【本音】看護師の転職理由ランキング!面接での例文や注意点も紹介!

看護師の転職理由ランキング!面接を突破できる回答例も紹介

転職をする際、その理由をどう伝えるか悩む看護師は多いです。

そこで当記事では看護師の転職理由をランキング形式で紹介しつつ、面接で伝える際の注意点や、転職理由別の面接官への回答例を紹介していますので参考にして下さい。

目次

【本音】看護師の転職理由ランキング10

 

1位:結婚

看護師の転職理由として最も多いのが結婚でした。

結婚に伴う転居や妊娠、出産、育児は仕事への影響も大きいため、転職理由として最も多い結果になりました。

また、結婚をすると独身時代と違って掃除や洗濯など家事にも時間がかかるようになり、特に病棟看護師は夜勤や休日出勤などが多く、家族と休みが合わせづらいので、結婚を機に日勤のみの仕事や看護師以外の職場に転職をする方も多いようです。

日勤のみ看護師の平均年収(給与)は?働き方やメリット、きつさも解説

2位:人間関係の悩み

看護師の職場は女性が多いため、普通の仕事よりも人間関係の悩みが起こりやすく、人間関係が原因で転職する方も非常に多いです。

実際、転職理由を集計する年度によっては人間関係が転職理由の1位だったりします。

慢性的に看護師不足の施設が多く、1人に対する業務負担が大きいため、肉体的にも精神的にも余裕がなくなって人間関係がぎすぎすしたり、先輩看護師がストレスを後輩にぶつけたりして、職場全体の雰囲気が悪くなるケースも珍しくないです。

看護師は常に医療ミスがないよう注意しなくてはいけない仕事ですが、職場の雰囲気が悪いとモチベーションが下がって集中力も低下するため、ミスをする前に転職して環境を改善したいという方も少なくありません。

看護師によくある悩みランキング7!解決法や転職後の悩みも紹介

3位:出産・育児がしにくい

昔と比べると産休や育休が取りやすくなっていますし、院内保育など保育施設を完備している医療機関も増えていますが、それでも出産や育児がしにくい病院や施設は少なくありません。

また、福利厚生や制度上は育児しやすい職場環境が整っている職場でも、実際は育休が取得しづらい空気であったり夜勤があって十分な子育てができないのが実情です。

祖父母やパートナーなどの協力体制がない限り不規則なシフトで働きながら子育てをするのは難しいので、出産や育児を機に育休やシフトの調整がしやすい職場に転職をする看護師が多いのは当然と言えるでしょう。

日勤のみ看護師の平均年収(給与)は?働き方やメリット、きつさも解説

4位:自分の健康のため

病棟看護師はかなりの体力を使いますし、夜勤で勤務時間も不規則なので健康を維持するのが難しいです。

特に夜勤が多いと寝る時間や働く時間が不規則な状態が続くので、体には相当な無理をさせています。

若いうちは無理が効きますし、続けていれば慣れるという看護師もいますが、人間の体は基本的に夜に寝て朝に起きるように出来ているので、無理をすると体調不良やメンタルの不調が引き起こされます。

そのため、健康を理由に夜勤のないクリニックや訪問看護などの仕事に転職をする看護師も少なくないです。

1年目看護師が高倍率の美容クリニックに転職した方法!高収入で休みも取れて最高です

5位:他の職場に興味がでた

新卒で病院看護師となり、数年ほど働いている内に看護師資格を活かせる別の職場に興味が出て転職する方も多いです。

看護師資格は一生物なので、ある程度のスキルや勤務実績があれば病院以外でも働けるフィールドは数多くあります。

実際、3年ほど経験があれば病院以外のクリニックや介護施設、企業看護師など様々な職場で通用する実力が身についています。

そのため、他の職場に転職して、スキルアップやキャリアアップを目指す看護師も少なくありません。

看護師の病院以外の転職・就職先17選!資格や免許を活かせる仕事や求人を紹介

6位:残業や夜勤が多すぎる

今働いている職場の残業や夜勤が多すぎる、というのもよくある転職理由です。

看護師不足は未だ解消されていないため、多くの医療機関で看護師不足が問題になっています。

しかし、そのせいで職場によってはプライベートを犠牲にするほどの残業や夜勤が発生しており、給与が高くてもやってられないと思う看護師は少なくないです。

残業や夜勤が多い職場は人材を大切にしていない事も多いので、見切りをつけて少しでも環境の良い職場に転職するのは当たり前と言えます。

日勤のみや好条件で転職するなら看護のお仕事

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 日勤のみの求人が多数ある

7位:責任の重さや医療ミスの不安

人によって程度の差はありますが、看護師は常に医療ミスの不安を抱えて仕事をしているため、その不安が限界に達した時に転職をするケースも多いです。

特に医療ミスのリスクに対して職場へ改善施策を提案しているのに、それを聞き入れてもらえず自助努力で何とかするように言うような職場は、転職をする看護師が後を絶たない傾向にあります。

責任の重さや医療ミスの不安から退職した看護師の転職先として人気なのが、命の危険が少ないクリニックや美容外科です。

転職した多くの看護師が毎日楽しく働いています。

8位:通勤時間が長い

通勤時間が長すぎて、通うのが困難になったというのも看護師によくある転職理由です。

これにはいくつかパターンがあり、新卒で入った病院などで最初は我慢していたけど長い通勤時間に耐えられなくなったケースや、結婚に伴う転居や異動で通勤時間が長くなったケースがあります。

通勤時間が長いとそれだけでプライベートの時間が減りますし、疲れもたまります。

比較的ストレスが少ないとされる通勤時間は片道40分前後と言われているので、もし今の職場の通勤にそれ以上の時間がかかっているのであれば、転職をしたほうが良いでしょう。

9位:給与・待遇の不満

看護師の平均年収はおよそ490万円と言われていますが、今の職場の給与が平均を大きく下回っていたり、業務内容や労働時間に給与が見合っていないことを理由に転職をする看護師も多いです。

特に給与や待遇の不満の理由が、手当のカットや残業代の未払いなど職場側にある場合は早急に転職した方が良いでしょう。

看護師は一般職と比べると肉体的にも精神的にも重労働なので、平均より給与をもらっていても職場環境によっては納得できないケースもあります。

看護師の平均年収を都道府県や勤務先別に紹介!給与アップの方法も!

10位:教育体制が整っていない

職場の教育体制が全く整っていない、上司が教育をする気がない場合も転職をする看護師が多いです。

中には求人に「研修制度あり」「丁寧に教えます」と書いているのに、実際は教育体制が整っていない職場もあるようです。

教育体制が整っていない施設で働き続けても成長し辛いですし、精神的にもきついので転職をするべきと言えるでしょう。

看護師が面接で好印象を与える転職理由

スキルアップのため

面接官に好印象なのは、スキルアップのためという転職理由です。

看護師は技術職ですから、スキルアップしたいと思っている方も多いでしょう。

違う診療科目での経験を積みたい、専門分野のスペシャリストを目指しているなど、キャリアアップにもつながるスキルアップを理由にした転職は、面接官に仕事に対する熱意を感じてもらえます。

給与が低く働き続けるのが困難なため

給与に関することは理由にしないのがベストですが、あまりにも給与が低く働き続けるのが困難というのであれば、それは率直に伝えてもいいでしょう。

看護師に限らず、仕事は生活のためにするものです。働いているのに生活が困窮するような給与であれば転職をするのも当たり前です。

その際は不満ではなく、働き続けるために給与アップを目指して転職をしたいと伝えるのがおすすめです。

将来性のある病院で働きたいため

看護師としての将来のビジョンがはっきりしているのであれば、「将来性のある病院で働きたいと思った」という転職理由にするのがおすすめです。

ただし、将来性を理由にする場合は応募先の業務内容や経営方針などをきちんと調べておくことが重要です。

その中に自分が描く看護師のビジョンとリンクすることがあれば正当な転職理由になりますし、整合性もあるので面接官の理解を得られます。

ワークライフバランス実現のため

家事と仕事を両立したい、子育てもしたいけどキャリアアップもしたいなど、ワークライフバランスを実現させるための転職というのもそのまま伝えてしまって問題ありません。

ワークライフバランスの推進は雇用する側にも離職率の低下や長時間労働による医療ミスの防止、看護師の定着率の向上などさまざまなメリットがあります。

変形労働時間やワークリングシェアなどライフワークバランスに取り組んでいる医療機関であれば、家庭と看護師の両立を目指す人は歓迎されます。

結婚や出産・育児のため

結婚をすると引っ越すこともありますし、出産や乳幼児の育児は家族の協力がないと看護師との両立は難しいです。

そのため、これらの理由で転職をする場合もそのまま伝えてしまって大丈夫です。

実際結婚や出産・育児のために転職をする看護師は転職理由でも上位に入るくらい多いので、面接官に伝えても自己都合と取られることはありません。

介護のため

親の介護のためという転職理由は、特に採用のネックになるわけではないので変にごまかさず率直に伝えてしまって大丈夫です。

介護をしながら働ける環境を求めての転職ですから、人格や業務に問題があると捉えられることはないでしょう。

引っ越しや通勤時間のため

引っ越しをして通勤時間が長くなった、そもそもの通勤時間が長いというのも転職理由として通用します。特に看護師は夜間も勤務があるので、シフトによっては交通手段の問題も出てきます。

就職するときは多少通勤時間が長くても良いと思えた職場でも、日々の業務をこなしていくうえで通勤に時間を取られるのは負担になってきたという人は多いです。

夜勤や残業が多い看護師にとっては、通勤時間を短縮して少しでもライフワークバランスを整えたというのは十分な転職理由になるでしょう。

看護師の転職理由別の面接例文

結婚が転職理由の面接での回答例文

「結婚をすることになり、主人との時間を確保するために1度退職をしましたが、日勤であれば看護師を続けられるので応募しました。
主人も看護の仕事に関しては理解をしておりますので、もう一度医療従事者の一員として社会貢献をして参りたいと考えております。」

結婚による転職は特に珍しいことではありませんが、それでも面接官は「家庭の状況によって退職をするのでは」という不安を感じます。

パートナーが理解をしていることをアピールすれば、仕事を続けられる環境だと判断してもらえるので、採用に結びつきやすくなります。

出産・育児が転職理由の面接での回答例文

「前の職場は看護師が不足していたため、出産と育児でお休みを取るのが難しかったため退職をしました。
今は育児も一段落して預かってくれる保育施設も見つかり、両親の協力も得られるので、復職したいと思い応募させていただきました。」

出産や育児が転職理由の場合、仕事ができる環境が整っていることが重要です。

子供を預ける施設やいざというときに協力してくれる家族がいるかが採用の基準になるので、職場に迷惑をかけないことをアピールしましょう。

キャリアアップが転職理由の面接での回答例文

「病棟勤務を3年間経験し、看護の基本的なスキルや患者様とのコミュニケーションのとリ方などは身につけられたので、今後は専門看護師の資格を取り、キャリアアップをしたいと考えております。貴院は、医療設備も充実しておりますし、研修や勉強会への参加も支援していただけるとのことで、よりレベルの高い看護を提供できる体制を整えられる看護師長や看護部長を目指し、貢献させていただきたいと思い応募しました。」

専門看護師の資格取得や管理職を目指すなど、ビジョンを具体的に描くことで面接官にもやる気を伝えられます。

看護師長の年収(給料)や仕事内容を大学病院、国立病院など8施設別に紹介

給与や待遇が転職理由の面接での回答例文

「給与水準が低いため、生活にゆとりがないことが転職を希望したきっかけです。
現在の月収は○○万円ですが、先輩看護師によると5年経っても大幅な昇給は見込めないとのことでした。
いずれは両親の仕送り(結婚や育児)などでお金が必要になりますし、将来の経済的な不安を感じています。
貴院では働きに応じて昇給があると伺っておりますので、今まで以上にスキルアップを目指し、貢献することで経済的な困難を克服したいと考えております。」

給与に関しては、現在の収入を正確に伝えた上で、なぜ給与アップが必要なのかを説明することがポイントです。

給与に不満があるのではなく、生活のための転職であれば好意的に受け取ってもらえます。

休みが取りにくいことが転職理由の面接での回答例文

「看護師なので休みが取りづらいのはしょうがないのですが、法事や子供の運動会などでも有休が使えず、このままではプライベートな時間が確保できないと考え転職を決意した次第です。
貴院は有休消化率が高いとのことで、どうしても必要があった場合にお休みをいただける環境で働きたいと思い応募しました。」

ただ「休みが取れない」というと不満に聞こえてしまいますが、法事や子供の行事など休んでも不自然ではない理由を入れれば不満と思われることはありません。

単に休みたいだけではないことをきちんと伝えれば、休みが取れないという転職理由でも悪い印象にはなりません。

新しい分野に挑戦したいことが転職理由の面接での回答例文

「○年間、総合病院の一般病棟に勤務する中でICUからの患者様を担当することもあり、ICUの仕事に興味を持つようになりました。
貴院では専門分野の教育体制が整っていると伺っておりますので、自分で学ぶだけではなく、しっかりした教育や研修を受けて救急医療に貢献していきたいと思います。」

新しい分野に挑戦したい場合は、具体的な分野を挙げることがポイントです。

また、自分でも学んでいることを軽く盛り込むと、未経験であっても採用に結びつきやすくなります。

未経験OKって本当?未経験の看護師・准看護師の待遇とリアルな本音

自分の健康問題が転職理由の面接での回答例文

「○○という症状(診断結果・服用中の薬の有無)があり、夜勤回数や残業が多い職場だったので退職をしました。
現在は働くことに関しては問題ないといわれております。
もともと、体が弱いわけではないので日勤だけの勤務になれば、今までの看護スキルを活かして貴院のお役に立てると思い応募させていただきました。」

健康問題が転職理由の場合、病名や症状などは隠さないのが鉄則です。

応募先の勤務形態であれば問題ないことを伝え、後は判断を委ねましょう。

残業や夜勤の負担が転職理由の面接での回答例文

「前職は残業が多く超過勤務が常態化しておりまして、夜勤中も仮眠がほとんど取れず体調を崩すことが多くなったため、引き継ぎできる看護師が入ったタイミングで退職しました。
貴院でも夜勤はあると思いますが、運営体制が整っていると伺っております。
通常の深夜勤務であれば、業務に支障をきたすことはございませんので、即戦力になりたいと思っております。」

残業や夜勤の負担の場合、なぜ負担になったのか具体的な理由を伝えることが重要です。

ただ負担が大きいというだけでは、残業や夜勤をやりたくないのでは?と思われてしまうので注意しましょう。

人間関係が転職理由の面接での回答例文

「看護師の人間関係が複雑で、そのことが原因で頻繁に人が入れ替わる職場でした。
私としては同僚や先輩看護師とうまく連携して看護の業務を遂行しようと努力はしたのですが、看護よりも人間関係の構築に重きを置くことに疑問を感じました。
看護師として患者さんを優先した業務を行いたいと思い、医療チームの結束が固いと高い評価を得ている貴院で看護師の一人として働かせていただきたいと思っております。」

人間関係のトラブルにフォーカスするのではなく、仕事を頑張りたいから転職をしたという内容にすれば前向きな理由になるので面接官にも好印象です。

病院の方針が合わないことが転職理由の面接での回答例文

新卒で入職し、最初は経営理念や医療方針に賛同できたのですが、看護師経験を積んでいく間に看護観が変わっていったことから、病院の方針と自分の看護観のずれを感じました。
私の看護観は、患者様にとってベストな治療やケアを提供することです。
貴院の、疾患の治療にとって最適の専門病院を紹介する、ヒューマニズムの精神で緩和ケアに取り組むなどの医療方針は、私の看護観と一致しておりますので応募させていただきました。」

病院の方針が合わない場合は、看護観の違いという点で伝えましょう。

経験年数によって看護観が変わるのは普通のことですから、応募先の医療方針をしっかり調べて、自分の看護観と一致していることをアピールしてください。

なお、転職サイトでは看護師の転職面接をプロのコンサルタントが無料でサポートしてくれます。

履歴書の添削や面接に同行してくれたり、推薦状を書いてくれる転職サイトもありますので、面接に不安がある方は必ず活用するべきでしょう。

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 代わりに給与や夜勤回数などの待遇交渉をしてくれる

看護師の転職率はどれくらい?

看護師の離職率はここ数年横ばいで約11%となっています。つまり10人に1人が転職していることになります。

ただ全職種の平均離職率は約12%ですから、看護師の転職率が特別高いわけではありません。

とはいえ看護師の約70%は1回以上転職すると言われており、人によっては5回以上転職をすることもあるので、看護師の転職は特別珍しいことではありません。

参考URL:https://www.iryou21.jp/column/kango06.html

看護師が転職理由を伝える際の5つの注意点

転職するには面接を受ける必要がありますが、ここで必ず質問されるのが転職理由です。

面接官にとって転職理由は雇う価値があるのか、きちんと働いてくれるかを見極める大事な要素です。

嘘で取り繕う必要はありませんが、面接官から見てマイナス要因となる転職理由では不採用になるかもしれないので、理由を伝える時の注意点を把握しておきましょう。

転職先にも該当しそうな理由は言わない

転職理由を伝える時に重要なのは、転職先に該当しそうな理由を言わないことです。

たとえば「看護師の年齢層が高いせいで話を合わせるのが難しかった」「残業が多かった」という理由を言って、「当院の看護師も年齢層は高いです」「うちも残業が多いです」と言われた場合、取り繕いようがありません。

転職先に該当するかもしれないことは事前に調査をすれば分かるので、仕事内容や病院の情報をしっかり調べておきましょう。

前職への不満や批判はしない

前職に不満や批判があった場合、それを転職理由として言いたくなるかもしれません。

しかし、仮にもそこで働いてお給料をもらっていたのですから、不満や批判をするのは止めましょう。

特に「経営がいい加減で昇給がなかった」「管理職のえこひいきがひどかった」など、内部の人しか知らないような情報を外部にもらすのはルール違反です。

面接官の立場からすると「うちを辞めた場合、転職先で何を言われるか分からない」という印象にしかならないのでマイナスポイントになります。

人間関係に問題があっても言わない

先輩看護師の指導が厳しい、医療チームの結束ができていないといった人間関係の問題で転職するとしても、その問題は転職理由にしない方が良いでしょう。

もちろん職場にも問題があるのかもしれませんが、人間関係のトラブルは周りのせいだけではありません。

本人の態度や仕事への姿勢などでも人間関係は悪化することがあるため、面接官は客観的に捉えて本人にも問題があるのではという可能性を考えます。

人間関係の問題は双方の意見を聞かないと一方的な意見のため善悪の判断がつかないので、口にしないのがベストです。

給与や待遇を転職理由にしない

看護師の転職理由ランキングの9位にも入っていますが、給与や待遇のせいで転職をするというのは面接官にネガティブな印象を与えます。

給与や待遇への不満で転職となると、条件だけで仕事を選ぶ人というイメージになります。

もちろん給与は大事な条件ですが、そこだけに固執すると良い印象はもたれません。そして好条件の求人があればすぐに辞めると思われてしまうので採用もされにくくなります。

嘘の転職理由を作らない

前職への不満や給与など、たとえそれが転職理由であっても言わない方が良いことはいろいろありますが、だからといって嘘の転職理由を作るのは止めましょう。

たとえば咄嗟に「キャリアアップのため」という嘘の理由を言ってしまうと、面接官からどういったキャリアアップを目指すのか、当院の何がキャリアアップとリンクするのかなど詳しい内容を尋ねられた場合、しどろもどろになってしまうかもしれません。

特に百戦錬磨の面接官は嘘に敏感ですから、いい加減なことを言うと信頼を失うことになります。嘘をつくなら何を質問されても完璧に答えれるほど、明確な答えを複数のパターン用意する必要があるでしょう。

看護師のキャリアアッププランまとめ|役立つ資格や年収アップの方法!

転職理由のある看護師におすすめのサイトランキング

1位:業界大手の看護のお仕事

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 年収600万以上の好条件求人が多数ある
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

※東京都の○○と出てくる場合がありますが、全国に対応しています。

2位:実求人数No.1のマイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 月給40万↑の優良非公開求人が多数
  • マイナビの知名度に恥じない求人数
  • 離職率の高い病院やブラックは紹介しない
マイナビ看護師の口コミ評判!利用者の口コミから分かる日本最大級の転職サイトの秘密

3位:採用率91.3%のナースパワー

ナースパワー人材センター

ナースパワー_公式
年代20代~50代 雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国どこでも
業界医療専門職その他
ポイント
  • 独自の応援ナース制度が大人気
  • 転職サイトでは珍しく全国16箇所に拠点がある
  • 採用率91.3%と業界トップレベル実求人数も業界で最多
ナースパワーの口コミ評判を徹底紹介!91%の看護師が採用されるって本当?

看護師の転職理由ランキングまとめ

将来なりたい職業の人気ランキングでは、昨年の6位からランクアップして4位となっている看護師ですが、そんな憧れの職業に就いても転職をする看護師は少なくありません。

転職は一大決心が必要かもしれませんが、どんな理由であれ職場を変えたいという気持ちがあるようでしたら、早めに決断をして行動するのが一番です。

書類選考や面接は、ご紹介した回答例を参考にしっかり対策を立てておけば突破できますから、より良い看護師人生を送れるように転職成功を目指して頑張ってください。

人気BEST 15看護師転職サイトランキング