1
「派遣社員」として働くことには、例えば自分のペースに合った働き方ができたり、Wワークができたり、あるいは特定の職場だけに拘束されない働き方を実現できたりするなど、正社員にはない独特のメリットがあります。

そのため、正社員ではなく積極的に派遣社員として働くことを志望される方も決して少なくありません。

ところが、派遣社員を各企業に送り出す派遣会社には実に多数の企業がありますので、派遣社員として働く場合にどの派遣会社を選べば良いか迷ってしまいます。

そこで今回は当編集部の独自調査に基づいて、特に派遣社員の皆さんから評価が高い派遣会社をランキング形式で特におすすめのベスト4を紹介、その他のおすすめも併せて、合計8の派遣サービスを紹介すると共に、ランクインした各企業のメリットだけでなく、デメリットについても併せて紹介して参ります!

派遣会社総合ランキング


かなり細かく票が分かれましたが、総合的にマイナビスタッフの人気が最も高かったです。
他にもハタラクティブ派遣やアデコなど、大手の派遣会社がずらりと並んでいます。

N0.1 マイナビスタッフ

マイナビスタッフは「マイナビ」の名称からわかるとおり、求人情報や人材紹介分野で日本最大級の企業であるマイナビ社のグループ企業が運営する派遣会社です。

全国8ヶ所に登録拠点があり、同社が有する派遣や紹介予定派遣の求人数は2000件を超えています。

経験とノウハウ、企業としての信頼性、全国的なネットワークと安心感が高く、利用しやすい人材派遣会社がマイナビスタッフです。
⇒マイナビスタッフの詳細を見る

\ 無料登録で求人を確認する /

⇒マイナビスタッフの公式サイト

マイナビスタッフのメリットとは

紹介予定派遣求人数が充実

マイナビスタッフの代表的なメリットであり強みと言えるのが、紹介予定派遣です。
紹介予定派遣求人数が400件超(2017年4月現在)と豊富な数を誇っています。
しかも同社の紹介予定派遣の求人先には、転職が難しいと言われるメディア業界の企業が多数名を連ねています。
紹介予定派遣を通じて正社員への転職を図りたい方、特にメディア業界への転職を目指している方にとって頼もしい派遣会社と言えます。

大手企業の求人に強い

マイナビスタッフは、マイナビを通じて築いてきた大手企業との信頼関係やネットワークという強みを背景に大企業や大企業のグループ企業の求人も充実しています。
2017年4月現在で約2千件の求人件数の中で大手企業は1千件以上
求人の過半数が大手企業で占められているのです。

未経験歓迎の求人も400件以上!

マイナビスタッフは「未経験歓迎」の求人も400件以上と充実しています。
そのため派遣初心者となる方や、未経験業務にチャレンジすることでキャリアを積みたいとお考えの方々にとって就業機会を得やすい人材派遣会社と言えます。

マイナビスタッフのデメリットとは

未経験歓迎求人が多い=時給単価が低い求人が多い

「未経験歓迎」という求人はそれほど高度なスキルや経験を問われる仕事ではないため、時給単価が低い案件が多くなります
勿論高額時給の仕事もありますが、他の人派遣会社より相対的に時給単価は低めです。

営業担当者等の対応にバラツキがある

スタッフ数が充実している大手派遣会社では例えば面接担当者は大変熱心で丁寧だったが、営業担当者は事務的で熱心ではない等、担当者による当たりはずれが生じやすいのですが、残念ながらマイナビスタッフも例外ではありません。
熱心にサポートしてくれたという声がある一方、電話だけの事務的な連絡や対応に不満を感じたといった様々な評価がありますので、その点は割り切って利用する必要があります。

N0.2 ハタラクティブ派遣

「ハタラクティブ派遣」は2005年創業で、中堅ながら成長著しい人材紹介会社であるレバレジーズ株式会社が運営しています。

ハタラクティブ派遣の一番の特徴は、紹介予定派遣の求人数や正社員化率で高い実績を誇っていること。

「紹介予定派遣」に特化した派遣会社と言って良いぐらい、紹介予定派遣を通じた転職支援サービスに力を入れています。

⇒ハタラクティブハケンの詳細を見る

\ 紹介予定派遣なら /

⇒ハタラクティブハケンの公式サイト

ハタラクティブ派遣のメリットとは

82%以上という抜群の正社員化率

紹介予定派遣のゴールは、派遣期間終了後に派遣社員が派遣先に採用されることです。
紹介予定派遣の求人数が多くとも正社員になれなければ、派遣会社を高く評価することはできません。
その点でハタラクティブ派遣の正社員化率はなんと82%以上!
一般的に5割前後と言われる紹介予定派遣の正社員化率において、抜群の実績を誇っています。

最短1日も!スピード就業を実現している

紹介予定派遣は、派遣先が派遣社員を(合意の上で)雇用することが前提となるため、一般派遣と異なり、社員採用なみの選考が行われることが珍しくありません。
ハタラクティブ派遣は求人企業からの信頼が厚く、紹介予定派遣でも即決受け入れが決まる場合がほとんどです。
その結果、最短1日という超短期での就業スタートも可能です。

「未経験OK」の求人数が充実している

雇用が前提となる紹介予定派遣では、即戦力として活躍できる人材へのニーズが高くなる傾向があります。
そのような中、ハタラクティブ派遣では540件以上(2017年4月現在)もの「未経験OK」の求人案件を保有
就業経験がない、あるいは乏しい既卒者やフリーター、第二新卒といった方々でも紹介予定派遣を通じて社員になれる機会を提供しています。

ハタラクティブ派遣のデメリットとは

正社員として採用されるかどうかに一定期間を要する

紹介予定派遣は制度上一定期間、派遣社員として働く期間が必要になります。
派遣社員として働く期間は給料を受け取れますし、そうした期間があることで就職先とのミスマッチ防止にもなりますが、一般的な転職方法より採否確定までに時間がかかってしまいます。

中小企業の求人案件の方が多い

ハタラクティブ派遣が紹介する求人企業には有名企業や大企業もありますが、全体としては中小企業の割合が高いです。
そのため、就職先を大企業へこだわった場合には十分な紹介を得にくくなります。

地域が関東圏に限られる

ハタラクティブ派遣に登録している求人企業は関東圏が中心です。
関東圏以外の地域を希望した場合には十分な求人企業の紹介を得にくくなります。

No.3:アデコ


アデコはスイスに本社があり、日本のみならず世界60カ国で事業展開を行なっているインターナショナルな外資系企業です。

そうした外資系企業ならではの特徴と共に、日本法人においては日本特有の派遣市場にマッチした派遣サービスを展開することで、近年、派遣登録者はもとより、派遣先企業からの評判もうなぎ登りであったことから第2位となりました。

外資系企業であるため紹介求人の中にも外資系求人が多く、外国語が得意な人にはおすすめです。
翻訳や通訳などの求人も目立ちます。

\ 外資系にも強い /

⇒アデコの公式サイト

アデコのメリットとは

登録者の同社に対する満足度が大変高い

派遣社員の皆さんを対象とした各種の派遣会社に対する「満足度」調査において、アデコ社は1位をはじめとして多くの調査で上位にランクインしています。
アデコは派遣登録者に対して仕事の紹介を行う担当者(コーディネーター)の対応力を大変重視していますが、このコーディネーターの高い対応力が派遣社員の皆さんの満足度として反映されています。

登録者の派遣先に対する満足度も高い

派遣社員の満足度の高さはアデコに対する満足度だけではありません。
アデコを通じて紹介される仕事案件に対する満足度が高いことも、同社の特長としてあげられます。
具体的には派遣先の職場環境や、勤務条件、給与水準などがあげられますが、これらに対してアデコに登録している派遣社員の皆さんは高く評価しています。
それだけアデコが派遣社員が満足するような条件での派遣先を獲得しているから、ということが言えそうです。

アデコのデメリットとは

派遣先の紹介に時間がかかったり、それほど希望していない職種を提案されたりする場合がある

アデコ社はメリットして紹介したとおり、派遣先の勤務条件などに対する満足度が高いことがメリットとしてあげられますが、やはり好条件での派遣先というのはどうしても数が限られてきます。
その結果、同社から派遣先を紹介されるまでの時間数は他派遣会社より長いといった口コミがデメリットとして時々聞かれます。
また、ようやく紹介を得られたとしても、その職種が第一志望の職種内容ではなく、希望とは異なる場合があるとの口コミも見受けられますが、この点は時間がかかるという事情と共通した背景と考えられます。

No.4はたらこねっと

バイトルなどでおなじみのディップ株式会社が運営する「はたらこねっと」も、派遣では日本最大級の求人情報サイトでしょう。
事務系の求人を中心に、介護や看護などの医療系求人、大人気のITエンジニア・WEBクリエイターなどIT系の仕事、販売や軽作業・工場系の仕事まで多種多様の業種が探せます。

\ 大人気のITやWEBのお仕事も! /

⇒はたらこねっとの公式サイト

はたらこねっとのメリット

匿名で企業にアピールできる「キニナル」とは

気になった企業があっても、自信がなくてエントリーに踏み切れない…そんな時は匿名で自己PRが企業に送れる「キニナル」機能を活用しましょう!
興味のある求人の詳細ページから「キニナル」をクリック。簡単なレジュメの記入であなたの業務経験や強みをアピールできます。その後、企業からの反応を見て、正式にエントリーするもよし。気軽に就活に役立てて下さい。

スカウトメールで賢く転職!

まず登録したら次にやっていただきたいのがレジュメの登録。スカウトメールの受信をONに設定しておくと希望とマッチングした企業からのスカウトメールが届きます。使う毎に応募や閲覧など、行動したパターンからあなたのデータがアップデートされ、はたらこねっとがマッチングした企業を探しやすくなります。そのためにもレジュメはしっかり充実させておきましょう。

はたらこねっとのデメリット

国内最大級の膨大な求人量がむしろ使いにくい?

利用者が口をそろえて言うのは、とにかく求人の数が豊富なこと!しかし、だからこそお仕事につながりにくい場合も。優良求人が比較的多い人気のサイトだからこそ、おいしい条件の仕事には希望者も殺到するのです。その結果、何度トライしてもお仕事にたどり着かない…という声もあります。確実に仕事をGETする為に、ありとあらゆる機能をフルに活用してみましょう!

番外編:ITの派遣なら!パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフは人材派遣No.1企業であるテンプスタッフのグループ企業であるテンプスタッフ・テクノロジー社と、「DODA」で抜群の知名度を誇るパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社の派遣部門が統合されて生まれた企業です。

2017年1月に設立されたばかりですが、人材派遣会社としての経験と実績、ノウハウといった点で決して他の人材派遣会社に引けを取りません。

\ エンジニアやクリエイターならこちら /

⇒パーソルテクノロジースタッフの公式サイト

パーソルテクノロジースタッフのメリットとは

福利厚生が充実している

パーソルテクノロジースタッフのメリットとしてまず挙げられるのが、福利厚生制度の充実です。
有給休暇や育児休暇、無料健康診断はもとより、

●全国160ヶ所あるコナミスポーツセンターをはじめとした大手スポーツクラブを法人会員価格で利用できる上、更に月4回まで補助金も貰える

●子供の送迎や家事をサポートしてくれるチャイルドケアサービスを特別料金で利用可能

等、派遣社員にとって心強い福利厚生サービスが充実しています。

エンジニアやクリエイターとしてのスキルアップ支援制度がある

パーソルテクノロジースタッフには、特定の資格を取得した場合にインセンティブとして給与に補助金を上乗せしてくれる制度や、ビジネススキルや実務を学べる研修講座などを特別価格で受講できる制度があります。
これらの支援制度を活用すれば、少ない負担でスキルアップを図れる他、キャリアアップにも繋がる資格取得も実現できます。

残業と無縁な「時短」派遣案件も充実

エンジニアやクリエイターは職種上、例えば納期間近になれば残業や土日出勤を要望される場合が多々生じます。
ところがパーソルテクノロジースタッフでは1週あたりの稼働日数や1日の労働時間を短くできる「時短」可能求人案件が充実しています。
そのため、エンジニア業界人が羨みたくなるようなワークライフバランスの実現を図ることも可能です。

パーソルテクノロジースタッフのデメリットとは

IT・WEB分野やエンジニア以外の仕事紹介には対応していない

パーソルテクノロジースタッフはIT・WEB分野や機電等のエンジニアやクリエイターに特化した人材派遣会社です。
それら以外の分野や職種での派遣先の紹介は原則受けることができません。

未経験だと紹介を得にくい

パーソルテクノロジースタッフの求人企業に対するセールスポイントは、専門的なスキルや知識を有する優秀なエンジニアを派遣することにあります。
そのため、未経験の方は派遣先の紹介を得にくくなります。

時短案件はあるが、単発での派遣業務はあまりない

パーソルテクノロジースタッフは時短案件は充実しているものの、超短期や単発の仕事はあまりありません。
単発の派遣で時々働きたいと考えているエンジニアの方にとっては不向きな人材派遣会社と言えます。

テンプスタッフ


派遣会社の代名詞的存在と言っても良いぐらい、長年の実績と利用者数を誇るのがテンプスタッフであり、当編集部の調査においても多くの支持を集め、堂々1位となりました。

テンプスタッフのメリットとは

全国的なネットワークがある

何と言ってもテンプスタッフのメリットは、全国をネットワークした大企業ならでは組織体制があることです。
そのため、特に勤務地については全国レベルで柔軟に選択できる点がテンプスタッフのメリットであり、強みでもあります。

上場企業としての安心感

派遣会社の給与は派遣会社を通じて支払われますので、派遣先が大丈夫であっても派遣元が倒産すれば、給与を受け取れないといった心配もあります。
その点で、テンプスタッフは売上高5千億円以上、東証一部上場の超優良企業であり、派遣会社としてだけではなく一企業として圧倒的な信頼感があります。
そうした信頼感は登録している派遣社員だけでなく、派遣社員を受け入れる企業側にとっても大切なことです。
その結果、信頼性を重視する優良企業からの派遣依頼が数多く寄せられるため、その分大手優良企業の派遣社員として働くチャンスも多く得られることになります。

テンプスタッフのデメリットとは

社員数や支店が多数あることで対応がマチマチな面がある

テンプスタッフは多数の支店と社員数を抱える大企業であり、基本的なシステムやサービスは全国共通であっても、個々の社員の人格や細かな対応力まで完全に一致している訳ではありません。
そのため、社員によって多少横柄な対応であったり、きめ細かく対応してくれなかったり、対応が事務的であったりといったことが担当者や支店によって生じる場合もあります。
更に言えば「相性」という問題もあるでしょうから、良い担当者に恵まれるかどうかは運といった面もあると言えます。

No.6:パソナ


派遣登録者数約60万人、伝統と信頼、実績と言う点でテンプスタッフと双璧をなす日本の有名企業といえば「パソナ」です。

日本全国70ヶ所以上におよぶ登録会場数をはじめ、世界11ヶ国にも拠点を有するグローバル企業として活躍している同社は、テンプスタッフやSpring転職エージェントに負けない高い支持を集めて、第3位にランクインしました。

パソナのメリットとは

派遣先企業の紹介スピードがとてもはやい

パソナに対するメリットとして多くの派遣社員の方が指摘している点が、派遣先企業の紹介がとても迅速だという点です。
派遣登録者の方の中には現在無職の状態になっており、一刻も早く仕事を得たいという方もいます。そのような方々にとって仕事の紹介に時間がかかることは致命的です。
その点でパソナは圧倒的な依頼件数やフットワークのよさを活かして、派遣登録者へスピーディーに好条件の仕事を紹介してくれるという点で定評があります。

事務系職について特に強みを発揮

パソナが特に強みを発揮する派遣職種があります。
それは事務系職の派遣です。
様々ある派遣職種の中で、女性からの人気がとても高い派遣職種であることから、同社は事務職の求人案件に特に力を入れて開拓を行っています。
そのため、派遣業務なら事務職が良いといった方には特にオススメの派遣会社と言えます

パソナのデメリットとは

担当スタッフに対する評価にバラつきがある

この点は大手企業の宿命と言えるかも知れませんが、テンプスタッフ同様、派遣の仕事を紹介してくれる担当者に対する評価がマチマチでした。
「大変満足した」という声が聞かれる一方、「とても不満だ。二度と利用したくない」といった辛らつな評価も一部ながら見られます。
社員数が多い企業ではどうしても個々の社員の対応力が全く同じという訳には参りませんので、こうした厳しい評価も一定数出てくるのはやむを得ないと言えるかも知れません。

No.7:スタッフサービス


取引先企業約4万件、有効登録者数113万人という日本の派遣会社では最大級の規模を誇り、堅実に取引先企業や派遣登録者からの信頼を積み重ねてきた企業がスタッフサービスです。

同社のこうした実績はやはり派遣社員の方々と取引先企業の支持と信頼があればこそであり、調査の結果、今回同社は第4位となりました。

スタッフサービスのメリットとは

高度なマッチングシステムにより即日仕事の紹介を得られる場合もある

スタッフサービスは、他派遣先とは異なるオリジナル性の高いマッチングシステムを有しており、この高度なマッチングシステムによって、登録者によっては派遣登録したその日に派遣先の紹介が得られる場合もあります。
勿論、紹介される仕事は登録者が希望した職種や条件にある程度マッチした案件であり、希望しない職種や条件の仕事ばかりといった心配はありません。
この点は業界一早いと言っても良く、スピードを重視している派遣登録者の皆さんにとっては大変心強いメリットと言えます。

対応している業種が幅広い

スタッフサービスのもう一つの強みは約4万件に及ぶ取引企業からの求人案件を有することから、幅広い業種からの求人案件に対応できている点も特長としてあげられます。
派遣で働くからと言って、業界はどこでも構わないという人はそう多くはないはずです。
豊富な求人件数を有する同社なら、憧れの業界で派遣ワークを楽しむことも可能です。

スタッフサービスのデメリットとは

時給条件においてバラつきが大きい

スタッフサービスは約4万件にもおよぶ案件を抱えているからこそ、この点は仕方ないかも知れませんが、どの案件も時給が高い好条件のものばかりということではさすがにありません。
派遣の時給条件としてかなり高額な案件も勿論ありますが、その一方で安価な時給案件も一定数以上あります。
そのため高額時給にこだわった場合には、多少選択肢が限られてくる場合もあります

まとめ

派遣会社の場合も複数登録しておくことをおすすめします。何故なら登録したからといって、すぐに仕事を紹介してもらえる保証はないからです。
その派遣会社によってシステムも少しずつ異なっています。福利厚生がしっかりしているところもあれば、あまり整っていない場合もあります。複数登録することで希望の仕事を紹介される率も高くなり、自分に合った派遣会社を見極めることも出来るのです。

一般的に大手派遣会社は求人数が多く、選択肢が豊富なのでどこか一か所は登録しておくといいでしょう。
またスキルや資格があり、専門職を探したいと考えている人は、その分野に特化した派遣会社を探すことをおすすめします。

派遣だからこそいろいろ比較検討して、良い求人を見抜く目を養いましょう!

 

派遣情報&NEWS

転職NEWS

派遣の仕組みって、難しくてよく分からない…そう考えて尻込みしてしまう方も多いもの。
ジョブシフトではそんな方々のために様々なコンテンツをご提供しています。ちょっと面倒で避けてきた派遣のいろいろなこと。
この機会に一度おさらいしてみませんか?

常用型派遣とは?登録型派遣との違いをしっかり認識しておきましょう!
常用型派遣とは?登録型派遣との違いとそのメリットに迫る!

有料職業紹介と派遣の違いをご存知ですか?
有料職業紹介と派遣の違いは?有料職業紹介と派遣のメリット・デメリットを紹介