d21

そもそも第二新卒とは?

d22

一度は就職したものの、希望とは異なる職務内容であったり、さらなる挑戦を求めたりといった理由で、入社後まもなく転職するケースがあります。
このように入社後主に1年から3年手程度未満を目安にした転職者、退職者を「第二新卒」と呼んで新卒に近い採用を行っている企業があるのです。

第二新卒は完全な新卒者に比べると、基本的な研修やスキル習得の過程が完了しているとみなされ、企業の育成コストを削減できることから注目されています。
また、20代が中心となることから、そのポテンシャルにも価値を見出す企業が多いという特徴もあるでしょう。
そんな第二新卒者の転職ですが、新卒の就職活動とは少し事情が異なってきます。
ここで重要になるのは、転職エージェント選び。第二新卒の転職エージェント選びにはいくつかのポイントがあるのです。

なぜ第二新卒には転職サイトよりもエージェントをおすすめするのか

社会に出てあまり年数を経ていない第二新卒者。当然、転職は初めてのはず。就活の経験はあるけれども、転職なんて何から始めれば良いのか分からない人がほとんどです。リクルートエージェントの電車広告をご覧になったことはありませんか?

初めての転職、職務経歴書の書き方がプロ級の人なんて、まず、いません。

このキャッチコピーが全てを表しています。

そうです。初めての転職は職務経歴書の書き方すら分からない。当然、どうすれば希望通りの求人に出会えるか、自分の市場価値はどれくらいなのか、全くわからないのです。だからこそ、転職のプロにアドバイスしてもらって自分の強みを見つけることが重要。転職エージェントなら、履歴書や職務経歴書の書き方から面接の受け答えの仕方、求人サイトでは分からない企業の情報など様々なアドバイスをしてくれます。

転職サイト・転職エージェント比較

転職エージェントの方が転職に有利ということはお分かりいただけたと思います。では、具体的にどのような転職エージェントが良いのでしょうか。

第二新卒が登録すべき転職エージェントの条件

d23

第二新卒の転職エージェント選びで重要なことはいくつかありますが、今回はその中でも特に重要なものをご紹介します。

保有する求人数が多いかどうか

転職エージェントが保有する求人数が多いほど、単純に選択肢が広がる可能性がでてきます。
「総求人数」が大いに越したことはありません。しかし、やりたい仕事が決まっている人は「自分が希望する業界の求人数」にも目を向けてみましょう。
転職エージェントによって得意分野などがあるため、業界別の求人数にバラつきがあります。
複数の転職エージェントを比較しながら、自分が希望する業界の求人情報を多く保有するエージェントに狙いを定めてみましょう。
求人数で選ぶなら【リクルートエージェント】


業界トップクラスの求人数。非公開求人は総求人数の90%・約10万件。文句なしの転職実績No.1です。
当サイトが独自アンケートした結果でも、20代の若者が一番多く利用していた転職エージェントでした。
⇒リクルートエージェントの詳細

⇒リクルートエージェントの公式サイト

得意とする地域や拠点の数

業界と同じように、転職エージェントによっては得意とする地域が存在するようです。特に関東圏、関西圏は求人数が多いので転職エージェントの拠点も数多く存在します。
東京だけに拠点を構えている転職エージェントもあれば、全国の主要都市に満遍なく拠点を設けている転職エージェントもあります。
実際に拠点に出向くと、面接対策や各種相談、非求人情報公開といったサービスを受けられることもあります。
例えば地元での就職を希望しているのであれば、住んでいる地域に拠点を設けている転職エージェントを活用したいところです。
東京で働きたいなら【ハタラクティブ】


東京で働きたいという第二新卒の方なら、必ずここは押さえておくべきです。第二新卒からフリーター・既卒まで20代の若者の就業支援に尽力しているエージェント。未経験でも一から徹底的にサポートしてくれます。
職歴1年未満の職歴の浅い方から3年程度の方まですべての第二新卒の皆さんにとって転職の心強い味方となるでしょう。
⇒ハタラクティブの詳細

⇒ハタラクティブの公式サイト

 
地方でも大丈夫!【DODA(デューダ)】


DODA(デューダ)の強みは充実した転職イベントと、とにかく熱心なキャリアアドバイザー、それに豊富な非公開求人です。20代のみならず、各世代から非常に満足度が高かったという回答を得ています。
転職サイトとしても非常に見やすい作りになっていますので求人も探しやすいですが、非公開求人が8割以上ですのでまずエージェントに登録しないともったいないですね。
⇒DODA(デューダ)の詳細

⇒DODA(デューダ)の公式サイト

サポート、カウンセリング体制

転職エージェントによって転職希望者へのサポート、カウンセリング体制はさまざまです。
メールでのやり取りに終始する場合もあれば、専用の個室でエージェントとマンツーマンでのサポートを受けられる場合もあります。
また、電話でのカウンセリングを行っていることもあるでしょう。転職活動においては担当のエージェントとのコミュニケーションが重要になります。
特に地方の皆さんにとっては直接カウンセリングを受けたくてもなかなかエージェントの拠点に行くことは難しいもの。電話やメールでも丁寧に手厚くカウンセリングしてくれるエージェントを選びたいものですね。
20代に特化したサポート【マイナビジョブ20’s】


大手マイナビの中でも唯一の20代に特化したエージェント。進学・就活から若者の立場に立ったサポートをしているマイナビだからこそ、第二新卒の心細さや不安も理解した上で丁寧なカウンセリングをしてくれると評判です。
もちろん職務経歴書の書き方や履歴書の書き方など一から丁寧に指導。安心してなんでも相談しましょう。
⇒マイナビジョブ20’sの詳細

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

社会人経験が浅い人のための研修・実習制度があるところも

一口に第二新卒と言っても、経験年数にはかなりのばらつきがあります。例えば入社後半年を待たずに退職してしまった人と3年勤めた人では全く経験値が違います。第二新卒向けのエージェントの中には、そのような経験の浅い人や未経験の方向けにじっくりと研修を行ってくれるところもあります。入社後すぐにやめてしまった方、また、社会人経験のない既卒の方にはおすすめです。
無料で研修が受けられる【uzuzカレッジ】


未経験から正社員へ、研修も就活も完全サポート。ビジネスマナー、Word、Excel、実務体験など一通りのことを研修で身につける事ができるので、入社後すぐに辞めてしまった方でも安心して求職活動に臨むことができます。
⇒uzuzカレッジ(ウズウズカレッジ)の詳細

⇒uzuzカレッジの公式サイト

 

疑問 男性

せっかく就職できたのにすぐ辞めてしまうなんて根性のないやつだと思われないかな…

とにかく自信がないよ。絶対押さえておいたほうがいいオススメを教えて!!

ポイント 女性 右

いくつかご紹介しているように転職エージェントもそれぞれ特色が違います。求人数の多いエージェント、第二新卒に強いエージェントはそれぞれ押さえておきましょう。プラス、社会人経験が浅い方は研修や実習も伴ったエージェントで足固めをしておくと良いでしょう。

 

【第二新卒向け転職エージェントランキング】求人数で選ぶなら!

まず求人数が圧倒的に多い大手の転職エージェントから紹介していきます。自分に合ったエージェントを見つけてみてくださいね。

リクルートエージェント

リクルートエージェントが選ばれる理由

  • 非公開求人案件数が10万件
  • 圧倒的な「実績」と求人企業からの「信頼」
  • リクルートエージェントだけの独占求人案件数が多い

リクルートエージェントの特徴

おすすめポイント  数百社以上ある転職エージェントの中で総合第1位としてご紹介する転職エージェント。2015年実績で年間3万人、累計で約37万人以上もの転職成功者を生み出した文句なしのナンバーワン。
 対応エリア  全国(海外もあり)
年代・対象  20代~40代
 強みを持つ業種・職種  営業・サービス・金融・ITなどほぼ全ての業界を網羅

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)が選ばれる理由

  • テンプグループの企業としてこれまで培ってきた転職ノウハウが強み
  • マルチな対応力で質の高い転職支援サービスを提供
  • 非公開求人案件数約12万7千件(2017年2月現在)

DODA(デューダ)の特徴

おすすめポイント  パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社運営の、登録会員数346万人(2016年現在)を誇る大手転職エージェント。転職サイトとしての側面も持つ。あらゆる年代・職種・地域に対応、安定と信頼の転職サービス。登録して間違いはない。
 対応エリア  全国(海外もあり)
 年代・対象  20代~40代
 強みを持つ業種・職種  営業・サービス・金融・ITなどほぼ全ての業界を網羅

マイナビエージェント

マイナビエージェントが選ばれる理由

  • 求人の8割が非公開求人
  • 新卒就職サービスで培ってきた豊富なノウハウと実績
  • 書類選考や面接対策まできめ細かくサポート

マイナビエージェントの特徴

おすすめポイント 公開、非公開求人案件数は約3万5千件。徹底的なヒアリングで機械的や事務的ではない「ワンランク上」の上質なサービス提供と内定獲得率の高さで他の転職エージェントをリード。顧客満足度は非常に高い。
 対応エリア 全国(海外もあり)
 年代・対象  20代~30代、第二新卒に強みを持つ
 強みを持つ業種・職種  営業・サービス・金融・ITなどほぼ全ての業界を網羅

【第二新卒向け転職エージェントランキング】20代専門のエージェントなら

若年層の転職、就職支援に特化!ハタラクティブ


東京をはじめ、首都圏・一都三県を拠点とするハタラクティブは、第二新卒を含む若年層の転職および就職支援に特化した転職エージェントです。
利用者の大半(9割)が20代で、なおかつ内定率が8割超(2017年実績)といいますから、いかに若年層向けのサービスに注力しているかがわかりますね。
首都圏のみを対象としているものの地方在住者の東京での就職にも力を入れている上、専任のコンサルタントがしっかりとサポートしてくれることでも評判を呼んでいます。
また、社会人経験が一切ないという方でもしっかりと独自の自分発見カウンセリングによって、就職への道筋をつけてくれることもポイント。
第二新卒で初めての転職であれば、ぜひ候補の一つに加えておきたい転職エージェントです。⇒ハタラクティブの詳細はこちら

\サービスは全て無料/

⇒ハタラクティブの公式サイトはこちら

未経験分野への挑戦ならここ!第二新卒エージェントneo

こちらも20代の若手就職、転職希望者へ向けたサービスに特化した転職エージェントですが、サポートの手厚さと未経験でも応募可能な求人数の多さが評判となっています。
5000件以上の未経験可能求人を保有しており、求人応募へ向けたカウンセリングやアドバイス、書類添削と面接対策などが受けられるため、安心して活動を進めることができそうですね。
特に未経験分野への応募は自分の強みをアピールすることが難しく、一人では納得のいく転職活動を続けられない可能性があります。
このようなときに、客観的に自分の強みを分析、発見してくれるコンサルタントの存在は非常に心強いもの。強みやアピールポイントの発見から、模擬面接まで一気通貫でサポートすることで業界ナンバーワンともいわれる若手就職支援実績をたたき出していると評判のエージェントです。⇒第二新卒エージェントneoの詳細はこちら

\サービスは全て無料/

⇒第二新卒エージェントneoの公式サイトはこちら

マイナビグループが母体で安定性は抜群!マイナビジョブ20’s


就職情報サイトの「マイナビ」、転職情報サイトの「マイナビ転職」、そして人材紹介サービスの「マイナビエージェント」など、多数の就職・転職支援サービスを手掛けている業界大手のマイナビグループが母体です。マイナビは一般の転職支援サービスにおいても、独自のネットワークを駆使した求人情報に定評があります。
そんなマイナビが20代向けに特化した転職支援サービスとして提供するのが、マイナビジョブ20’sです。
若年層、とくに20代の転職事情に精通したキャリアコンサルタントが、自己分析や書類添削、面策のコツなどをサポートしてくれます。
また、東京・大阪・名古屋・京都といった拠点への訪問が難しい場合は、電話やメールでのサポートも提供可能。地方から都市部への転職希望者でも安心の体制が整っているようですね。⇒マイナビジョブ20’の詳細はこちら

\サービスは全て無料/

⇒マイナビ20’の公式サイトはこちら

パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)【TOKYO START LINE】

【TOKYO START LINE】 若者正社員チャレンジ事業とは、一度は就職したけれども短期間のうちに辞めてしまった、卒業しても定職に就けずニート状態になってしまった、など様々な理由を抱える29歳以下の若者を東京都が応援する支援事業です。
総合人材サービスのパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が公益財団法人・東京しごと財団からの委託を受けて運営しているので、その求人内容も安心。参加の条件は
大学や専門学校、高校等を卒業して3 年以上が経過しており、なおかつ下記の3条件を満たしていれば選考なしで参加出来るのです。

・卒業後、就職・就業経験がないこと。
・卒業後、非正規就業しか経験がないこと。
・2年以内に通算1年以上の正社員としての職歴がないこと。

専任担当スタッフが様々な相談に乗ってくれることはもちろん、実習期間に応じて最大10万円の奨励金が給付されたり、約20日間に渡って実際に職場を体験できる実習があったりと、本当に至れり尽くせりのサポート体制。これを利用しない手はありません!正社員を本気で目指すなら、ぜひチャレンジしてみて下さい。

⇒TOKYO START LINEの詳細はこちら

\サービスは全て無料/

⇒TOKYO START LINEの公式サイトはこちら

第二新卒での正社員を目指すなら「いい就職.com」

こちらは第二新卒者や既卒者へ向けて、正社員での転職、就職をサポートしてくれる転職エージェントです。
「いい就職プラザ」と呼ばれる就職サロンを東京、大阪、名古屋、沖縄に構えています。また、職種は営業系が約半数、従業員数が100人未満の中堅企業やベンチャーが4割を占めるなど、得意分野がはっきりしていることもポイント。ユニークな求人や、やりがいを求める転職者に向けてのサービスが充実しているうえ、就職サロンでは就職アドバイザーが親身に相談にのってくれると評判を呼んでいます。

⇒いい就職.comの公式サイトはこちら

 

拠点数ならナンバー1候補?ランスタッドの転職支援サービス

日本のみならず、世界中に拠点を構えている人材サービス会社が「ランスタッド」。オランダを本拠地としており、日本国内でも56にも及ぶ拠点を有しています。
このグローバル企業「ランスタッド」の日本法人が提供する転職支援サービスでは、第二新卒者向けに、20代から30代の若手転職希望者に向けた求人情報を保持しています。
ランスタッドは転職支援サービスを提供する以前から、日本国内において人材派遣会社として業務を行っていました。
人材派遣会社として蓄積してきた企業との結びつきや独自のネットワークを活用し、数多くの求人を保有しているという特徴があるものの、地方の求人は首都圏に比べてやや少なめです。⇒ランスタッドの詳細を見る

⇒ランスタッドの公式サイトはこちら

 

第二新卒での転職はスピード感が大切!

転職ナビ

第二新卒という言葉が普及しはじめたのは、2000年代中盤だといわれています。
それまで新卒が圧倒的に有利であった就職市場において、ポテンシャルと経験を兼ね備えた若手転職希望者が注目をあびるようになったのです。
そこから数年を経た現在、第二新卒者であっても新卒者と同等の条件で勝負できる土壌が整っているといえるでしょう。
しかし安心してのんびりと構えてしまっては、せっかくのチャンスも無駄になってしまいます。新卒者よりも一歩早く社会に出ているというアドバンテージを活かし、スピード感をもって転職活動に勤しむようにしましょう。
そのためには転職エージェントを上手に活用し、コンサルタントやエージェントと二人三脚で活動を進めてみてください。
単独で活動するよりも、きっと多くの機会や情報に触れることができ、良い巡り合いにたどり着ける可能性が高まりますよ。

エージェントに登録する際には、できるだけ複数の登録をおすすめします。一社だけでは見えなかった情報が複数登録することにより比較できるので、より優れた求人に出会えるかもしれませんよ

★こちらのページもよく読まれています!

第二新卒の就職・転職情報&NEWS

転職NEWS

ファッション好きの第二新卒・既卒の皆様に嬉しいお知らせ!

アパレル業界専門の転職エージェント・IDAでは特に第二新卒・既卒の皆さんの就業に力を入れています。ファッションはもちろん、コスメ・美容系の求人もあり、非公開求人も豊富。ファッション好きの方は今すぐチェックしてみて下さい!

⇒IDAの詳細はこちら

⇒完全無料のかんたんエントリー

転職NEWS

「東京しごとセンター」ってなんだろう?

上記の記事でもご紹介しましたが、【TOKYO START LINE】でも思うように転職活動がうまくいかない場合、同じく東京しごと財団が株式会社パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)に運営を委託しているサービスで「東京しごとセンター」というものがあります。当サイトでも詳しく記事にしていますので、こちらの記事も併せてご覧ください。
⇒東京しごとセンターの詳細を見る

東京しごとセンター(ヤングコーナー)の公式サイトもどうぞ。

⇒東京しごとセンター公式サイト