医療機関の社員や職員としてではなく、派遣社員として期間限定で働く派遣看護師は、メリットが多く、看護師資格保有者からの需要が高いです。どんなメリットがあるのかを説明しながら、おすすめの看護師専門の派遣会社をランキング形式で紹介します。今正社員看護師として働きながらも、転職が頭によぎっている看護師さんはぜひチェックしてみてください。

正社員看護師と派遣看護師の違いとは

正社員の看護師は就職活動の際に特定の医療機関と雇用契約を結び、その病院の常駐看護師として働きます。この点では一般企業に勤める正社員と何も代わりがありません。基本給に残業代や深夜手当が加えられる給与形態が一般的です。
正社員看護師に対し派遣の看護師は、勤務先の病院ではなく派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の病院で決められた期間働きます。勤務期間は派遣先によって異なりますが、1か月から最長3年、イベント派遣看護師の場合は1日で契約終了となることもあります。勤務時間がしっかりと決められているため定時で帰れる職場がほとんどで、家庭がある看護師やプライベートの時間を大切にしたいという看護師からは人気があります。

派遣看護師のメリットについて、ここからはA子とB子のやりとりでお送りします☆

 


看護師 A子

看護師免許を持つが、ハードな勤務に疲れ退職。

このままではいけないと思いながらも

あと一歩の勇気がない。

 

 

 


看護師 B子

派遣で看護師をしながら

自分のライフスタイルも大切にしている。

アクティブでチャレンジ精神旺盛。

 

 

 

とある昼下がりのカフェで….

a

どんな働き方が出来るのかな?
自分の時間は大切にしたいな

b

単発なら1日から出来るんだよ
巡回検診や採血の仕事なら1日単位であるし
お年寄りが多いからデイサービスや訪問看護なんかも結構求人あるのよね

b

高額時給の派遣は首都圏を中心に多いのよ。
東京だと2500円以上の求人もあるみたい。
あたしは効率よくサクッと稼いでいっぱい遊びたいの!
ある程度働いたら海外旅行に行くつもり


a

B子ったらちゃっかりしてるのね!
でも、あたしもなんだか出来そうな気がしてきた。
B子と一緒に旅行行きたいし
派遣に登録するだけしてみようかなぁ。

 

 

派遣看護師のメリット

正社員を辞めて派遣看護師になるメリットはたくさんあります。一体どのようなものがあるのでしょうか。

a

派遣のメリットがもっと知りたい!
どんないいことがあるの?

勤務時間がきっちり決められている

人気ドラマ「ドクターX」シリーズでは米倉涼子演じる医師・大門未知子は派遣医師として働き、残業や余分な業務はしないポリシーを持っていましたが、ドラマと同じく勤務時間がきっちり決められているのが派遣看護師の魅力。残業が発生する場合にはきちんと残業手当が支給され、仕事が深夜に及ぶ際には深夜手当を付けるように法律で定められています。残業が発生しやすい看護師にとって、勤務時間がきっちり決まっている派遣看護師は魅力に感じますね。休日出勤や急な呼び出しがないというメリットもあります。

必要のない会議の参加が不要

日常の業務に加えて何かと打ち合わせや会議が多いところが正社員看護師のデメリット。しかし派遣看護師になれば、多くの場合、会議や打ち合わせへの出席は不要です。

ドライな人間関係を築ける

先輩や同僚看護師、医師に患者さんと看護師が気を遣わなければならない人間は無数にいて、人間関係に悩んでしまう人は少なくありません。しかし、派遣看護師の場合は勤務期間が限定されているので、そこまで人間関係に振り回されることがありません。トラブルが起こった場合には派遣会社に相談できることが多く、心強い存在と言えますね。職場の人間関係に疲れている人は派遣看護師への転身を考えてみてはいかがでしょうか。

正社員ではできない看護師経験が積める

正社員看護師の勤務先は病棟が一般的ですが、派遣看護師では普段なかなか経験できない場所で看護師として働けます。
例えば旅行会社が主催するツアーに参加して働くツアーナースでは、旅行中に急病にかかったお客様の看護をします。もちろん仕事として同行するわけですが、同時に旅行気分を味わえるという理由で人気です。また運動会やお祭りなどのイベント時に、派遣看護師として活躍できます。

社会保険にも加入できる派遣会社多し!

派遣社員というと雇用保険や医療保険に入れないと思われがちですが、多くの派遣会社では社会保険加入制度を設けています。ある程度長期で働く場合には保険に加入できるので、安心ですね。

派遣看護師のデメリット

メリットが多いように思える派遣看護師ですが、デメリットも少なからず存在します。どんなデメリットがあるのかを知っておきつつ、転職を考えるようにしましょう。

b

デメリットも人によっては
ぜんぜん大した問題じゃなかったりするのよ。
あたしにとってはむしろ都合いい。

ボーナスが出ないことが多い

一般的な派遣社員同様に派遣看護師もボーナスが支給されないことが多いです。ボーナスがないために、正社員看護師と比較すると年収に100万円以上の差がつくことがあります。

残業手当や深夜手当が少ない

残業や深夜勤務がないことが多い派遣看護師にとっては手当が支給されにくいというデメリットがあります。しっかり働いてたくさん稼ぎたいと考えている看護師は、夜勤ありの病院がおすすめです。

常に新しい環境を探さなければならない

派遣先の病院がとてもいいところであったとしても、勤務期間が終了すればそこでお別れとなり、また新しい職場を探さなければいけません。新しい環境に身を置いたら、その病院のシステムや人間関係に慣れなければならないため、時間と労力がかかります。

派遣看護師になるのを決めた!おすすめの派遣会社はどこ?

派遣看護師になることを決めたものの、どこの派遣会社を使えばいいのかわからないという人のためにおすすめの派遣会社をランキング形式で紹介します。ぜひ参考にしてください。

第一位:スーパーナース

見事ランキング1位に選ばれたのは北海道から九州まで全国の派遣看護師求人を紹介するウェブサイト「スーパーナース」。内容は単発の仕事から長期のものまであり、充実した案件が人気の秘密です。「仕事と子育てを両立したい」「期間限定で働きたい」「しっかり働きたい」などさまざまなこだわりを設定して検索できるので、自分に合った派遣先を見つけられる可能性が高いです。全案件のうち60%は非公開求人であるため、登録することによって選択の幅が広がります。1993年の創業以来さまざまな案件を紹介した実績をもち、経験豊富なカウンセラーが書類添削から面接対策まで行ってくれるところもメリットのひとつです。
人気のスーパーナースですが、「ほかの派遣会社にはあったお祝い金制度がなかった」という声もありました。これはちょっと残念ですね。

第二位:スタッフサービス・メディカル

看護師だけではなく医療事務や介護士の仕事も紹介している「スタッフサービス・メディカル」が2位にランクイン。大手派遣会社のスタッフサービスが展開していることから数も質も充実していて、安心して登録できます。介護の求人もあるので、介護職にも興味があるという人にはぴったりですね。登録者の過半数が他業界からの転職であるため、医療業界は未経験という人でも安心して話ができるでしょう。
登録後はアドバイザーから書類の書き方や好感を持たれる面接の姿勢を教えてもらえます。ただしアドバイザーの質にばらつきがあるという評判もありました。
見事転職が決まった人にはお祝い金が支給されるので、転職活動にもやる気が出そうですね。

第三位:看護roo!派遣

全国に4万件もの求人を紹介している大手看護派遣サービスの「看護roo!派遣」が3位です。「看護roo!派遣」の転職サポートではただ派遣先を紹介するのではなく、病院の内部情報を登録者に伝えたうえで、一人一人に合った派遣先を紹介しています。手当のつけ方や派遣先の人間関係など人には聞きにくいことも相談しやすい点が魅力です。毎年2万人以上の看護師が「看護roo!派遣」を利用していて、満足度は96.2%と非常に高い数字を誇っています。面接対策や書類添削を受けたうえで、看護師の転職ガイドブックを読むこともできます。サービスが充実していますが、「面談の際に個人情報のことをかなり突っ込まれる」という評判もありました。すべてをあるがままに話す必要はないので、言いにくいことは言葉を濁してよいでしょう。

まとめ

派遣看護師として働くメリットはたくさんありますが、デメリットも少なからず存在するのでよく考えてから選びましょう。複数の転職エージェントを利用することによって、自分に合ったサービスがわかってきます。ランキング上位のものはそれだけ評判がいいので、まずは登録して話を聞いてみるといいでしょう。

★こちらのページもよく読まれています!