

確定申告は自宅でも簡単に計算できるソフトが販売されています。国税庁のホームページでの入力も可能なので、忘れずに申告・納税しておきましょう。

看護師で副業をしている事がバレるとどうなる?

公務員の副業がバレたとき

国立・公立病院に勤務する公務員看護師の場合は、副業がバレると次のような処分をされる可能性があります。

処分 内容
免職 公務員の身分をはく奪することで、民間企業の「解雇」と同じ
停職 一定期間、職務に就かせないこと(公務員の身分はそのままだが、停職中の給与は支給されない)
減給 一定期間、一定の割合で給与を減額すること
戒告 注意や警告を受けること

戒告で済めばいいですが、免職になってしまいリスクもあるので繰り返しになりますが、公務員の方は副業はしない方が良いでしょう。

民間企業(病院)の看護師の副業がバレたとき

民間の病院や医療機関に勤める看護師の副業がバレた場合、前述した通り就業規則で副業を禁止しているかどうかで異なります。

就業規則で副業が禁止されている場合

就業規則で副業が禁止されている場合は、就業規則に記されている内容で処分されます。

就業規則で「副業は禁止、規則を破った場合は解雇」と定められていたら、それに従って処分される可能性があります。

またそれほど厳しい処分はなくても、黙って副業をした事がバレれば職場にいづらくなってしまいます。

就業規則で副業が禁止されていない場合

就業規則で副業が禁止されていないからと言って、堂々と副業をしてもいいというわけではありません。

本業の看護師業務でミスをすると、副業のせいだと言われて評価が下がるなどのペナルティを受ける可能性があります。

また、ダブルワークで体調を崩して本業も副業もできなくなるリスクもあるので、副業がOKな病院でも無理は禁物です。

看護師の副業にオススメの求人サイト

NO. 1看護師求人サイト「看護の仕事」

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

30秒で登録ができるナース人材バンク

看護師求人サービスなら【ナース人材バンク】に登録

ナース人材バンク_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ナース人材バンクの評判と口コミを徹底紹介!しつこい電話があるって噂は本当?

10万人の看護師が登録しているナースパワー

ナースパワー人材センター

ナースパワー_広告
年代20代~50代 雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国どこでも
業界医療専門職その他
ナースパワーの口コミ評判を徹底紹介!91%の看護師が採用されるって本当?

看護師の副業について~まとめ

今回は看護師の副業について紹介をしました。

看護師で副業している人は病院側で副業OKを明言している所が増えているのもあってかなり多いです。

しかし公立病院で働いている人は公務員なので、副業は禁止されています。また、民間病院でも就業規則で副業を禁じていたらやってはいけません。

なお、収入を増やすにはダブルワークしか方法がないというわけではありません。今よりもいい条件の職場に転職するという方法があります。看護師は病院によって収入の格差があるため、転職を視野に検討してみてはいかがでしょうか。

看護師転職サイトで相談すればもっといい条件の勤務先が見つかります。または夜勤専従看護師とパート看護師を組み合わせるなど収入UPが可能な働き方を提案してくれますよ。

特に『看護のお仕事』という転職・就職サイトは高収入の案件が多数あるので、興味のある方はまずは無料登録をしてみましょう。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他

また、こちらの記事を読んだ方は、合わせて以下にあるおすすめの看護師転職サイトを比較した記事もご覧下さい。

必ずあなたに合った最適な求人が見つかりますよ。

2019年看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!時期が重要

 

人気BEST 15看護師転職サイトランキング