夜勤なし看護師の給料(年収)は高い?安い?夜勤なしで生活は可能?

夜勤なし_看護師_給料年収

夜勤なしの看護師の給料(年収)は高い?安い?

夜勤なし看護師の給料(年収)は基本給や病院によって異なりますが、夜勤手当がない分、年間50~100万ほど夜勤ありの看護師と比べると年収が低いです。

夜勤なし看護師の場合、年収が400万以下になったというケースも珍しくありません。

ただ、夜勤なしの分日々のQOLは上がりますので、この数字を高いと思うか安いと感じるかは人次第でしょう。

安いと感じる場合は夜勤ありで働くか、基本給の高い病院への転職が給料アップへの近道です。

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 月給40万↑の優良非公開求人が多数
  • マイナビの知名度に恥じない求人数
  • 離職率の高い病院やブラックは紹介しない

参考:厚生労働省職種別賃金額

夜勤ありの一般的な看護師の給料や年収

なお、厚生労働省の賃金構造基本統計調査の職種別賃金額によると、一般病院の看護師の平均月収は約29万円、平均特別賞与は約78万円なので、平均年収は約426万円となります。

ただし、この調査の看護師というカテゴリーには保健師や助産師なども含まれているので、看護師だけの平均年収は450万円から500万円ぐらいになるといわれています。

女性社会人の平均年収は約370万円ですし、全職種の平均年収も約490万円なので看護師の年収はけっして低くはありません。

看護師は夜勤なし日勤のみの給料で生活できる?

看護師_夜勤なし_給料_年収_生活はできる

夜勤があると、生活習慣が不規則になったりプライベートな時間が確保できなかったりするので、日勤だけの職場で働きたいという看護師は少なくありません。

しかし、夜勤手当は看護師の年収を底上げしているので、日勤のみのお給料になったら生活ができるか不安もあるはずなので検証してみました。

生活レベルによっては夜勤の必要はなし

結論からいうと、日勤のみで生活をすることは十分に可能です。

極端な例になりますが、ワンルームに住んで家賃や光熱費を抑え、食費も節約して必要最低限のものしか買わないという生活であれば、夜勤をしなくても貯金もしつつ十分に暮らせます。

逆にある程度自由に衣食住にお金をかけて、趣味やプライベートを充実させたいという場合は、日勤のみのお給料では毎月赤字になってしまいます。

病院によっては日勤だけはきついこともある

平均年収で見ると夜勤手当なしの場合、年間の収入は50万円から100万円ほど減ると考えられます。

看護師は一般企業のOLよりは高収入と言われていますが、これは基本給が高いわけではなく、夜勤や残業など手当てが高額だからです。

つまり基本給が低い病院で働いている場合、手当がつかなくなったら相当な収入源となるため、今の生活水準を保つなら日勤だけで生活するのはかなりきつくなる可能性があります。

なお、看護師の平均的な基本給与額は大卒の新卒看護師で約20万円、勤続10年の看護師で約25万円となっています。

看護師の年収データを徹底調査!平均給与額から考える年収を上げる方法

余裕のある生活をしたいのであれば転職サイトを使うこと

お金目当てで看護師になったわけではないとは言え、生活をするためだけに仕事をしている方は少ないでしょう。

毎日頑張って仕事をしているのですから、美味しいものを食べたり旅行に行ったり、メイクやおしゃれにお金をかけるなどある程度余裕のある生活を望むのは当然のことです。

それでなくても看護師はハードな仕事ですから、生活に余裕や楽しみがないと体にも心にも負担をかけてしまいます。

最低限のレベルの給料では、いくら生活はできても体調を崩したり心が病んでしまったりするかもしれません。

とはいえ、夜勤で体を酷使して給料がアップしてもそれはそれで体を壊すリスクは減らないので、基本給が十分じゃない職場で働いているのであれば転職をしましょう。

世の中には日勤でも普通の生活ができる待遇の職場がたいくさんありますし、非公開求人と呼ばれるものには信じられないほど高待遇の求人案件もあります。

また、転職サイトはエージェントにこちらの希望条件(基本給○○以上、夜勤なしなど)を提示すれば、それに合った求人案件も紹介してくれます。

そのため、転職をすることで生活の心配をすることなく日勤のみの職場で働けます。

夜勤なしの看護師の職場の種類と働き方

病棟外来

外来は診察時間が決まっていますし、大きい病院であれば予約制を取っているところも多いため、夜勤はもちろん残業もほとんどないのが魅力です。

一般的な勤務時間は8時から17時ぐらいまでなので、普通の仕事と同じような働き方ができます。

病院によって土曜日は出勤になることもありますが、基本的に日曜日は休みになるため、子育てと仕事も両立しやすい職場です。

規模の大きい病棟外来であれば内視鏡室やオペ室など専門性の高い外来もありますから、夜勤がない職場を希望している人だけでなく、新しいスキルを身につけたい、キャリアアップしたいという方にもおすすめです。

看護師のキャリアアッププランまとめ|役立つ資格や年収アップの方法!

介護施設

介護施設というと特別養護老人ホームなど夜勤がある施設というイメージがあるかもしれませんが、今は介護施設でも多様性があり、夜勤のない職場もたくさんあります。

たとえば要支援または要介護認定1~5を受けている人を対象にしたデイサービス、身体能力の回復や維持をサポートするデイケア、障害を持つ小学生から高校生までの子供が通う放課後等デイサービスなどであれば、夜勤なしで働けます。

介護施設の場合はどうしても月収が低くなりますが、完全に昼間だけの勤務ですし、複数のスタッフでサポートを行うので、シフト調整がしやすいですし、不測の事態であれば遅刻や早退にも柔軟に対応してもらえます。

また、コミュニケーションを重視した仕事内容となっていて、緊迫感のある労働環境ではありませんから、メンタル的な負担が少ないというメリットもあります。

美容外科や皮膚科など専門的なクリニック

最近増えている美容外科や皮膚科などの専門的なクリニックも、病棟外来と同じく夜勤がない職場です。

ただし美容外科などはオフィス街や繁華街にあることが多く、診療時間が長いため実働時間は8時間ですが、遅番の場合は21時ぐらいまで勤務しなくてはいけない職場もあります。

また、土日も営業しているところが多いので、平日のみの日勤が希望という方には向いていないかもしれません。とはいえ、夜勤ありの病院で働くよりはずっと楽です。

特に専門性が高かったり人気があるクリニックになるとお給料も高めで、仮に個人経営であっても福利厚生がしっかりしているので待遇は期待できます。

看護師は福利厚生も重要!福利厚生が充実+人気の病院ランキングも紹介

土日の勤務に関してもシフト制が一般的ですので、病院のようにまったく休めないというわけではありません。

小さい子供がいる家庭の場合は育児との両立は難しいかもしれませんが、小学校高学年以上の年齢であれば育児との両立も難しくはないでしょう。

美容クリニックに1年目看護師が転職した方法!高収入で休みも取れて最高!

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションは夜勤なしの職場では比較的給料が高く、需要も多いので求人も見つけやすいでしょう。

訪問看護なので病院などに勤務するより拘束時間も短いため、家庭との両立をしたい方はもちろん独身でプライベートの時間を確保したいという方にも人気があります。

ただし、訪問看護は基本的にチームではなく一人で患者さんを担当します。治療方針などは医師が決定しますが、看護をするのは自分だけですから、それなりの責任がありますし看護技術も必要です。

その分、他の仕事よりも待遇が良いのが魅力ですが、仕事内容と自分のスキルが合っているかをしっかり見極めなくてはいけません。

自分だけで判断できない場合は、転職サイトのエージェントなど仕事内容に精通している第三者に判断してもらうのがおすすめです。

フィールドナース

フィールドナースは医療機器メーカーで自社製品のプロモーションをする仕事で、営業スタッフと病院やクリニックを回ってプレゼンテーションをしたり、自社製品の説明会を開いたり、納入後のアフターケアをするのが主な業務になります。

つまり、一般的な看護師のように診察補助や入院患者のサポートをするような仕事ではなく、職場も一般企業になりますから当然夜勤はありません。

また、完全週休二日で年収も看護師より高額になりますので、看護師らしさのない仕事内容でもお金が稼げれば良いという方にとっては魅力的な職場です。
ただし、高待遇案件なので競争率が高いことに加え、担当エリアによっては出張が多いためアクティブに活動するのが苦手な方は体力的に厳しいかもしれません。

とは言え、年間休日も多く年収も500万円以上という求人案件もありますから、待遇重視の方は転職サイトの非公開求人を狙ってみるのもおすすめです。

看護師の年間休日の平均は?120,130日以上の職場の探し方も紹介

保育施設

保育施設に看護師がいるのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、児童福祉施設の設備及び運営に関する基準では、「乳児4人以上を入所させる保育所は保健師、看護師又は准看護師を一人に限って保育士と見なすことができる」となっています。

また、「乳幼児10人以上の施設では2人以上、10人ほど増える場合は1人以上の看護師を置くこと」とされています。

これらは法律的な義務ではありませんが、安全という観点からも保育士不足という観点からも自主的に取り入れている施設が多く、それに伴い看護師を募集する施設も年々増加しています。

保育施設では病気や怪我をした子供の手当だけではなく、保育士の補助をしたり担任を受け持ったりすることもあるようですが、仕事内容に関しては施設ごとに異なるので確認をしておくといいでしょう。

保育施設の看護師年収は決して高いとは言えませんが、それでも日勤看護師と同じぐらいはもらえますし、パートや非正規雇用であれば時給は高めに設定されています。

夜勤なしや働きやすさを重視しており、雇用形態にこだわらない方であれば待遇に関して不満を感じることもないでしょう。

看護師が夜勤なし(日勤のみ)で働くメリット

健康を維持できる

夜勤がある職場は一般的にシフト制ですから、どうしても生活時間が不規則になります。

人間の体は朝起きて昼に活動し、夜になったら眠って体を休めるという体内時計に従ってあらゆる機能が働いています。

夜勤では夜通し起きていますから、体内時計に従うことはできません。しかし、日勤では体内時計に従って活動できます。

このように日によって生活活動が変化すると、体内時計が狂ってしまうため、体の機能が正常に働かなくなったりホルモンバランスが乱れたりします。

特に女性はホルモンの影響を受けやすく、不規則な生活をしていると婦人科系の病気や慢性的な冷え性、腰痛などが起こるリスクが高くなります。

日勤であれば規則正しい生活習慣を送れるので、今までの不具合が調整されて健康を維持できます。健康はお金で買えるものではありませんから、健康体になれるのは夜勤なしで働く一番のメリットと言えるでしょう。

人と時間を合わせやすい

夜勤があると、次の日がお休みであっても昼間に睡眠を取らなくてはいけません。

特に夜勤前日は夜に眠くなったりしないように昼間に体を整える必要があるので、例えシフト制であってもプライベートな時間を確保するのが難しいでしょう。

日勤だけであれば、仕事終わりに友達を会ったり家族とゆっくり過ごしたりできますが、夜勤があるだけで仕事以外の時間も仕事のために使うことになります。

看護師のやりがいを取り戻せる

どんなに「看護師になりたい」と思って看護師として働くようになったとしても、過酷な労働環境ではだんだんとやる気を失ってしまうものです。

もちろん患者の容態はいつ急変するか分からないので、24時間看護は命を守る為に必要ですし、夜勤看護師はその重要な任務を担っています。

とはいえ体の疲弊は心にも影響しますし、夜勤と日勤を交互に繰り返しているとホルモンバランスの乱れでネガティブな思考に陥りやすくなり、やりがいを感じられなくなります。

日勤であれば生活習慣も整って心も体も健康になるので、看護師の仕事への向き合い方も変わります。

日勤のみ看護師の給料(年収)の平均は?どんな職場がある?

夜勤なしの給料でも生活できる看護師の職場の探し方

条件に合う求人募集が出るまで待つ

残念ながら夜勤なしの求人案件はそれほど多くないので、条件に合う求人募集が出るまで地道に待つというのも1つの方法です。

もちろんただ漠然と待っているだけでは見つけられないので、毎日複数の転職サイトをチェックしたり、紙媒体の求人情報を確認しなくてはいけません。

ただ、この方法は完全に運任せになるので、すぐに見つかることもあれば、何ヶ月経っても見つからないこともあります。

自分で条件交渉をする

日本人向きとは言えませんが、「夜勤なし」以外で自分の希望条件にぴったりの求人募集を見つけたら、自分で条件交渉をして日勤だけにしてもらうという方法もあります。

ただし、条件交渉をするにはそれでも雇いたいと思わせるスキルや経験が必要です。普通の看護師が持っているだけのスキルだったり、経験年数が3年しかなかったりすると、条件交渉をしても呑んではもらえません。

日本人の性格的に自分で交渉をしても上手くいく可能性は低いので、無料で自己アピールの書き方や面接対策をサポートしてくれる、転職サイトに相談してみるのもおすすめです。

看護師専門の転職サイトで探してもらう

夜勤なしで十分な待遇の求人案件を見つけるには、看護師専門の転職サイトで探してもらうのが一番です。

看護師専門の転職サイトには、一般の求人媒体では掲載されていない求人情報が数多くあります。

また、病院だけではなく看護師資格が活かせるさまざまな仕事の情報があるので、夜勤なしの求人案件もたくさん取り扱っています。

無料登録をすることで専任のアドバイザーが希望に合った求人案件を探してくれたり、面接の設定や履歴書の書き方、条件交渉などさまざまなサポートをしてくれるので、数が多いとは言えない夜勤なしの求人案件を見つけられる確率もぐんとアップします。

夜勤なしで転職したいという希望以外にも、転職に関係することなら何でも相談に乗ってくれますから、気軽に利用してみましょう。

【2020最新】看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!21社の口コミや選び方を徹底紹介

夜勤なし看護師の給料まとめ

日勤看護師になると、夜勤手当がないぶんどうしても収入は低くなりますが、すべての職場で低くなるとは限りません。

勤務先によって労働条件は違うので、日勤だけでも高収入を得ることは可能ですし、転職をすることで給与の下がるリスクを抱えたまま仕事を続ける必要はなくなります。

転職サイトには夜勤なしかつ高待遇の求人が豊富なので、夜勤なしで働きたい看護師の方はまずは無料登録をすることをオススメします。

夜勤なしで働きたい看護師におすすめの転職サイトランキング

1位:業界大手の看護のお仕事

職場のリアルが分かる転職 看護のお仕事

看護のお仕事LP
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 転職先の内部事情が分かる
  • 12万件以上の事業者情報がある
  • 給与や夜勤回数などの待遇交渉をしてくれる
看護のお仕事の口コミ評判と使い方!転職に使うメリットやデメリットも紹介!

公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/
※東京都の○○と出てくる場合がありますが、全国に対応しています。

2位:実求人数No.1のマイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師_広告
年代全年代 雇用形態正社員.契約社員.派遣社員,アルバイト,パート
対象エリア全国
業界医療専門職事務/アシスタントその他
ポイント
  • 月給40万↑の優良非公開求人が多数
  • マイナビの知名度に恥じない求人数
  • 離職率の高い病院やブラックは紹介しない
マイナビ看護師の評判!利用者の口コミから分かる日本最大級の転職サイトの秘密

公式サイト:https://kango.mynavi.jp/

3位:採用率91.3%のナースパワー

ナースパワー人材センター

ナースパワー_広告
年代20代~50代 雇用形態正社員・派遣社員
対象エリア全国どこでも
業界医療専門職その他
ポイント
  • 独自の応援ナース制度が大人気
  • 転職サイトでは珍しく全国16箇所に拠点がある
  • 採用率91.3%と業界トップレベル実求人数も業界で最多
ナースパワーの口コミ評判を徹底紹介!91%の看護師が採用されるって本当?

公式サイト:https://www.nursepower.co.jp/

人気BEST 15看護師転職サイトランキング