海外勤務の求人数は国内と比較した場合、圧倒的に少ない状況にあります。

それだけに、求人サイト選びが国内転職時以上に重要になってくることは言うまでもありません。

海外勤務を希望されている方が転職求人サイトを選ぶ際に絶対外せない条件が、サイト運営企業の規模や実績です。

海外からも適切に情報を収集するにはそれなりの規模や体制が必要ですし、何より求人広告を掲載する企業にとっても求人サイト運営企業の信頼性はとても重視されるからです。

求人情報企業大手のマイナビ社が運営する「マイナビ転職グローバル」も、求人企業からの信頼が厚い海外勤務希望者にオススメの求人サイトの一つです。

ではどのような特徴を備えているのか、また利用者はどのような評価を下しているのか等、マイナビ転職グローバルについて詳しくご紹介して参ります。

マイナビ転職グローバルのメリットや特徴

海外勤務を含んだグローバル求人は1万件以上

マイナビ転職グローバルの特徴の一つが求人数です。

マイナビ転職グローバルに登録されている求人数は1万件以上。

「海外勤務」は勿論のこと、将来的に海外勤務や海外出張のチャンスが得られる求人や語学力を活かせる求人など「グローバル求人」と定義されている国際色豊かなジャンルの求人数に限れば、国内最大級の求人数を誇っています。

数だけでなく求人企業の事前審査を重視

マイナビ転職グローバルを安心してオススメできる理由は、求人企業から求人広告掲載依頼があっても無条件に広告を掲載している訳ではないということです。

マイナビ社では求人広告掲載にあたり大変厳しい審査基準が設けられており、求人掲載を希望する企業はこの審査にパスする必要があります。

具体的な審査基準は公表されていませんので公にはできませんが、例えば社会保険未加入であったり、法令違反の勤務条件が常態化していたりする悪質な求人企業であれば掲載が許可されることはまずありません。

マイナビ社は利用者満足度や利用者からの信頼を大変重視しています。

そのため、求人数だけを追求すればもっと増やすことも可能でありながら、敢えて数を追求せず、良質な求人企業の情報提供だけに努めているのです。

地域別ではなく国別求人検索が行える

海外勤務希望者にマイナビ転職グローバルをオススメするもう一つの理由が、「国別で求人検索が行える」ことです。

実は大手三社の求人サイトの中で、国別で求人検索が行えるのはマイナビ転職グローバルだけです。

他社は勤務地検索においては「海外」を条件として選ぶか、せいぜい「北米」、「ヨーロッパ」といった地域しか選ぶことができません。

例えば中国への海外勤務を希望している方にとって、他国の求人も検索結果としてヒットしてしまえば求人を探す手間が増えるだけとなってしまいます。

ピンポイントで効率的に海外勤務の求人情報を得るなら、マイナビ転職グローバルを利用しない手はありません。

マイナビ転職エージェントサーチを通じてエージェントサービスを受けることもできる

マイナビ転職グローバルは転職求人サイトとして優れいているだけでなく、転職エージェントサービスを受けたい場合にスムーズに利用できる点も大きな強みです。

マイナビ転職グローバルに登録した上で求人検索を行えば、「マイナビ転職エージェントサーチ」のグローバル求人も合わせて検索を行うことができます。

マイナビ転職エージェントサーチとはマイナビ社が提携している300社以上の転職エージェントがそれぞれ有するグローバル求人を紹介しているサイトのことです。

こちらで紹介されている求人は転職エージェントによる仲介サービスを受けられる求人ですので、エージェントに転職相談したり、様々なサポートを受けながら転職活動に臨むことができます。

つまり、マイナビ転職グローバルを利用すれば、自分の好みや転職スタイルに応じた転職活動に取り組むことも可能なのです。

マイナビ転職グローバルの使い方

ではマイナビ転職グローバルの基本的な使い方について、求人検索から内定までの流れを基本にご紹介して参ります。

勿論ですが、マイナビ転職グローバルが提供しているサービスは全て無料で利用できます。

「マイナビ転職」に登録手続きを行う

マイナビ転職グローバルは求人情報検索だけを行うなら、特に必要な手続きはありません。

ただし、掲載されている求人へ応募する場合には登録手続きが必ず求められますし、登録すればマイナビ転職グローバルの会員専用サービスをフル活用できるようになりますので、最初に無料登録手続きを行っておくことをオススメします。

マイナビ転職グローバルに登録手続きを行うには、次にご紹介しているとおり「マイナビ転職」の登録画面にアクセスし、登録手続き行います。

マイナビ転職登録画面

マイナビ転職グローバルのサイトはマイナビ転職とは別に設けられていますが、マイナビ社が提供している転職情報サービスの一環として、会員登録手続きは一元化されています。

そのため、会員登録手続を行えばマイナビ転職グローバルだけでなく、マイナビ転職についても会員専用画面を通じて求人検索を行えたり、各種会員向けのサービスを利用できたりします。

求人検索はトップ画面から

マイナビ転職グローバルで海外勤務の求人検索を行いたい場合は、画面上部の見出しタブにある「海外勤務の求人」を選びたくなりますが、こちらはいきなり求人情報がズラズラと表示されますのであまりオススメできません。

海外勤務の求人を行いたい場合には、マイナビ転職グローバルのトップ画面の上段にある、「日本最大級のグローバル求人数!」というキャッチと共に表示される検索ボックスを利用することをオススメします。

検索ボックスはSTEP1として「勤務地」、STEP2として「職種」、STEP3として「キーワード」と計3つの入力ボックスで構成されています。

各ボックスをクリックすると選択メニューウインドウが表示されますので、希望する海外勤務先や職種が確定している方はそこから該当する国や職種を選択した上で検索を行ってください。

一方、海外勤務が希望だが具体的な業種や職種までは固めていないという方は、3つのボックスを全て埋めようと考える必要はありません。

とりあえず勤務地で希望する国を複数選んでみて、あとはブランクで検索を行ってみればどのような職種の求人がどのような条件で募集されているのか、およその傾向を掴むことができます。

応募したい求人が見つかった場合には「この求人に応募する」ボタン

求人検索を行った結果、応募したい求人が見つかった場合には各求人情報の詳細画面左上に表示される「この求人に応募する」ボタンを押します。

「この求人に応募する」ボタンを押すと、「企業への応募」画面が表示されます。

会員登録が済んでいる状態であれば、氏名や連絡先など応募に必要な項目はほとんど全て入力済みの状態で表示されるはずですので、念のため間違いがないかを確認します。

また、求人によっては会員登録では入力できていない項目が設けられている場合もありますがそれらは全てブランクで表示されます。

ブランクになっている項目についても該当事項を入力し、再度入力漏れ等ないか確認できたら、後は応募(送信)ボタンを押すだけです。

これで応募手続きは完了となります。

求人企業側からの連絡後直接やり取りを行い面談等に臨む

応募手続きが完了したら、この後の流れは求人企業によって多少異なります。

代表的な流れをご紹介しますと、まず応募手続き時の情報で書類選考が行われ、書類選考にパスしたら求人企業側からメールや電話などで直接連絡が入ります。

その後は求人企業側の担当者と直接やり取りを行うことで面接の日程などを確定させますが、面接場所については要確認です。

海外駐在員の求人であれば最終面接までほぼ日本の本社で行われますが、現地法人の求人の場合はケースバイケースです。

一次面接を行わない代わりに海外へ渡航して現地で最終面接が行われる場合や、一次面接に限っては電話やスカイプなどを利用して面接が行われる場合などがあります。

何れにせよ現地法人による求人の場合は、最終面接時には現地国へ出向いて面接を受ける必要があると考えておいた方が良いでしょう。

尚、現地国で面接に臨む場合には英文履歴書の提出を事前に求められる場合もあります。

英文履歴書の提出を求められた場合には、マイナビ転職グローバルのサイトに掲載されている「英文履歴書の書き方マニュアル」を参考にして作成されることをオススメします。

英文履歴書の書き方マニュアル

英文履歴書の書き方マニュアルはマイナビ社が積極的にPRしている自信作ですが、英文履歴書を審査してきた筆者から見ても重要なポイントがしっかりと抑えられており、例文も秀逸です。

英文履歴書作成が不安という方でも、こちらを参考にすれば完成度の高い英文履歴書を作成することができますのでぜひ参考にしてみて下さい。

最終面接に合格したら内定

最終面接に無事合格したら「内定」となります。

内定後は国内企業の転職と異なり、就労ビザの取得など様々な手続きが必要になってきますので、具体的な手続きは求人企業担当者と密にコミュニケーションを図りながら慎重にすすめてゆくことが大切です。

尚、内定後にマイナビ転職グローバル上で必須となっている重要な手続きは特にありません。

以上が内定までの流れを通じたマイナビ転職グローバルの基本的な使い方です。

マイナビ転職グローバルのデメリット

海外勤務を目指す方々に対し、マイナビ転職グローバルは自信を持ってオススメできる転職求人サイトですが次のようなデメリットもあります。

●例えば「アメリカ」で求人検索を行っても「アメリカの海外勤務」だけがヒットする訳ではない。アメリカへ転勤の「可能性」がある国内企業の求人もヒットする。

●他社も同様だが、海外勤務を最初から前提とした求人数は限られている。
(※就労ビザの関係で転職後すぐに海外勤務を実現できるケースそのものが大変限られるため、この点はマイナビ転職グローバルに限らずやむを得ないと言えます。)

●「ベトナム」への転職ではワンストップで大変充実した転職支援サービスを受けることができるが、他国の場合にはベトナムのような手厚いサービスがない。

マイナビ転職グローバルの評判(口コミ)

「海外勤務の求人サイトとしてはマイナビ転職グローバルが一番充実していると思います」(男性30代・中国勤務)

「海外勤務の求人情報はどの求人サイトも決して多いとは言えませんが、その中にあってマイナビ転職グローバルは頑張っている方だと言うか・・・利用してみての実感ですが一番充実している求人サイトだと思います。
掲示板や転職ポータルサイトではマイナビ転職グローバルは「求人数が少ない」という評価が目立っています。
しかしマイナビ転職グローバルの求人数が少ないと言ってしまったら、そもそも海外勤務の求人ってそんなに多くないのだから利用できる求人サイトなんてなくなってしまいますよ。
実際に私が転職先を見つけたのもマイナビ転職グローバルでしたし、大手も含めて他の求人サイトには掲載されていなかった求人情報でした。
マイナビ転職グローバルの求人数が少ないのではなく、海外勤務の求人数そのものが少ないんです。
自信を持って言えますが、少ない求人数の中にあってマイナビ転職グローバルは間違いなく求人情報量が充実しているサイトです。」

「支援を受けてベトナムへの転職を実現」(男性30代・ベトナム勤務)

「私は求人サイトとしてマイナビ転職グローバルを利用したと言うより、同社が提携しているベトナムの転職エージェントを利用してベトナム転職を果たしました。
従って正確にはマイナビ社のサポートを受けたとは言えません(笑)。
ですが、さすがマイナビ社が選んだ企業だけあって、国内転職とあまり変わらないような充実した転職支援サービスを受けることができましたね。
お陰で最初は不安だらけだった海外転職も、サポートを受けるようになってからはほとんど不安を感じることなく転職活動に取り組めました。
現在、ベトナムでエンジニアとして活躍していますが、ベトナムはとても良いところですよ。
皆さんのお越しをお待ちしています!」