看護師のお仕事は夜勤もありいろいろな患者さんに対応しなければならず、大変なお仕事です。職場である病院の方針や給与水準、勤務時間などはそれぞれ異なりますから、

「この病院は勤務時間が多すぎてきつい」

「人間関係がつらい」

などと、転職を考える看護師の方も多いことでしょう。

しかも、看護師は資格職ですから、転職がしやすい職業です。
そんな看護師でも、転職をする際には気を付けるべきことがあります。それは、転職時期です。いくら転職しやすい看護師でも、転職時期を誤ると良い求人に巡り合う確率が下がってしまうのです。

そして、看護師が転職する際は、それぞれのケースに合った看護師向け転職エージェントを探すことも重要です。

看護師の転職時期や転職理由、看護師向け転職エージェントのランキングなど、看護師の転職に役に立つ情報をまとめてみましたので、看護師のみなさんはぜひ参考になさってください。

看護師が転職を考える理由

まずは、看護師のみなさんが転職を考える理由にはどのようなものがあるのかを、調べてみました。

給与アップ

やはり、多いのは給与アップしたいという理由です。
どんな仕事でも、最初に就職した職場が一番良い職場とは限りません。ある程度スキルを重ねたら、より高い給与がもらえる職場に転職したいと思うのは当然のことです。
特に、資格職の看護師が経験と知識、スキルを得たのなら、高みを目指して転職するのはよくあることなのです。

人間関係を変えたい

看護師の職場でよく問題になるのが、人間関係ではないでしょうか?
特に、女性が多い看護師の職場では、女性同士の人間関係の悪さや男性が女性ばかりの職場で苦労するなどという話をよく聞きますよね。それに、一つの病院で働き続けていると、人間関係が変わらないので、一度人間関係が悪化するとストレスが溜まってしまうでしょう。

キャリアアップしたい

看護師という職業は資格職なので、より高度な資格を取得することでキャリアアップがしやすい職業です。また、医療現場での様々な経験を積んだ看護師ほど、求められる職場でもあります。
そのため、キャリアアップのために転職する看護師はとても多いのです。

看護師の転職でベストな時期は?逆に向いてない時期は?

転職が向いている看護師であっても、ベストのタイミングとそうではないタイミングがあります。一年のうちいつ転職すべきなのか、そして、自分の看護師のキャリアの中で、どのくらいの年数で転職を決断すべきなのかの二種類の転職タイミングについてお話しします。

一年のうちでいつ転職すべき?

他の職業でも同じですが、看護師の求人は4月と9月に大きく動きます。なぜなら、4月と9月には人事異動が多く、特に4月は定年退職の人など仕事を辞める人が多い時期だからです。この時期になれば多くの求人が出ますから、良い求人が出る確率も大きくなるわけです。ですから、この二つの時期に合わせて動くのがおすすめです。

例えば、4月の人事異動に照準を合わせるなら、転職活動に2か月かかると見積もれば1月頃から動き出すべきです。9月に良好な結果を出すならば、「動くのは6月」が絶好のタイミングです。逆算すると、転職の準備開始時期として最適なのは1月か6月頃というという事になります。

看護師のキャリアの中でいつ転職を決断すべき?

では、看護師のキャリアの中では、いつ転職を決断すべきなのでしょうか?
まず、一つのターニングポイントになるのが、3~5年目という時期です。これだけ一つの職場で看護師としての経験を積めば、一通りのことはこなせるようになっているでしょう。そして、仕事の全体像もつかめているはず。それに、雇う側から見ても、これくらいの経験年数は必要になってきます。

この3~5年目というタイミングで、このままこの職場でキャリアを続けるのか、他の職場で新しい経験を積むのかという転職のターニングポイントが訪れるはず。
逆に言うと、1~2年ではあまり転職を考えるべきではないということです。1年や2年では転職を考えるべきではないということになります。
その後、女性なら結婚・出産というタイミングがありますし、男性でも女性でも、看護師の上位資格を取得したタイミングなど、様々な転職のタイミングがあると思います。

看護師向けの転職エージェントランキング

それでは、看護師向けの転職エージェントのランキングをご紹介します。各エージェントごとに強み弱みがあり、それぞれが個性を出してあなたの転職を支援する為のコンテンツを用意してくれています。

各エージェントの特徴を徹底リサーチしてみましたので、一緒に見ていくことにしましょう。

1位:看護のお仕事

日本全国に展開する、「レバレジーズ」が運営する看護師転職サイトです。看護師の転職に関する知識と経験を持ったキャリアコンサルタントが多数所属し、無料でアドバイスやサポートをしてくれます。
サポート対象は看護師、准看護師、保健師、助産師のいずれかの資格を持っている人。常勤、夜勤のみ、非常勤など、様々な働き方が選べ、求人情報だけではわからない「育児しながら働けるか」「キャリアアップができるか」などという情報もしっかり教えてくれます。
さらに、転職が成立すると、転職祝い金を最大12万円支給してくれるという点も魅力です。

ネットなどの評判を見てみると、
「全国の求人を扱っており、求人数も多いから、まずは登録すべきサイト」
という良い口コミも多い中、
「全国に対応していると言っても、都市部と地方で対応に差がある」
「祝い金最大12万と言っているがそれは管理職の一部の看護師の話で、実際普通の看護師は3万円程度」
などという不満の声もありました。参考にしてみてください。
⇒看護のお仕事の詳細はこちら

\転職祝い金が最大12万円!/

⇒看護のお仕事の公式サイトはこちら

2位:ナース人材バンク

年間で10万人以上の看護師が登録していると言われる、看護師紹介実績No.1の転職エージェントです。運営母体が東証一部上場企業というのも、心強いですね。もちろん、日本全国の求人を扱っています。
多様な働き方を選べるのはもちろんのこと、「託児所や寮がある病院で働きたい」「キャリアアップのための支援がある病院が良い」などという多様な要望にも応えてくれます
加えて、有料老人ホーム等の案件も扱っており、多岐にわたる業種を扱っているのが特徴です。

良い口コミには、
「担当してくれたキャリアコンサルタントは本当に親身になって相談に応じてくれた」
「履歴書添削、面接サポートなど、サポートが手厚く良かった」
というキャリアコンサルタントの対応の良さに関する口コミが多かったようです。
「電話連絡が多すぎてうざい」
「希望していない病院も強くすすめられて、困った」
などという悪い口コミもありました。キャリアコンサルタントの対応が細かいという反面、それがうるさく感じられるという面もあるようです。
⇒ナース人材バンクの詳細はこちら

\看護師紹介実績No.1!/

⇒ナース人材バンクの公式サイトはこちら

3位:マイナビ看護師


日本最大級の看護師転職サービス。看護師専門の転職サイト・エージェントの中で認知度が圧倒的にNo.1。
マイナビが運営しているのでその信頼感と安定感は言わずと知れたところですね。

マイナビ看護師は特に正社員や契約社員の看護師として働きたい人にとっておすすめです。キャリアアドバイザーが実際に職場に行ってヒアリングを行っているため、職場のリアルな事情を聞き出せるのが強み。

全国に16か所の相談会場を設けられているので、北から南まで日本全国の看護師求人を網羅。都心だけでなく地方の人も会場を見つけやすいのが嬉しいところです。

⇒マイナビ看護師の詳細はこちら

\看護師の正社員求人なら/

⇒マイナビ看護師の公式サイトはこちら

 

4位:ナースフル

ナースフルは転職大手のリクルートグループが運営母体となった看護師向けの転職サイトです。母体がリクルートグループということで知名度や規模、信頼度はNo.1ですから、登録しておいて損はないでしょう。
サポート対象は看護師、准看護師、保健師、助産師のいずれかの資格を持っている人で、常勤、日勤のみ、夜勤あり、非常勤など、様々な働き方を細かく選択できます。
看護師転職に特化した腕利きのキャリアコンサルタントが親身に転職の相談に応じてくれます。

口コミにも、
「キャリアコンサルタントが看護師資格を持っていて、頼りになった」
「求人数が多く、たくさんの求人の中から選べたのが良かった」
という良い口コミが多かったようです。
一方で、
「地方の求人は少なかった」
「キャリアコンサルタントの対応がやや他のところより薄かった」
という悪い口コミもあったようです。

⇒ナースフルの公式サイト

まとめ

看護師におすすめの転職時期や転職エージェントのランキングなど、看護師の転職に役に立つ情報をまとめてみました。

転職者が多い看護師が賢く転職をするためには、良い転職時期を見極めて良い転職エージェントを探し、良い求人を探せる環境を整えることが重要です。
ここにある情報も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

★働き方を考える記事